検定試験お疲れ様

2016年02月28日(日) 15時09分
簿記検定試験お疲れ様

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

本日は日商簿記検定
受験する人達はこの数カ月
全力で勉強してきたものを
2時間の試験問題に表現する

うまく出来ましたか?
うまく出来たら良いですね。
ホント、良いですね。

工業簿記は
C標準原価計算の月初も月末も無い
一番シンプルな出題、
かえって考え過ぎてしまったかもしれませんが
完成の1500個で3つの原価要素を
考えていけば出来ます。

D総合原価計算の工程別
最初に仕損が評価ゼロで
第二工程はシンプルでした。

40点満点で32点以上は欲しいところ。


Cの標準の操業度差異だけは
やってないところが出てますが
他が出来れば、差額で解答も可能でした。

出来たかなー、
どうだろうか?
いずれにしろもう終わったので
切り替えも大切ですよ。



下の写真はメキシコのティオティワカン遺跡の
お土産屋でパチリ



自分に少しご褒美をあげても
良いんじゃないかな。

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

書籍「マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェ/古内 一絵 著」ありそうで、無さそうなカフェ

2016年02月27日(土) 10時27分
書籍「マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェ/古内 一絵 著著」★★★★
古内 一絵 著 ,
中央公論新社 (2015/11/21)
265ページ、1.620円

                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



<リンク:
マカン・マラン [ 古内一絵 ]

マカン・マラン [ 古内一絵 ]
価格:1,620円(税込、送料込)

>@


「ある町に元超エリートのイケメン、
そして今はドラァグクイーンの
シャールが営むお店がある。
様々な悩みを持つ客に、
シャールが饗する料理とは?」

(Bookデータ HPより)


商店街を抜けて住宅街の
細い路地の奥に
昼はケバケバしい色とりどりのドレスが並び
夜はひっそりと灯りを灯した
隠れ家カフェある、
行きたくてもなかなかたどり着けない
たどり着くべく人が
夜な夜な集まる夜食カフェ。


有りうそうで無さそうな店
商売とか考えたら
成り立ちそうにないが
そこは小説の世界
「そんな癒しの場所があれば・・・」
ふと考えたりする。



この本も朝日新聞の日曜版で
紹介されていて早速注文した、
初めて触れる作家さんだ


最近はこういうカフェで
効能が色々ある食事を出して
そこに集まる人々の様々な
悩みやトラブルを解決するというか
ゆっくりと治していくような
作品が目立つ、
これもその一冊だが
店の主人がドラッグクイーンというのが
変わっている。



色んな人の悩みを聞くより
本人が生き抜くい社会を生き
たどり着いた場所

読んでいて、やはりこんな場所は無いなと
思いつつも
どこかに求める気持ちもある、
ドラマや映画にもなりそう。


誰がぴったりするかなとか
思いながら読んでいた、
ちょっとした事件が起こり
穏やかそうに見える生活に
さざ波が立つが
収まるべきところに収まっていく、
メデタシ、メデタシ。

同じ登場人物で
この続きが読みたい
そんな作品



★100点満点で80点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「オデッセイ」孤立無援の極限は怖いが、ラストは甘い

2016年02月23日(火) 1時09分
映映画「オデッセイ 」★★★★☆

マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン
クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ
マイケル・ペーニャ、ショーン・ビーン 出演

リドリー・スコット 監督、
142分、2016年2月5日公開
2015,アメリカ,20世紀フォックス
(原題/原作:THE MARTIAN)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「『プロメテウス』『悪の法則』の
リドリー・スコット監督が、
マット・デイモンを主演に迎えた大作映画。
アンディ・ウィアーのベストセラー小説
『火星の人』を基に、
水も空気も通信手段もない火星で
ひとり取り残された男が、
知恵と強い意思をもって生き延びようとする姿と、
彼を救出すべく大胆な計画に挑む
仲間の物語が壮大なスケールで描かれる。」

ぴあHPより


火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた
宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。
乗組員はワトニーが死亡したと思い、
火星を去るが、彼は生きていた。


こういう映画の発想は
過去にもあっただろうが
最新技術とマット・デイモンの存在が
この映画にリアルをもたらし
見てるこちらも
そんな状況に自分がなるはずはないのに
一緒に絶望し、でも希望を見出し
また絶望し・・・・、
結構楽しめる映画となっている。



地球から遠く
そう簡単に救助にも行けない、
できることなら、無かったこと(死んだこと)に
したいぐらいだろうが
色んな情報が漏れ漏れの現代では
正直が一番、
ということで救出に向かう事にするが
それはとても難しいミッションだ。


彼が生存を示すヒラメキは
順を追って映像で見せてくれるのに
そのカラクリは。自分には分からなかった、

諦めない気持ちと
何より豊富で柔軟な知識が必要だ。
彼はジャガイモ栽培まで成し遂げる。


途中、唐突に中国が救いの手を
差し伸べるあたりは
またしてもこの映画に
中国資本が潤沢に投入されてるのでは?と
ヒヤっとする場面もあったが、
やはりラストはハッピーエンド。

ちょっと甘過ぎな感じもあるけど
現在のように社会全体が
良くなっていっているという
確信が感じられない時代
映画くらい、たくさんの救いが必要かも。

しかし圧倒的な孤独を
人間は耐えられるのかね?

そのためにも常に音楽くらいは
身近に置いておきたいものだ、
あっと、それから電源が気にならない
携帯の映画ソフトも・・・、
贅沢でしたね。

地球での混乱ぶりと
火星での落ち着いた生活
星空を見上げても
やはり宇宙は広く、圧倒的に遠い、
普段見慣れているからこそ
そんな遠くで置き去りにされたら
やはりその恐怖は
現実には分からないけど
心底怖いものだ。


この作品はもうすぐ発表の
アカデミー賞の「作品賞」「主演男優賞」の
主要賞にノミネートされている。

★100点満点で90点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

メキシコ旅行記2015/10/5~12 F

2016年02月21日(日) 1時09分
メキシコ旅行記2015/10/5~12 F
メキシコシティ ホテルから散策



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

旅から戻ってもう4カ月
まだまだ、旅行記は2日目


ということで

夕方5時過ぎホテルを出て
とりあえず夕食に良さそうな店を探そうと
歩き出した。
昼間の厚さは消え
長袖のシャツで丁度いいくらい
でも地元の人達は
Tシャツ姿が多い。

「Galeria Plaza Reforma, Mexico City 」は
独立記念塔にも近く、
ソナロサ地区にあり
大きなレフォルマ通りを、
ソカロ方面にブラブラ歩き始た、
人通りも多く
銀行や大きなビルが並び
途中には割と大きな
商業施設もあった。


少し肌寒さを感じながらも
もう少し歩こうと
ズンズン歩き、途中通りから外れて
曲がってからしばらく行くと
午前中に訪れた国立宮殿前の
大きな広場にたどり着いた、
結構歩いてきたようだ。



大きな建物の郵便局を見つけ
さっそく切手を購入、
入口にはお手製のハガキを売る人がいて
その人からも30枚くらい葉書を買った。



ブティックやレストラン、
ホテルもいくつもあり
古い街並みに
うまく溶け込んでいる。




テンプロ・マヨール周辺は
石畳の道路が波打っている

これは湖を埋め立てたからと言うが
日本ならすぐに直しそうなものだが
そのまま使えるものは
使おうと言う精神なのか
これはこれで楽しい。


国立宮殿やカテドラル、
マジェスティック・ホテルなど
観光地として観るのも良いけど
普通の街並みとして
ただブラブラするのも面白い、
そしてぐるっと見まわすと
自分は何処に居るんだろう?と
クラっとする
それはとても気持ちいい瞬間だ。



随分暗くなったので
どうやってホテルまで帰ろうと
思って見回すと
警察官が3人くらい道路際に居たので
ソナロサ地区のホテルに戻りたいけど
どうやって帰るといいか?と聞くと
近くのタクシーを呼びとめ
運転手に何やら話してくれ
これに乗れと身振りで行ってくれたので
タクシーに乗り込んで
さっきかなり歩いた道を
今度はスムーズに戻った。

タクシーはボラれると
地球の歩き方に書いてあったが
警察官の口利きだから
問題なし

ホテル近くのレストランで夕食だ。


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「国際市場で逢いましょう」庶民の経験した韓国近代史

2016年02月20日(土) 1時09分
映画「国際市場で逢いましょう 」★★★★DVD鑑賞
ファン・ジョンミン
キム・ユンジン
オ・ダルス
チョン・ジニョン
チャン・ヨンナム
ラ・ミラン
キム・スルギ
ユンホ

ユン・ジェギュン監督、
127分、2015年5月16日公開
2014,CJ Entertainment Japan
(原題/原作:国際市場)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「朝鮮戦争の頃から続いている韓国、
釜山のマーケット“国際市場“を
舞台にした人間ドラマ。
1950年代、エネルギーに
満ちあふれたこの場所で、
家族のために働き続けた男の生を描く。
庶民生活のリアルで
ノスタルジックな描写が光る。」

ぴあHPより

韓国映画にはまっていた頃は
わざわざソウルまで行き、
分からないハングルでも
画面に食い入るように見ていた、

15回行ったところで止めたが、
この映画にはその頃の
「熱」の片鱗を感じる事が出来る。
いつの間にか韓国映画も
洗練されてしまい
熱い熱いドラマが少なくなった。

この映画は1950年代から2014年まで
近代韓国の歩んだ日々を
庶民の生活から描き出している。

南北が分断される騒乱に紛れ
家族が引き裂かれた過去、
こういう歴史は自分達、部外者には
理解しきれない部分がある、
それでもファン・ジョンミン演じる
主人公のドクスが大切にする
家族と言う絆は万国共通だ。


家族の為に必死で働く主人公、
西ドイツの炭鉱で働き、
ベトナム戦争に従軍し、
ドクスは何度も命の危険にさらされる。


彼は自分に言い聞かせるように
「戦争の時代を生きたのが、
子供たちでなく僕たちでよかった」と言うが
それは自分の力で家族を守った
彼だからこそ重みを持つ言葉だ。



釜山の国際市場で
叔母のやっていた小さな店を
買い取って立ち退きの話にも
頑固に反対する主人公の秘密が
ラストに明らかになるが
泣ける



韓国の人達、特に朝鮮戦争を体験した
時代の人達には
とても身近な話だろうな、
ただし映画として観た場合は
彼らの激動の時代を凝縮して
それが幾分薄まってしまい
もうひつ心に響かなかった。


きっと主人公の感情が
かなり抑えられていたことが原因だ、
でもそれこそが製作者の
意図だったのかもしれない。

もう過去を声高に言う時代から
脱却しようと言っているのかもしれない。

この映画もレンタルで借りて見た、
劇場で見ていれば
もっと違ったかもしれない、
韓国では上映中、観客がどうだったかも
気になった。
彼らは熱いからね。

★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

書籍「死んでいない者/滝口 悠生 著」いかにも芥川賞っぽい

2016年02月17日(水) 1時09分
書籍「死んでいない者/滝口 悠生 著」★★★☆
滝口 悠生 著 ,
文藝春秋 (2016/1/28)
144ページ、1.404円

                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


<リンク:
死んでいない者 [ 滝口悠生 ]

死んでいない者 [ 滝口悠生 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

>@

第154回芥川賞受賞


「秋のある日、大往生を遂げた
男の通夜に親類たちが集った。
子ども、孫、ひ孫たち30人あまり。
一人ひとりが死に思いをめぐらせ、
互いを思い、家族の記憶が広がってゆく。
生の断片が重なり合って
永遠の時間がたちがある奇跡の一夜。」

(Bookデータ HPより)


葬儀に集まった人々
大きくくくれば家族と言えなくもないが
親戚も血縁が遠かったり
住んでる場所が遠いだけで
血縁さえ逆転して
誰だか分からなかったり。

葬式くらいしか会わない親戚は
もう他人同然と感じる事も・・・、
誰もが非日常で感じる瞬間、
たった一晩を描いている。


それは日常であり
毎日続くたったの一日
でも関わった人には特別な時間、
脈絡なく様々な場面に飛んで
その場所に居る人たちが語られるが
色んな場所にカメラを置いて
同時刻の家の様々な場所で
起こっていることを
カメラが切り替わるみたいに描かれる



何を言いたいのかな?とも思うが
たくさん出てくる人々の
名前を整理するのを諦めたあたりから
ただ流れる映像の様に
そのシーン、そのシーンを感じるように
読んだ。



なんだろう、
感動したとか
新しい発見があったとか
そんなことは全く感じないが
この読書している時間は
嫌いじゃなかったな、
でももういちど読み返そうとは
思わないけど。

なんか、芥川賞っぽい作品だった。


★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「誘拐の掟」リーアム・ニーソン だから成立する映画

2016年02月14日(日) 1時09分
画「誘拐の掟 」★★★☆DVD鑑賞


リーアム・ニーソン
ダン・スティーヴンス
ブライアン・ブラッドリー
ダニエル・ローズ・ラッセル

スコット・フランク監督、
114分、2015年5月30日公開
2014,アメリカ,ポニーキャニオン
(原題/原作:A WALK AMONG THE TOMBSTONES)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「『96時間』シリーズ、『シンドラーのリスト』の
リーアム・ニーソン主演の心理サスペンス。
ローレンス・ブロックの傑作ミステリー
『獣たちの墓』を原作に、
リーアムが心に傷を負った元敏腕刑事に扮し
知恵と交渉テクニックを駆使して、
史上最悪の猟奇殺人鬼との心理戦に挑む。」

ぴあHPより


ニューヨーク中が連続誘拐殺人事件に
おびえていた1999年、
元刑事のマット(リーアム・ニーソン)のところに
ある依頼が舞い込む。
それは妻を誘拐された夫からの、
犯人を見つけ出してほしいというものだった。


彼は一旦はその依頼を断るが
巻き込まれるように関わり
証拠を残さない誘拐犯を追う。


残忍な誘拐犯は
身代金を受け取る前に
人質を殺してしまい、
それを止めるために
生きてなければ身代金は渡さないと
強気の交渉にでる。

リーアム・ニーソンだからこそ
この映画は成立している、
彼の内面から溢れる
強靭な精神が
巧妙な誘拐犯を追い詰めるが
そこにリアルを感じさせてくれるからだ。



「96時間」シリーズで
アクションも披露しているが
その流れでこの映画もある、
なので傑作映画と言う訳ではなく
まあ、取り合えず・・・と言う感じ、
見れば面白いけど
見終えれば、サッパリ忘れてしまう、
忘れられないセリフや
名シーンとか、すでに思い出せないや。



でも彼の作品はほとんど
外れが無いので
見て損はないけどね。

★100点満点で75点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

書籍「つまをめとらば/青山 文平 著著」しなやかで強い江戸時代の女性たち

2016年02月12日(金) 1時09分
書籍「つまをめとらば/青山 文平 著」★★★★☆
青山 文平著 ,
文藝春秋 (2015/7/8)
253ページ、1.620円

                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



<リンク:
つまをめとらば [ 青山文平 ]

つまをめとらば [ 青山文平 ]
価格:1,620円(税込、送料込)

>@

第154回直木賞受賞

「女が映し出す男の無様、そして、真価――。
太平の世に行き場を失い、
人生に惑う武家の男たち。
身ひとつで生きる女ならば、
答えを知っていようか――。
時代小説の新旗手が贈る
傑作武家小説集。
「ひともうらやむ」「つゆかせぎ」
「乳付」「ひと夏」「逢対」「つまをめとらば」
男の心に巣食う弱さを包み込む、
滋味あふれる物語、六篇を収録!」

(Bookデータ HPより)

時代物小説はほとんど読まない、
なのでこの小説に登場する
当時の風俗や武家特有の呼び名等
知らないことも多い、
それらあまり見慣れない、聞きなれない事は
最近はあまりこだわらず
どんどん読む進めるようになった。


こだわっていちいち調べていると
読んでいる調子が崩れるし
まあ、そこまで詳しくなくても
小説の文脈の前後で
なんとなくは分かるので。

この短編集は時代物というより
普通の男と女を描いている、
それも女性の方が一枚上手な感じ。


面白いのは
この話は、こんなふうに落ち着いて
行くのだろうなと
想定しつつ読むと
結構着地点というか行き先は
全然別の場所だったりして
その軽い裏切りは
結構気持ち良かったりする。



江戸時代も中盤となると
武家暮らしも
町人とそれほど変わらなくなる
商人のなかには
もっと羽振りの良いものも現われ
武士は武士の面目を保つのも
大変そうだ、
そんな中の男女のあれこれが
サラッと書かれていて
読みやすいし、もっと続きが読みたくなった。



年をとってからの
直木賞の受賞で脚光を浴びているが
なんかそんな晴れがましい賞より
本人の巧みな語り口は
新人賞というより
すでに熟練の域、
読みやすく、それでいて
行間にこちらを考えさせるような
気持ち良い間合いがあった。


他の作品も読んでみたい。


★100点満点で85点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜」ユニクロのフリーペーパーを読んで気になった

2016年02月09日(火) 1時09分
映画「グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜 」★★★★DVD鑑賞


リース・ウィザースプーン
アーノルド・オーチェン
ゲール・ドゥエイニー
エマニュエル・ジャル
コリー・ストール

フィリップ・ファラルドー監督、
110分、2015年4月17日公開
2015,アメリカ,20世紀フォックス映画
(原題/原作:THE GOOD LIE)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「80年代のスーダンの内戦期に
かの地から米国へ避難した、
難民の実話に材を得た人間ドラマ。
難民に仕事の世話をする米国人女性と、
先端の文明に慣れない難民たちの交流が、
ユーモアを交えて温かく描かれる。」

ぴあHPより


昨年の公開時に
気にはなっていたが
劇場へいくまでは、心が動かなかった、
先日ユニクロのレジにあった
フリーペーパーを持ちかえり
そこに、この作品の主演のひとり
ゲール・ドゥエイニーのインタビュー記事があり
それを読んで、この映画を見たいとTUTAYAへ。


「1983年にアフリカの
スーダンで起きた内戦を機に、
アメリカの各地に移住することになった
3,600人の難民の若者たちを
取り巻くドラマを映し出す。」



内戦で引き裂かれた家族、
捕まる事を恐れながら
難民キャンプを目指して
子供たちだけで1000キロもの道を
歩く過酷さを冒頭で観客は知る。


キャンプでの13年後、
将来に希望の持てない暮らしが続くが
主人公達は運よく
アメリカへの移住が認められる。


受け入れるアメリカ側は
彼らを仕事の一環として
事務的に住む場所を紹介し
仕事を探そうと奔走するが
そううまくはいかない。

受け入れ側の職業紹介所のキャリーは
初めは仕事として彼らと向き合うが
彼らのこれまでの困難を
少しずつ知ることになり
そのあたりから
お互いにグッと親密な関係となる。



難民キャンプから来た彼らの
アメリカの生活とのギャップに
思わず笑ってしまうが
そんな笑いの要素も取り入れつつも
常にまだ現実として
多くの難民が
取りのこされたままということも
しっかりと描いている。


9.11の後、
こういう人道支援も鈍ったようだ、
それでも日本では同様なプログラムは
皆無だと考えると
やはりアメリカという国の
懐の深さを感じざるを得ない



現在はヨーロッパで
大量の移民問題が起こっている、
この映画で描かれた事は
過去の話じゃなく
現在も同じだと強く感じる。


この映画の良いところは
大切な意義を押し付けるんじゃなく、
この映画の主人公のように
初めは仕事して触れ合っても
そこから自分なりに
関わっていけばいいんだよと

そっと後押ししてくれることだ。

ゲール・ドゥエイニーのインタビュー記事では
彼は少年時代に銃を持った
兵士だったと告白している。

★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

◆2015年興行収入上位10作品(2016年1月)

2016年02月07日(日) 10時26分
◆2015年興行収入上位10作品(2016年1月)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

日本映画製作者連盟(映連)発表の2015年ランキング

◆2015年興行収入上位10作品(2016年1月)

1位:『ジュラシック・ワールド』95億円(東宝東和)

私の感想は、過去記事にジャンプ↓
映画「ジュラシック・ワールド」面白いけど、ただそれだけ 2015年11月03日


2位:『ベイマックス』91.8億円(WDS)

3位:『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』78億円(東宝)


4位:『バケモノの子』58.5億円(東宝)
5位:『シンデレラ』57.3億円(WDS)
6位:『ミニオンズ』52.1億円(東宝東和)
7位:『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』51.4億円(PPJ)
8位:『HERO』46.7億円(東宝)
9位:『名探偵コナン 業火の向日葵』44.8億円(東宝)
10位:『インサイド・ヘッド』40.4億円(WDS)
(オリコン1月26日(火)発表)

2015年(平成27年)総興行収入は2171億1190万円(前年比104.9%)で
2000年以降で2番目の好成績


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
2016年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf