納得してヘルストロン を買いたい

October 31 [Fri], 2008, 12:22
本日、前橋市にお住まいのO様からお電話頂きました。
「前々からお電話したかったんですが、電話掛ける勇気が無かったんですよ」と「買う前に色々と聞きたい事がいっぱいあって、納得してヘルストロン を買いたいから」と1時間程お話しましたでしょうか。
最後に「電話して聞いて見て良かった」と来週ご主人連れてご来店されるとの事でした。
”案ずるより生むが易し”ってね!

======================================
株式会社 SOSネットワーク
東京神奈川店

〒229-0037
神奈川県相模原市千代田1-3-12
TEL:0120-43-5215
e-mail: tokyo@sosplaza.com

担当:山本 (Yamamoto)
=======================================

SOSネットワーク 東京神奈川店はこちら
http://www.sos-tokyo.jp/

漢方薬はどんな薬?

October 30 [Thu], 2008, 11:06
漢方薬は、薬として効くことが知られている生薬(植物、動物、鉱物など)を組み合わせものです。本来、小さく刻んだ生薬をコトコトと煎じてのむものですが、生薬を煎じてできた液を濃縮させ、乾燥させた製剤(エキス剤)が広く使われています。
 漢方薬(エキス剤)の飲み方は、コップ一杯の水か白湯と一緒にのんでも良いですが、コップ一杯の白湯に溶かしてのむと、本来の形に近くなり薬の吸収がよくなります。また、味や香りが苦手な方は、数枚のオブラートに分けて包んで、おのおのを適量の水でのんだ後、たっぷりの水か白湯をのむ方法もあります。
 漢方薬は、一般的には副作用が少ないといわれていますが、漢方薬といえども薬ですので、体に合わなかったり、作用が強く出すぎたりすることで副作用が現れることがあります。気になる症状がありましたら、医師や薬剤師にご相談下さい。漢方薬に限らず治療効果を高めるためには、薬を正しくのむことはもちろんのこと、生活習慣(食生活・喫煙・飲酒・適度な運動など)を見直すことも重要です。

======================================
株式会社 SOSネットワーク
東京神奈川店

〒229-0037
神奈川県相模原市千代田1-3-12
TEL:0120-43-5215
e-mail: tokyo@sosplaza.com

担当:山本 (Yamamoto)
=======================================

SOSネットワーク 東京神奈川店はこちら
http://www.sos-tokyo.jp/

NX9000

October 29 [Wed], 2008, 12:20
昨日、納品にお伺いさせて頂きました横浜市のR様有難うございました。
四国にお住まいの両親へと言う事で、今までご自身でお使いだった商品(メディック 9000)を弊社で再チェック致しまして直接お届けさせて頂きますね。
ご使用に関するアドバイスも併せてお話させて頂きますのでご安心下さいませ。
また、町田市のF様夜遅くまでお邪魔させて頂き有難うございました。ご主人のお体少しでも緩和されるといいですね。お約束のお土産楽しみにお待ち下さいね。

======================================
株式会社 SOSネットワーク
東京神奈川店

〒229-0037
神奈川県相模原市千代田1-3-12
TEL:0120-43-5215
e-mail: tokyo@sosplaza.com

担当:山本 (Yamamoto)
=======================================
SOSネットワーク 東京神奈川店はこちら
http://www.sos-tokyo.jp/

飛蚊症

October 28 [Tue], 2008, 11:04
明るい空や白い壁、パソコンの画面などを見ている時。ん? 何やら黒いススのようなものが。いや、髪の毛?泡粒?虫? 思わず目をこすってみても・・。 こんな経験はありませんか。いわゆる‘飛蚊症’はその名の通り、蚊が目の前を飛んでいるように見える症状のこと。眼球の中は硝子体といって、ちょうど卵の白身のような透明でずるずるした組織で満たされています。硝子体は加齢でゆるんで動きやすくなり、その影が見えるのです。多くは心配ありませんが、中には重大な病気の前兆のことも。硝子体はもともと目の底の網膜と所々くっついていますが、動きやすくなった硝子体は、そこで網膜を引っ張って穴をあけたりします。知らずにいると網膜剥離に進展することも。特に暗い所で稲妻が走ったように見えるときは要注意。網膜が強く引っ張られて悲鳴を上げているのです。
 思い当たる症状のある方は、一日も早く眼科を受診しましょう。

======================================
株式会社 SOSネットワーク
東京神奈川店

〒229-0037
神奈川県相模原市千代田1-3-12
TEL:0120-43-5215
e-mail: tokyo@sosplaza.com

担当:山本 (Yamamoto)
=======================================

W9000W

October 25 [Sat], 2008, 12:17
「先日の新聞広告を見てお電話してみました。」というお問い合わせが本日25件ございました。
みなさん「中古があるんですか?」と驚きとうれしさが入り混じったような声で色んな質問が飛び交っていました。
「会場の担当さんはこう言ってたけど本当ですか」とか「ホントに効くんですかね〜」とか「母親がかなり入れ込んでいるんですけど」とか様々でしたね。
まだまだ、一般的には知られていない業界ですからもっともっとアピール出来るといいですよね。
皆さんの力をお借りしたいと思います。宜しくお願い致します。

