サンメディオン30000MA

July 31 [Thu], 2008, 8:42
先月末から各メーカー様(体験会場)において「売込み」合戦が始まっている様で、「今月で宣伝会場は終わります」と言い、更には「あと一ヶ月延長になりました」と・・・あせらずにじっくりとご検討して下さい。





SOSネットワーク 東京神奈川店はこちら

http://www.sos-tokyo.jp/

サンメディオン 30000MA はこちら
http://www.sos-tokyo.jp/popular/sunmedion.html

マグネシウム

July 30 [Wed], 2008, 9:04
●現代人のマグネシウム不足

現在と50年前を比べると、食の変化によりマグネシウム摂取量が減っている。
身近な食材でマグネシウムを摂ることも大切である。


●効率の良い摂取法

マグネシウムとビタミンB1がバランス良く含まれている「穀類」の
摂取がより効果的である。

◇より効果的な摂り方

【そば】と【そば湯】の組み合わせで摂ることが良い。
そばにはマグネシウムとビタミンB1の含有量が他の穀類よりも多く、
バランスよく含まれており、そば湯はその栄養素がふんだんに
溶け出したものだからである。そば湯にはすりごまを加えて飲むと、
ごまのカルシウムが腸でのマグネシウム吸収効果を高めるので、
一緒に摂ることが望ましい。さらに、そばにはルチンも豊富に含まれている。

担当:山本

ドクターラボ (特殊電子治療器)

July 29 [Tue], 2008, 9:37
昨日は朝から前橋市へ納品へ。待望の商品に「笑顔」「笑顔」「笑顔」。また、第1声が「えっ!これ新品ですか」と。かなりの驚きと喜びでずーっと”えびす顔”のご主人。これからは家族全員で毎日使わせて貰いますね。と終始笑顔でした。”榛名富士”も笑顔で見送ってくれてる様にも感じました。





SOSネットワーク 東京神奈川店はこちら

http://www.sos-tokyo.jp/

ドクターラボ はこちら
http://www.sos-tokyo.jp/popular/fitcare.html

スーパーアミノ酸「アルギニン」の効果的な摂り方

July 26 [Sat], 2008, 9:03
スーパーアミノ酸「アルギニン」の効果的な摂り方
東京大学大学院客員教授 学術博士・大谷勝氏


◇アルギニン
「身体の中でタンパク質を作り、生きていくために必要不可欠なアミノ酸のひとつ」
身体をつくる20種類のアミノ酸の中でも機能が大きいことからスーパーアミノ酸と言われる。

◇アルギニンを含む食材
・大豆食品・肉類・魚介類


◇アルギニンの体内での働き
食事をするとタンパク質は胃で分解され、アルギニンという形で肝臓から身体中を巡る。


◇しかし、普段の食生活では、アルギニンが不足している!

なぜなら、「アルギニンは毎日摂らなければ常に不足してしまう。
夏場はタンパク質が不足しがちである。


◇スーパーアミノ酸・アルギニンで生活習慣改善
「アルギニンをきちんと吸収し、しっかり働かせるためのひと工夫が大切!」
ただし、「効果的に摂る方法は、食材によって違う!」


●大豆食品

◇大豆食品いろいろ
・納豆・味噌・高野豆腐・油揚げ


◇大豆食品の中でアルギニンを最も多く含むのは・・・
「高野豆腐」高野豆腐は吸収が良い。


◇大豆食品のアルギニン含有量100g中(五訂食品成分表)
・味噌・・・910mg
・納豆・・・940mg
・油揚げ・・・1500mg
・大豆・・・2800mg
・高野豆腐・・・4200mg


◇高野豆腐に含まれるアルギニンの効果を活かすには・・・
「アルギニンを体内で合成するビタミンB6が必要!」

アミノ酸をうまくタンパク合成したり、身体の中で働かせるためにはビタミンが必須で、特にビタミンB6を一緒に摂ることが大切。

◇高野豆腐と一緒に摂る必要があるビタミンB6を多く含む食材は?
「ノリ」


●肉類

◇肉類の中でアルギニンを最も多く含むのは・・・
「鶏肉」

◇アルギニンによる学習能力改善効果:認知症患者を対象・平均年齢79歳(北海道大学医学部)
・投与前・・・16点
・投与後・・・23点
・投与終了後・・・17点

◇鶏肉に含まれているアルギニンの効果を活かすには・・・
「アルギニンの働きを邪魔する脂肪の酸化を防ぐことが必要!」

◇鶏肉の脂肪の酸化を防ぐには、ある調味料を使うことが大切!
その調味料とは?
「しょうゆ」

◇加熱調理後の食肉の脂質酸化量(台湾・フー・ジェン大学)
台湾・フー・ジェン大学による「加熱調理後の食肉の脂質酸化量」
を見ると、「肉+しょうゆ」は、「肉+水」の65%脂質酸化量を
抑制することがわかる。

◇しょうゆに漬け込んだ鶏肉の、最も効果的な調理法は
「蒸す」蒸すことで余分な脂が落ちる上に、脂肪の酸化が
一番少ない。
「しょうゆ漬け蒸し鶏」を紹介。


●スーパーアミノ酸で健康維持

◇アルギニンと他のアミノ酸をバランスよく摂ることも大切
そのためには、「タマゴを1日1個食べる」

◇アルギニンの効果を補うタマゴの最も良い食べ方は?
「ゆでタマゴ」

◇生卵とゆで卵のアミノ酸吸収スピード比較
ベルギー University Hospital Leuren.Pieter Evenepoelによる
「生卵とゆで卵のアミノ酸吸収スピード比較」を見ると、「生卵」
よりも「ゆで卵」の方が、アミノ酸の吸収スピードが速いことが
わかる。
タマゴは栄養学的に理想的なタンパク質源で、アルギニンの効果も
高めてくれる。


担当:山本

リカバロン90

July 24 [Thu], 2008, 21:33
昨日は朝から小田原市へ納品へ。「家族全員で今日から掛かります」と満面の笑み。その後飛んで帰って来店応対。町田市からご来店。色々とご説明させて頂き予算に見合う商品を選択。奥様想いのご主人に我が身を正す思いでしたね。お体養生下さいね。





SOSネットワーク 東京神奈川店はこちら
http://www.sos-tokyo.jp/

リカバロン90 はこちら
http://www.sos-tokyo.jp/popular/recoveron_90.html

ビタミンA

July 22 [Tue], 2008, 20:00
● ビタミンAの吸収を高めるコツ


◇ビタミンAを多く含む食材

・ブロッコリー
・ホウレンソウ
・春菊
・カボチャ
・ニンジン
・うなぎの蒲焼き
・レバー
・卵
・バター
・チーズ

◇「健康を保つために、特に不可欠な栄養素!」

人間にある約6兆個の細胞は、常に入れ替わって成長や健康を保っている。
その様な人体の健康にはビタミンAが必要不可欠!
また、ビタミンAは網膜を形成しているロドプシンの原料となっている。

◇ビタミンAの1日の摂取量の推移(厚生労働省「国民栄養調査」)

厚生労働省「国民栄養調査」による「ビタミンAの1日の摂取量の推移」を見ると、昭和35年から徐々にビタミンAの1日の摂取量は増加し、昭和50年には摂取基準値(2000IU)を超え増加していることがわかる。

「現代人は隠れビタミンA不足に陥っている!」
平均値でみると非常に良い状態だが、バラつきが目立つ。
気をつけて摂る、賢く摂ることが大切。

◇隠れビタミンA不足になる理由

・摂っても吸収されていない
・必要なところに運ばれていない
・紫外線やストレスで減少する

つまり「実質的にはビタミンAが不足した状態」

◇ストレスによって減少するビタミンA(カナダ・ストレス研究所)

・日常生活・・・1500IU
・強力なストレス(人間関係・夫婦ゲンカなど)・・・15000IU ※約10倍!

ストレスがかかると活性酸素がたくさん出てくるので、それに対抗するため、ビタミンAを通常の摂取量よりも多く摂らなければいけない。


●ビタミンAの吸収率を高める

◇ビタミンAには動物性と植物性の2種類がある

「両方をバランスよく摂ることが大切!」

<植物性ビタミンA>

・ブロッコリー・ホウレンソウ・春菊・ニンジン・カボチャ

<動物性ビタミンA>

・レバー・うなぎの蒲焼き・卵・チーズ・バター

◇動物性ビタミンAと植物性ビタミンA

・「動物性ビタミンA(レチノール)」→摂取→「ビタミンA」
・「植物性ビタミンA(β−カロテン)」→摂取→「ビタミンA」・「β−カロテン」

動物性ビタミンAは「レチノール」と言う。植物性ビタミンAは「β−カロテン」などのカロテノイド系のもの。植物性ビタミンAを摂取すると、身体の中で「ビタミンA」として効力を発揮しながら、「β−カロテン」のままで存在する部分もある。
充分にビタミンAが足りていればβ−カロテンのままとして役割を果たす。

◇植物性ビタミンAの吸収率は、動物性の3分の1

だから「植物性ビタミンAの吸収率を高めるひと工夫が必要」

◇1日に必要なビタミンAの量

・カボチャ・・・230g→吸収率を高めた場合:70g
・ニンジン・・・100g→吸収率を高めた場合:35g
・ホウレンソウ・・・210g→吸収率を高めた場合:70g

◇植物性ビタミンAの吸収率を高めるには・・・

「油を使って調理する」ただし、
「ある下ごしらえをすることで、さらに吸収率が高まる!」

◇植物性ビタミンA(β−カロテン)の吸収率(「カラーグラフ食品成分表」より)

・油なし・・・10%
・油あり・・・80%

◇植物性ビタミンAの吸収率を高めるために、油を使って調理する前にするとよい下ごしらえは何でしょう?

A.「ゆでる」

β−カロテンが細胞の中にあるときは、まだ脂肪に溶けていない。
ゆでることで、野菜に含まれるわずかな脂肪にβ−カロテンが溶ける。
そして油調理をすることでさらに油に溶け、非常に有効になる。

◇植物性ビタミンA(β−カロテン)の血中濃度推移(2006年5月日本農芸化学会)

2006年5月日本農芸化学会による「植物性ビタミンA(β−カロテン)の血中濃度推移」を見ると、「生」よりも「ゆで」の方が、ビタミンAの血中濃度が高くなることがわかる。


◇ビタミンAの吸収率を上げるコツ

・ビタミンAを多く含む野菜は、やわらかくなるまでゆでてから、炒め物や天ぷらなど


油を使って調理する
・ニンジンがおすすめ
・夕食時に摂ると効果的

夕食時は新陳代謝が活発になる時間。


●ビタミンAを身体のすみずみまで運ぶ

◇ビタミンAを身体中に運ぶために必要なのは・・・

「タンパク質」

◇タンパク質を多く含む食材

・豚肉・卵・チーズ・大豆など

ビタミンAはタンパク質と結びついて全身に運ばれる。

担当:山本

ネオドックメディカル

July 21 [Mon], 2008, 9:30
先月末から何年ぶりの風邪を引いて久しぶりに寝込んでしまいました。「健康」な時には「健康の有難さ」って判らないもの。不思議と「自分の健康」が後回しになってる方が多いと思いますが、「自分の体は自分で守らないと誰も助けてはくれません」と身を持って体験しました。”転ばぬ先の杖”「健康が一番の幸せ」ですね。ホント。





SOSネットワーク 東京神奈川店はこちら
http://www.sos-tokyo.jp/

ネオドックメディカル
http://www.sos-tokyo.jp/popular/neodoc_medical.html

ビタミン

July 20 [Sun], 2008, 20:59
● 体の健康に欠かせないビタミンA

ビタミンAは動物性の食べ物に多く含まれていて、体の健康に欠かせないビタミンです。
ビタミンAとほぼ同じ働きをするのが、緑黄色野菜(ニンジン、カボチャ、ホウレン草など)に多く含まれるβカロチンです。
βカロチンは、一度肝臓に蓄えられてから必要な分だけ小腸でビタミンAに変化します。そこで、プロビタミンA(ビタミンAの前駆体)とも呼ばれます。
βカロチンは、ビタミンAに変わるもの以外はそのままのかたちで吸収され、βカロチン独自の健康効果をもたらします。

サブリメントを補給しているのに手が黄色い、頭が重く、全身がだるいなどの症状でサブリメントの効果を感じられない場合は、βカロチンやビタミンAの過剰摂取を疑い、お休みしてみてください。

ビタミンAを多く含む食べ物
レバー・ウナギ・バター・肝油・卵巣など



● イライラや気分の落ち込みを防ぐビタミンB

ビタミンB群にはB1・B2・B3・B6・B12・パントテン酸・葉酸・ビオチンの8種類があります。
ビタミンB群は神経や精神にかかわる静養素で、イライラしやすかったり落ち込みやすいときは不足している可能性が高い状態です。


