カスタム検索

 

「沙流川温泉ひだか高原荘」に宿泊
2016.08.09 [Tue] 08:00

平取から路線バスで終点の日高ターミナルへ。途中で去年も行った5歳から7歳までを過ごした場所で降りて付近を散策しようと思っていたのですが、次のバスまで90分時間があり、さらにバスを電話で予約しなければならず、荷物を持っていたので雨が心配なこともあり、結局そのまま通り過ぎて日高へ直行しました。

宿に行くにはまだ時間があったので、道の駅で荷物を預かってもらい、「日高山脈博物館」を見学しました。3階建てのきれいな建物で、日高山脈を登山する人のための情報や、化石や岩石などの展示などがあり、なかなか楽しめました。

宿泊先の「ひだか高原荘」までは徒歩約15分ですが、霧雨でじっとり濡れてしまいました このあと本格的に雨が降ってきたので、途中下車しなかったのは正解でした。

まずは濡れた体をさっぱりさせるべくお風呂へ!沙流川温泉の泉質は単純硫黄冷鉱泉で、いかにも温泉!という香りにテンションが上がります 露天風呂はありませんが湯船も広々として気持ちの良い温泉でした(画像は楽天トラベルからお借りしました)。

部屋は別館のきれいなツインルームのシングルユース。さあ、ここでこの旅最初の洗濯をするぞ!とコインランドリーを探しましたが、宿のフロアマップには載っておらず…。仕方ないので手洗いしましたが、あとで大浴場の近くのひっそりとした場所にコインランドリーがあるのを発見 ありゃりゃ、まいったなあ。乾燥機だけ使わせていただきました(1台しかないので早い者勝ちです!)。

洗濯でヘトヘトになった後は、道の駅の広場にあったコンビニ「セイコーマート」で買ったお惣菜で夕食タイム。少量で100円前後なのでちょこちょこ食べられて、ひとり旅には非常に助かります。
おともは北海道限定のオールモルトビール、サッポロクラシック。やっぱり北海道で飲むクラシックはうまーーーい!

帰宅後、近所でクラシックを売っていたので買ってみたけれど、なんだか美味しくないんです 工場から道内の小売店までは低温輸送で品質管理がされているけれど、そのあと本州への輸送中はおそらく常温かもしれません。そして輸送中の振動でビールが劣化してしまうことが、まさにサッポロビールさんのサイトに書いてありました!美味しさを保つためにあえて北海道限定にしているいうわけです。
また、キリンの一番搾りやサントリーのプレモルなど北海道以外で作られているオールモルトビールが格段に美味しくなっているため、クラシックが特別美味しく感じなくなったのかもしれません。
本州でサッポロクラシックを飲んでイマイチと思ったみなさん!がっかりしないでぜひ北海道で飲んでみてください!美味しいよ〜

早朝出発のため素泊まりにし、相変わらずの雨模様の中、日高ターミナルへ。占冠(しむかっぷ)行きの日高町営バスを探したら、バスというよりワゴン車が停まっていました。前日途中下車したあと予約して乗るはずだったバスもこれと同じなんだろうなあ。
「占冠のバス停は待合室がなくて雨に濡れるから、その手前の役場前で降りた方が濡れないよ」と運転手さんの優しいお言葉。ありがとうございます!

役場前で降り、近くのSPARというコンビニで朝ごはんを買ったら、ここもセイコーマートの系列なんですね。恐るべしセイコーマート!
おにぎりと一緒に、懐かしくて思わず買ってしまったのが、ボンゴ豆!ピーナッツの外側のカリカリが甘じょっぱくて美味しいんです♪ これは大事に持ち帰って東京でいただきました

日高の旅はこれで終了ですが、旅はまだまだ続きます。入浴剤で日高に思いを馳せることにします

<アクセス>
道南バスで札幌から高速ひだか号、苫小牧から特急ひだか号、JR富川駅から日高・貫気別〜平取〜富川高校線 終点日高ターミナル下車

【じゃらん】 北海道のホテル・宿の予約


 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存

※記事に関連のないコメントは削除しますので、ご遠慮ください。