カスタム検索

 

八戸で磯ラーメン&せんべい大人買い
2011.08.10 [Wed] 08:00

東北4県各駅停車のみちのく一人旅もついに最後の青森県へ突入。
福島からずっとカミナリを連れて北上してきた今回の旅行ですが、八戸に着いたらやはり雨 風光明媚な種差海岸に行く予定を変更し、八戸市内にある八食センターへと向かいました。八戸駅から八食センター行きの100円バスが出ているので、とても便利です。

八食センターとは、新鮮な魚介類、乾物や珍味、お菓子やお土産などを取り揃えた市場のことで、市場で買った食材をそのまま炭火で焼いて食べられる「七厘村」や、新鮮な食材を使った料理がいただける食事処まである、食のワンダーランドなのです。

私の目的は種差海岸で食べようと思っていた“磯ラーメン”。八戸から三陸海岸沿いには磯の幸をふんだんに盛り込んだラーメンを提供するお店が多く、ぜひ食べてみたいと思っていたのです。ずっと「八戸では絶対磯ラーメンを食べるんだ!」と息巻いていたので、他のものには変えたくなかった。きっと八食センターにならあるよね? いや、あってくれるはず。

八食センターの奥にある「味横丁」でお店を物色し、ビビっときた「手造り料理 田舎」という食堂へ。



うみねこラーメン。澄んだスープに浮かぶのは、ウニ、カニ、ムール貝、色とりどりの海藻、とろろ昆布、そして目にも鮮やかなナルト!カニ足はかまぼこなんかじゃないよ。
淡口の塩味の中に具材が渾然一体となって良いおだしを醸してます。
うまひ〜〜 お汁まで全部飲み干しちゃいました。
ラーメンに1000円は出せない私としては、800円というお値段にも◎でした。
この一角にあるラーメン屋さんはどこも美味しそうで、ラーメン星人としては目移りしまくりでした。

そして八戸といえば南部せんべいのふるさと。八食センターもめくるめくせんべい天国!



ぜーんぶせんべい!



鼻血が出そうなほどのせんべいの山!!(違うお店ですよ!!!)



気がつけば袋いっぱい南部せんべいとせんべいのみみを買ってしまった…。
どうやって持ち帰るつもりなんだ自分。でも、まわりを見るとみんな大荷物になってる(笑)。



コーフンしすぎたのでりんごのソフトクリームでクールダウン
嗚呼、なんとも楽しい青森のイントロダクション。やっぱり青森はイイね



 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存

※記事に関連のないコメントは削除しますので、ご遠慮ください。