多く含む食べ物
ビタミンB1を多く含む食べ物:豚肉、きなこ、ピーナッツ、うなぎ
ビタミンB2を多く含む食べ物:レバー、牛乳、シイタケ
ビタミンB6を多く含む食べ物:牛肉、豚肉、鶏肉
ビタミンB12を多く含む食べ物:牛・豚・鶏のレバー

担当:山本

メディックAT9000

July 19 [Sat], 2008, 20:15
昨日、突然「山本さんいらっしゃいますか」と横浜市F様よりお電話が。聞けば「近所の方2人も欲しいと言ってるので、器械を持って来てくれますか」との事。「あなたが一生懸命やってるから紹介して上げたくなるのよ!」とその一言にただただ感謝・感謝・涙・涙です。「昼ごはん用意して待ってるから、お腹空かして来てよ!」と。ホントに人とのふれあいをヒシと感じます。これからも大事にお付き合いして行きたいですね。これからは”突撃!隣の昼ごはん”シリーズで行こうかな?





SOSネットワーク 東京神奈川店はこちら
http://www.sos-tokyo.jp/

メディック AT-9000はこちら
http://www.sos-tokyo.jp/popular/medic9000at.html

アミノ酸

July 17 [Thu], 2008, 20:57
● アミノ酸の働きと栄養

アミノ酸は私たちに体を作る約10万種類のタンパク質を構成する積み木ブロックのようなものです。
20種類のアミノ酸が、さまざまな組み合わせでタンパク質を作っています。そのうちの9種類は体内で作ることができず、食品からとらなくてはならないので、『必須アミノ酸』と呼ばれています。子供の場合には、さらにアルギニンが合成できないので10種類になります。

食品によって必須アミノ酸によるブロックの組み合わせの形は違います。このブロックの組み合わせが、人間のタンパク質を構成しているアミノ酸のブロックの組み合わせと似ていると、体内で無駄なく使用できる栄養価の高いタンパク質になります。卵・牛乳・肉・魚などの動物性タンパク質が良い例です。

穀物や、野菜などに含まれる植物性タンパク質は、9種類のうちリジンやスレオニンといったアミノ酸が不足していることが多く、一番少ないアミノ酸の量までしかタンパク質として体内で使用できません。

そこで、リジンやスレオニンが多く含まれる動物性タンパク質や、植物性でも大豆のタンパク質と組み合わせることで、無駄なく使えるようになります。アミノ酸のバランスを考えて、効率よく体内で利用するには、動物性と植物性のタンパク質を1対1の割合でとるのが理想的なバランスです。

そのほかにも、アミノ酸はさまざまな働きをしています。タンパク質は体を構成するだけでなく、1グラムがおよそ4キロカロリーのエネルギー源としても使える唯一の栄養素です。



● アミノ酸スコア

人が体内に取り入れる理想的な必須アミノ酸のバランスを100点満点として、食品別のタンパク質の栄養価を数値化したものをアミノ酸スコアと言う。

重要なタンパク源である米は7%、小麦では11%のタンパク質を含んでいるが、必須アミノ酸であるリジンなどの量が少ない。食品中のタンパク質は一番少ないアミノ酸の量までしか利用できないため、米や麦のアミノ酸スコアは低いとされる。

一方、大豆や母乳、肉、魚などはバランスよく必須アミノ酸を含んでおり、アミノ酸スコアは100、あるいはそれに近いレベルにある。

米にやや不足気味のリジンは豆類に多く含まれる。そのため、ご飯にみそ汁、豆腐などの大豆製品や焼き魚などを組み合わせた昔ながらの日本食のアミノ酸スコアは100.良質なタンパク質の確保という点からも理にかなった食事といえる。



● スポーツとアミノ酸サプリメント

長年、運動時のエネルギー源になるのは糖質と脂肪とされてきたが、最近になってバリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸の一部が筋肉に蓄えられて運動時のエネルギーとして使われることが分かった。食べ物のタンパク質が体内でアミノ酸として吸収されるまでは2時間くらいかかるが、アミノ酸サプリメントの場合、20〜30分と短時間で吸収できるため、激しい運動などで失われたアミノ酸を迅速に補給するうえで役立つ

担当:山本
P R
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SOSネットワーク 東京神奈川店
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-サーフィン
読者になる
Yapme!一覧
読者になる