カスタム検索

 

三輪そうめんをお取り寄せ
2010.07.31 [Sat] 08:00

前にもエントリした奈良の三輪そうめんですが、おいしさに惹かれて三輪そうめんの老舗・山本さんから3種類入りのセットをお取り寄せしました。
私が気になったのは、その名も「白髪(しらが)」という超極細そうめん!食品の商品名によくぞこの名前をつけたものだなあと感心してしまうのですが、これがどれだけ細いのか試してみたくって。



右から、細麺の「蔵開き」、極細の「白龍」、そして超極細の「白髪」。白龍と白髪にはモンドセレクション最高金賞受賞のメダルが誇らしげに輝いています。
ちなみに蔵開きは8束で1000円、白龍は5束で900円、そして白髪は1束で472 円という超高級品!わお!



細さの違い、分かるでしょうか? 蔵開きと白髪が並ぶと、その差が引き立ちますね。
茹で時間はそれぞれ90秒、60秒、30秒。30秒ってもう、うかうかしてるとすぐ茹であがっちゃうので焦る焦る。



茹でた状態がこちら。白髪、細っ!!食感もまるで絹糸のようにスルスル〜っと入ってきます(って、絹糸食べたことないけど
ビーフンだと結構これくらいの細さがあるんですが、そうめんでここまで細くできるとは!しかも三輪そうめんの特徴であるコシはしっかりキープされています。これはもう芸術品と呼んでもおかしくないクオリティ。

そういえばパスタでも極細麺は“カッペリーニ(髪の毛)”と呼ばれていますね。どうもヒトというのは極細麺を髪の毛に例えたがる生き物なのかも(笑)。



極細の白髪、白龍と手延べ素麺「蔵開き」の3種類のおためしセットです。
その細さを見比べ、それぞれの喉ごしの違いをお楽しみ下さい。普段なかなかお召し上がりいただけないそうめんの最高級品です。
原料の小麦粉は素麺用に特に吟味した専用粉を使用し、 1200年に及ぶ伝統技法を受け継ぎ11月から3月までの
寒い気象のもと、36時間の作業を経てつくりあげます。 その後更に食感を増すために独自の素麺蔵で長く保存し、
古物(ひねもの)にして詰合せいたしました素麺です。



 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存

※記事に関連のないコメントは削除しますので、ご遠慮ください。