映画「シェイプ・オブ・ウォーター」半魚人の恋

2018年03月12日(月) 16時51分
映画「シェイプ・オブ・ウォーター」★★★★
原題 :THE SHAPE OF WATER
製作年/国:2017年/米
配給:20世紀フォックス映画
監督:マーティン・マクドナー
時間:124分
公開日:2018年3月1日(木)
監督:ギレルモ・デル・トロ

サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン
リチャード・ジェンキンス、ダグ・ジョーンズ
マイケル・スタールバーグ、オクタヴィア・スペンサージ 出演




      →★映画のブログ     
どんなブログが人気なのか知りたい


第90回アカデミー賞で
作品賞、監督賞、作曲賞、
美術賞の最多4冠を達成した。


「ギレルモ・デル・トロ監督による
ファンタジーロマンス。
声を出せない孤独な女性と、
水の中で生きる異形の生物との
間に芽生える愛を描く。
『ブルージャスミン』の
サリー・ホーキンスが主演を務め、
『パンズ・ラビリンス』でも
デル・トロ監督とタッグを組んだ
ダグ・ジョーンズが不思議な生物に扮する。」

(ぴあHPより)


久々に監督賞と作品賞のW受賞、
昨年度の映画の代表作となった、
映画のCMは「切なくも、いとおしい、愛の物語」

こんなコピーだと
なんかロマンチックが足らない・・・・って
人が見に行ったら
映画の開始5分もしないで
ビックリすると思う。

これはギレルモ監督の映画、
モンスター映画とも
宣伝すべきだ。



まあ、40過ぎた恋は
監督の目には
これくらいグロテスクに見えるのかも。

毎日同じことの繰り返し、
職場の清掃の仕事、
耳は聞こえるが、喋れない
40過ぎの女性が主人公、
画面のほとんどは
グレーや黒の色合いで
ロマン色より、重苦しいサスペンス。

怪獣映画だからと割り切れば
大袈裟な感情表現や
分かりやすすぎる展開も
リアルより造形重視ということで
とても楽しめる映画となっているが

それでもダークファンタジーなので
明るく楽しいハリウッド映画からは
遠く離れている。

半魚人の目が一瞬で開閉するのを
その瞬間を見届けようとするが
あまりに早すぎて分からない
そんな見方も面白い。

でもハリウッドの祭典で
この映画が最高賞というと
ちょっと淋しい気もするが
映画人はこういう映画を
選びたいのかもね。

★オススメ度合い★

怪獣映画のダークファンタジーと
思って見るなら楽しめる、
演技賞はムリな作品。

★100点満点で85点

soramove                    →  ★映画のブログ
                     どんなブログが人気なのか知りたい

書籍「双子は驢馬に跨がって/金子 薫 (著)」ただの物語が読みたいなら読んでも良いかも。

2018年03月04日(日) 18時07分
書籍「双子は驢馬に跨がって/金子 薫 (著)」★★☆
単行本: 188ページ
出版社: 河出書房新社 (2017/9/22)

<リンク:
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

双子は驢馬に跨がって [ 金子 薫 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/3/4時点)


>@

      →★映画のブログ     
どんなブログが人気なのか知りたい



「いつ何処ともしれぬ
森の中のペンション―。
オーナーなる人物に監禁された父と子は、
双子が驢馬に乗って
助けにくるのを信じて待ち続けていた。
双子が辿るであろう道のりを
地図に描き物語を紡ぎあげ、
時に囲碁を打ちながら、
父子はこの不条理の中、
辛うじて精神の均衡を保っていた。
いっぽう生まれつき旅と救済を宿
命づけられた双子の少年少女は、
驢馬ナカタニを得て旅立つが、
行く先々で寄り道ばかり。
畜獣の如く蹂躙されている
人々がいるという噂を聞きつけ、
二人は意気揚々と救出に向かうが―
一通の手紙が二つの世界を繋ぐ時、
眩い真実が顕れる。」

(出版社HPより)


本の表紙がなんか
雰囲気があって良いね、

読んでいくとまるで
翻訳された本を読んでいるように感じる、
これは何だろうか?と考えるが
およそ絵空事を描いているので
そんなふうに感じたのかもしれない。

幼いころに読んだ
ナルニア国物語のように感じて
一気におとぎ話の中にはいっていく、
日本でもない、どこか
架空の国のお話。



何故かは分からないが
狭い空間に閉じ込められた
親子らしき男二人と
そこからスゴク遠い場所から
2人を開放するため
驢馬を連れて旅する双子の兄弟。

これくらい作り物感を見せてくれれば
小気味いい
本のどこかに見たことがあるとか
登場人物に感情移入することもないので
物語そのものを楽しむことが出来る。


これは面白い感覚だ。

ラストでまさに不条理というか
「こんな結末!」
と感じたが
それが感情を深く揺さぶられるとか
別の何かをそこに見つけるとか
全くなく唐突に終わるので
読後感は悪い、
ということは面白さは霧散し
時間を無駄にした気分。


そんなとこ

★オススメ度★
自分からはススメない。

★100点満点で65点

soramove                    →  ★映画のブログ
                     どんなブログが人気なのか知りたい

2018年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf