書籍「土漠の花/月村 了衛著」有りか無しかで言えば「無し」だけど、エンタメとしては合格

2015年05月24日(日) 10時43分
書籍「土漠の花/月村 了衛著」★★★★
月村 了衛 著 ,
幻冬舎 (2014/9/18)
(349ページ ,702円)

<リンク:
>*
                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「ソマリアの国境付近で、
墜落ヘリの捜索救助にあたっていた
陸上自衛隊第一空挺団の精鋭たち。
その野営地に、
氏族間抗争で命を狙われている女性が
駆け込んだとき、
壮絶な撤退戦の幕があがった。」

(幻冬舎HPより)


自衛隊がとうとう
軍隊として
世界各地へ向かおうとしている現在、
この小説と同じ様な事態は
将来起こるのだろうな。


こちらから銃を最初に発砲することを
禁じられ
自衛隊の法規の中で
何が出来るか?

最初から軍隊として、扮装地域に
赴いたなら
この小説の内容も変わって来たハズ。


自分達には、こんな覚悟があるのか、
そんなことを考えた。

これから自衛隊で働くと言う事は
もしかしたらこの本の様な
危険に直面することもあるのかなと。


それでも
「それは無いだろ・・・」という部分を
飲み込んでしまえば
ストーリーのテンポが良く
次から次へと困難な状況が
訪れるので、どんどんページを進めた、

これがアメリカの海兵隊とか
特殊部隊とかの話なら
もっとすんなり読めたとはおもう。


やはり
「あり得ないだろ」という
素直な考えが邪魔をする。



ただそう思って見ると
日本の教育もある程度成功していると
考えて良いんじゃないかな
どこかの国で武力をもって戦う。


そんなことを潜在的に
「無い」と判断しているのだから。

自衛官は人を殺せるのか?

それが現実化しようとしている今、
もっと真剣にこのことを
考えないといけないだろう。


先の大阪の国民投票のように
政治的な話が
普通の会話の中で出来るような
そんな雰囲気がまずは
必要なんだろう。

エンタメとしては
とても面白く読んだ。
次作も楽しみな作家だ。



★100点満点で80点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「セッション 」音楽とど根性と復讐のどんでん返し

2015年05月15日(金) 19時09分
映画「セッション」★★★★☆面白い!
マイルズ・テラー、J・K・シモンズ出演


デイミアン・チャゼル 監督、
107分、2015年4月17日公開
2013,アメリカ,ギャガ
(原題/原作:WHIPLASH)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「世界的なジャズ・ドラマーを目指すニーマンと、
名門音楽学校の伝説の鬼教師フレッチャーの
壮絶なレッスンの日々を描いた衝撃作。
若手俳優マイルズ・テラーと、
ベテラン俳優J・K・シモンズが
主人公の青年と鬼教師を演じる。
シモンズの名演と、
脚本も手がけた新鋭デイミアン・チャゼル監督の
手腕が高く評価され、
多くの映画賞に輝いた注目作だ。」

ぴあ映画生活 HPより


小粒な映画だけれど
高い緊張感がずっと保たれ
それがラストまで、
終わりには、解放感もあり
楽しい映画体験が出来る。



名門音楽学校へと入学し、
世に認められるジャズドラマーを
目指すのが主人公のニーマン(マイルズ・テラー)
そんな彼を待ち受けていたのは、
鬼教師のフレッチャー(J・K・シモンズ)だった。

スポ根ドラマみたいに
努力や根性、血と涙と汗
そんなおよそ音楽とは
無縁のようなものが、師と弟子の
間で繰り広げられる。


何が彼を駆り立てるんだろう
そこまでしなくても・・・
色々考えるけれど
分からなくもない、
学校で体罰論争が起きると
絶対にダメとは言い切れない
必要悪と感じる部分も
正直あるからだけど
この映画はそんな矛盾した感情を揺さぶる。



ここまで自分を追い込んで
何かに懸命にやったこと
あったかな?
自問しながら。


後半は和解と復讐と
その倍返しと
この短い時間にめまぐるしく展開し
ホント面白い映画だったし
楽しい107分、映画の醍醐味が
ギュッっと凝縮された秀作



ここまでやるか!と思いつつも
頑張ってる自分に酔っている節もアリ
人間って同じ時間の中でも
様々な感情が表出し
自分でもわけのわからない瞬間もあり
そんな割り切れない感情が
良く出ていたと感じた。



★100点満点で90点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove

映画「ワイルド・スピード SKY MISSION 」アクションとして最上、そして切ない

2015年05月04日(月) 16時33分
映画「ワイルド・スピード SKY MISSION 」★★★★★
ビン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、
ジェイソン・ステイサム、ミシェル・ロドリゲス、
ジョーダナ・ブリュースター出演


