エナジートロン YK9000

October 24 [Wed], 2007, 17:05
昨日も埼玉県川越市へ納品へ。
嬉しそうにご主人が「僅かばかりの自分のヘソクリで買いますよ。」と。
すかさず「今まで一生懸命家族の為に、働いて来られた自分へのご褒美ですよ。これからはご自身の体も労わって上げてくださいよ。」
と話すと更に目を細められていつになくご満悦のご様子。
いつまでも僕らが応援してますよ!

写真:エナジートロン YK9000
担当:山本(一)

SOSネットワーク 東京神奈川店はこちら
http://www.sos-tokyo.jp/

エナジートロン YK9000はこちら
http://www.sos-tokyo.jp/doctor/e_yk9000.html

冷えからくる睡眠不足を予防しよう

October 24 [Wed], 2007, 8:35
【冬に冷えるのは当たり前】
 冬になると「眠りが浅い」「寝つけない」という方が少なくありません。その原因は手足の冷え。もちろん、冬になると手足が冷たくなるのは、特別のことではありません。人の体は、冷たい空気にさらされて冷えを感じると、手足の皮膚温度が下がります。体の中心である心臓や脳を守るために血液がその周りに集まるために起こる現象です。
 通常、人の平均体温はだいたい36.5度くらいですが、これは体の表面の温度のこと。体の中心部は36.9度ほどです。ちなみに、手足の皮膚温度が下がって、体中心部に血液を集めてもなお、体の中心部の温度が下がり続けると、体を震わせて熱を出そうとします。寒さでブルブル体が震える現象も、このようなメカニズムから生まれるのです。

【眠れないのは冷えが原因】
 問題なのは、温かい布団に入っても手足が冷えたままで、眠れないという状況に陥ることです。なぜ、手足が冷えたままだと眠れないのでしょうか?
 私たちは眠りに入る前、1日の活動で上昇した体温を手足の表面から放熱し、体と脳の睡眠準備を始めます。すると体の中心部の体温が急降下し始めるために眠気が起こるのです。ところが、冷え切って血流が悪い手足の状況では、放熱を起こせません。当然、体の中心の体温も下がらずに寝つきが悪くなってしまうのです。ですから、血流を改善することが解決策となります。

【血液の流れをよくするには?】
 冷えを訴える人の多くは、日常、体を動かすことが少ない生活を送っています。人の体は怠け者なので、そのような生活が続くと血液を流す力が弱まり、血行不良になるのです。体を温めるための熱の発生をつかさどるのは筋肉ですが、運動不足やダイエットの影響で筋肉量が減ったり、新陳代謝が低下すると、熱を発生することが難しくなってしまいます。そんな体に厚着をしても、温まるはずはありません。自分で熱を発生させる力を取り戻しましょう。
 効果的なのは日常的に体を使うこと。通勤時に1駅分を歩く、エスカレーターではなく階段を使うのもよいでしょう。また座り仕事の人は、定期的に立ち上がって膝屈伸と伸びをしてください。効果的に代謝を上げるには、大きな筋肉(腹筋、背筋、足の筋肉)を鍛えることが近道です。

  【とりあえず体を温める】
 とはいうものの、体質改善には時間がかかります。運動は続けながら、今日からできる対処法を紹介しておきます。まずは、眠る前にはゆっくり半身浴をし、ショウガ湯などを飲んで内側からも温めます。そして体を締めつけないパジャマを着て、レッグウォーマーで足首を保温、首にはマフラーを巻き、体に温かい環境であると強引に認識させてしまうのです。是非、お試しください。

担当:山本(一)
P R
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

2007年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SOSネットワーク 東京神奈川店
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-サーフィン
読者になる
Yapme!一覧
読者になる