詩。

September 30 [Sat], 2006, 20:59


泣いている時も
笑っている時も
怒っている時も
叫んでいる時も
追いかけている時も
目指している時も


それは何時だってまっすぐで。
それは何時だって一途で。


表情は何時だって一途だ。

僕には、表情が無い。
だから、一途にはなれない。
悲しいとも思わない。
苦しいとも思わない。

一途になれることは
生きているからこそで。




君は生きている限り
一途でいるんだ。
  • URL:https://yaplog.jp/sorairo1211/archive/60
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sorairo1211
読者になる
Yapme!一覧
読者になる