ジェームズ・ワン 監督、
121分、2015年4月17日公開
2015,アメリカ,東宝東和
(原題/原作:FAST & FURIOUS 7)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「2001年の第1作以来、根強い人気をキープし、
今なお進化を続けるアクション・シリーズの第7作。
今回もおなじみのレギュラー陣が
勢揃いするうえに、
最強の敵役でジェイソン・ステイサムが出演。
輸送飛行機からのカー・ダイブなど、
これまで以上にド派手でパワフルな見せ場が炸裂する。
今は亡きブライアン役の
ポール・ウォーカーの勇姿も必見!」

ぴあ映画生活 HPより


何と言っても切ない!

ポール・ウォーカーがスクリーンに
映るたびに
「この人はもう居ないんだ」と
どうしても考えてしまう。
冒頭のブライアンとミアの夫婦の会話、
子供をワゴンカーに乗せて
まさに普通のお父さん、
「だんだん、慣れていくわよ」と
言われて、少し遠い目。

そうなんだ、だんだん忘れていく
薄れていく

人間はそうやって悲しみを
やり過ごすように出来てるのだろうが
それでも映画の冒頭から
示唆するような会話にジーンと来る。


ただしこの映画はド迫力の
アクション映画だからね、
しんみりムードは
暗殺者デッカード(ジェイソン・ステイサム)の
登場で一気にフルスロットルへ。


凄い、凄い、凄い
見せつけられる怒涛のアクションも
凄いが
ジェイソン・ステイサムの
善悪無関係な節操なしの
出演も凄い



映画の舞台がクルクル変わるが
やはりアブダビの
3つの高層ビルを
ぶち抜くカーアクション?は
凄いを通り越して、笑える。

奇想天外なアクションを
スタッフは考え抜いて
「これだ!」って考えたんだろうな。
凄過ぎてリアルさよりも
よくやるわ・・・・。


やはり映画には最強の敵が必要、
今回は大正解と言える、
しかもラストは完全に
ポール・ウォーカーへのオマージュ

泣ける

若く強く、美しい
とびきりの笑顔も
今はもうこの世に無いのだ

興奮して、スタッフの意気込みに
感動して
ラストは涙。
最高に面白かった!


★100点満点で100点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove

映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」あり得ないのに感じるリアル

2015年05月01日(金) 14時00分
映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」★★★★面白かった
藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、
清水尋也、富田望生、前田航基、
佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、
黒木華、田畑智子、松重豊、小日向文出演


成島出 監督、
121分、2015年3月7日公開
2015,日本,松竹
(原題/原作:ソロモンの偽証/宮部みゆき原作)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「ベストセラー作家・宮部みゆき原作の
ミステリー巨編を『八日目の蝉』の
成島出監督が映画化。
生徒たち自らが“校内裁判“を開廷し、
ひとりの中学生の死に隠された
真実を紡ぎ出していく様を描く。
“事件““決意““法廷“の3部構成からなる
原作を2部作で製作し、
主人公をはじめ1クラス分の生徒全員を、
大規模オーディションを敢行し決定する。」

ぴあ映画生活 HPより


クリスマスの朝、
雪に埋もれた校庭で見つかった
男子生徒の遺体
警察は自殺と断定するが、
“殺人”の目撃者を名乗る告発状が
学校に届いたことから
マスコミも巻き込んで事件となる。


「自殺」か「他殺」か、
目撃者は本当に事件を見ていたのか?


ミステリーという本筋も
興味が湧くが
前篇を見終えて
深く印象に残ったのは
主演の藤野涼子役でデビューした
藤野涼子の無垢なまなざしだ。



なんとかなる
そのうち分かる、
大人になれば分かる
そういう事もあるんだ


曖昧な表現でその場を取り繕う
大人たちの言い訳を
彼女の視線が鋭く射抜く。


校内裁判を開こうなんて
それだけで、あまりに突飛で
胡散臭く感じそうなところを
それほど違和感なく
ストーリーに入っていけたのは
生徒や学校全体に
作り物っぽいところを
感じなかったからだろう。



前篇・後篇なんて言われると
途中で途切れてしまう感じで
あまり好きじゃないが
この映画では後篇への期待感で
見終えたので
興味がそがれるというよりは
どんなふうに終わるのか
とても楽しみになった。


この映画は一ヵ月以上前に見た
感想は「後篇」を見る直前に
やっと書いた。

★100点満点で85点★

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
2015年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf