2014年2月27日午後8時

2014年02月28日(金) 10時55分
「お疲れ様!」と言って別れた、
ひとりひとりと握手して
自分は何を伝えたかったのか。
2014年2月27日午後8時

外は雨
少しうつむきがちに
傘をたたく雨音に急かされるみたいに
駅へと向かった、
赤ら顔の乗客に紛れる。

3カ月の間
どんなことを考えたんだろう?
分かるような気もするし
全然的外れなのかもしれない、
ひとり、ひとり
同じものを見て、同じ空間を
共有しても
きっと同じものは無いのだろうな。



その場所で出来た事を
自信にして欲しいし
まだ到達してないと実感したなら
自分なりの方法で
定めた到達点までは確認したいしね。

これまでの自分と変わりたいなら
今が良いチャンス
そう思えば次の一歩は
3か月前までの一歩とは
全然違うんじゃないかな。

本日は晴天ナリ
名古屋は17度まであがるようだ、
視界良好
そんな気分でいきたいね

それがそんな簡単な事じゃないと分かってる
分かってる
でも後ろ向きじゃあ
何も始まらないから、今日から。

これからの皆さんに期待しています、
良い報告を待ってます。


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

「エージェント:ライアン」若返りを図ったライアンは及第点

2014年02月26日(水) 22時42分
「エージェント:ライアン」★★★☆
クリス・パイン、ケビン・コスナー
キーラ・ナイトレイ、ケネス・ブラナー
ノンソー・アノジー、ハナ・テイラー・ゴードン出演

ケネス・ブラナー監督、
123分 2014/2/15公開
2013,アメリカ、パラマウント
(原題/原作:JACK RYAN:SHADOW RECRUIT )




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「ジャック・ライアンが若返りを図って登場、
投資銀行員という表向きの顔を持つ
CIA情報分析アナリストの主人公が、
世界恐慌勃発を狙う巨大な陰謀に立ち向かう。
スピーディーなストーリー展開、
随所のスリリングな展開
飽きさせない作りとなっているが
ジャック・ライアンというビッグネームは
クリス・パインにはまだ荷が重い感じ」



主人公は頭脳明晰で
正義感に溢れ
危険な場所へも躊躇しない、
扮装地域で怪我を追い、
そのリハビリにも不屈の精神で立ち向かう、
主人公のエピソードとしては悪くないが
こんな完璧な人間は居そうにないから
どうも話にノリきれない。



怪我を負った自分に絶望し
情けない言葉のひとつも言った方が
より人間らしく思う、
誰も完璧になりたいと願いつつも
その場所に手が届かないのだから。


でも、まあ、そんな出来た男がいれば
政府が放っておく訳なく

CIAが接触してくる、
ケビン・コスナー扮する
ジャックをリクルートしようとする男は
なんというか、存在感ってこういうものだと
ただただ実感する、
役者の格の違いが歴然だ。

ともあれエージェント・ライアンの誕生だ。


今時、そんなことってあるかなと
ロシアの組織が
ドルの暴落とテロ行うのを
主人公が察知し
阻止するべくロシアに乗り込むが
どうもリアルが感じられない。

でもまあ、あまりこだわっても仕方ないので
そういうこともあるだろうと
設定を受け入れてしまえば
あとは結構楽しく見られる。


全体にソツのない作りで
スピーディな展開を楽しめるが
全部予想の範囲なので
「ここまでやるか!」といった
新鮮な驚きは無い

ただ平均点以上なので
損するって感じでもないかな。

若返って今後シリーズ化されるだろうから
次回も楽しみにしたい。


★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove

書籍「穴/小山田浩子 著」日常からちょっと外れて落ちた穴

2014年02月22日(土) 15時43分
書籍「穴/小山田浩子 著」★★★
小山田浩子 著 ,
新潮社 、2014/1/24
(160ページ , 1.260円)


<リンク:
>@

                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


第150回芥川賞受賞作品

「奇妙な獣のあとを追ううちに、
私は得体の知れない穴に落ちた――。

仕事を辞め、夫の田舎に移り住んだ夏。
見たことのない黒い獣の後を追ううちに、
私は得体の知れない穴に落ちる。
夫の家族や隣人たちも、何かがおかしい。
平凡な日常の中にときおり顔を覗かせる異界。
芥川賞を受賞した表題作ほか二篇を収録」

新潮社HPより


芥川賞、直木賞が決まって
3冊をネット予約した
ミーハーな本読みの自分ですが、
今回の芥川賞作品はどうだったかというと。


芥川賞という重い名誉は
似合わないなと感じた、

ここに描かれているのは
ごくフツーの日常、
そこからほんの少し外れた世界だけれど、
SFとかオカルトでもなく
ファンタジーっぽく逃げてる。
だから「核心」までは迫れない。



見た事もない「黒い獣」も
主人公にとってそれが「何」なのかは
分からない、

でもそんな微妙にズレた日常を
主人公はワリとすんなりと受け入れるという
なんとも不思議な作品。


そこに何か文学的な
心理を追及するようなものも感じられず

淡々と主人公は、日々ただ過ごして
そのままを受け入れている、
要は「何を言いたいんだろう?」だ。


非正規雇用から専業主婦、
夫の実家の貸家に住む主人公は
突然与えられた
特に何もしなくていい日常を
まるで普通に働いてる人にとっては
とてもおかしな日常であるかのように、
新鮮に驚き
その生ぬるい様な生活を受け入れ
穏やかな毎日に替えている。

とまあ、深読みすれば
何か感じられるかもしれないが
自分にとっては特に感じるところは無かったし、
この文章を書いたら
さっさと記憶の彼方にいってしまうだろう

これで芥川賞なんだ。


「昭和の犬」そして、この「穴」
どちらも読みごたえのない作品だった。
二人の次の作品には特に興味は無い。

★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「スノーピアサー」凍りついた地球を未来のノアの箱舟が走る

2014年02月19日(水) 19時09分
「スノーピアサー」★★★☆
クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、
ティルダ・スウィントン、オクタヴィア・スペンサー、
ジェイミー・ベル、
ユエン・ブレムナー、コ・アソン、
ジョン・ハート、エド・ハリス出演

ポン・ジュノ監督、
123分 2014/2/7公開
2013,韓国、アメリカ、フランス,ビターズ・エンド、KADOKAWA
(原題/原作:SNOWPIERCER )




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「2014年地球温暖化を防ぐため
化学薬品CW-7が撒かれた結果、
地球は新たな氷河期に突入した。
それから17年が経った2031年。
地球上を走る列車“スノーピアサー”が、
生き残った人類にとって唯一の生存場所だった。」



フランスのコミックが原作、
ノアの箱舟を連想させるが
車両前方では富裕層が優雅に暮らし、
後方の車両では貧困層が
奴隷の様な扱いを受けている、
列車は永久エンジンで動き続け、
列車自体で自給自足しているようだ。


そのことは最下層の中のひとり、
カーティス(クリス・エヴァンス)が
仲間とともに最前列の車両へと
進んでいく事で明らかにされる。



発想は面白いし、
現実的じゃないけど
楽しんで見る事ができるが、
主人公に魅力が乏しく、
それから最下層の彼らの身なりが
薄汚いので
なんかこっちの体が痒くなるような気分、

次々と現れる列車内部は
「よく出来てるな」と思うが
驚きは無い。

列車をひとつの世界と考えれば
地球だって同じ様に限りのある空間だ

でもやはり地球は大きく
この列車のような狭さは感じず、
ここに現代社会を見出すのは
ちょっと無理がある。

結局は支配し続けるとしても
その未来に明るいものは無く
支配されてる側も
そこから抜け出してどうしたいかは
明らかにされない



現状に不満を抱き
それをぶっ壊す勇気は
なかなか大変だ、
でも壊したその先に
自分が何を見ようとしているのか
そのビジョンがなければ
結局その閉塞感は
ただの現状への不満という
行き場の無い現実を強烈に知らせるだけ。

ラストまできても
スカッとした感じにはなれなかった

窮屈な列車から解放された時
見ているこちらもほっとしたが
列車の外に出た彼らには
これから寒い寒い現実があるのだとすると
そんなの劇場の外と変わらない。


寒い寒いと言っている、
2月ってこんなもんだっけ?
なんか風が冷たい。

ソン・ガンホは見どころナシだった、
久々のジェイミー・ベルに
子役がうまく成長するって難しいと実感。

★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

「光にふれる(台湾映画)」本当に触れた感触が伝わる

2014年02月15日(土) 10時19分
「光にふれる(台湾映画)」★★★☆
サンドリーナ・ピンナ、ホアン・ユィシアン、
リー・リエ出演

チャン・ロンジー監督、
110分 北京語 Color | 2012年 台湾=香港 | 
(原題/原作:TOUCH OF THE LIGHT [逆光飛翔 ] )




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


第25回東京国際映画祭で見た作品
やっと劇場公開が始まったので
2012年11月04日(日) に書いた記事を再度。
「アジアの風-中東パノラマ」部門の台湾映画


「視覚障害の天才少年ピアニストが、
ダンサー志望のチエ(サンドリーナ・ピンナ)と出会って
夢に向かう。
盲目のピアニスト、ホアン・ユィシアン(黄裕翔)が
本名のまま「ユィシアン」を演じる。
台北映画祭で最優秀主演女優賞と観客賞をダブル受賞。。」

(第25回東京国際映画祭HPより抜粋)


田舎で盲学校を卒業し
大学生活を始めた主人公ユィシアンは、
ピアノに非凡才能を持っているが
人前に出る事には躊躇していた、
それは子供の頃コンクールの発表後
「一位になったのは目が見えないから
可哀想だからだ」と言われた事が
トラウマになっていたからだ。


なんだか世間をにぎわせている
ゴーストライター騒動を
連想させるが
多分に「盲目の」とそういう
分かりやすいレッテルを貼る事で
その作品や才能に
なにかしらの付加価値を付けているし
受け手もそれを感じている事も確かだ。


新しい場所での生活は大変そうだ
まずは学生寮から教室への移動を
体で覚えることから始めていくが
同じ音楽サークルの同期たちは
彼をサポートする事を重荷と感じて
それを敏感に感じ取る彼は
皆と距離を置くが
その代わりに寮の同居人と近づいていく。


寮の同居人も音楽を楽しんでいるが
勘違い人間のようにも見える、
でも音楽にのめり込む生活をしている主人公には
シンプルに音楽を楽しむ同居人に
自分との違いを感じ
それが二人を近づけていく、
同居人の目が見えない主人公の接し方も
実にさりげない。



そして彼の世界に一人の女性が関わってくる
近所のジューススタンドでバイトするシャオジエ、
彼女はダンサーになりたいと思いつつも
「自分には無理だ」と諦めていたが
主人公ユィシアンと関わる事で
前向きな考えを持つようになる。


夢を実現することは大変だ、
叶えることが出来る人はごくわずかかもしれない、

だったらせめて、今の自分に満足しているか
聞いてみたい、
自分達の過ごす毎日にゴールはない
これで良いのかと自問しつつも
スクリーンに見るそれぞれの生き方に
勇気づけられ
色々と考える
これこそ映画を見る喜び


★100点満点で75点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「オンリー・ゴッド」意味深なシーンの多用で意味不明

2014年02月11日(火) 10時53分
映画「オンリー・ゴッド」★★☆
ライアン・ゴズリング、クリスティン・スコット・トーマス、
ヴィタヤ・パンスリンガム出演

ニコラス・ウィンディング・レフン監督
90分、2014年1月25日公開
013,デンマーク、フランス,クロックワークス、コムストック・グループ
(原題/原作:ONLY GOD FORGIVES)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

前作の映画の感想はコチラ↓
映画「ドライヴ」寡黙な男の最後の決心、まさにクール!
2012年04月15日(日) ★100点満点で80点★



「前作がちょっと変わってて
面白かったので、期待していた作品。
しかし意味不明なシーンが多く
当惑するっていうか、
『何がしたかったんだろう?』
そんな映画だった」



映画のコピーは
「その復讐は神への挑戦」
このコピーも意味不明だし、
内容としても神への挑戦って
どこがそうなの?という印象だ。



バンコクでボクシング・クラブを経営する
ジュリアン(ライアン・ゴズリング)が、
惨殺された兄の復讐に乗り出すが、
自分を神と名乗る謎の男が現れ、
壮絶な日々が幕を開ける。

完全の頭がどうかしちゃってる母親は、
溺愛していた息子の復讐を
ジュリアンに命じると共に
自らも別の手立ても駆使して
息子を殺した組織を追いかけるが
当然ながら共感できる訳もなく、
この映画は何を言いたいんだろ?
そればっかり



主人公にしても
結局は何を考えているのか
よく伝わらないし
思わせぶりな
妙に間延びした時間が
これをきっとスタイリッシュと言うんだろうけど
それってうまく言いあてられない時の
逃げ文句の様なもので、

「結局、何だよ」と問えば
中身の無い、でもちょっと映像はカッコイイ
そんなものを指しているだけだ。


好きなタイのバンコクが舞台であり
監督と主演の前作も結構良かったので
期待していた分だけ
大きく裏切られた、
でもそんなものだ、
多くは期待値に届かず
でもどこか期待して次を待つ。


今回もそんな感じ、
ナイフを使ったエグイシーンが結構あって、
随分前の香港映画のテイスト、
でもあの熱いエネルギーは全く無く
だからなんか無念な気分だ。



★100点満点で60点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

直木賞「昭和の犬 /姫野カオルコ 著」何気ない日常の幸せは確かにあるけどね

2014年02月09日(日) 19時09分
書籍「昭和の犬 /姫野カオルコ著」★★★
姫野カオルコ著 ,
文藝春秋 、2013/9/10
(307ページ , 1.680円)


<リンク:
>*



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


第150回直木賞受賞作品


「犬から透けて見える飼い主の事情、
柏木イク、昭和33年生まれ。
いつも傍らに犬。

戦争の跡が残る昭和30年代から
平成19年の現代までを描いた作品」



シベリア抑留から戻った父親と
精神が不安定な母親
そんなふたりの子供イク、
バランスを取るみたいに
いつも傍らには犬がいた。

高校を卒業したイクは上京する、
バブル景気で賑わう東京でも
彼女は貸間に住み
その家の犬を散歩に連れ出し
読書と映画を見るくらいが楽しみな
毎日を過ごし、
やがて親の介護という現実も受け入れる。


昭和を「激動の時代」とも言える、
しかし主人公の周囲では
劇的な「何か」は起こらない

誰の身にも起こりそうな些細な出来事、
あったかないか誰も忘れてしまうような
日常があるだけだ。


だからここにこそ「確かな」
生きた日々の手触りが
あるのかもしれないが
自分はそこまで優しい読者じゃないので
この内容で307ページは不満だ、
物足りないのだ


「スーパーマーケットの袋をぶらさげて
買い物から帰れるという日常。
それがどうしたという日常。
(ありがとう)
イクは感謝するのである。」
(本書より抜粋)


確かにね、
そういう小さな確かな幸せのようなもの、
それは時々そのこと自体より
大きな幸せに感じる事もある、
でもな、日常の中の些細で
でも確実に此処じゃない何処かを
読ませてくれないと。



ということで直木賞の一冊ですが
フツーの出来でしたね。


★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」壮大な物語も、つまりは兄弟の内輪揉め?

2014年02月08日(土) 11時19分
映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」★★★
クリス・ヘムズワース、トム・ヒドルストン、
ナタリー・ポートマン、ジェレミー・レナー、
クラーク・グレッグ、浅野忠信出演

アラン・テイラー監督
112分、2014年2月1日公開
2013,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(原題/原作:THOR: THE DARK WORLD)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


前作の評価はコチラ↓
映画「マイティ・ソー」★★★
神話の世界と現実の融合の映像はスゴイがストーリーは薄い
2011年07月11日(月)



「劇場の予告編も光が眩しいほどの演出、
過剰なくらいのVFX映像、
美しいし異次元を感じさせてくれるけど
視覚効果ってヤリ過ぎると
ちょっとうるさい、
やはり内容で勝負して欲しかったが
兄弟の確執とその顛末や
親子の関係も見どころはあった
でも『それだけ?』って気にもなったな」



マーベルコミックスの人気作をの実写化、
ほぼ全て成功していて
観客として充分に楽しませてもらっている、
ストーリーが弱い!とか言いつつも
ハリウッド大作はやはり好き

映画館で見るべき作品、
見終わってそこに何かしらの
教訓とか、目からウロコなんて無くて良い、
その時間楽しめるんだからね。

とは言っても。
せっかくなら、そこに何か新しいもの
知らなかった世界は見たい、
お金も出すから、要望くらい言っても良いだろう。



朝、窓からの光が明るいので
ブラインドを開けてみると雪が積もってた、
いつもと全く違う世界
こんなふうに映画にも日常から
どこかへ連れて行ってくれる楽しさがある、
その点ではこの映画は神話の世界と
現代を慌ただしく行き来し
次第にその世界がグニャリと繋がって
奇妙な感覚になる、とても面白い



いかにもヒーロー然とした兄と
上昇志向しかないような弟
彼らの確執はさらに深まり
意外な方向へと展開していく。




全く関係ない所で感じたのは
ロンドンの大学の図書館らしき建物の
絢爛たる内装、
ゆるやかなカーブの天井には
これまた歴史を感じさせる天井画があり
映画とは関係ないけど
文化ってこういうものだよなーと。


でも今は機能や費用対効果なんかが
重視されてるから
このような建物や内装はムリなんだろうな、
まあ、せめて映画であり得ない映像を
見る事で壮大な無駄遣いを楽しもう



映画の内容としては前作と同様
心躍るものは無かったが
でもやはり劇場でみれば
単純に楽しめる、
まあそれで十分なんじゃないかな。


★100点満点で70点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「アメリカン・ハッスル」詐欺師の起死回生の一矢

2014年02月05日(水) 16時44分
映画「アメリカン・ハッスル」★★★★
クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、
エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、
ジェレミー・レナー、ロバート・デ・ニーロ出演

デヴィッド・O・ラッセル 監督
138分、2014年1月31日公開
2013,アメリカ,ファントム・フィルム
(原題/原作:AMERICAN HUSTLE)

<リンク:http://blog.with2.net/link.php?38257">>

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


アカデミー商作品賞を含む
最多部門にノミネートの話題作



「1970年代後半のアメリカを揺るがした
政治家などの収賄スキャンダル、
実話をベースに詐欺師が
政治家やマフイアを狙ったFBIの
おとり捜査に協力させられる姿を
スリリングに描いた傑作!」



こういう映画を待っていた!
洗練され過ぎて無くて
どうひいき目に見ても
魅力的には見えない主人公が
輝く一瞬、
「やったー!」って感じ、
良い気分で劇場を後にした。



天才的詐欺師といえどヘマはする、
無罪放免を条件にFBIに協力することになるが、
同様な詐欺師を突き出すハズが
大物政治家が罠にかかりそうになり
そこからカジノの話が展開して
利権の絡んだ政治家や伝説のマフィアのボスまで
芋づる式に逮捕できそうな状況に発展していく。


FBI捜査官の常軌を逸したような行動、
話がでかくなり過ぎることに
不安を訴える詐欺師
彼のパートナーや妻まで絡んで
この映画はどこに決着を持って行くんだろう?と

本当の自分になる。


詐欺師の相棒で愛人の
シドニー(エイミー・アダムス)が
何度か自問する
今の自分とは全く違う、本当の自分。


現状に満足しつつも
どこかに空虚なものを抱え

主人公のアーヴィン(クリスチャン・ベイル)に
似たような部分を見つけて
彼女はそこに新しい自分を見つけるチャンスを
見出そうとしていたのかもしれない。


鏡に映る自分
戸惑いつつも、ドアを開けて一歩外へ出れば
今の自分でしかない

出会いがあって、その先が気になりながらも
これじゃない、これも違う
そんなふうにも感じている。

追い込まれながらも
最後には「自分らしさ」を貫いた主人公達、
巨悪は倒せなかったが
新しい自分達を掴む事が出来た、
そんな彼らの笑顔が印象的だった。


現実はこうも巧くはいかないだろう
だから映画の魔法にかかったフリをするんだ。

しっかしクリスチャン・ベイルの
変貌ぶりには驚いた
役者も大変だ、今度はブヨブヨの腹を見せてたが
以前はアバラが浮き出るくらい
痩せてたもんな、
やっぱ、太ってる方が笑えるし
ほっとする。

ということで、アカデミー有力なこの作品、
ふさわしいかはともかく
面白い作品だった。


★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
2014年02月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf