書籍「 判決破棄(上・下)/リンカーン弁護士/マイクル・コナリー著」

2014年12月30日(火) 8時29分
書籍「判決破棄(上・下)/リンカーン弁護士/マイクル・コナリー著著」★★★★マイクル・コナリー 著 ,
講談社 (2014/11/14)
(350/355ページ ,各896円)

<リンク:
>*

<リンク:
>*
                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「24年前の少女殺害事件に対して
出された有罪判決破棄および差し戻し。
DNA鑑定で被害者の
ワンピースについていた精液が
服役囚とは別人のものだとわかったのだ。
刑事弁護士ミッキー・ハラーは、
ロサンジェルス郡地区検事長の要請で
特別検察官として
勝算皆無の再審を引き受ける。
息詰まる法廷劇が始まった!」

(講談社 HPより)


こういう事も出来るんだなと
読み始めて、心の中でニヤリと笑う、
リンカーン弁護士こと
マイクル・ハラーの手がける裁判に
ハリー・ボッシュ刑事が加わった。
弁護士と刑事は
いわば敵対する存在なんだけど、
ハラーが今回限りの検察官を
引き受けた事で
夢のコラボ実現となった。



24年前の少女殺人事件が
冤罪として
元死刑囚は出所し、
新たな裁判に挑むことになる、
マスコミは無罪を確信し、
検察、弁護士共々
特に新しい証拠が出るわけでもなく
どうなるんだろう?と。


裁判がこの本のハイライトだけど
それよりこの小説の主人公は
ボッシュ刑事だと感じた

彼のちょっとした機転で
思わぬ事実の片鱗が見つかり
それが「合理的な疑い」の
核心に迫っていく。


今回は事件の他にも
一緒に暮らし始めた娘を
持て余し気味なのも
微笑ましい瞬間だった。


アメリカの司法制度は
日本と違い
裁判の場は「事実」より
演じる事の方が
勝利に近くなる様な所がある、
だからこそ、面白いんだけど
裁判って本来は面白くなくて
良いんだよな。

今回も一気読み
次を待つのが楽しみだ。


★100点満点で85点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「メイド・イン・チャイナ」何を信じたら良いのか、突き付けられる

2014年12月29日(月) 19時09分
映画「メイド・イン・チャイナ」★★★★
パク・ギウン、ハン・チェア、イム・ファヨン出演

キム・ドンフ 監督、
東京国際映画祭で上映
100分 韓国語 Color | 2014年 韓国 | 
(原題/原作:Made in China [ 메이드 인 차이나 ])



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「中国でウナギの養殖業を営むチェンは、
自分が輸出したウナギが
安全であることを証明するため
韓国に密入国するが、
検査の結果、ウナギが
汚染されているという
致命的な結果が出てしまう」

東京国際映画祭 HPより


韓国映画のジャンルのひとつ、
北の人間がソウルにやってきて
脱北者やスパイの悲しみを
描くというのがあるが
この作品は中国人が密入国してくる。


陸続きっていうことは
常にこんな状況があるのだなと
島国の自分はボヤッっと考える。
傍観者そのものだ。

この映画は10月に
東京国際映画祭で見た作品だ



中国でウナギの要職をしている
主人公は、韓国に出荷したウナギが
汚染されているということで
取引停止なったが、
そんなはずは無いと
ウナギを箱に入れ、密入国して
なんとか再検査をしてもらおうとする。


ウナギが悪いというより
それらを管理する公的な機関が
悪い結果を出すように
裏で取引をして
その検査に不合格となったウナギを
横流ししている事実を掴む



こんなことホントにあるかどうか
分からないが、
あっても驚かない、
そのくらい自分自身も
韓国と言う国に不信感を
持っているのかもしれない。

なんか、何でもアリって感じで。


ただこの映画はそれだけじゃなく
一緒に密入国した男から
妻が韓国人に奪われたので
復讐して欲しいと言われ
そのもう一つのミッションも
スリリングに描かれる。



検査局の女性は
極度に食物の産地や製造国に敏感で
メイドイン・チャイナは決して
口にしない。

そういうことが本当にあると
何処かで聞いた事があるが、
口から入るものに
花瓶になる気持ちも分かるが
中国人が中国産を信じなくてどうするって、話。

そんな現状を描きつつ
当事者たちの
なんともいえない心情を
深くえぐる。
秀作だ。


でも、地味だからヒットは
しないだろうな。
描いてる内容も歓迎されるものじゃないしね。

脚本をキム・ギドクが担当しているので
公開されるかもしれないが、
名古屋では無いかもしれないな。


★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「バチカンで逢いましょう 」バチカンの楽しい魔法

2014年12月27日(土) 21時22分
映画「バチカンで逢いましょう」★★★★☆DVD鑑賞
マリアンネ・ゼーゲブレヒト、アネット・フィラー、
ミリアム・シュタイン、ジャンカルロ・ジャンニーニ、
ラズ・デガン、ジョヴァンニ・エスポジト出演

トミー・ビガント 監督、
105分 、2014年4月26日公開
2012,ドイツ,エデン
(原題/原作:OMAMAMIA)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「カナダで生活するドイツ人のマルガレーテ
(マリアンネ・ゼーゲブレヒト)は夫に先立たれ、
長きにわたり暮らしてきた家を離れて
長女マリーと暮らすことに。
敬虔(けいけん)なカトリック信者の彼女は、
以前から楽しみにしていた
ローマ旅行を心待ちにしていたが、
その話はうやむやにされてしまう。
結局マルガレーテは手紙を残し、
一人でローマへと向かう。」

シネマトゥディ HPより


敬虔なカソリック信者として暮らしてきた
主人公マルガレーテは、
バチカンに行くと言う約束を
娘が破ったため
ローマ法王に会うため
たったひとりでバチカンに向かう。


彼女には法王の前で
懺悔しなければならないことがあった。



この映画の良いところは、
太っちょの70歳のバアさんが
スクリーンの中で
いつも軽やかに、そして楽しく
動き回っているのを
見られる事だ。



オカタい、マルガレーテは
孫がとんでもない生活をしていようと、
突然見知らぬ男に
プロポーズされようと
見てるコッチが笑うしかないような
行動を見せてくれる。


そしてひょんなことから
廃業寸前のドイツ料理店で
シェフとして店を立て直していく、
それはお伽噺にしか思えないが
その魔法のまま
とても幸せな気分にさせてくれる。



自分の居場所を
誰もが探している

バチカンは彼女の元居た
カナダからは遥か遠いが
彼女は一歩大きく踏み出すことで
自分の「夢」を実現していく。



その過程はとても夢物語じゃなく、
しっかり彼女がこれまで
生きて来たいからと納得させてくれる。



これは劇場で見たかったな、
こういう映画に出会えるから
また新しい出会いに期待してしまう、
しみじみ良い映画だけれど
何度も何度も笑わせてくれた。

★100点満点で90点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

書籍「 3時のアッコちゃん/柚木麻子著」今度も面白い!

2014年12月26日(金) 20時25分
書籍「 3時のアッコちゃん/柚木麻子著」★★★☆
柚木麻子 著 ,
双葉社 (2014/10/15)
(168ページ ,1.188円)


<リンク:
>*
                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「アッコ女史ふたたび!
大人気の「ランチのアッコちゃん」に、
待望の続編が登場!!
澤田三智子は高潮物産の契約社員として、
シャンパンのキャンペーン企画チームに
入っているが、会議は停滞してうまくいかない。
そこに現れたのが黒川敦子女史
、懐かしのアッコさんであった。
イギリスでティーについて
学んできたというアッコさんが、
お茶とお菓子で会議の進行を激変させていく。
またもやアッコさんの
底知れぬ力をまざまざと見
せつけられる三智子であった――
表題作ほか全4編。う」

(双葉社 HPより)

前作も面白かったが、
今回も一気に読んでしまった。


アッコちゃんは、ズカズカと
他人の懐に飛び込んで来る
それは現代の生き方からすると
過剰でおせっかいで
受け入れられない・・・・、
かれどそのことで魔法の用に
関わった人達の生活が変わっていくのは
読んでいて気持ちのいいものだ。


こんなことあり得ないと
思いつつも
やはりどこかで、この本を読んでる人は
アッコちゃんの出番を待っているのだ



何かを変えたくらいで
自分の生活が一変することなんて
あり得ないと思うし
この小説で出てくることも
ファンタジーっぽく感じる


それでも、
非現実的と投げださないのは
誰か他人ということでなく
自分の中にこそ
彼女のような、発想の転換の
きっかけに気が付く瞬間を
願っている。



何もかもいつでも
うまくいく事ばかり・・・なんて無い、
どこかで躓いたり
悩んだり
誰だってあることだ。


前向きに、と分かっているけれど
そうそう頑張れない時もある


だからそこ、こんな小説を読むと
少し顎を上げて
空を見上げるような
そんな気分にさせてくれる


深みは全くないが
とにかく時にはこんな小説は必要だ。

★100点満点で80点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「ゴーン・ガール」知ってる筈の身近な人がどんどん遠ざかっていく

2014年12月23日(火) 20時40分
映画「ゴーン・ガール」★★★★
ベン・アフレック、ロザムンド・パイク出演

デヴィッド・フィンチャー 監督、
149 分 2014年12月12日公開
2014,アメリカ,20世紀フォックス映画
(原題/原作:GONE GIRL)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「結婚5周年の記念日。
誰もが羨むような幸せな
結婚生活を送っていたニックとエイミーの
夫婦の日常が破綻する。
エイミーが突然姿を消したのだ。
やがて事件は思いもよらない展開に…。」

cinemacafe HPより

妻が失踪した、
自宅には争った跡があり
妻の血痕が拭き取られた
痕跡が認められる、
多くのマスコミが集まったのは
両親が書いた人気の童話
「アメイジング・エイミー」で
全米で誰一人知らない人はないほど
有名な子供だったからだ。

当初は妻を探す夫として
同情を集めるが
次第にエイミーを殺害したのではないか?と
疑惑の渦中に巻き込まれていく。

途中から真実が明らかにされるが
エイミーの描き方が
サイコっぽくて気になった。



原作でもおかしな行動はあったが
彼女は子供の頃から
誰からも注目されていて
ハーバード出の才媛だけれど
実は「普通の主婦」を
何より望んでいた事や
リーマンショック後の
それまでの生活を続けられない苦悩なんかが
あまり描かれていないので
彼らの心情や性格の深みは
もうひとつ。



それでも妻と夫の
両者の視点から描かれる中盤以降は
俄然面白くなっていく、
これは普通の生活に
置き換えることは無理だけど
それでも
一番身近で知っているつもりの相手を
本当に分かっているのか・・・という、
究極のミステリーを
デフォルメして描いている。



ロザムンド・パイクは画面で見た時から
「007」での強烈な印象を
すぐに思い出した、
しっかし巧みな女優だ、
普段の顔から、見知らぬ顔に
僅かな瞬間にサッと豹変する、
それを思うとベン・アフレックは
大味な感じだ。


映画としては上質な出来、
原作とは別に
とても面白かった。



ベン・アフレックはマット・デイモンと
共演した「グッドウィル・ハンティング」から
だいぶ経つが、印象は変わらない、
大物っぽくなくて
そこが良くもあり、役者として
もうひとつ何かが足りないのか。

この映画はDVDになったら
もう一度見たい。

★100点満点で85点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove

映画「殺人の川 」作品の出来、不出来が相変わらず

2014年12月22日(月) 20時21分
映画「殺人の川」★★★DVD鑑賞
シン・ソンロク, キム・ダヒョン,
ファン・イニョン出演

キム・デヒョン 監督、
99分
2010,韓国
(原題/原作:BLOODY INNOCENT)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「スンホ(キム・ダヒョン)とトンシク(シン・ソンロク)は
同じ中学に通う友人同士。
二人とも純粋な一人の少女ミョンヒに片思いしていた。
しかし、ある日ミョンヒは何者かに強姦され、
冷たい死体となって川辺で発見される。
捜査の結果、殺人犯として捕まったの同は、
なんとトンシクの兄キョンシクで…。
強姦・殺人・自殺・実際に起きた事件を元に
描かれた、韓国の闇をえぐる問題作。」
amazon HPより


最近は韓国映画はもっぱら
DVD借りて見てますが、
やはり面白い映画ばかりじゃなく
それはパッケージでは分からないので
結局実際に見てからじゃないと。


当然だけれど、
この映画を劇場で見ていたら
かなりガッカリしただろう

実際に起きた事件を映画化し
その真相は明確にされない、
これじゃあ、後味が悪すぎて
見るこちらは未消化だ。


20年くらい前の出来事だろうか、
イメージのソウルではなく
少し田舎の小さな町
そこで暮らす中学生に起こった事件と
その事件を近くで経験した
二人の少年を描いている。

日本で公開される韓国映画は
かなり厳選されてきているので
それなりに出来の良いものが多いが
この映画は・・・。

自分達はソウルが舞台の映画を
多く見ているので
その意味ではこの映画の舞台のような
田舎の少し前の風景や
人々の様子ってのは
日本のそれと、大差ないと
すぐに感じるし
それがつい少し前のことに
僅かながら驚き
韓国の近代化のスピードを実感したりもする。



ひとりの少女を好きな
二人の少年は
けん制しつつも
やはり自分が彼女を手に入れたいと
抜け駆けの様な事をする、
その事で哀しい事件が発生し
その犯人もまた身内にいたということから
彼らの記憶は封印されていく。


見終えて
ちょっと時間のムダだったという
気もしたが
5本で1.080円だから
まあ、そんなところか。


玉石混交
色々ある。

★100点満点で60点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「フューリー」激しい戦闘シーンの間に語られる人間というもの

2014年12月19日(金) 19時09分
映画「フューリー」★★★★
ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、
ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、
ジョン・バーンサル出演

デヴィッド・エアー 監督、
135分 2014年11月28日公開
2014,アメリカ,KADOKAWA
(原題/原作:FURY)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「第二次世界大戦末期のドイツを
舞台にした戦争アクション。
ブラッド・ピットが、
カリスマ的なリーダーシップを
備えた米軍兵士を熱演。
戦車部隊に特化したリアルかつ
激しいバトル・シーンに加え、
戦場の生と死を鮮烈に描くヒューマンドラマも
観る者の心を揺さぶる大作だ。」

ぴあ HPより


1945年4月第二次世界大戦末期。
最後の抵抗を必死に繰り広げるドイツ軍に、
“フューリー”(激しい怒り)と命名された
戦車で立ち向かった5人の米軍兵士。


戦闘シーンの生々しさや
リアルな映像は、かつて
「プライベート・ライアン」の衝撃で
もう頭に刷りこまれているのか
どれ程激しい銭湯シーンが展開されても
新鮮な驚きは無い、

けれどどれも事実と考えると
実際は驚きなんて必要無いのだろうが。


彼らは皆、どこかの瞬間に
自らの「死」を
はっきりと自覚する


その時、人間は何を考えるのだろう、
どう、自分の中で
向きあうのだろうか?



そんなことを考えながら見た、
戦場の勇士も
人の居ないところでひとりで震えている。


歴史から学ぶ、言い古された言葉だけど
とても学んでいるとは思えない事も
今も世界で起こっている
そう思うと、人間って・・・
もうどーしようもない、
先日もパキスタンで100人を超える
学生が殺されたと聞いたばかり。


何してるんだろ、と。

一台の戦車とともに
命を懸けて、自らの使命を全うした男たち、
自分なら闇に紛れて
こそこそと逃げてしまいそうだ。

でも苦労を共にし
まさに生死を懸けて戦った同士がいれば
逃げだすなんて
やはり出来ないのだろうな。

激しい戦闘シーンと重なるように
人間味溢れた行動を見るにつけ
命と言うものの
不思議さを思わずにいられない。



たった70数年年前には
本当にあった事だ、
それは遠い出来ごとの様でもあり
しかし日本人もその真っただ中で
その瞬間を生きていたのだ。


映画が終わると
フッと息を吐く

言葉にならない。

★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

今年はネパール旅行!Eスワヤンプナート

2014年12月18日(木) 20時29分
今年はネパール旅行!Eスワヤンプナート
2014/10/12-17
カトマンズ ー スワヤンブナート

                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



ボダナートの仏塔の周囲には
ゲストハウスらしきものを
いくつも見つけたので
もし次回ネパールに来る事があれば
このあたりに宿をとって
窓からボダナートの仏塔や
その周囲を散策する人たちを見るのも
良いかなと思った。


広い道路へ出ると
車が待っていて
次はスワヤンプナートへ。



またしても一車線の狭い道が続き
狭い脇道から
突っ込んで来るバイクや
丁度帰宅時間と重なった
学生たちが
渋滞の道路をよそに
のんびりと歩いているから
さらにノロノロ運転は続く・・・。


でも不思議なのは
角を曲がると
サッとウソみたいに順調に流れたり
また止まったり、
それまでにもチラチラと
小高い丘の上の仏塔が見えている。




森の様な道を歩き
その後緩やかな石段を登ると
スワヤンブナートに到着。


ボダナートの仏塔より小ぶりだけれど
ネパール最古の仏塔は
丘の上で天に突き出し
黄金の尖塔を輝かせている。






仏塔の足元、周囲をぐるっと
マニ車が作られていて
周囲を回りながら
皆カラカラと回している、
夥しい祈りが
空中に放たれていく



そこは見晴らしがよく
ネパール盆地をクルリと
見る事が出来る、

日本とは全く違う建物
曇り空なので遠くは霞んでいるが
晴れたらスゴクきれいなのだろう。


帰りは急な石段を下りた、
今から上に登る人達とすれ違い
振り返って
今下りて来たところを見上げる、
やはり祈りは
こんな大変な苦労をしないと
叶えられそうにないのだ





夕暮れが近付いている。


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「インターステラー」時の経過って何だろう?と考えてしまう

2014年12月13日(土) 14時49分
映画「インターステラー」★★★★☆
マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、
ジェシカ・チャステイン、ビル・アーウィン、
エレン・バースティン出演

クリストファー・ノーラン 監督、
169分 2014年11月22日公開
2014,日本,松竹
(原題/原作:INTERSTELLAR)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって
人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。
そんな状況で、あるミッションの遂行者に
元エンジニアの男が大抜てきされる。
そのミッションとは、
宇宙で新たに発見された
未開地へ旅立つというものだった。」

シネマトゥディ HPより


近未来を描いているが、
やはり人類の未来は
明るくはなさそうだ、

どれもこれも悲劇的で
そして個人レベルではどーにも
ならないらしい。


地球の環境変化によって
世界規模の食糧危機が始まり
人々は簡素な食事と
土埃にまみれて
人々は暮らしている。

笑顔があまりない生活、
そんなときある家族に
不思議な現象が起こる。

もし、自分に同じ様な事が起こっても
本棚の本が
何でもないのに下に落ちたとか、
その抜け落ちた跡が
バーコードに見えたり
モールス信号を表してる・・・・なんて
思いもつかないだろうな。

それではこの映画の
奇跡と呼ぶしかない出来ごとを
真実に昇華させることは出来ない、

いずれにしても凡人には
かなりハードルが高いが
それはこうして見終えて
自宅に戻りキーボードに向かっているからで
見てるときは
そんな奇跡もあり得そうに
信じさせてくれた。



この映画の凄いところは
そんな魔法にすんなりと
かかってしまうところだろう。


今、ペルーでCOP20が開かれ
地球温暖化防止の話し合いが
行われている、
先進国と途上国の意見には
相当な隔たりがあるようで
なかなか合意に至らないようだ、
まずは会議の前にこの映画を
上映してみたらいいのに。


ただ、別の銀河に行けるほどの
科学技術がありながら
地球上の変化を食い止める事が
出来ないと言う事が
どうにも納得出来なかったが

こういう今日的問題を
しっかりエンタメに仕上げてることは
さすが。


日本で作ったら
しょぼい内容になるんだろうなと
ほぼ確実な現実を考えると
自分達はもっともっと
想像の翼を広げて
もっともっと未来を
考えるべきなのだろう。

さしあたって
明日は選挙だ。

たった一票をムダにしないために
投票所へ行きたいものです。

★100点満点で90点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

書籍「翼 /白石一文 著」もうひとつ核心に迫れない

2014年12月09日(火) 21時13分
書籍「翼 /白石一文 著」★★☆
白石一文著 ,
光文社 (2013/2/16)
(304ページ ,1.500円)



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


「 翼 (テーマ競作小説「死様」)/白石一文著」


「親友の恋人である、
ほとんど初対面の男から
結婚を申し込まれた女。
十年後、二人は再会する。
彼は彼女の親友と子を成し
家庭を持っているが、
気持ちはまったく変わっていなかった。
誰だって真実の人生を見つけられると言う!

(光文社 HPより)


テーマ「死様」として
・誰にも書ける一冊の本(荻原浩)
・ダンスホール(佐藤正午)
・翼(白石一文)
・光(土居伸光)
・海路(藤岡陽子)
・身も心も(盛田隆二)
作家が競作した中の1冊。


他の作品は全く読んでいないが、
この作品をひとつの作品と考えると
なんか、どこか破綻しているというか、
リアルな手触りの全くない
絵空事としか
感じられなかった。



ファンタジーと言ってしまえば
良いのかもしれないが、
ここに登場する
主要な二人
総合商社のキャリアウーマンの田宮里江子と
医師である長谷川岳志、
設定は細部まで描かれているが
この二人の生活となると
一気に身近に感じられない。



何を目指したのか
結局最後まで分からなかった。



最後まで自分の純愛を貫いたように見えても
無地から結婚し、子供まで持って
それでも妻の親友の田宮里江子に
「君は運命の人」と言い切る、
その両極端な理想と現実は
長谷川岳志という人間を
あり得ないと感じずにはいられないのだ。


これがドラマになったら
また印象が違うのかもしれない、

あたまの中でどんなにイメージし得も
やはりリアルが絵は
自分には思い描けなかった。


しばらくこの作家の本は読まないだろうな。


★100点満点で55点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf