カスタム検索

 

「郷作とく一。」で熊本のオイシイモノ
2010.11.22 [Mon] 23:00

夕刻に熊本市内にたどり着き、ホテルにチェックインしてから市内を散策することに。福岡の友人曰く「九州で一番のオシャレタウン」熊本は、メインストリートにも路地裏にも楽しそうなお店がいっぱいで目移りしちゃいますが、目指すのは楽しみにしていた郷土料理店「郷作とく一。」さん。若草色の暖簾が目に鮮やかです。

7時台に入ったらすでに満席と言われてくずおれそうになりましたが、幸運なことに2人分空いてると言うじゃないですかっ!ありがとう、郷土料理の神様!


 

生湯葉に雲丹が乗ったお通しを見てこの店は当たりだとにらんだ私。良いお店はお通しで分かります。ビールもプレミアムモルツ♪

まずは熊本の郷土料理、ひともじのぐるぐる。わけぎを文字通りぐるぐる巻きにして酢みそで和えたもので、酢みそが苦手だという友人も美味しそうに食べていました。



納豆好きの私が外せなかった肥後納豆揚げ。さすが納豆大国の熊本、納豆を使ったメニューがしっかりあるのが嬉しかったです。いわゆるさつま揚なのですが、あえて薩摩と言わずに肥後と名乗るところに熊本の意地というか鹿児島に対するライバル心のようなものを、料理の名前ひとつにも感じられたりして(笑)。



美しい盛りつけのお造り。どれも同じ大きさに切ってあり、丸い帆立さえも四角く切ってある手の込みようには脱帽です。

熊本といえば有名なのが馬肉料理。しかし私は、競走馬の産地に生まれ“馬は神聖なもの”と叩き込まれて育ったため、どうしても馬肉料理が食べられない…。他の肉は生きてるところなんて浮かばないのに、馬はなぜか姿が浮かんじゃうんです。頑張れば食べられますが、その時も心の中で「ごめんなさい」と謝って食べるという、なんだかもうこれは“宗教上の理由”としか言いようがないのです。
ということで名物だけど食べられないこともあらかじめ友人に伝えてありました。それを踏まえて頼んだのがこれ。



モツ煮です。竹のトレイ、薬味入れも竹筒でサービングも凝っています。普通のモツ煮だと思って頼んだら…なーんとこれ、馬のモツだったのです!
メニューの「馬肉料理」の欄に書いてあったのを気づかなかったみたい。ひとくち食べてみたけど…ああ、やっぱりごめんなさい
というワケでこれはツレに全面的にお任せすることに…。



最後の〆は熊本に旅行を決めてから絶対食べようと心に決めていた太平燕(タイピーエン)。春雨を使った麺料理なのですが、旅行前にチェーンのラーメン店・日高屋さんでこのメニューが登場し、その誘惑に何度も襲われては振り切ってきました。その甲斐あって本場でいただくタイピーエンはすんごくおいしかったー!

でも、ツレが私が食べられない馬のモツ煮を一人で平らげたため、〆の頃にはもう満腹だと音をあげ、大量のタイピーエンをがっつり食べておなかがマックス。もう食べられませんムニャムニャ…。

郷作とく一。オフィシャルサイト


 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存

※記事に関連のないコメントは削除しますので、ご遠慮ください。