カスタム検索

 

厳美渓の空飛ぶだんご
2016.08.30 [Tue] 08:00

花巻から一ノ関に移動し、そこから路線バスで厳美渓(げんびけい)へと向かいました。ここも2011年の夏に訪れるはずが、大雨で諦めた場所です。うすうす気づいている方もいらっしゃると思いますが、今回の旅は“前に何らかの理由で行けなかった場所に再度行ってみる”というテーマになっています。
厳美渓は岩が川の浸食によって形成された渓谷で、ここにとってもユニークな食べ物があるのです。

それが“かっこうだんご”。渓谷にロープが張られており、カゴの中にお金を入れて板を叩くと、向かい側にあるだんご屋さんがロープをするすると引っ張り、数分後にはそのかごにお団子が乗って運ばれてくるというもの。
この決定的瞬間を動画に収めたる!と息巻いてiPhoneで撮り始めたのですが、この場に及んで往路でまさかの容量不足で撮影不可 旅も終盤だったので撮りためた画像の容量がパンパンで、大急ぎで要らない画像を削除して容量を空けたのですが、復路があっという間に到着してしまい、結局あとから来たご家族に承諾を頂いて撮らせていただきました。

動揺しながら撮った超ヘボい動画はこちらです…(ラストはだんご屋側からの映像です)



お団子と一緒にお茶も入って届けられ、人数が多いとヤカンごと運ばれてきます。子どもたち、楽しそうだったなあ

私は1人だったけど熱いのと冷たいの2杯ずつたっぷり飲み放題。すぐそばにあるテーブル付きのスペースでいただきました。

1箱にみたらし、黒ごま、こしあんの3本入り。このお餅が柔らかくて超〜〜〜美味しくて、3本は多いかな…と思っていたけれど、しっかりいただいてしまいました。

こちらが渓谷の向かい側にあるお店。もちろん、お店の中でいただくこともできます。

一関は古くからお餅を食べる文化があり、もち食文化を通したおもてなしに賛同した店舗が集まってお餅料理を提供する、その名も“もち街道”という活動もされています。

この日のお昼はかっこうだんごからちょっと歩いたところにある「道の駅 厳美渓」にある、“ペッタンくん”という超脱力系ネーミングのレストランで餅御膳を食べるつもりでしたが、さすがにお団子3本のあとの餅はきつく(順番逆だし)、フルサイズではなくミニサイズのセットをいただきました。
海苔・ネギ・鰹節、桜海老、じゅね(えごま)と白味噌、餅入りの甘辛く煮た稲荷、こしあん、そして箸休めに大根おろし。お腹いっぱいと言いつつ、味に変化があるので何とか食べられました。なにしろお餅がとにかく美味しい!一関産の黄金もちを毎日1時間に1回つきたてで提供しているというから、この美味しさにうなずけます。

晴れてたらもっと綺麗だったろうな…。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

おだんごセット【松栄堂】
価格:4147円(税込、送料別)



 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存

※記事に関連のないコメントは削除しますので、ご遠慮ください。