疲労が原因で発病する帯状疱疹にご注意

November 29 [Thu], 2007, 8:39
【水ぼうそうウイルスが原因】

 夏の疲れは、涼しくなる頃に出てきます。この時期に免疫力が低下してくる人も少なくありません。免疫力が低下するといろいろな病気に罹患しやすくなるので注意が必要です。 体の抵抗力がないときに起こりやすい病気に帯状疱疹があります。これはかつてかかった水ぼうそうのウイルスが活性化して引き起こされるのです。
 帯状疱疹は、決して珍しい病気ではなく誰にでも(どんな年代の人にも)起きる可能性があるのです。ただし、高齢者の場合にはその確率が上がります。


【症状の経過】

 帯状疱疹の症状は、神経に沿って帯状に(左右のどちらかに、体の中心を越えることはまれ)赤い発疹ができ、発熱や痛み(神経痛)を伴います。数日後には発疹は水ぶくれになって、痛みはさらに強まります。そして10日ほど経過するとかさぶたとなり、だいたい1カ月程度で痛みも皮膚も元通りになります。これが自然治癒パターンです。

【発症する場所と注意点】

  帯状疱疹は多くの場合、胸・腹・背中など胴体に出ることが多いのですが、神経に沿ってできるのですから、頭、顔、手、腕、お尻、足などにも出ます。
 帯状疱疹では、顔に出た場合は特に注意が必要です。顔の神経は脳に直結しているので髄膜炎を引き起こす危険性もありますし、目の中に疱疹ができると失明の恐れもあります。さらに顔面神経に疱疹ができると、顔面神経麻痺が起こり、治りにくくなります。


【発症後5日以内に治療を】

  帯状疱疹では、顔面神経麻痺や神経痛(帯状疱疹後神経痛)が残るケースがあります。 こういった後遺症を残りにくくするためには、早期に抗ウイルス薬による治療が望まれます。では、早期とはどれくらいの時期をさすかといえば、発疹など、皮膚に症状が出てから5日以内が目安です。
 ともかく、体の左右どちらかに、痛みを伴う発疹が出たらすみやかに病院で受診することをおすすめします。

担当:山本(一)
P R
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SOSネットワーク 東京神奈川店
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-サーフィン
読者になる
Yapme!一覧
読者になる