カスタム検索

 

日本海でカニ三昧♪
2009.11.30 [Mon] 11:00

関西旅行3日目は遠出しておいしいものを食べようということになり、友人から以前食べはって大満足だったという「甲羅戯(こうらぎ)さんを推薦していただき、兵庫県の日本海側、柴山へと向かいました。

大阪を6時半に出発し、神戸でもう一人の友人をピックアップ。その後高速道路に乗って早朝の霞がかかった幻想的で美しい山々を越えていきます。途中で新しくて立派な道の駅「フレッシュあさご」で休憩をとり、12時近くにやっと到着。

山陰本線柴山駅の目の前にある「甲羅戯」さんは、とてもきれいなお宿。食事どころは個室になっており、昼食を予約すると11時〜14時の間くつろぐことができます。さらに露天風呂付きの温泉にも入ることができ、旅とグルメと温泉、テレビ番組が1本できちゃうぐらいの豪華な取り合わせ!


前菜に並べられた魚介たち。エビもイカのお造りもとっても甘くて美味しかったのですが、主役のカニを前にしてはどうしても脇役になってしまうのが申し訳なかったです。

生の白菜にはカニミソをつけて。バーニャカウダの冷製版とでも言いますか、カニミソのコクが野菜とよく合います。

そして生の柴山かに! 柴山かにとは柴山港で水揚げされる松葉かに(ズワイガニ)のブランド名で、日本一厳しい選別のもと、50ランクの階級があるのだそう。その中でも1番〜7番は最上級品とされ、特別に「番かに」と呼ばれています。
柴山港とお隣の香住港で水揚げされる松葉ガニの量の合計は全国で1位なんだって!



甘くてぷりっぷりのかにさし、もっ最高〜〜 ねっとりとしたカニ肉の食感がたまらない!これは冷凍では味わえません。お湯にさっとくぐらせてかにしゃぶに。いつもはハサミで切ってほじる細い足はお鍋に入れてだしにするという贅沢さ。ほんますんません!


続いてやってきた焼きガニ。陶板で焼かれたカニに塩がふりかけてあり、カニの甘みをさらに引き出しています。下にあるカニのほうはさらに香ばしく、みんなで無口になりながらホジホジしていただきました。


ホジホジの醍醐味といえばやっぱりこの足の付け根部分!(仲居さんは「箱」と呼んでいました)
北海道で毛ガニを食べるときもこの部分が好きだった私、一心不乱にほじってしまいました。
仲居さんがちょこちょこ来ては「頑張って食べて下さいね〜」と声をかけてくれたのですが、どうやら私たちのペースが遅かったので、せっついてくれてたみたい(笑)。このあとの鍋や雑炊、お風呂に入る時間も押し気味だったので、ペースを上げてひたすら食べまくりました。
オリジナルのナプキンも用意されひざ掛けにしていたのですが、最後の方ではもうどこかに飛んでる勢い


最後の雑炊には「箱」からほじったカニをすべて投入。ごはんとカニの割合が同じになるという、あり得ないくらい贅沢なシメだったな〜。

時間が迫っていたので急いで食べ終えてお風呂へ。お風呂が使える時間も残りわずかだったので、ホントに浸かるぐらいしかできなかったのが心残りですが、両手に残るカニ臭もすっかりきれいになり、長時間のドライブでパンパンにむくんだ足の疲れも取れ、大満足のお出かけとなりました。
出来ることなら次回は泊まりで訪れて、時間を気にすることなく楽しみたいな〜と思いました。

甲羅戯 オフィシャルサイト

同行の2人のエントリはこちらです
ぷるみえさん降臨ツアー(2)〜甲羅戯(兵庫県香住町柴山)(foodish:”雑”食記 )
盛りだくさん過ぎ?「日帰りドライブ」(こんなの食べたよ)

訳あり松葉かに
ブランド蟹で有名な津居山・柴山産のカニが指落ちのため大特価!活か茹でが選べます。1匹ご購入に付きプラスもう1匹プレゼントというから太っ腹!

三吉・かに楽座 甲羅戯
「松葉がに」の本物の絶品に出逢える宿。一切妥協のない香住の味を心ゆくまでご堪能下さい。柴山温泉は美人の湯。日頃のストレスや疲れを、絶品のカニ料理の前に洗い流して頂ければ、より一層の効果が。


 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存

※記事に関連のないコメントは削除しますので、ご遠慮ください。