カスタム検索

 

福山「禅と庭のミュージアム」
2017.08.28 [Mon] 08:00

朝の福山城を見に行ったあとは、福山駅南口にある駅そば「あじわい処 麺」でかけそばを。前日の昼から3食そばです(笑) 。
かけそばなのにわかめ、かまぼこ、天かすも入っていました。そしてこの淡い色のおだし!やっぱり西のおだしは美味しいなあ〜。

福山駅のバスターミナル6番乗り場から新川線という路線バスで向かったのは、神勝寺というお寺。直行便の時間が合わなかったので、天神山というバス停で降りて15分ほど歩きました。
神勝寺は2016年9月に「禅と庭のミュージアム」をオープンしました。このスタイリッシュな建物が寺務所の「松堂」で、ここから入場します。

このフィナンシェみたいな形の「洸庭」は、水と光と音を使ったインスタレーションが見られるアートパビリオン。真っ暗な中に徐々に見えてくる波や灯が幻想的な一方、暗闇の中で何が行われるのかわからない不安感もあり、胸がざわざわするような空間を体験しました。

荒々しい石の上に立つナチュラルな木の壁の素材のコントラストもユニークです。こけら葺きという伝統的な技法だそう。

“庭”を謳っているだけあり、広大な敷地に広がる、よく手入れされた庭の美しさにも目をみはります。

敷地の中には茶室もぽつりぽつりとあり、ひなびた雰囲気を醸し出しています。

本堂の手前には美しく整えられた石庭。一方の本堂はコンクリート打ちっぱなしだったりして、なんだかもう不思議とカッコイイのです。

禅僧の白隠による書や絵を収めた「荘厳堂」の展示もすてき。

歩き疲れたあとは「含空院」という茶房で休憩。この建物がまた築350年超えという歴史的建造物なのです。

あわ餅のセットをいただきました。品の良い甘さのきなことおはぎの美味しさもさることながら、煎茶がとっても美味しい 薄く繊細な茶器と、ざらっとした手触りの急須の組み合わせもナイス。ホントにもう、何から何までセンスが良すぎる!

お茶は茶釜のお湯を足しておかわりすることができます。さすが茶室を持つお寺だけあり、お茶に対するこだわりを感じました。冷房が効いた部屋でいただく温かいお茶がとても美味しかったです

そしてなんと!このお寺には浴室まであるのです!! 広い敷地を歩き回ったあとに汗を流すなんて最高じゃないですか

この日は離れが女湯でした。こんな風情のある竹林の向こうに待っていたのは…

淡い乳白色の岩風呂!しかも貸切状態〜 蝉時雨をBGMに心地よい風を受けながら、いつまでもいつまでもつかっていたいくらい気持ちのよいお風呂でした。
メタケイ酸が入っているので湯上りはつるつる。ちょうど入れ替わりになった地元の女性とお話ししましたが、「禅と庭のミュージアム」としては2016年に出来たばかりなので、地元でもあまり知られていないのだとか。
こんな立派な施設に人がまばらでもったいない!なんて思いましたが、ゆったり鑑賞できるように大きな宣伝をしていないのかもしれませんね。
お盆は家にいないので、松堂でお線香とお供え用のどら焼きを買って、天神山バス停そばの運送会社から実家へ送りました。

ゆっくり一回りして、お茶とお菓子をいただいて、お風呂にも入って、3時間半ほど時間をとって大正解。実に満ち足りたひとときでした。

「禅と庭のミュージアム」アクセス方法
平日のみ無料シャトルバスがあるほか、路線バスはお寺までの直行便と、天神山バス停から徒歩になります(送迎してくださるそうです)。天神山バス停は行きと帰りのバス停が離れているのでご注意を。

ことりっぷ 広島・宮島 (旅行ガイド)ことりっぷ 広島・宮島 (旅行ガイド)
昭文社 旅行ガイドブック 編集部

旅行ガイド (ことりっぷ 倉敷・尾道・瀬戸内の島) おとな旅プレミアム 宮島・広島 尾道・倉敷 (おとな旅PREMIUM) 旅行ガイド (ことりっぷ 松江・出雲 石見銀山) ことりっぷ 萩・津和野・下関・門司港 (旅行ガイド) るるぶ広島 宮島 尾道 しまなみ海道 呉'18ちいサイズ (国内シリーズ) るるぶ広島 宮島 尾道 呉'17 ちいサイズ (国内シリーズ小型) まっぷる 広島・宮島 尾道・呉・しまなみ海道 mini '18 (まっぷるマガジン) まっぷる 広島・宮島 尾道・呉・しまなみ海道 '18 (まっぷるマガジン) ことりっぷ 福岡 大宰府 (旅行ガイド) 広島本 (エイムック 2744)

by G-Tools


 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存

※記事に関連のないコメントは削除しますので、ご遠慮ください。