映画「鑑定士と顔のない依頼人」上質なミステリー、主人公と一緒に騙されていた

2014年08月30日(土) 11時23分
映画「鑑定士と顔のない依頼人」★★★★DVD鑑賞
ジェフリー・ラッシュ、ジム・スタージェス、
シルヴィア・ホークス、ドナルド・サザーランド出演

ジュゼッペ・トルナトーレ監督、
131分 2013年12月13日日本公開
2013,イタリア,ギャガ
(原題/原作:LA MIGLIORE OFFERTA)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「物語の始まりは、ある鑑定依頼。
天才鑑定士にして一流オークショニア、
ヴァージル・オールドマン。
それは、資産家の両親が遺した
絵画や家具を査定してほしいという、
ごくありふれた依頼のはずだった。」

cinemacafe HPより

公開当時、見に行きたいと思いながらも
時間があわずに見送っていた作品、
美術鑑定士であり
オークショニアの主人公、
演じるジェフリー・ラッシュは
様々な役を案じて、この顔で
結構、良い作品の主役で登場する。


美術品の鑑定という特殊な世界、
よく「見る目が肥えた」とか聞くけど
実際、美食家とかワイン通とかも
本物を見分けることは難しい、
真偽を見極める事が出来るのは
ごくわずかな人が持って生まれた才能と
それ以後のたゆまぬ努力があるから。



気難しい主人公は
そうそう簡単に鑑定依頼にも応じないが
興味を惹かれた依頼に
古い屋敷を訪れるが、
依頼者は色んな理由をつけては
実際に会う事を逃げまくり
それが却って鑑定士の興味を
さらに惹いていく。

同時に古い機械仕掛けの人形の
組み立てる過程も描かれ
本筋と同時に進行していく、
どれもこれも自分にとっても
魅力のある世界で引き込まれる。


主人公の自宅の秘密の部屋が
これまた圧巻だった、
様々な画家たちの描いた肖像画
それも女性ばかりが
大きな部屋の壁一面を埋め尽くしていて
主人公はその部屋で
それらの絵を見るのが至福の瞬間だ。



ラストは自分も驚いた、
なんかそんな予感がしてはいたが
まさかね、

主人公の驚愕の表情を見ながら
こんな結末とはね・・・って。


何だろう、知らない世界を体験しつつ
上質のミステリーを
ゆっくり味わって
ラストに騙される快感、
よく出来た脚本に拍手。


★100点満点で85点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

韓国映画「新しき世界」潜入捜査官の決断とは!

2014年08月23日(土) 10時27分
韓国映画「新しき世界」★★★★DVD鑑賞
イ・ジョンジェ、チェ・ミンシク、
ファン・ジョンミン、パク・ソンウン、ソン・ジヒョ 出演

パク・フンジョン監督、
134分 2014年2月11日日本公開
2013,韓国,彩プロ
(原題/原作:新しき世界)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「韓国最大の犯罪組織に潜入し、
8年になる警察官ジャソン(イ・ジョンジェ)。
組織のリーダーが急死。
カン課長は一気に組織の粉砕を目論み、
ジャソンに「新世界」作戦を命じる――。」

cinemacafe HPより


派手な俳優じゃないけど
話題作に出演の多いイ・ジョンジェ、

韓国によく行っていた頃は
彼の経営する「イルマーレ」に行ったり、
結構ミーハーな行動をしていたのが懐かしい。


シリアスなものからコメディまで
幅広い役をこなすが
いかんせん顔が地味かな、

しかし今回もその雰囲気を活かして
潜入捜査中の警官役を
見事に演じている、
警察という組織とヤクザという組織
そのはざまで苦悩し
彼の出した決断がまた面白い。

犯罪組織の幹部チョン・チョン(ファン・ジョンミン)は
子供みたいな無鉄砲なところがあり、
やる事は悪どいが
なんか憎めない、
主人公の上司のカン課長(チェ・ミンシク)は、
彼の苦しい心情を理解しつつも
やはり組織の中で
早々柔軟に対応出来るわけでもなく
そんななかで
ヤクザ組織に大きな異変が起こる。

ファン・ジョンミンもチェ・ミンシクも
主演の作品も多く
そんな3人がガッチリ組んで
骨太で濃厚な男の世界を描いている、

常に「死」という
何故か甘美な香りさえする
危険と隣り合わせで
緊張感ある展開、ラストを
慌ただしく想像しながら見た。



映画として面白いが
かなり残酷なシーンもあるので
一般受けはしないだろう、
もう少しどこかのシーンでは
ほっとさせてくれるような
エピソードもあれば・・・・、
間延びすることなく
一定の高いテンションでラストまで
お見事!


★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

書籍「風/ 青山 七恵著」ここには何も無い、何も感じない、残念

2014年08月21日(木) 9時03分
書籍「風/ 青山 七恵著」★★
青山 七恵 著 ,
河出書房新社 (2014/5/22)
(184ページ ,1.512円)



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい







「そうなのよ、これがわたしたちのやり方だわ――
姉妹の絶望的なまでの愛憎を描く「風」、
15年の歳月を80枚の中で疾走する
「二人の場合」他、特別な「関係」を描いた作品集!」

(河出書房新社HPより)


期待の作家のひとりの新作、
前作が残念な作品だったので
今回こそ!と、

中身以前にカバー見返し部分も
文章があって遊び心が感じられ
「おっ!、今回は面白いかも」と
期待したが
全くダメだったな。

物語はそもそも
何も無いところから作者が作りだす、
そこに何を感じるかは
それぞれ
リアルだったり、大きな絵空事だったり
考えさせられたり、共感したり


でも今回の作品のどれもが
ただのつくりもので
何より感じるのは、空虚さ



なんだ、これ、って感じだ。


デビュー作から4作目くらいまでは
これからずっと楽しめるなと
嬉しい気持ちでいっぱいだったが
ここ2年くらい、ダメだ。

ただ、何かあるとは思うんだよね、
だから次の作品も手に取るだろう
でもいつまで続くかは微妙だ。

なんだろうな、
どうしたんだろう。

でも気になるのだから
まあ、しばらく様子を見るか。


でも200ページ弱で1.500円は高い!

かなり辛辣な感想を書いたが
過去の作品の記事はこちら↓
「ひとり日和」★★★★
芥川賞受賞の期待の作品を読む 2007年02月28日(水)


書籍「快楽/青山七恵著」★★★
ここにある快楽はニセモノだ 2013年09月19日(木)


やはり初期の作品が好きだ

★100点満点で45点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

韓国映画「同窓生」北と南の悲劇、この路線は鉄板!

2014年08月19日(火) 8時37分
韓国映画「同窓生」★★★★DVD鑑賞
チェ・スンヒョン(T.O.P)、ハン・イェリ、
ユン・ジェムン、チョ・ソンハ、キム・ユジョン 出演

パク・ホンス監督、
113分 2013年11月6日 韓国公開
(原題/原作:동창생)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「たった一人の家族である
妹の命を守るため、
北朝鮮の工作員として
暗殺者にならざるを得なかった
青年の過酷な運命を描く」

yahoo映画HPより


最近は話題の韓国映画を
DVDレンタルすることが多くなった、
劇場も限定的だし
以前のように時間が取れないのも
理由のひとつだけれど
今回の映画のように
良い作品に出会うと
やはり「劇場で見たかった」と



港近くの露天の一杯飲み屋
人の良さそうなおばさんが
ひとりで切り盛りしてる、
そこに男が現れ
目配せ、小さな声で
「北に帰る」という男に
元気でと見送る。


そのすぐ後、男は殺されてしまう、
北の工作員は
生きて国には帰れないんだと
印象つけるシーン。



その男の息子が主人公
北朝鮮の収容所に監禁された
息子ミョンフン(T.O.P)は、
妹の命を助けるため
韓国に工作員として潜入し、
命令を果たすべく
脱北者を装い、ある夫婦の養子となり
高校に通い始める。


彼の普段の様子と
使命を果たす時の冷徹な表情が
それ程違わないのが
却って恐ろしく感じた

こんなふうに訓練されているんだろうか、
平和ボケで暮らす自分には
どうしても理解できないが
そういう事もあるんだろうなと
想像できる現実こそが怖い。

主人公のように
ただ真っ直ぐな青年が
こんなことの為に人生を
無駄にしてしまうのは
国と国の利害の対立が生む悲劇

人間はまったく学習しないから
ダメダダメダと思いつつも
気が付いたら
深みにはまっているんだろう。


今の日本もキナ臭い気がしてならない。
ラストはどうにか
変えて欲しかったけど
これはもう冒頭から
運命づけられていたことだから
仕方ない。


教訓臭くなく
ダメなものはダメだと
強く印象づけるのは、映画ならでは。



映画としても面白かった。
でも、この虚しさは何処にも
行く場所が無い。

★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「トランスフォーマー ロストエイジ」技術は大満足、ストーリーがもうひとつ

2014年08月14日(木) 9時13分
映画「トランスフォーマー ロストエイジ」★★★★
マーク・ウォールバーグ、ニコラ・ペルツ、
スタンリー・トゥッチ、ソフィア・マイルズ、
ジャック・レイナー出演

マイケル・ベイ監督、
165分 2014年8月8日公開
2013,中国;香港,ツイン
(原題/原作:TRANSFORMERS: AGE OF EXTINCTION)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「驚異的な変形を見せる金属生命体が
壮大なバトルを繰り広げる超大作シリーズ最新作。
過去3作をひとつの区切りとして、
マーク・ウォールバーグを筆頭に
メインキャストを一新。
おなじみのトランスフォーマーたちも
アップデートされ、
これまで以上の威力と戦闘能力を発揮する。」

ぴあ映画生活HPより

109シネマズのIMAXの3D版で見た。


冒頭の恐竜の時代から
トランスフォーマーが存在したという
映像だけで説明の無いシーン、
これが3DのCG技術を
圧倒的な映像で見せてくれる、
ことさら誇るわけでなく
サラリと見せるところがニクイ


さあ、また凄い映像を見せてもらうぞ。

トランスフォーマーたちも
良い者と悪者に分かれるわけで
そのあたりは説明を充分してくれるが
一旦映像が始まると
何が何だか分からなくなる、
明らかに違った形態なら良いが
ゴチャゴチャ、ガチャガチャガチャガチャ



だったらフルCGの凄い映像で
見せ切ってくれればいいものを
なんとか状況を分からせたいと
説明が続くのがもどかしい、
もう大丈夫だから
ドラマ部分より
トランスフォーマーたちを見せてくれ


何度もそう思った。

マーク・ウォールバーグって
なんだかんだ言っても
しっかり生き残ってる
「テッド」のだらしない役から一転
体を鍛えて娘想いのメカニック野郎を好演、
でも脚本が残念だった、
彼の良さがあまり活かされていないように感じた。


戦いのシーンは期待を裏切らないだけに
人間の心情は
もっと軽妙に処理していれば
大切なストーリーの「核」は
こちらにストレートに届いたはず、残念。

前3作から方向性を変えたので
これからしばらくこの路線でいくのだろう、
前3作も3番目が一番面白かったので
次に期待したい



香港の街をぶっ壊しながらも
派手な看板や
通りに突き出した洗濯物が
ごみごみした生活感を表し
そのあたりの細部までのこだわりが嬉しい、
もう実写部分とCGの区別はなく
同時に確かに存在していると感じる。


技術的な部分は文句なしだっただけに
人間ドラマの部分は
テンポよく、あと20分は削って
重点を明確にすれば
もっとただただ面白い作品になったろうに、
まあ、そういう欠点を補っても
面白い事に変わり無いんだけどね。



前作がスゴク面白かったという
印象だけがあったので
期待しすぎでしたが
まあ、及第点ってところでしょう。


★100点満点で80点

過去3作の感想は以下の通り

映画「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」3Dを最大限生かした娯楽大作、面白い!90点
2011年08月02日(火)


「トランスフォーマー」ガチャガチャと機械が変身するよ 75点 2007年08月10日(金) ←


「トランスフォーマー/リベンジ 」街のそこらじゅうの機器がトランスフォームすることを一瞬考える 75点 2009年07月03日(金)


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove

書籍「直木賞/破門/ 黒川博行著」読み物として文句なく面白い

2014年08月13日(水) 13時15分
書籍「直木賞/破門/ 黒川博行著」★★★★
黒川 博行 著 ,
角川書店 (2014/2/1)
(469ページ ,1.836円)

<リンク:
>*

                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



第151回直木賞受賞作。

「映画製作への出資金を持ち逃げされた
ヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮。
失踪した詐欺師を追い、
邪魔なゴロツキふたりを
病院送りにした桑原だったが、
なんと相手は本家筋の構成員だった。
組同士の込みあいに発展した修羅場で、
ついに桑原も進退窮まり、
生き残りを賭けた大勝負に出るが——。」

(角川書店 HPより)


芥川賞作品と一緒に届いたので
「春の庭」を読んだ後
楽しみにページを開いた。
直木賞を獲らなければ
読まなかった本だ。


「疫病神シリーズ」の5作目ということだが
前作を知らなくても
特に問題は無かったが、
シリーズ物はやはり
前作からの繋がりはあるわけで
これを読んで
前作も読みたいと思った。


建設コンサルタントの二宮が主人公、
コンサルタントと言っても
ヤクザだった父親のコネで
その関連の仕事で
かろうじて暮らしている、
ヤクザ稼業も勝ち組と負け組があるのか、
それにぶら下がるような生活は
そんなことってあるんだろうなと思いつつ、
自分の気ままな生き方を続けたいなら
それなりの覚悟と言うか
そんなものは必要なんだと。



しかしこの主人公の性格は
この一冊だけでは判断しかねる

金の無心ならプライドは無くなるし
調子良い、
だからって、絶対に守りたい
そんな一線もそれほど感じない、
でも、何故か憎めないし
ヤクザの桑原との掛け合いも楽しい。



持ち逃げされた金の行方を追って
マカオまで飛び
カジノで負け戦に没頭する


ダメダメな主人公だからか
応援したくなるし、
なんとか良い結末をと願う。


もたついたところなく
一気にラストまで

文章に小気味いいリズムがあり
それで違和感なく読めるんだと感じる、
独特な世界観みたいなものは
ここからは感じないが
それは5作読んだ時また
印象が違っているのかもしれない。



他の作品も最初から読もう。


★100点満点で85点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「ライズオブシードラゴン 謎の鉄の爪」見よ!この熱い映画魂!

2014年08月09日(土) 10時54分
映画「ライズオブシードラゴン 謎の鉄の爪」★★★★★大満足
マーク・チャオ、キム・ボム、ウィリアム・フォン、
ケニー・リン、アンジェラベイビー、カリーナ・ラウ出演

ツイ・ハーク監督、
133分 2014年8月2日公開
2013,中国;香港,ツイン
(原題/原作:狄仁杰之神都龍王)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「西暦665年、唐朝の時代。
第3代皇帝・高宗と皇后の則天武后が
派遣した水軍艦隊が、
正体不明の何かによって壊滅させられてしまい、
海の神・龍王が原因だといううわさが広まる。
ちょうどそのころ、
ディー判事(マーク・チャオ)が洛陽に赴任。
龍王にささげる生けにえにされる若く美しい花魁(おいらん)
イン(Angelababy)の誘拐事件に関わったディー判事は、
水軍壊滅と龍王の因果関係と
事件の真相を突き止めるべく行動を起こす。」

ぴあ映画生活HPより


前作の「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」は
見ていないが、面白そうなので劇場へ、
これが大正解、とんでなく面白い映画に出会えた。


冒頭の海戦シーンは
頑張ってるけどショボさは否めない、
押し寄せる海水と舟の間は
明らかなCG処理で
迫力を出そうとしてるのは分かるが
どうにもチャチな感じ、
でも大画面いっぱいに
壮大なシーンを再現しようとする
心意気は伝わるし、
これでB級のノリ全開で楽しもうと腹が決まる。



主人公らしき人物登場、
つるっとしたイイ人顔で
コイツで大丈夫か?と思うが
ワイヤーで吊り吊りのアクションが始まると
もう物語に深く入り込んでいた



水軍艦隊を壊滅状態にした事と、
美しき花魁インが
生贄として選ばれるが、
何者かに誘拐されそうになる事件が
繋がっている事が明らかになり
謎解きの要素も見せる。

が、それよりも
そんなちゃんとした映画というより
ここでどんな見せ場を作るか
作り手が皆でアイデアを出しながら
「良い映画」より
「スゴク面白い映画」を目指した
そんな心意気が全編、随所に感じられて
とても幸せな時間を過ごした。



劇場は空いている
でもここで一緒に見てる人は
この映画の情報をどこかで手に入れ
楽しみにしてきた人達ばかりだろう、
大作のヒット映画とは違うのだから。


そんな人達と
出来の良い面白い映画を楽しむのは
やはり劇場での醍醐味だ。


主人公のパッとしない顔も
次第に頼もしく見えてくるから不思議だ、
皇后の則天武后役の役者が良かった、
すごい存在感で
こういう役者の存在が
映画を引き締めている。



見どころはやはりワイヤーアクションと
カンフーシーン、
思わず座席から身を乗り出す、

絶対にあり得ない戦いに
もう魔法にかかっているから
胡散臭さは微塵も感じない、
不思議で心地よい時間。

これはTVでは面白さは半減するだろう
劇場で見る事が出来てよかったし、
こんな地味な映画を拾って
上映してくれた劇場にも感謝。

前作を見ていないので
こちらはレンタルして
見て見よう。
次もありそうなので楽しみだ。

★100点満点で90点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

書籍「芥川賞/春の庭/柴崎友香著」いつもの風景は相当な変化が無い限り、目に留まらない

2014年08月06日(水) 10時00分
書籍「芥川賞/春の庭/柴崎友香著」★★★☆
柴崎友香 著 ,
文藝春秋 (2014/7/28)
(141ページ ,1.300円)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



第151回芥川賞受賞作。

「離婚したばかりの元美容師・太郎は、
世田谷にある取り壊し寸前の
古いアパートに引っ越してきた。
あるとき、同じアパートに住む女が、
塀を乗り越え、隣の家の敷地に
侵入しようとしているのを目撃する。
注意しようと呼び止めたところ、
太郎は女から意外な動機を聞かされる…」

(文藝春秋HPより)


予約した本が届いたので
早速読んでみた、
芥川賞の作品ってどれも本が薄い
一緒に届いた、直木賞の「破門」が
470ページで1700円なので
その薄さが際立つ、
もちろん内容には無関係だけど
こうなったら内容で勝負してもらおう。



と、意気込んで
読んだわけではないが
設定は少し変わってはいえるけど
誰にでも起こりそうな話が展開する。


主人公が移り住んだアパートは
住宅街にあり、隣家とは接近し、
ひょいと覗けば、お互いの日常が垣間見える、
自分も学生の頃
最初のアパートは
窓を開けるとすぐに隣の窓が
同じ高さにあり
お互いに手を伸ばせば
握手できそうな近さだった、
田舎ののんびりした所から
そんなごちゃごちゃしたところに住んだので
この小説の舞台のアパートは
すぐに頭の中でイメージ出来た。



ただ違っていたのは
いくつかの引越しを繰り返しながらも
自分はついぞ、隣の人と
仲良くなる事は無かったし、
もっといえば、名前さえ知らない、
偶然出くわせば、頭くらいお互い下げたけれど。


同じアパートの住人と触れあう事で
主人公は今まで見て来た
周囲の風景を
ちょっと視点を変えて見るようになる、

具体的には隣家には以前
有名人が住んでいて、彼らは
そこで撮った写真集を残している。


外からでもその建物の過去の雰囲気は
なんとなく伝わるが
変わってしまったことと
変わらないこと

そんなものを
これまで何気なく毎日目にしていたものから
強く意識させられるようになることで
彼の日常はやはり
ひっそりと変化していく。

何か掴みどころないもの
その「何か」は確かにあると感じた、
でもそれ自体があまりに
些細で
何があったかどうかも
すぐに忘れてしまいそうだ

ただいつかふっと、似たようなものを感じた時
そういえば、そんな小説あったなと。

★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「GODZILLA ゴジラ2014」怪獣映画の基本に忠実、ドキドキ感は少ない

2014年08月03日(日) 9時32分
映画「GODZILLA ゴジラ2014」★★★☆
アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、
エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、
サリー・ホーキンズ、デヴィッド・ストラザーン出演

ギャレス・エドワーズ監督、
124分 2014年7月25日公開
2014,アメリカ,東宝
(原題/原作:GODZILLA)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

日本で公開、初登場首位獲得。
日本に先駆け5月16日より世界62の国と地域で公開され、
すでに全世界の興行収入が累計500億円を突破。
今回の日本の結果で、
世界63の国と地域すべてで第1位に輝いたことになる。


「日本が産んだ怪獣映画の大傑作
『ゴジラ』がハリウッドでリブート。
日本からは渡辺謙が
『ゴジラ』精神を受け継ぐ科学者役として参加。
『モンスターズ/地球外生命体』で
怪獣映画に詩情とロマンスを持ち込んだ
ギャレス・エドワーズが監督を務める。」

ぴあ映画生活HPより


1999年日本から映画は始まる、
原子力発電所で働くジョー(ブライアン・クランストン)は、
大きな振動に危機を感じ
原発の運転を停止する、
その過程で妻のサンドラ(ジュリエット・ビノシュ)は
命を落としてしまう、
なんとなく、今の日本人のとっては
居心地の悪い時間だった。



ジョーの息子フォード(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、
日本で暮らす父を訪ねる。
原発崩壊事故によって
かつて家族が暮らした場所は
進入禁止区域となっていたが、
二人で侵入して見ると
そこでは「何か」巨大なプロジェクトが
国民にも極秘に行われていたことが分かった。


原発の崩壊と言う
今日的な問題を突き付けつつ

映画の中で日本政府が隠していた怪獣は、
核のエネルギーが栄養源であり
原発崩壊時のエネルギーも
全て食い尽くしてくれる
今の日本に是非欲しい怪獣とも言えるが
そこは怪獣なんだから
やはりうまく共存は出来ないわけで。


手に負えなくなったら
日本にはゴジラがいる、

実際のゴジラはなかなか登場しない、
かつての歴史を紐解きつつ
待ちに待ったゴジラが
雄たけびを上げる!
なんか待ちに待った登場だったので
結構こちらも気持も熱くなって
「待ってました!」



しかし怖いシーンもいくつか、
ゴジラがハワイに上陸する際の
津波の映像は怖かったな、

震災以降、こういうシーンを
ただ映画のワンシーンと見られない、
その意味で、ゴジラは
人間の味方って訳じゃないのだ。


街を派手にぶっ壊し
怪獣同士の戦いでも
ビルがバンバン壊れていく
そういったシーンは
中に人間が入っていた時代から
それ程進歩しているように思えない
でもそれがかえって
微笑ましく

CGでどれ程、怪獣の質感が増そうと
怪獣は怪獣なのだ、
原発の方がよっぽど怖い
それだけは確かなようだ。


映画は期待以上で満足。
こんなものでしょう、
暑い夏、劇場は涼しく快適だ。

★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
2014年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf