書籍「帰郷/浅田次郎(著) 」体の中を戦争が貫いた、その時代を生きた

2016年11月23日(水) 1時09分
書籍「帰郷/浅田次郎(著) 」★★★★
集英社 (2016/6/24)
256ページ、1.296円




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい





「もう二度と帰れない、遠きふるさと。
学生、商人、エンジニア、それぞれの人生を抱えた
男たちの運命は「戦争」によって引き裂かれた――。
戦争小説をライフワークとして書く著者が、
「いまこそ読んでほしい」との覚悟を持って書いた反戦小説集。
戦後の闇市で、家を失くした帰還兵と娼婦が出会う「帰郷」、
ニューギニアで高射砲の修理にあたる職工を
主人公にした「鉄の沈黙」、
開業直後の後楽園ゆうえんちを舞台に、
戦争の後ろ姿を描く「夜の遊園地」、
南方戦線の生き残り兵の戦後の生き方を見つめる
「金鵄のもとに」など、全6編。」

(Bookデータ HPより)


戦争によって
生き方が変わってしまった人達、
自分の意志ではどうしようもなかった時代、

本を読んでいても、ドラマとしては分かるが
やはり事実としては迫って来ない。
それは、この本のせいではなく
こちら側にあって
戦後が長く続いて
もう無かったかのように思えるからだ



戦争なんて知らない、
そんな世代が中心の世の中で
「戦争」をリアルに頭の中で
描くことが出来ない。


せめてこのような小説から
その断片を読んで
想像するくらいが精一杯かも。


帰郷というタイトルも
本を全部読んでカバーを見ると
帰れなかった、夥しい人々が
本当にいたんだと、なんか実感する。

もどかしいこの気持ち、
何をすべきか・・・・、
そんなことは考えなくていい、
この「戦後」を続けることだけで。

本を閉じてモノクロのカバーの
少し腰を曲げて敬礼する
帰還兵の表情に目を凝らす、
陰影が邪魔してよく分からない
どうか、晴れやかなその後が
ありましたように


願わずにいられない。


★100点満点で85点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

インドへ行って来ました!Aムンバイ市内観光

2016年11月20日(日) 1時09分
インドへ行って来ました!Aムンバイ市内観光
 世界遺産のアジャンタ・エローラ石窟寺院巡り


<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい



朝はゆったりめ、
専任のドライバーさんとガイドさんの
お迎えでムンバイ市内観光へ。

まずは10年前も行った
インド門(Gateway of india)へ、

ここはフォート地区の南、湾に面して
建つ巨大な門。
インド皇帝ジョージ5世夫妻の来印を記念して
1911年に建立された。



地元のインドの人達も沢山来る
観光名所、
インド門や付近のタージ・マハル・ホテルを
背景に写真を撮ってくれる商売が
流行っていて、断るのが
大変なくらい、ワーッっと
彼らが群がって来る。

そういうのを「要らない」と
適当に振り払うのも
旅の楽しいところ、

最近はお行儀の良い観光地が多いから
追いすがる“モノ売り”って
あまり居なくなったけどね。

このインド門は前回来た時は
ホテルから歩いてきた、
海岸沿いのホテルで
立地は良いけど、日本のビジネスホテルの
くたびれた感じだったな、
でも屋上のレストランからの景色は
インド門も見えたし良かった記憶がある。

その時、それから10年くらい経って
またここに来ることなんか
想像もしてなかった。


ツアーの良いところは
待ってるとすぐに車が来て
次の場所までスムーズに行けることだ。

インド門からすぐ近く、
チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅は
2004年にユネスコ世界文化遺産に登録された

今も現役の鉄道駅で、
1888年に建造された、
外観は重厚で見ただけでは
鉄道駅とは思えない。



その後は「ドービーガート」と呼ばれる
巨大な洗濯場へ、
ガイドさんも洗濯を頼むの?と聞くと
「仕事で忙しいから、洗濯はお金を払って
時間を節約します」とのこと。
たくさんの洗濯物がはためいて
その帯だたしい数と色の氾濫が
その向こうに見える無機質な
高層ビルに、ここに生活があると
沢山の人達の生活が確かにあると
知らせてくれている





「一瞬なら、下に降りて見ることが出来ますよ」
そう言われたが
普通の人々の暮らしを覗き見るみたいで
車に戻った。

昼を食べたら
遺跡の街へ国内線で移動だ。


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

11月20日(日)は簿記検定当日です!

2016年11月17日(木) 20時06分
11月20日(日)簿記検定当日まであと少し


<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


いよいよ、これまでの成果を
表現する日が来ます。
しっかり準備は出来ていますか?



自分なりに、やるだけやれたと感じてるなら
たぶん、大丈夫、
いい時間を過ごせましたね。



「まぐれ」では受からない試験です、
だからこそ、やるべきことを
しっかり学習すれば
かならず報われる試験でもあります。


残りの時間は、不安な部分のおさらいと
仕訳はざっと見直して
あとは体調を整えて
リラックスして迎えたいですね。


当日は少し早めに会場へ行って
心穏やかに、開始を待ちたいものです。



期待してますよ。
ガンバレ!



ウチのサマー(柴犬)も応援してるとか・・・してないとか。


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「ジェイソン・ボーン」同じ様な繰り返しだけど、次は新たな展開か?

2016年11月08日(火) 20時21分
映画「ジェイソン・ボーン」★★★★
マット・デイモン、トミー・リー・ジョーンズ、
ヴァンサン・カッセル、ジュリア・スタイルズ、
アリシア・ヴィキャンデル出演

ポール・グリーングラス 監督、
123分、2016年10月7日(公開
2016,アメリカ,東宝東和
(原題/原作:JASON BOURNE)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「マット・デイモンが主演し大ヒットを記録した
スパイ映画“ジェイソン・ボーン“シリーズ最新作。
2012年公開のスピンオフ『ボーン・レガシー』では
新たにジェレミー・レナーが主演を務め、
もうひとりの凄腕スパイの戦いが描かれたが、
今作は再びボーンを主人公に緊迫のドラマが展開する。
監督は2、3作目も手掛けたポール・グリーングラス。」

ぴあ HPより


このシリーズは全部見てるので
何としてでも劇場へ。


もう公開終わりが近くなって
やっと見る事が出来た。

最初の頃と比べると
筋肉増量で、少し老けたけど
もう別人だ。
相変わらず会話は少なく
とにかく極上のアクションを
惜しみなく見せてくれる。



完全無欠のヒーローじゃなく
自分自身を探しながら
とてつもなく大きな組織に立ち向かい、
さらに目前の敵もかなり強いんで
常にボーンは血だらけだったり
傷だらけで
そのへんが「ガンバレ!」と
応援したくなる。


そして何か切ないのだ。


彼がこれほど求める
自分の正体って
見つけてしまったら、案外
「何してたんだろう?」ってことに
ならなきゃいいけどと

身内みたいに心配にもなるのだ。


敵として現れるヴァンサン・カッセルが
狂気をはらんで
怖い怖い。

それに比べて
ボーンの追跡を任された
若きCIAエージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)は
ちょっと軽い感じ、
彼女の迫力は感じられない、
あの若さでかなりの高い地位を得ているのも
なんか納得出来ない。


そんな不満も少しはあるが
とにかく肉体を使ったアクションが
てんこ盛りで
ホント劇場で見て良かった。


とにかく高いテンションで
ラストまで一気、
やはり映画はこれくらいやってくれないと。

ボーンは新しく
次の作品から何かを始めていくのだろう、
あれだけ訓練された人物が
そんな過去に引きずられて
無為に過ごして欲しくないからね。

楽しみだ。

★100点満点で85点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
2016年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf