映画「紙の月」ここではない何処かへ、ダイブする

2014年12月07日(日) 18時16分
映画「紙の月」★★★★★
宮沢りえ,池松壮亮、大島優子、田辺誠一、
近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美出演

吉田大八 監督、
126分 2014年11月15日公開
2014,日本,松竹
(原題/原作:紙の月)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「バブル崩壊直後の1994年。
わかば銀行の契約社員として働く、
平凡な主婦・梅澤梨花。
上司や顧客からの信頼も厚く、
何不自由ない生活を送って
いるように見えた梨花だったが、
自分への関心が薄い夫との間には
見えない溝ができ始めていた。
そんなある日、梨花は年下の大学生・光太と出会い、
やがて2人は男女の関係になる。
光太と過ごすうち、
ついに顧客のお金に手をつけてしまう梨花。
高価な買い物や高級な食事、
ホテルのスイートでの連泊を重ねるうち、
やがて金銭感覚と日常が少しずつ歪み出し、
最初は1万円に過ぎなかった横領が、
次第にエスカレートしていく…。」

シネマトゥディ HPより


いやーぁ、面白かった。
いつまでも心に残る名作
とは、思わないが
見終えた時のあの
胸のつかえがスッっとした
心を吹き抜けた風は心地よかった。


ラストを見ればこの映画は
お伽噺だ、
その結末が自分に
と言うか、今の自分の気分に
ピッタリだったのだろうな。



1億を超えるお金を
彼女はどうして横領したのか?
彼女が事件を起こすに至った
経過が描かれているが
だからと言って
不倫や満たされない結婚とか
明確な理由は提示されない。


見ている自分にとっても
そんなことはどーでも良かった。


小林聡美演じる模範的な銀行員に
「逃げましょう」と
手を差し伸べる時の表情、
割れた大きな窓ガラス
あれって確か2階のハズなんだけど
どーやって飛び降りたのか・・・、
それもどーでもいいな。



何だろう、
彼女の走る姿
たぶんバンコクのカオサンで
ふいに現れる彼女の姿
そして雑踏に紛れ込む姿。


そりゃあ、道徳的に言えば
赦されない事だけれど
映画なんだし。
そこは目をつぶる事にして。


どれもがなんか清々しくて
これで良いのだという気分。
映画的なうまい着地点と
くどくど説明しない描き方が良い。

面白かった。

★100点満点で100点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

今年はネパール旅行!Dボダナート

2014年12月03日(水) 10時32分
今年はネパール旅行!D
2014/10/12-17
カトマンズ ー ボダナート

                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



食事をしてレストランを出ると
ちゃんと車がスタンバイしている、
こういうところがガイド付きツアーの
良いところ、
このところこんな風に楽ばっかしている。

こんなことしてると
インドとかで立ち向かえなくなるので
次は自力で・・・とかね。

さて、狭い道、
対向車とやっとすれ違うと
後ろからも前からもバイクが
わっと押し寄せてくる、
そんな中適度に強引な運転で
30分程進んでいく。

ゲートを入ると
目の前に大きなストゥーパが
ドーンと飛び込んでくる、
それだけで顔がにやけてしまう

別に巡礼に来たわけではない
黄金のトンガリ帽子の下の
ブッダの目が
日本の仏像の様なおごそかさから遠く、
何か微笑んでしまいそう。





目前に腹ばいになっている人がいる、
五体傾地という体全体を地面につけ
腹ばいの様な形で
祈りつつストゥーパを右回りに
回っている人達だ

同じ方向に歩いて回ってる人の
流れに入って、
歩きながらガイドさんの話を聞く。


詳しい話より
その場の雰囲気というか
何かしら祈りに満ちた場所に
自分がそこに居る事が
ただただ嬉しい。



ネパールの遠くの町から来た人と
自分達観光客とは
想いが全く違う
だから邪魔しないように
歩くので、ちょっと混ぜてください、
そんな気持ちになる。


周囲は丸いストゥーパを囲んで
仏教のグッズを売る店が
びっしり並んでいる。


店に入ると
色んな可愛いものが目に付く、

観光客向けでもあり、
ネパールの人達も
お土産で買っていくそうだ。


ここの建物の上階が
カフェやゲストハウスになっていて
おこに宿泊して
ゆっくり過ごすのも良さそうだ



ストゥーパを見降ろす
向かいの寺院に入った、
以前ここに来た時は
地球の歩き方を手に
ぐるっと回っただけだったが
ガイドさんが居ると
見どころや、現物に良い場所などを
教えてもらえる。


しばらく一枚の絵になった
ボダナートを見渡した、
日本とは全く違うことを強く意識する

それと同時に
昨年に訪れたブータン王国に繋がる
極彩色にはためく小さな旗
ルンタ(タルチョとも言うらしい)を
ここでも目にして
その黄色や赤や緑が
とても美しい。


この旗は

「自然災害、不作、家畜や人間の伝染病、
旅、巡礼、新築、結婚式、新年の祭りや
宗教的な行事などの時に、
その土地や家の悪霊や災難を祓い清め、
すべての生きとし生けるものが
平和で幸福と健康に恵まれて
過ごせるようにという祈願が込められている。」

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所HPより



アジアの国では
仏教やヒンズー、イスラムと
厳密には区別できず
混ざり合っている場所をよく見かける。

祈り

懸命に祈るというより
日常の何気ない瞬間、瞬間に
自然と心から湧いてくるような
そんな場所


さて、次は市内近くに戻って
スワヤンプナートへ行く。


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf