書籍「かがみの孤城/辻村深月 (著)」今年度本屋大賞の実力やいかに?

2018年04月23日(月) 16時33分
書籍「かがみの孤城/辻村深月 (著)」★★★☆
単行本: 554ページ
出版社: ポプラ社 (2017/5/11)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かがみの孤城 (一般書) [ 辻村 深月 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/4/23時点)





      →★映画のブログ     
どんなブログが人気なのか知りたい



「あなたを、助けたい。
学校での居場所をなくし、
閉じこもっていたこころの目の前で、
ある日突然部屋の鏡が光り始めた。
輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、
城のような不思議な建物。
そこにはちょうどこころと
似た境遇の7人が集められていた――
なぜこの7人が、なぜこの場所に。
すべてが明らかになるとき、
驚きとともに大きな感動に包まれる。
生きづらさを感じている
すべての人に贈る物語。
一気読み必至の著者最高傑作。」

(出版社HPより)

Amazonであらすじを読んだ時は
読むつもりはなかったが、
本屋大賞受賞ということで
さっそく購入し、読んだ。


554ページという
ずっしりとした重み、
こういうの好きだ、

ただ地下鉄で読もうと
鞄に入れて持ち歩くには
ちょっとかさばる。

不登校の子どもたち
7人が鏡を通って
一つの場所に集められる、
何故この7人が集められたか?
そして「秘密の鍵」を見つけた子は
どんな願いもかなえられるという。

一気読み、とはいかなかった、
確かに読みやすいし
ここに登場する7人のそれぞれの
事情は容易に察しがつく

もちろん知識としてのイメージなので
彼らの切迫した感情までは分からないが。

読み終えて、
良くできた話だとは思ったが
著者の最高傑作!と聞くと
「これが?」とも。


やはり当事者たちの13〜16歳という
年齢が離れすぎてしまったからか
子供にも読みやすいとは思うが
大人んはちょっと深みが足らないかな。

それ程面白いとは感じなかった。

これが今年の本屋大賞ですか。

好みの問題だからね、
自分には合わなかったが

ちょっとした事で
ここに登場する7人と似た境遇を
感じる人も多いのだとも思う。
そんなとき「分かってくれる」という
キーワードはとても重いものなんだろう。

ただし本屋大賞が直木賞や
芥川賞とは別

本当に売りたい本というスタンスなら
自分が買った「10刷」というのは
もう十分売れてる作品なので
前回のように直木賞作品に与えたり
もう売れてる作品に与えるのは
なんか違和感があるけどね。


まだあまり知られてないけど
「知る人ぞ知る」隠れた名作の
推薦を期待したいね。


★オススメ度★
読み物としては面白いので
オススメですが
もうひとつ深みが欲しい。


★100点満点で75点

soramove                    →  ★映画のブログ
                     どんなブログが人気なのか知りたい

映画「リメンバー・ミー」会いたい人がいるなら・・・・。

2018年04月12日(木) 18時52分
映画「リメンバー・ミー」★★★★★

原題:COCO
製作年/国:2017年/米
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
時間:105分
公開日:2018年3月16日(金)
監督:リー・アンクリッチ
エイドリアン・モリーナ

アンソニー・ゴンザレス、ガエル・ガルシア・ベルナル
ベンジャミン・ブラット、アラナ・ユーバック
レニー・ヴィクター 声の出演



      →★映画のブログ     
どんなブログが人気なのか知りたい


第90回アカデミー長編アニメ映画賞受賞作品

「天才的なギターの才能を持つミゲルは、
ミュージシャンになるという夢を抱いていた。
しかし彼の家には厳格な掟があり、
ミゲルは楽器を演奏するどころか
音楽を聞くことさえ許されなかった。
そんなある日、彼は先祖たちが暮らす
“死者の国“に迷い込んでしまう。」

(ぴあHPより)

久し振りに前売り券というか
今はムビチケだけどね、買って
公開を楽しみにしていた作品を見た、
この映画もJALの機内でも見れたが
チケットを持ってるからね
ガマン、ガマン。

メキシコを旅行した時
お土産物屋でよく目にした
ガイコツグッズは「死者の日」に
メキシコ中で飾られるものというのは

分かったし、
丁度帰国してすぐくらいに
「007」の新作が丁度この日に
ボンドがマキシコシティを疾走するという
タイムリーな感じで強烈に
印象に残っている。

日本のお盆のように
亡くなった人を家族全員が偲び
お供え物をするという
似たような風習だけど
メキシコは「お祭り」に近いかな


主人公のミゲルは音楽が好きだけど
祖先が音楽のために家族を捨てた
過去があるため、長く音楽を禁じている。

お祭りの当日
ミゲルは歌いたくて
メキシコで有名な歌手の墓に
飾ってあるギターを弾いたことで
死者の国に迷い込んでしまう。

ストーリーは単純で
とにかく日の出までに戻らないと
生者の国に永遠に戻れなくなるが

それには祖先に、おまじないを
唱えてもらわないといけないが
ここで波乱が起こる。

極彩色の想像上の動物が
生きているように動き回り
死者の国では全員がガイコツ姿で
死んでるけど、生き生きと活動している
そんな映像は美しく
アニメの世界の創造のすばらしさを感じる。


祖先の写真を飾り
お供え物をして
お盆休みに家族が集まり
お墓参りもする、
そんなとき、ガイコツ姿で「この世」に
戻った祖先は
家族の元気な姿を見ている。

まさに日本のお盆と同じ光景、
ただガイコツって感覚は日本には無いけどね。


この世で忘れられた人は
特別な祝祭日にも家族に会えず
「あの世」でも消滅してしまうらしい、
よく耳にする
「記憶の中で永遠に生きている」っていうのも
その覚えていた人が死んでしまったら
やはり消えてしまう、
永遠なんて無い。


なんか、時々何でもないシーンに
泣けたね、

父親が幽霊でもいいから
会いたい
なんかそんな気持ちを久し振りに
思い出した。

死者が身近にいることは
とても嬉しいことなのだ。
良い映画体験だった。


★オススメ度合い★
映画館じゃなくても
日本でならお盆あたりに
TVで放送されれば
結構刺さる映画だ。

★100点満点で100点

soramove                    →  ★映画のブログ
                     どんなブログが人気なのか知りたい

映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」顎を震わせての渾身の演技を見る

2018年04月06日(金) 16時48分
映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」★★★★
原題 : DARKEST HOUR
製作年/国:2017年/英
配給:ビターズ・エンド=パルコ
時間:125分
公開日:2018年3月30日(金)
監督:ジョー・ライト

ゲイリー・オールドマン,クリスティン・スコット・トーマス
リリー・ジェームズ,スティーヴン・ディレイン
ロナルド・ピックアップ,ベン・メンデルソーン 出演



      →★映画のブログ     
どんなブログが人気なのか知りたい


第90回アカデミー賞で
ゲイリー・オールドマン主演男優賞を
辻和弘がメイクアップ&ヘアスタイリスト賞を受賞


「第2次世界大戦中にイギリスを率いた
ウィンストン・チャーチルの
苦悩と決断を描く歴史ドラマ。
首相就任からダンケルク
大撤退までの27日間に焦点を絞り、
ヒトラーとどう向き合うべきか
選択を迫られるチャーチルの姿を映し出す。
独特の風貌からささいな仕種や癖まで
チャーチルになりきった
名優ゲイリー・オールドマンの
渾身の演技も見ものだ。」

(ぴあHPより)

バンコク行きの飛行機で見た、
チャーチル首相という名前は
知ってるが具体的な事は何も知らず
この映画を見た。

次の新首相は誰だ?というとき
多くの議員が嫌っていたのが
チャーチルその人、
本心を包み隠さず言ってしまうので
紳士らしからぬ振る舞いが
その大きな要因のひとつ。

議会内でのしきたり等々、
結局そういうものが
決断を遅らせ、
多くの命を危険に晒すことになる、
今まさに戦闘中なのに
自分たちの保身ばかり考える様子は
きっと日本の政治の世界にも
通じるものがあるのかもしれない。


そんなふうにあれこれ、
考えながら見た。

地続きのヨーロッパ諸国は
次々とヒットラー率いる
ドイツに制圧されていく、
このままではイギリスも長くはない、
そんな悲観的な機運が強く、
ダンケルクに派遣した兵士も
このままでは全滅だというとき、
チャーチルは決断する。

その演説が名演とされるわけだが、
聞いていて気分は高揚し
この人と共に立ち上がろう!という
そんな気にさせてくれる


そんな究極の瞬間には
実際は立ち合いたくないが
聞いていてその場にいるようで
気持ちが昂るのは感じた。

そんな時に別の解決策も
同時に模索されていて
政治の世界も垣間見えて
面白かったし、
果たして今の日本は
こんな風にしっかりやってくれるのか
不安な気持ちも少し。

太った顎を震わせながらの名演、
実在の人物を演じれば
主演賞は確実というジンクスが
またしても守られた。


★オススメ度合い★
映画の内容としては
歴史の事実で変えようが無いし
分かってることだけど、
演技に触れるだけでもいい体験が出来る。

★100点満点で85点

soramove                    →  ★映画のブログ
                     どんなブログが人気なのか知りたい

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf