カスタム検索

 

お茶どころ・狭山の茶そば
2010.07.05 [Mon] 08:00

西新宿にある「ナチュラルローソン新宿西店」の一角に埼玉県のアンテナショップがあるのですが、そこで見つけた「狭山煎茶茶そば」。静岡、宇治と並んで日本三大茶所である狭山のお茶を練り込んだ乾麺です。
抹茶ではなく“煎茶”というのが面白いなと思いましたが、狭山はお茶の産地の中で最も北にあり、他の産地よりも寒冷な気候のため葉肉が厚くなりコク味の濃いお茶になるため、味と風味が生きるのだそうです。
一般的な「やぶきた」ではない、非常に希少価値の高い「狭山みどり」という狭山茶代表の品種を贅沢に使用しています。

 

麺は全体的に鮮やかな緑ではなく、薄い緑とそばの色がきっちり染まっていないところが逆に味があって良さげです。つぶつぶは緑っぽく見えるので、どうやら煎茶のようです。
これはやっぱり風味を味わえる冷たいおそばでいただきたいところ。



ほら、この色がまばらな感じがまたいいでしょう? 見た目と同じく、ほんのり淡いお茶の風味がちょうどいい。そば湯もしっかり緑色でした。鮮やかに見えるように着色料を使っている茶そばと違って「ちゃんとふんだんにお茶の葉入れてるんだもんね!だってウチ茶所なんだもんね!」という狭山の自信を感じた一品でした。

“色は静岡 香りは宇治よ 味は狭山でとどめさす”と歌われる狭山茶を使った煎茶そばです。埼玉・北海道産の小麦粉、北海道産のそば粉、狭山産の煎茶粉、国内産天然塩を使用し、着色料などの添加物は未使用です。



 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存

※記事に関連のないコメントは削除しますので、ご遠慮ください。