書籍「怒り(上下)/吉田修一 著」どこまで相手を信じられるか、試されるのは自分自身

2014年09月28日(日) 20時27分
書籍「怒り(上下)/吉田修一 著」★★★★☆面白かった
吉田修一 著 ,
中央公論新社 (2014/1/24))
(280/254ページ ,各1.296円)


<リンク:
>*

<リンク:
>*
                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「殺人事件から1年後の夏。
房総の漁港で暮らす洋平・愛子親子の前に田代が現われ、
大手企業に勤めるゲイの優馬は
新宿のサウナで直人と出会い、
母と沖縄の離島へ引っ越した女子高生・泉は田中と知り合う。
それぞれに前歴不詳の3人の男…。
惨殺現場に残された「怒」の血文字。
整形をして逃亡を続ける犯人・山神一也は
どこにいるのか?『悪人』から7年、
吉田修一の新たなる代表作!」

(「BOOK」データベースより)

だいぶ前に読んだ本の
感想をやっと書き始める。

「衝撃のラストまで
ページをめくる手が止まらない。」

こんなコピーを見たが
宣伝に偽りなし、

ミステリーというかサスペンスタッチで
3人の男がそれぞれの場所で
様々な人達と出会うが
彼らはその3人を殺人事件の犯人と
疑いを抱き始める。


読んでるこっちも
3人の容疑者どれもが
殺人事件の犯人に思えてきて
どうなるんだろうと
ホント、ページをめくるのがもどかしい程。



そして結局人を信じるって
まるごと受け止めるしかないと思うが
それがどれだけ難しいことか。


相手を疑いつつも
自分が試されている様だ。



「悪人」以降、作品はもうひとつだったが
ここでまたしても
心を揺さぶる作品を完成させた、

しかも難しい心の描写などなく
ほとんど誰もが抱く様な感情を描いて
それがもっと奥底の
本質の様なものを取られているのはさすがだ。


そういえば、整形して逃げてた男いたなー、
それから沖縄の離島で
野宿みたいな事をしていたとか
聞いた気がする、
当時大きく報道されていても
人間の記憶ってこんなものだ。


何か大きく報道され気にするが
次に何か起こると
マスコミに取り上げられた時は
確かに気にするが
すぐに忘れてしまう。



だから人間って
こんな複雑な世の中で
なんとかバランスをとっていられるのかもしれないし
やはりいい加減な生き物なのだ。


人を殺すという
究極的な部分では
自分は身近な人を疑うようなことは
無いとは思うが
もう少し軽微な罪なら
「そんなこともあるかもな」とか
分かったフリさえしてしまいそうだ。


さて、次の作品にも期待しよう。


★100点満点で90点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」良い悪いは見方次第、どうしても共生は出来そうにない

2014年09月25日(木) 19時09分
映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」★★★★
アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、
ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル出演

マット・リーヴス監督、
131分 2014年9月19日日本公開
2014,アメリカ,20世紀フォックス
(原題/原作:DAWN OF THE PLANET OF THE APES)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「SF映画史に名を残す『猿の惑星』の
原点の物語として製作された
『…創世記〈ジェネシス〉』の続編。
遺伝子的に進化を遂げた猿たちと、
人間の新たな戦いが繰り広げられる。」
ぴあ映画生活 HPより


映画の舞台は2020年代、
実際上では東京でオリンピックが開かれ
名古屋までリニアが開通した頃、
映画では人類の90%が
猿ウイルスによって死滅したことになる。

近未来すぎて
やはりリアルな感じは全く無い、
だからこそ絵空事と割り切って見る



猿のシーザーはゴールデンゲートブリッジの奥の森に
仲間と文明的なコロニーを築いて
平和に暮らしていたが
そこに生き残った人間が
ダムの発電による電力を必要として
森に入って来た事から
新たな対立が生まれる。


人間も猿も理性的なものも居れば
自分達の事しか考えられないものも居て
どちらも似たり寄ったり、
その中でも幼いころ人間に育てられた
シーザーの人格と言うか猿格は
他に抜きんでている。



今さら猿の特殊メイクというか
造形に驚きは無いが

やはりその違和感の無さには
技術の進歩を見るし、
沢山の猿が動くシーンでは
どこまでがリアルでどこからが
CGなのか違いは全く分からない。


そういうことこそ
凄いことなのだろう。



結局この映画
結論は出ている
生物の頂点に立つ人間の
これからの行動が
未来を大きく左右すると言う事だけど、
現実社会に目を戻すと、
ここで描かれる未来も
まんざら絵空事とも思えなくなる
それこそが怖いことだ。


ハリウッド大作として
充分楽しめるし
テーマもしっかり

これは続編がまだありそうなので
次も楽しみだ。

★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove

やっと書き始める/2013年 スリランカ旅行/シーギリヤA

2014年09月24日(水) 19時09分
やっと書き始める/スリランカ旅行/シーギリヤA
2013/10/13-10/17
                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい

昨年の10月の旅行記を
やっと書き始める。


シーギリヤ・ロック【世界遺産】編A


大きな岩の上に登りきると
視界は広がる、
密林と言う程ではないが
濃い緑と道路や小さな町が
見渡せる、
かつて王様がこの景色を
自分のものとして見ていたのだろう。


登るのも一苦労なのに
この上にかつては宮殿があったなんて
その労力を思うと
人間はどうしてこうも
空に近づきたいんだろうと
思わずにいれらない。




高く高く
上に上に
こうも空に高く手を伸ばしてきたんだ。


今は建造物は無いが
その基礎の部分は石組みのレンガが
整然と残っていて
当時は遠くからも
その姿が見えたんだろうなと
高みから想像してみた。



貯水池もあって
計画されて作られた事が分かる。



いままでいくつの世界遺産を
訪れただろう、
自分は自然遺産より
俄然、こういう人間の造った文化遺産が好きだ。


そこには人間が等しく考える
「欲」だったり
「祈り」だったり、
「願い」だったり
とても人間らしいものを感じるからだ。



何百年も後に
観光客が自分の宮殿を訪れることになるなんて
当時の王様は思ってもみなかっただろう。

下ったところが別の入口
ライオンのテラスと呼ばれる場所、
かつてはライオンの像があったとされるが
今は大きな前足が残っているだけ。




soramove

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「整形外科医」ストーリーは安いが、怖いは怖い

2014年09月20日(土) 23時49分
画「整形外科医」★★★レンタル
キム・チャンワン、ペ・ソウン
ソ・コンウ出演

キム・ソンホン監督、
97分 2014年5月17日日本公開
2012年/韓国 KRコンテンツグループ
(原題/原作:Doctor)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「『失踪』『オルガミ〜罠』の
キム・ソンホン監督が手掛けたサイコスリラー。
一見完璧な整形外科医が、
妻の不倫を目撃したことにより、
内に秘めていた狂気を徐々に発露させていく様を
スリリングに描く。
韓国版『白い巨塔」や
『コーヒープリンス1号店』などに出演した
人気俳優キム・チャンワンが主演を務め
、観る者の背筋を凍らす怪演を見せる。。。」

ぴあ映画生活 HPより


シネマート六本木で今年公開された映画が
もうDVDレンタルになってる、
さっそく観たが
出来は「こんなじゃ。ダメだ」
っていうレンタルで良かった。



色んな要素がまだまだ
ほったらかしで未解決、
そういうちょっとした伏線って
悪くないけど
せめて満足いく解決をいくつかは
してから別の「何か」を提示して欲しい。


思わせぶりで
結局は中身はすっからかん
そんな出来上がりだった。



ただし、サスペンスを味わいたいなら
ある程度は満足出来る

なにせ主人公は整形手術をするわけで、
まぶたをメスで切ろうとして
その指先が震えてる・・・・、
怖い、怖い
メスに注射針
なにせとがっていて
手術台やベッドで受け身となれば、なおさら。


こういうところを
じっくりと見せられると
まあ、正視できないから
それまでは背中にしていた
クッションを顔の前に動かして
見たり観なかったり。


怖い怖い

そういうところは巧いと思った
ラストは・・・どーでもいいや。
なんか続編もありそうだけど
レンタルなら見ても良いかな。

★100点満点で55点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「カジノ・ゾンビ BET OR DEAD」カジノが舞台になってるが、意味は無い

2014年09月16日(火) 19時09分
映画「カジノ・ゾンビ BET OR DEAD」★★☆wowow鑑賞
グラント・バウラー、エヴァレナ・マリー
タウニー・サイプレス、ミコ・ヒューズ
ランス・レディック、アンソニー・マークス出演

コリン・ゼイズ監督、
89分 2012年9月22日日本公開
2014,アメリカ,ギャガ
(原題/原作:NON STOP)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「『30デイズ・ナイト』で一躍注目を集めた
アメコミ作家スティーヴ・ナイルズの
原作を映画化したホラー。
舞台はカジノ・シティとして有名なネバダ州リノ。
突如として住民のほとんどがゾンビと化した街で、
偶然にも正気を保ったままの人々が、
壮絶なサバイバルを繰り広げる様を描く。
寝る、共食いするなどゾンビが
獲得した新たな習性に注目したい。」

ぴあ映画生活 HPより


wowowが夏の終わりに
ゾンビ映画をまとめて放送してて
全米テニスを気にしつつも
好きなゾンビ映画を何本か続けて見ている。


しかしこの映画、東京の方では
限定で公開されたんだね、
お金払って見るほどのモノじゃないな、
即レンタル行き!って感じで
安いB級のどこかで見たようなタイトルに
紛れていそうな作品。


核のボタンが押され
何故か住民はゾンビ化し、
彼らは共食いはするし
夜は立って眠ったり
そこそこ新しい発想は盛り込まれてるけど
「おっ!」って思うような
新鮮な「何か」は全く無かった。



じゃあ、なんでそんなの
見るんだよと言われれば
単純に「ゾンビ映画」が好きだからだ。


人間が死にそこなって
バケモノに変わり果て
人間を襲う・・・っていう
単純な発想から、どれだけの数の映画が
生まれている事か。


欧米のような埋葬の仕方だからこその
発想だけど、
その単純に日本ではあり得ない
その感覚がなんとも安心で
単純にコメディっぽく見られるから
好きなのかもしれない。


閉じ込められたビルの中で
限られた人間が
それぞれの自我をむき出しにして
それでも生き延びる為に
一致団結するんだけど
そのうちほころびが出て・・・、
新しい外部からの生き残りが合流し
さて、彼らの運命は・・・。

展開も目新しさはない
でもゾンビが街をただ歩く姿や
追いかけたり
数人で食らいつく様子
そんなシーンをただ見てるのが
単純に好きなんだろうな。



生きるということと
ゾンビという
なんとも中途半端な存在、
人間としてただ生き残るだけの姿って
ゾンビとそれ程変わらないかも

そんなことをつらつらと考えてる。


映画の出来としては
100円レンタルでやっとモト取り。

★100点満点で55点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove

書籍「もう年はとれない /ダニエル・フリードマン 著」87歳のヒーロー誕生

2014年09月15日(月) 9時45分
書籍「もう年はとれない ダニエル・フリードマン著」★★★☆
ダニエル・フリードマン 著 ,
東京創元社 (2014/8/21)
(382ページ ,1.123円)


<リンク:
>*


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「捕虜収容所でユダヤ人のあんたに
親切とはいえなかったナチスの将校が
生きているかもしれない―
臨終の床にある戦友からそう告白された、
87歳の元殺人課刑事バック・シャッツ。
その将校が金の延べ棒を
山ほど持っていたことが知られ、
周囲がそれを狙ってどんどん騒がしくなっていき…。
武器は357マグナムと痛烈な皮肉。
最高に格好いい主人公を生み出した、
鮮烈なデビュー作!!」

(「BOOK」データベースより)


主人公が87歳ということで
場所の移動や瞬時の判断なんかに
ムリなものは読んでいて
常に感じた、
せめて78歳くらいなら
もうちっとリアルを感じられそう。



ただし、このじいさん
ヒーローなんだけど
口は悪いし、他人の気持ちなんて
お構いなしに

感じたままを口に出すから
読んでいて面白いけど
これじゃあ、好かれるおじいちゃんは
ムリそうだ。


ワリと簡単にナチの隠した「金(きん)」を
発見するあたりは
やはりご都合主義的だけど
まあ、主人公が87歳と
常に文章の様々な場面で伝えてくれるので
おかしいもので、許せちゃう。



大戦とナチスの残党
戦後これだけ時間が経過しようと
当時の体験は忘れがたいものだろう

そんな因子を自分達も
持ち合わせているのだと思うと
恐ろしくもあり
暗い気持にもなるが
戦わないことを選ぶのも
やはり自分達自身なんだと
ミステリー小説を読みながら
感じた次第。


ミステリーとしては弱いが
87歳のヒーローという
新しい切り口で
結構楽しく読めた、

彼の活躍は今後も続くらしいので
続編も是非読みたい。


★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「フライト・ゲーム」密室のノンストップ・サスペンス、上出来

2014年09月08日(月) 9時59分
映画「フライト・ゲーム」★★★☆
リーアム・ニーソン、ジュリアン・ムーア、
ミシェル・ドッカリー、ルピタ・ニョンゴ出演

フラビオ・ラビアーノ監督、
107分 2014年9月6日日本公開
2014,アメリカ,ギャガ
(原題/原作:NON STOP)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「『アンノウン』のジャウマ・コレット=セラ監督と
リーアム・ニーソンが再びタッグを組んで
贈るサスペンス・アクション。
ニューヨークからロンドンへ向けて
飛び立った旅客機を舞台に、
リーアム扮する航空保安官が、
20分おきに乗客をひとりずつ殺していく
姿を見せない犯人に立ち向かう様を描く。」

ぴあ映画生活 HPより


空港の駐車場で紙コップに
酒を注いで飲み干す冒頭のシーン、
落ち窪んだ目、電話口で懇願する声
何か嫌な予感がする、
事前の知識ナシで鑑賞
したが
この映画は決して飛行機の機内では
上映されないだろう。


ロンドンへと向かう旅客機。
その警備を任されている
連邦保安官ビル・マークス(リーアム・ニーソン)、
飛び始めてすぐに1億5,000万ドルを
指定口座に入金しなければ
20分おきに機内の人間を
1人ずつ殺害するという
犯行予告メールが届く。


すぐに犯人は見つかったかと思われたが
メールは続き
誰が犯人なのか全く分からない状況で
主人公が孤軍奮闘するが
自分が乗客であっても
主人公の行動は異常過ぎて
彼が乗っ取り犯人じゃないかと
同じ様に疑っていたと思う。



それだけ狭い機内で
わずかなアイテムをうまく使って
謎解きの要素も見せてくれる、
目配せ、ちょっとした行動
何もかもが、誰もかもが疑わしい。


ジョディ・フォスターの「フライト・プラン」を
思い出させるが
さすが後発だけあって
映画の仕掛けはさらに巧妙だ。



犯人の指定口座の名義は
主人公のものだった事がわかり
彼は保安官の職をその場で解かれるが
上司もこんな分かりやすいやり方の
裏を読めないのだろうかと
ちょっと腑に落ちない部分もあったが
まさにノンストップ、待ったナシの
状況ではそれ程考えている間は無い

なにしろ20分おきに
現に乗客が死んでいるからだ。


爆弾が見つかった時点で
いよいよ緊急性は高まる

だって、これで終わりってことだからね、
しかも意外な犯人は
死ぬ事も辞さない構え。


ラストはやはりあまり
気分の良いものじゃない、
爆発し、飛行機の後部は炎上
エンジンも落ちて
ギリギリの着陸が描かれる、
助かると分かっていても
やはり気分は良くない。



終わって思わずホッと一息。
犯人の動機もちょっと弱かったかな。


でも映画で良かった。
劇場の椅子がなんとも居心地いい


★100点満点で75点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

やっと書き始める/スリランカ旅行/シーギリヤ@

2014年09月06日(土) 19時09分
やっと書き始める/スリランカ旅行/シーギリヤ@
2013/10/13-10/17



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい

昨年の10月の旅行記を
やっと書き始める。


シーギリヤ・ロック【世界遺産】編@


ホテルを9時過ぎに出発して
朝のうちに伝説の岩山シーギリヤ・ロック【世界遺産】へ


低い木々の上に突如現れる巨石、
木々の緑と岩肌の赤茶けた色が対照的だ、
どんなふうに出来たのか
地質学的には説明ができるのだろうけど
やはり不思議だ。

実は前日の夕方
この巨石付近の村で
像に乗って散策した、
ガイドがしきりに写真を撮ってくれるが
なんだか単純にははしゃげない、
こんなところまで来ても
日本人は人から見られてると思うと
子供にはなれないのだ。


そしていよいよ入口へ
入口ゲートから真っ直ぐな道が
きれいに整備されていて、
そびえるシギリヤロックは目に入るが
周囲の緑がいよいよ期待を高めてくれる。




石段をいくつか登ると
岩肌に取り付けた鉄のフェンスの階段が
緩やかに続いている、
しばらく行くと
今度はらせん状の階段が現れ
一気に上に登っていく。




登りきると
岩の窪みというか、
人為的にくりぬいたのだろうが
細長い洞窟があって
そこでパンフレットなどにも登場する
シーギリヤ レディと言われる
壁画というか天井画が現れる。




5世紀に描かれたと言う壁画は
色鮮やかで
その場所だけ
シンとした静けさを感じ
途方もない時間の流れを
自分も一気に飛び越えている気分に。

日陰で涼しさを感じた後、
さらに通路を登っていく、
王宮へはもう少し。

通路から周囲を見ると
自分が登って来た場所が見える、
何かを感じた気がしたが
それが何なのか、
思い出せそうで、思い出せない。


soramove

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

書籍「明日の子供たち/ 有川浩 著」実態を知らせようとした意欲作

2014年09月05日(金) 19時09分
書籍「明日の子供たち/ 有川浩著」★★★☆
青山 七恵 著 ,
幻冬舎 (2014/8/8)
(407ページ ,1.728円)


<リンク:
>*



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい





「三田村慎平・やる気は人一倍の新任職員。
和泉和恵・愛想はないが涙もろい3年目。
猪俣吉行・理論派の熱血ベテラン。
谷村奏子・聞き分けのよい“問題のない子供”16歳。
平田久志・大人より大人びている17歳。
想いがつらなり響く時、
昨日と違う明日が待っている!
児童養護施設を舞台に
繰り広げられるドラマティック長篇。!」

(幻冬舎HPより)


この作品はどうやら
児童養護施設で育った人が
作者に手紙を書いて
その実態を元に
真実の実態を描いて
広く知らせてくれるようにと
そんなふうに出来上がった作品のようだ。

本当のところは分からないけど。


たぶん先日のTVドラマで
ちょっとした論争があったように
「真実」じゃないことが
大袈裟にクローズアップされ
一人歩きする怖さを
この本で少しでも
実際の声を拾って
伝えようとしたのだろうと思う。


自分の個人的な想像だけれど。

だから、作者は
少しでも真実に近い物語を
世間に知らしめようとしたのかもしれないが
いかんせん、出てくるのが
いわゆる「良い人」ばかりで
ちょっと物足りない.


クレイマーや子殺しの
報道が日常の様な現在、
一体どーなっちゃったんだろう?
そんなことを日々感じていて、
こんなにたくさんの「良い人」が出てくると
それは真実かもしれないけど
哀しいかな、リアルからは遠のいていく。


そのこと自体が充分に
怖いことなんだkれど


施設に居る子供たちは
「可愛そうな子」
そういう共通の認識も
実は本人にとって幸せなこともあるのだと
この小説では何度も出てくるが
そう書かれれば、書かれるほど
でもそれって真実じゃないんじゃないかと
疑いたくなる



きっとこれが世間一般の印象、
小説はそんなことないよと
やさしく語りかけるが
それを払拭するほどには響かない。


読みやすいし、テーマも社会性があり
野心作なんだろうけど
もうひとつ


期待し過ぎってのもある、
読みものとしては面白かった。
自作も期待してます。


★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

やっと書き始める/スリランカへ行ってきました。 2013/10/13-10/17

2014年09月04日(木) 19時09分
やっと書き始める/スリランカへ行ってきました。
2013/10/13-10/17




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


昨年の10月の旅行記を
やっと書き始める。



成田経由でコロンボの北30キロにある、
バンダーラナーヤカ国際空港に着いたのは
夜9時半、9時間のフライト
本来は7時半に到着予定だったが
成田空港で2時間の遅れで出発。


その日はニゴンボのホテルに宿泊、
ザ ゲートウェイ ホテル エアポート ガーデン コロンボ は
空港から5分ほどと近く
遅めの夕食はプールの見えるダイニングで
さっそくスリランカカレーを食べた。
さすがホテルのカレーだけあって
盛り付けも、味も満足、
ただいつもの旅行だと
もっと安い所で食べるので
この旅でどんな料理が食べられるか楽しみ。


翌日は島の中央部までの移動、
4泊5日の短い旅なので
今回もツアーに申し込んだ、
日本語ガイドがホテルのロビーで
チェックアウトの手続きもしてくれる、
あとは車に乗っていれば目的地まで。


こういう旅は春のブータン旅行もそうだけど
とても楽でいいけれど
自分で色々苦労しながらの旅も好きなので
次回は自分で挑戦しようと思った。


翌日はシーギリヤまでの途中で
チラッとシーギリヤロックを見つつ、
シンハラ王朝の都として栄えたポロンナルワへ






城壁が一部残っていて
その周囲に遺跡が散らばっている、
すでにかなり暑い、
石造りの遺跡は
宮殿跡などには列柱が残り
その周囲を見ると
当時の大きさが想像出来て
一気に別の場所に飛んでいくようだ。

岩肌に削られた
巨大な涅槃像、立像、坐像の3体

保存状態も良く、
最大7メートルという大きさと
そこに込められた祈り
ただそこに立っているだけで
そこだけシンとした静けさを感じる。



一部壁画が残ってる部分もあり
当時の技術の高さもうかがえる。

おおまかに一回りし戻ると
当然だけど車が待っている、快適だ。

2泊目はシギリヤ ビレッジ


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
2014年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf