書籍「流/東山彰良著」近代の台湾を知るきっかけにもなる

2015年08月27日(木) 20時41分
書籍「流/東山彰良著」★★★★
東山彰良 著 ,
講談社 (2015年05月12日)
403ページ


<リンク:
【送料無料】 流 / 東山彰良 【単行本】

【送料無料】 流 / 東山彰良 【単行本】
価格:1,728円(税込、送料込)

>*

                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


第153回直木賞(平成27年上半期)受賞作品


「何者でもなかった。
ゆえに自由だった――。
1975年、台北。
偉大なる総統の死の直後、
愛すべき祖父は何者かに殺された。
内戦で敗れ、追われるように台湾に渡った
不死身の祖父。なぜ? 誰が?
無軌道に生きる17歳のわたしには、
まだその意味はわからなかった。
台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。
歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。」

(講談社 HPより)


この本を読み終えて
今は「スクラップ・アンド・ビルド」を
読み始めてる


台湾1975年
国民党の偉大なる総統、蒋介石が死んだ。
主人公にとっての重大事件は
可愛がってくれた祖父が
何者かによって殺された年だった。


兵役を逃れるため
大学受験をするが失敗し
ヤクザにもなりきれないチンピラのような
「何者」でもない日々。
暑く、ガチャガチャと
何もかもが主人公の周りで
騒々しく起きては過ぎていく。



台湾は日本に長く統治され
それを懐かしむ日本語を話せる世代もいれば、
中国大陸で日本軍と戦った
人々もいる、
「台湾は・・・」とひとくくりには出来ない事が
この小説を読むとよく分かる。



そういえば朝日新聞で
李登輝・元総統が
「第2次世界大戦中、
台湾人は日本人として「祖国」のために戦った」という
スピーチが台湾で非難されているという記事があった。


それは真実であり
でも全てではない事が
この小説からも読み取れる。



何かをどうしたいとか
明確な望みもなく
自分の育った狭い世界で
ゆらゆらと体を任せて
それは結構マズイ方向だったりするけど
自分で決められないから
仕方ない。

物語は祖父を殺した犯人探しという
ミステリー部分を持ちながらも
主人公の10代を描いている。


何でもできるのに
何がしたいのかも
何がでいるのかも分からない。

読んでいて歯がゆいし
もどかしい
けれどそれは、そんな危うい年を
過ごしてしまった者が感じる事。



どうにもならない事が多すぎる
立ち向かうというより
やり過ごすのが
正しいのか
答えは人の数だけあるのだろう。


冒頭とラストは
中国の田舎の風景だ、
そこは荒涼として
時が止まったようだ。


時の流れが
グニャリと曲がって
加速したり
緩慢にすぎたり・・・・・、
面白い読書体験だった。



★100点満点で85点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」見どころ有り過ぎで疲れる、贅沢な悩み

2015年08月24日(月) 21時26分
映画「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」★★★★トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、
サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、
ヴィング・レイムス、ショーン・ハリス、
アレック・ボールドウィン出演


クリストファー・マッカリー 監督、
131分、2015年8月7日公開
2015,アメリカ,パラマウントピクチャーズジャパン
(原題/原作:MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

公開10日間で興行収入24億円突破!
前作比131%達成



「米国政府が極秘に行う任務を
請け負ってきたIMFには高度に訓練された
エージェントたちが集まっていたが、
米国上院で組織の解体の声があがる。
そんな中、IMFを敵視するならず者組織の
“シンジケート“が行動を開始。
イーサンらは孤立し窮地に立たされる。」

ぴあ映画生活 HPより


暑い夏が終わろうとしている
この映画は公開日のレイトショーで見た。

車椅子の母の介護に加えて
20年以上ひとり暮らしだった叔母が
一緒に暮らし始め
早くも4カ月
映画もなかなか見れません。


ということで
たまの映画はやはり
深刻な現実を感じる作品より
日常からかけ離れた
こんな娯楽大作がやはり良いのだ。

どこまでトム・クルーズが
体当たりの演技をしてるのか知らないが
なんかジャッキーの精神を感じる、
ただ洗練され過ぎてて
本物の熱量より
CGというかトリックよりに感じるのは
仕方ない事か、


笑いや息抜きを知らないので
満腹感がノドまでせりあがって
楽しいというより
息苦しい感じ、
サービス精神も過剰だと
受取るこちらもちょっと困る。


とにかく、面白いし
スター映画そのものだけど
抜きんでている、

ストーリーそのもより
次に何を見せてくれるか
その期待で目を凝らす。


外れは無いが
見終えたらすぐに忘れてしまう
それは悪いことじゃなく
それこそハリウッド大作の醍醐味。



映画を見終えてビルの外に出ると
風が心地いい、
秋の風だ。

★100点満点で90点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「ターミネーター:新起動/ジェニシス」皮膚は老化するタイプとはね

2015年08月11日(火) 10時18分
映画「ターミネーター:新起動/ジェニシス」★★★★
アーノルド・シュワルツェネッガー、
エミリア・クラーク、ジェイソン・クラーク、
ジェイ・コートニー、イ・ビョンホン、J・K・シモンズ出演




アラン・テイラー 監督、
126分、2015年7月10日公開
2015,アメリカ,パラマウントピクチャーズジャパン
(原題/原作:TERMINATOR: GENISYS )

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「アーノルド・シュワルツェネッガー主演で
大ヒットを記録した『ターミネーター』シリーズを
再起動させるプロジェクトが始動。
シュワが12年ぶりにシリーズに復帰し、
ターミネーター役を演じる。」

ぴあ映画生活 HPより

この作品で楽しみにしていたのは
だいぶご老体になったシュワちゃんを
どうやってマシンとして登場させるか。


どんな理由をつけるのかってね。

そしたら「このマシンは肌は経年老化するタイプ」という
あっさりとした理由
まあ、いいか。

映画は最初の最初、
稲光とともに
球体が現れ、
T-800型ターミネーターが姿を現す。


あー、ホントに最初に戻るんだ、
そう思って見てると
オリジナルとは違うストーリーが展開する、

まあ、新作なんだしそういうことなんだろうが、
ここまですると
これからどんなことでも
タイムマシンで可能になってしまうよな。



イ・ビョンホンが最新マシンとして登場!
でもそれ程脅威には感じなかった、
このあたりは物足りない、

最新の力を見せつけて欲しかった、
シュワのターミネーターが
より人間らしく感じるからいいのか。


ボディビルダーから映画スターへ
そしてシュワちゃんは
カリフォルニア州知事まで
今またターミネーターに戻ってきてくれた。


この調子でいくと
脚本というか発送さえ面白ければ
まだまだこの路線イケそう。



名作というには程遠いが
充分楽しめたし
映画の醍醐味を堪能した、
違和感や妙な辻褄合わせもあったが
それも含めて愛すべき作品。


★100点満点で90点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
2015年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf