カスタム検索

 

天下茶屋「山女庵」でジビエ料理
2019.04.02 [Tue] 07:00

旅行3日目、太陽の塔を見たあと、住吉大社に参拝に行きました。このシュッとしたまっすぐな屋根が実にカッコ良い!

住吉大社は毎月最初の辰の日に末社で開催される「初辰まいり」が有名ですが、私はこの先の仕事で関わりがあり、住吉大神の荒魂とされる摂社の船玉神社にお参りしました。

末社の大歳社にある「おもかる石」は、願い事を占う霊石で、まず石を持ち上げて重さを確かめ、次に石に手を添えて願掛けをし、もう一度石を持ち上げた時に軽く感じれば願いが叶うというもの。私もやってみたけれど、うーん…同じ?(笑) まだそんなにすぐに願いは叶わないみたいです。

夕方、いつも仲良くしてもらっている西の友人たちと天下茶屋で待ち合わせて向かったのは、友人のブログで読んで以来いつか行きたいと思っていた「山女庵」さん。メニューはジビエのおまかせコース(飲み放題つき1万円)のみ、要予約です。

囲炉裏の席に座り、まずお通しは大阪の春の風物詩、若ごぼうと牛肉の炒めもの。香りがよくシャキシャキしていて美味しい これを初めて食べさせてもらったのも、この大阪の友人宅でしたっけ。

続いてドドーンと登場したのが違う部位2種類のカツオのお造り。これで4人前ってすごすぎる!

そして出ました、マンガ肉

ほろほろになるまで柔らかく煮込まれた鹿肉、めっちゃオイシヒ〜〜

すごい太さのネギと肉厚の椎茸は炭火でじっくりあぶってくれました。

徳島の「浜葱」は黒焼きにした外側をむいて出してくれました。甘みがあってめちゃうま。下仁田ネギと千住ネギと九条ネギをかけ合わせた品種だそう。

椎茸にはバターを落として。椎茸から出る天然の“おだし”が染み渡ります。

ふきのとう、こごみ、行者ニンニクの天ぷら。子供の頃には美味しいと思わなかったふきのとうの苦味が分かる歳になりました。

3月1日に漁が解禁されたというアマゴの天ぷら。 うわー、もうこの時点でかなりお腹いっぱいだったのですが…。

ラストに控えしは、脂が乗った猪肉、こんにゃく、豆腐、根菜などがたっぷり入ったぼたん鍋。

美味しさが全然伝わらない写真でゴメンナサイ 辛めの味噌味が具材にしゅんでて、とても美味しかったです。でも、もう食べられません…。残った分は2人分お持ち帰りにしてもらいました。この豪快なコース、相当お腹をすかせていかないと食べきれないかも。

私が関西に行ったりみんなが東京に来てくれたりとちょこちょこ会っていたけれど、私が遠方に引っ越すことになったため、今までみたいに気軽に会えなくなりそうですが、またいつか再会した時は今までと同じように飲んだり食べたりして楽しみましょうね!

大阪では翌日早朝にJRで和歌山方面に向かうため乗り換えがしやすい、新今宮前駅近くの「ホテル中央オアシス」に泊まりました。大阪でもディープなゾーンのため友人たちには心配されましたが、ホテルは小綺麗だし何の問題もなく快適に過ごせました。近くに「スパワールド」というアホみたいに大げさな日帰り温泉があったので、次回来た時に話のネタで挑戦してみたい…けど落ち着かなさそう

宿の詳細、宿泊プランなどはこちらからどうぞ



 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存

※記事に関連のないコメントは削除しますので、ご遠慮ください。