映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」大味の大作映画、それだけの作品

2016年07月27日(水) 1時09分
映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」★★☆
ジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマン、
リアム・ヘムズワース出演

ローランド・エメリッヒ 監督、
120分、2003年12月13日公開
2016,アメリカ,20世紀フォックス映画
(原題/原作:INDEPENDENCE DAY: RESURGENCE)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「『996年に公開されて世界的大ヒットを記録した
SFパニック超大作『インデペンデンス・デイ』に
20年ぶりとなる続編が登場。
前作で倒した宇宙人の技術で復興を遂げた地球に、
さらなる脅威が襲いかかる。
『ハンガー・ゲーム』シリーズの
リアム・ヘムズワースが主演を務めるほか、
ジェフ・ゴールドブラムなど
前作の主要キャストも再登板する。」

ぴあ HPより


前作はかなり面白かった、
ラストでは出演者と同様の
高揚感も会った記憶がある、

ということで、続編だけど
大丈夫かなと思いつつ
久々に劇場へ。


公開2週間目なのに
小さい劇場の割り当てが気になった、
平日の夜だからこんなものかとも思ったが
2割くらいの入り

で、やはり
大袈裟な舞台装置は揃ったし
かつての懐かしい顔が
20年分年老いて登場もしたが
「核」となる部分に
どうしてもノリ切れず
映画としてもうひとつ
楽しめない出来と感じた



何かが足りない、
でもそれがなくては
決定的にダメなのだ。


エイリアンの宇宙船は圧倒的にでかく
地球の「核」を奪おうと
どんどんその深度をすすめていくが
科学者が思いついた
女王蜂退治の法則みたいなもの・・・
このあたりが急にアナログで
画面の壮大さとその結果が
チグハグでこっちの気持ちが
しぼんでいく・・・・



あれだけの力があれば
最後のひと押しをせずに
地球から去るワケない。


なんかダメだったな、
大作映画の大味さだけが
クローズアップされて
緻密さみたいなものが
吹っ飛んでしまっていた

残念!

まあ、そうそう面白い映画ばかり
ってわけじゃないことも
分かってていも
それでも期待はするわけです。

★100点満点で60点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove

書籍「雪まろげ: 古手屋喜十 為事覚え/宇江佐真理 著」良い作品に出合った!江戸の庶民の生活を垣間見る

2016年07月20日(水) 1時09分
書籍「雪まろげ: 古手屋喜十 為事覚え/宇江佐真理 著」★★★★★
宇江佐真理   著 ,
新潮社 (2016/4/28)
319ページ、1.836円

<リンク:
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

雪まろげ [ 宇江佐真理 ]
価格:594円(税込、送料無料) (2016/7/20時点)


>*

<リンク:商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。>


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「浅草は田原町で小さな古着屋を営む喜十は、
北町奉行所隠密廻り同心の
上遠野のお勤めの手助けで、
東奔西走する毎日。
店先に捨てられていた
赤ん坊の捨吉を養子にした喜十の前に、
捨吉のきょうだいが姿を現した。
上遠野は、その四人の子どもも
引き取ってしまえと無茶を言うが…。
日々の暮らしの些細なことに、
人生のほんとうが見えてくる。
はらり涙の、心やすらぐ
連作人情捕物帳六編。」

(Bookデータ HPより)


この本も朝日新聞の書評だったか、
日曜版の宣伝だったか
初めて名前を知って早速読んだ。


歴史小説のジャンルはめったに
読まないので、古い言い回しとか
大丈夫かなと思いながら。

しかし読む初めてすぐに
物語に入り込んだ、
江戸の街のまさに庶民の生活が
すぐに映像として
頭の中で映像をむすぶ。



町の片隅の古着屋を舞台に
ちょっとした事件が起きたり
捨て児を育てることになったり
毎日の些細なこと
それでも当事者にとっては
大切な事
現代も時代も関係ない。



最近「貧困」という言葉を
ニュースでよく聞く
でもここに描かれているのは
「貧乏」な生活
そこにはギリギリの中で
懸命に生きてる人々がいて
小説は救うこともせず
結構シビアに切り捨てるが
本当はそんなもの
その潔さもこの小説を
信じられる。



読んでいる間中
とても幸せな時間を感じた



こんなささやかな物語、
ここにはホントささやかな
人々の生活があって
それを読むとこちらもなんか
大きな力がもらえる。


良い作家さんと出会えたなと思ったら
著者は昨年亡くなったらしい。
それでも200を超える作品があるので
これから少しずつ読んでいこう。


★100点満点で90点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

我が家に柴犬がやって来た!

2016年07月18日(月) 19時32分
我が家に柴犬がやって来た!

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

東海地方も梅雨明けとなりました、
それにしても毎日暑いです。

5月15日にウチに柴犬が来ました!
誕生部が今年の2月10日
まだ5カ月、
自分も犬を飼うのは初めて
ということで、日々試行錯誤しております。



甘噛みが無くなれば最高なんだけど
まだまだ甘えん坊なんだろな。

朝は5時前に起こされる、
先日は近づいてきたなと思ったら
耳をペロペロと舐めて
おもむろにガブッって噛みやがった。

本日は近所の公園に連れて行き
ヒモを3メートルくらい伸ばして
勝手に動けるようにして
自分は文庫本で一休み。

なんか生活が一変しています。

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

<リンク:商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。>
soramove
2016年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf