カスタム検索

 

城崎温泉でやっぱりお蕎麦
2014.12.29 [Mon] 08:00

早朝にタクシーを呼んでもらい松江駅へ。大阪方面を目指しました。幸いお客さん少なめだったので向かい合わせの座席に捻挫した足を乗せて安静にして移動すること5時間、途中の乗り換えで城崎(きのさき)温泉に寄り道しました。


この辺り一帯はカニの名産地。駅前にはカニのオブジェがあったり、駅の発車の曲がPuffyの♪カニ食べに行こう〜だったり、とにかくもうカニ押しなのであります。


駅前もカニを売るお店でいっぱい。活きたままの立派な松葉ガニがうにょうにょ動いておりました。


町の真ん中には川が流れていて、各所にかかる石橋と柳の木がひなびた風情を醸し出しています。


こんなカニ押しの町で私が食べたのはやっぱり蕎麦(笑)。何軒かあるうちから「ますや」さんにお邪魔しました。


長〜い木の板に書かれたメニューがユニーク。私が食べようと思っていたのは自然薯のとろろを使った“芋かけそば”なのに、お店のかたは別のものをすすめてきたので「芋かけそばは自然薯ですか?」と訊ねてみたら、やはり自然薯ではなく長いもとのこと。うちに帰れば青森の長いも農家の親戚から直送の立派な長いもがあるしなあ…。ということで鴨ざるに変更。


結構混んでいたのにお手洗いに行ってる間にもうお蕎麦が置いてありました。早い(笑)。


鴨とねぎ以外にキノコや野菜も入っていて具沢山。そしてとっても濃厚!今までいただいた鴨せいろの中で一番濃厚かも。


お蕎麦はもちろんアルデンテで、濃厚なつけ汁によく合います。黒っぽいので噛み締める系かと思いきや、のど越しもグッド。つなぎに山芋のとろろを使用した、この地方に伝わる“但馬生蕎麦”という伝統のお蕎麦だそう。


鴨ざると言いつつざるではなくお皿に盛ってありました。この近くの出石蕎麦もお皿に盛っているのが特徴的だけど、但馬のお蕎麦はお皿に盛るのが一般的なのでしょうか?


食事の後は温泉 城崎温泉には7つの外湯があり、1200円ですべての外湯に入り放題の“城崎温泉外湯めぐり券”という夢のようなパスがあるのです!時間的にオープンしていないところもあったので、まずは一番入りたかった「御所の湯」へ。
ガラスの屋根の広々とした天井の内湯はお湯がたっぷりで結構あつ湯。滝が流れる露天の岩風呂は雨が降っていたからか誰もおらず、独り占めさせていただきました。
はあ〜、天国ってこのことだ〜


続いて「鴻の湯」。7つのうち一番遠くにありましたが、露天の庭園風呂とに入ってみたくって。雨も上がったし庭園を眺めながらゆっくり露天に浸かりたかったけど、結構熱い(笑)。おっと、急がないともう一軒に行けなくなるぞ!てかお蕎麦もう1枚食べたいんだけど、お蕎麦にする?お風呂にする?


お蕎麦とお風呂ではお風呂が勝っちゃいました。だって、すっごく楽しいんだもん!最後は岩をくりぬいて作った露天の“洞窟風呂”がある「一の湯」で打ち止め。
どこのお風呂も広くてお湯の量がたっぷりで熱々だったのが嬉しかった 温泉街の外湯って「地元の人が入る小さなお風呂に入れさせてもらっている」というイメージがあり実はちょっと苦手だったのですが、城崎温泉は地元の人だけでなくむしろ観光客にウエルカムなところに安心できたのかもしれません。

東に住んでいる私は西の温泉地には疎いのですが、この城崎温泉は例の号泣議員さんのカラ出張騒ぎで知りました。おかしなことに利用されてしまったけれど、あのおかげで知った人も多いと思われます。
古くからある温泉地でもさびれてしまったり元気がないところもある中で、こちらは町自体がイキイキしていて、また行きたいと思わせてくれる場所でした。名物もひとつふたつじゃなく、古いものから新しいものまでオリジナリティを凝らした美味しそうなものがあちこちにあふれ、ほんの3〜4時間の滞在では全然足りないと思うほどでした。今度は絶対泊まりで訪れたいです!

捻挫直後に温泉はどうかと思ったけど、この誘惑には勝てなかったです。でも、朝に足が腫れて履きにくかったブーツが温泉3軒ハシゴしたあとにはスムーズに履けるほどになりました。当初はそんなつもりじゃなかったけど、結果的に湯治になったのでメデタシメデタシということで。

城崎温泉観光協会 オフィシャルサイト

ことりっぷ 城崎温泉 出石・豊岡 (国内|観光・旅行ガイドブック/ガイド)ことりっぷ 城崎温泉 出石・豊岡 (国内|観光・旅行ガイドブック/ガイド)

ことりっぷ 神戸 (国内|観光・旅行ガイドブック/ガイド) ことりっぷ 大阪 (国内|観光・旅行ガイドブック/ガイド) ことりっぷ 滋賀・琵琶湖 (国内|観光・旅行ガイドブック/ガイド) ことりっぷ 淡路島・鳴門 (国内|観光・旅行ガイドブック/ガイド) ことりっぷ 仙台 松島・平泉 (国内|観光・旅行ガイドブック/ガイド)

by G-Tools


 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存

※記事に関連のないコメントは削除しますので、ご遠慮ください。