======================================
株式会社 SOSネットワーク
東京神奈川店

〒229-0037
神奈川県相模原市千代田1-3-12
TEL:0120-43-5215
e-mail: tokyo@sosplaza.com

担当:山本 (Yamamoto)
=======================================

心房細動

October 24 [Fri], 2008, 11:03
最近、元有名スポーツ選手や政治家の方が脳梗塞になって、マスコミでも『心房細動』が話題になることがあります。
ところで『心房細動』とはなんでしょう。
早い話が、高齢(発作型は若年者にもありますが)になって出てくる脈の乱れです。心臓の上側の部屋(心房)が収縮できなくなった状態をいいます。
日本では約100万人の患者が存在し、特に高齢者では60歳以上人口の約4%、70歳以上では10%以上の罹患率を示し、65歳以上では新たに心房細動になる頻度は年間1%とされています。
『じゃあ病気ではないんですね?』と切り返されると返事に困りますが、循環器科の外来では『病気の予備軍』と位置つけて外来に来てもらっています。理由のひとつは、『心臓内血栓』が問題になるからです。放っておくと心臓内血栓による脳梗塞・血栓塞栓症や頻脈によりうっ血性心不全の原因となります。
『みんながなるから怖くない』と考える方もおられるでしょうが、『脳梗塞になったら…』と考えてみると怖くなりますね。脳梗塞の多い群も糖尿病、高血圧、心不全、虚血性心疾患、喫煙など、やっぱり生活習慣がかかわってきています。転ばぬ先の杖とは病気を理解することですから、一度相談してみてください。

======================================
株式会社 SOSネットワーク
東京神奈川店

〒229-0037
神奈川県相模原市千代田1-3-12
TEL:0120-43-5215
e-mail: tokyo@sosplaza.com

担当:山本 (Yamamoto)
=======================================

ドクターラボ

October 23 [Thu], 2008, 12:15
先日ご来店頂き本日、待望の納品に訪問。大和市のH様誠に有難うございました。
奥様想いのご主人にとても気持ちよく後にする事が出来ました。
奥様の頭痛良くなるといいデスね。その後鎌倉市のY様宅にケアで訪問。
週末、自宅療養の為帰宅中のご主人に激励をと思い訪問。
直接はお話出来ませんでしたが、気持ちは伝わったのではないかと思います。と
にかく「お父さん!頑張ってね!」その後、湘南の海を気持ちよく帰って参りました。

======================================
株式会社 SOSネットワーク
東京神奈川店

〒229-0037
神奈川県相模原市千代田1-3-12
TEL:0120-43-5215
e-mail: tokyo@sosplaza.com

担当:山本 (Yamamoto)
=======================================

誤飲防止の工夫

October 21 [Tue], 2008, 11:02
誤飲とは、食べ物が気管に入ったり、食べ物以外のものを飲み込んでしまうことを言います。誤飲が肺炎の原因になることも多く、誤飲によって息ができなくなると命にかかわる重大な事故になります。食事をとるときの姿勢、口に入れるスピードなどに気を配り、注意することが必要です。
 食事をとるときは、はっきり目覚めていることを確認しましょう。寝たきりの場合でも、上半身を起こし、首が後ろに傾かないように、あごを引くようにします。
 寝たきりのとき、気管に入りやすいのは飲み物です。とろみをつけたり、ゼリー状にしたりすると飲み込みやすくなります。パンなど、パサパサしたものも飲み込みにくいため、牛乳などに浸すとよいでしょう。肉片や豆などは固くて飲み込みにくくのどに詰まりやすいので、小さく切ったりミキサーにかけたりします。大切なことは、ゆっくりあせらず、お年寄りのペースに合わせて食べさせることです。

======================================
株式会社 SOSネットワーク
東京神奈川店

〒229-0037
神奈川県相模原市千代田1-3-12
TEL:0120-43-5215
e-mail: tokyo@sosplaza.com

担当:山本 (Yamamoto)
=======================================

U7000W ステップアップ

October 20 [Mon], 2008, 12:13
昨日も甲府市へ納品へ。嬉しそうにご主人が「僅かばかりの自分のヘソクリで買いますよ。」と。
すかさず「今まで一生懸命家族の為に、働いて来られた自分へのご褒美ですよ。
これからはご自身の体も労わって上げてくださいよ。」と話すと更に目を細められていつになくご満悦のご様子。
いつまでも僕らが応援してますよ!

======================================
株式会社 SOSネットワーク
東京神奈川店

〒229-0037
神奈川県相模原市千代田1-3-12
TEL:0120-43-5215
e-mail: tokyo@sosplaza.com

担当:山本 (Yamamoto)
=======================================

疥癬(かいせん)について

October 17 [Fri], 2008, 11:00
最近,老人施設などを中心に,「疥癬」の患者さんを診る機会が増えています。「疥癬」とは,ヒゼンダニという寄生虫が,皮膚の一番外側に寄生する病気です。陰部や体幹,指の間など皮膚の軟らかいところに症状が出ることが多く,特に夜間なると激しい痒みが出てくるのが特徴です。皮膚同士の直接接触や,寝具などを介した間接接触で他人に感染するため,性行為や家庭内などで発生し,老人施設や病院などで集団発生することもあります。
 皮膚炎の治療薬であるステロイド外用剤は,この病気には効きません。むしろ,悪化することの方が多いため,患者さんが「病院で薬をもらったが悪くなった」と言って来院されることもあります。
 発疹の出ている皮膚を削って顕微鏡でのぞき,ヒゼンダニの虫体や虫卵を確認すれば診断できます。治療がうまくいかないと,皮膚や爪が硬くなり,伝染力が強くなったり,治りにくくなったりしますので,気になる症状がある方は,早めに皮膚科で検査を受けて下さい。

======================================
株式会社 SOSネットワーク
東京神奈川店

〒229-0037
神奈川県相模原市千代田1-3-12
TEL:0120-43-5215
e-mail: tokyo@sosplaza.com

担当:山本 (Yamamoto)
=======================================
P R
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

2008年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SOSネットワーク 東京神奈川店
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-サーフィン
読者になる
Yapme!一覧
読者になる