カスタム検索

 

角館納豆
2019.01.18 [Fri] 07:00

スーパーの催事で秋田の角館納豆を見つけたので購入しました。東京ではなかなか巡り合わない納豆ですが、有楽町交通会館の秋田ふるさと館で販売しています。
東北の納豆はほとんどが「赤いラベルが粒納豆」「緑のラベルががひきわり納豆」なので、これがグローバルデザインなのかな?と思っていましたが、角館納豆は赤がひきわり、緑が粒と逆になっています。

ひきわり納豆は発酵が進みやすいため、アミノ酸の結晶のチロシンが出ていますが、しっかり発酵している証拠。とても香ばしく、柔らかくて美味しい

残り半分はおろし納豆そばにしていただきました。大手メーカーの大量生産のひきわり納豆は粘りが少なめなので、納豆そばにするとサラサラになって食べにくいことが多いのですが、角館納豆は粘りがしっかりしているため、つゆと混ぜても納豆の主張が消えることはありません。

この素晴らしい発酵加減は、わら納豆のおかげか…と思ってしまうのですが、残念ながら角館納豆はわらに直接ではなく、ビニールに包まれています。しかし、これには理由がありました。
秋田県の広報誌「あきた(通巻133号) 1973年(昭和48年) 6月1日発行」によると、角館納豆の三代目が、小粒な大豆を火でいり、石臼で挽いてひきわりにして納豆につくることを考えついたのが、角館のひきわり納豆の初めなのだそうです。
しかし昭和31年に厚生省で「わらに雑菌がつきやすいから非衛生」との問題が起こり、それ以来、秋田県でわらつと納豆の販売を禁止したのだそう。このため直接わらに包むのではなく、パッケージとしてのわらつとが残ったというわけだったんですね。

今では衛生管理もしっかりなされるようになったため、わらに直接包まれた納豆も出回っていますが、私がブログで納豆を取り上げていた頃からは、わらや経木、紙の包みなどはかなり減り、あまり見かけなくなってしまいました。この理由が販売する方にではなく、消費者の過剰な衛生観念が原因だとしたら、少々残念です。

 

赤坂「ストックホルム」でスウェーデン料理
2019.01.16 [Wed] 07:00

屋形船の2日後、「暇だったら来ればいいっしょ」と誘われ、再度北海道の友人たちと一緒にディナー。皆さんの宿泊ホテルの下、東急プラザ赤坂の1階にある「ストックホルム」というお店を予約してもらっていました。名前の通り、こちらはスウェーデン料理のお店。今までいろんな国の料理を食べてきた私も、スウェーデン料理は初めてなのでワクワク
こちらは北欧の伝統料理「スモーガスボード」を日本で唯一味わえるお店なのだそう。中央のテーブルに60種類以上もの料理が並び、ビュッフェスタイルで好みのものを取っていきます。

色とりどりの野菜、レバーパテ、ミント風味のひき肉、右側のはライスサラダのようなもの。

北欧といえばスモークサーモンとニシンは外せません。ニシンはノーマルの酢漬け以外に、いろんなソースが絡めてあって、どれも美味!キャビアも黒と赤2種類ありました。


スモークサーモンとポテトのサラダ、ビーツ、生ハム、真ん中のケーキみたいなのもサーモンだったと記憶。やっぱり何はともあれサーモンなんだね。大好きな鴨は多めにいただきました♪
サーモンやニシン、じゃがいもなど北海道人には親しみのある食材を使った料理が多く、味付けも日本人の好みに合うものだったので、「スウェーデンなら暮らせそう!」と皆さん口々に述べていました。

珍しいのがザリガニ。ちゃんと食べ方の図解もあります。そういえばスウェーデン出身のリリコさんがザリガニを食べるって言ってたなあ。
実はこれ、北海道の湖に住み着くようになった外来種で、内田さんが発見した“ウチダザリガニ”というものだそう。駆除のため食べるようになったそうですが、北海道の清らかな湖に住んでいるので、泥臭さなどは一切ありません。でも見た目ほど食べられる部分はあんまりないかも(そして剥くのがまどろっこしい私)。

ローストチキン、ローストポーク、ローストビーフ、豚バラの煮込み、そして北欧名物のミートボールのお肉贅沢盛り。脂っこい料理がほとんどないので、胃腸も絶好調でたくさん食べてしまいました。


最後にパスタ、ポテトのグラタン。このパスタの茹で加減がまた絶妙で、ソースも2種類あり、友人は何度もお代わりしていました。
チーズも数種類あり、大人気だったのが茶色いヤギのチーズ。煮詰めて作るので茶色くなっており、焦がしミルク、つまりキャラメルのような味がするユニークなチーズなのです。ヤギのチーズが苦手な人もスイーツ感覚で食べられる、甘じょっぱマニアにはたまらない味


デザートもいろいろあって、これでも抑えたほうなのです。コーヒーゼリー、ブルーベリーのヨーグルトデザート、温かいアップルパイなどなど。他にアイスクリームもありました。
飲み放題付きのプランは2時間制だったのですが、食事は制限なしだったみたい。もっとゆっくり食べたかった。
6周したのに全部違う料理で、しかもどれも絶品 お店のかたも感じが良く、とても素敵なディナーとなりました。

 

隅田川の屋形船で新年会
2019.01.15 [Tue] 07:00

大相撲の初場所を観戦するのが毎年恒例になっている北海道の友人が、今年も東京に来ることになり、新年会のお誘いをいただきました。会場はなんと屋形船!本所にある船着場から出航する2時間半のコースでした。

グループごとに分かれたテーブル席には料理がセットされており、ドリンクは飲み放題

立派な舟盛り!お団子状のわさびもすごい。

マグロの赤身、中とろ、ぶり、サーモン、ボタンエビ。サイズが大きく、厚みもあって食べ応えありました。

ズワイガニ。ハサミで切るのがちょっとまどろっこしかった「北海道の人にはカニなんて珍しくないでしょ?」と聞いたら「そんなことないよ。だって毛ガニしか食べないから!」という返事が(笑) 。

寄せ鍋は最後にうどんを入れておなかいっぱい。

揚げたての天ぷら、大きなエビはプリプリで旨し

穴子は抹茶塩で。外はサクサク、中はふあふあ。他にはキス、さつまいも、ナス、オクラが出てきました。

お台場の夜景とか

レインボーブリッジが綺麗でしたが、食べるのに忙しくて景色は割とそっちのけ(笑) 。アテンダントのお姉さんのノリが良くて楽しかった

最後はみたらしだんごのような求肥のデザートが出て、スカイツリーを回って終了。
北海道から4人、関東から3人、みんな同郷の日高出身。「鍋かまかす」「ちょしてもいい?」「しゃっこい!」などの北海道弁が炸裂し、気のおけない雰囲気でとても楽しめました。どうもありがとう



 

「帯広ロッキー」のラーメンを求めて
2019.01.09 [Wed] 07:00

1月2日は映画のレディースデーだったので、またまたまたまた「ボヘミアン・ラプソディ」を観に行ってしまいました。どんだけ好きやねん!と自分でもツッコんでしまいますが、クイーンも好きだし、映画としても好きなので、この熱はしばらく収まりそうにありません。

行ったのは練馬区大泉学園のTジョイ。ここで映画を見た後は、映画館の下にある「帯広ロッキー」でラーメンを食べるのが楽しみの一つにもなっています。おそらく私の人生で一番多く通ったラーメン屋さん。東京では美味しい北海道ラーメンになかなか巡り合わないので、貴重な存在だったのです。

ノーマルの味噌ラーメンをいただきました。券売機で買う時に「たしか850円だったのに790円になってる?」と思ったのですが、出てきた丼を見て愕然。器が小さくなってる!
ロッキーといえば大きな器が特徴で、“広い面積のスープに浮き沈みする具をあれこれ探して食べるのもまた楽し”(母屋サイトの古い記事参照)だったのに、具もショボくなってるし、いったいどうなっちゃったの??

後で調べたら、「帯広ロッキー」だと思い込んで入ったのが実は「龍源」という新しくオープンしたお店で、「帯広ロッキー」は2017年6月に閉店していたのです どうりで…。
私がしょちゅう通っていた頃にいた気の利く店員さんもいつしかいなくなり、やがて食券式に変わり、明らかに東京の人の好みに合わせた新作メニューが増えていき、「大丈夫かな?」と思っていましたが、やっぱりそうなったかという感じ。ついには製麺所も西山製麺ではなくなった模様。西山といえば北海道人のソウルフードと言っても過言ではない、最も長く道民に愛されている麺なのです。これを切り離すなんてね…。

ああ、私の大好きなラーメン屋さんがまたなくなっちゃったよ と肩を落としたのですが、「帯広ロッキー」で検索してみたら、なななんと!2018年12月に亀戸に新規オープンしているではないですか!!捨てる神あれば拾う神あり!

というわけで善は急げで亀戸まで出かけて行きました。亀戸駅から亀戸天神社に向かう大きな通り沿いにお店がありました。赤い暖簾もそのまんま!

いただいたのはもちろん、味噌ラーメン♪ これこれ、これです!この大きな器。そして“広い面積のスープに浮き沈みする”たっぷりの具。麺はもちろん西山製麺! 私が大好きだった頃の「帯広ロッキー」の味そのままで、とても懐かしくなりました。

帰りにお店のかたとお話しした時に、元は大泉学園店のマスターだったことが判明! だから余計に懐かしかったんだな〜。
正油(醤油じゃなくて正油)ラーメンが炙り醤油ラーメンになっていたり、油そばがなかったりと若干のメニューの違いはありますが、赤辛や黒辛、かにみそなどは健在。100円引きのサービス券をもらったから、また行かなくちゃ。
背脂の存在を忘れかけてたので、次回は少なめにしてもらわねば(笑) 。

亀戸天神社にもお参りさせていただきました。甥っ子が大学受験に合格しますように!


 

ことはじめ、いろいろ。
2019.01.07 [Mon] 07:00

初詣はいつものように府中の大國魂神社へ。おみくじは中吉。旅行運が良いみたいなので、今年もいろいろ出かけようっと
天のみこえ「太く短かき行為より、細くとも長く続ける事の方がよい」、言「毎日発見、日々向上」。大國魂神社のおみくじの言葉にはいつもグッときます。

帰りはいつものように青木屋さんで和菓子を購入。モダン羊羹 彩(いろどり)という新作ができていました。白餡とフルーツのコラボレーションが新しい!
去年の初詣でも新作を買いましたが、いつ行っても新しくてワクワクできるものがあるというのは、楽しいですよね。「毎日発見、日々向上」ってこのことか!



もう一つの楽しみが、デパ地下で地元・府中の登喜和食品さんの経木や藁つとの納豆を買うことだったのですが、最近ではカップやパックばかりになってしまい、「登・喜・和」の経木納豆三兄弟ももう作ってないみたいですね ちょっと残念。

去年一番ワクワクさせてくれたのがパンダ。シャンシャン独り立ち前は親子一緒の姿を見納めしたい人で上野動物園の行列がすごいことになっていましたが、やっと落ち着いてきたので“パンダ始め”に出かけてきました。
1時間ほど並びましたが、シャンシャンはやぐらの上でぐっすり ずいぶん大きくなったね〜。一人暮らしを始めてから、おちりが真っ黒のまま。今までずっとお母さんが綺麗にしてくれていたんだね。

そのお母さん、シンシンはおちりに葉っぱをたくさんくっつけてお散歩してました。親も子も落ち着いているようで安心。

そしてリーリー、なんて格好で寝ているの(笑) 。三段落ちを分かっていらっしゃる。
パンダの観覧方法はまだ変わらないんでしょうかね〜。シャンシャンだけ並んで、あとは自由に見られるようにしても良いと思うのですが…。1時間並んでもほんの2〜3分しか見られない(しかもほとんど寝ている)というのが虚しくなってきているのは私だけでしょうか