映画「クロニクル」特別な能力を持つという夢

2014年01月29日(水) 21時00分
映画「クロニクル」★★★☆DVD鑑賞
デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、
マイケル・B・ジョーダン出演

ジョシュ・トランク 監督
84分、2013年9月27日公開
2011,アメリカ,20世紀フォックス映画
(原題/原作:CHRONICLE)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


全米初登場1位を獲得、
日本では各地で限定公開された



「偶然の出来事で3人の高校生が
超能力者となり、
未熟な彼らはそれを楽しむまでは良かったが、
次第にその力を誇示したくなり
そこからダークな方向に転落していく、
限定公開で見たかったが
見逃したものをさっそくDVDで見た」



主役はお約束の仲間はずれな男子、
彼の従兄はなにかと面倒を見るが
内向的で家族にも問題を抱え
つい「自分なんて」と言うような性格。


そんな彼が従兄と学園の人気者と
超能力を操る事が出来るようになり
その力を次第に持て余し
増大する力に逆に翻弄されていく



ストーリー展開に目新しさは無いが
超能力を持てたら・・・というのは
誰だって中学の頃くらいなら
考えたりする事

だから、そんな力を持った主人公が
無茶に突っ走るのは
分からないでもないし
悲劇的な方向に転落していくのも
なんだか共感できる。


こんな凄い力じゃなくても
たったTVのリモコンが
スッっと手元に来てくれたり
消し忘れた電気を消してくれるだけで
良いんだけどね。



一番目を奪われたシーンは
彼らがピューッって空を飛ぶところ

これは夢で何度か見たことがあって
そこでは自分も飛べてたけど
雲海を下に見て飛べたら良いだろうな。


結末としては残念なものだったけど
映画として結構出来はいいんじゃないかな

監督はこれがデビュー作という
才能ってあるんだなぁと
実感した作品、
監督の次の作品も気になるし
この映画の続きってものあったら劇場で。


★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「ジャッジ!」役者良し、脚本よし、小粒だけど傑作!

2014年01月25日(土) 10時05分
映画「ジャッジ!」★★★★面白い!
妻夫木聡、北川景子、
鈴木京香、荒川良々
リリー・フランキー、豊川悦司出演

永井聡 監督
105分、2014年1月11日より公開
2013,日本,松竹
(原題/原作:ジャッジ)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「予告では妻夫木くんの
情けない姿が何度も繰り返されるが
映画自体も同じような内容、
くだらないと片づけることも出来るが
なんかもう一回見たいような
不思議な傑作を見てしまった」



予告のバカバカしさに
劇場の帰りに前売を買って
密かに楽しみにしていた作品。


世界的にも有数の広告祭に
クリエイターの大御所の身代わりで
参加することになった新人広告マン
太田喜一郎(妻夫木聡)は
真面目だけど優秀というには程遠い、
まあ、フツーの人間、
そんな彼に与えられた使命は
これもくっだらないCMを
グランプリにせよ、というもの。

無理に決まってるから
その後のダメダメな頑張りが笑える、
そしてその不条理な中で
懸命に頑張る姿に
なんか応援しちゃうんだよね、

いつのまにか
ガンバレって。





作り込まれたコメディって難しいと思うが
その舞台と役者と
、良い脚本が揃うと
こんなふうにとても幸せな映画の魔法に
見ている間
笑ったし、ホロリとさせられたし
満足な気分で劇場を出た。



外は相変わらず寒く
思わず肩をすくめて歩きそうになるけど
だめだ、だめだ
しゃんとして背筋を伸ばして
ちょっとの冷たい向かい風くらい
軽く受け止めないとね。


まだ魔法は続いているようだ。


★100点満点で85点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove

映画「大脱出」泥臭さ全開で本気度を感じた

2014年01月17日(金) 22時13分
映画「大脱出」★★★★
シルベスター・スタローン、
アーノルド・シュワルツェネッガー、
ジム・カヴィーゼル、サム・ニール、
ヴィニー・ジョーンズ出演

ミカエル・ハフストローム監督
116分、2014年1月10日より公開
2013,アメリカ,ギャガ
(原題/原作:ESCAPE PLAN)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「スタローンとシュワちゃん
この二人を差をつけずに
うまく描かないといけないわけだから
演じてる二人より
製作陣は頭を痛めただろうが
出来上がった作品は
そんな苦労は見えず
二人をうまく使った、
結構面白い作品となっていた」



世界の刑務所のシステムの穴を見つけるプロ、
そんな人は存在しないだろうが
よく考えたものだ、
世界でもトップレベルのの
セキュリティーコンサルタントの
ブレスリン(シルヴェスター・スタローン)は
新しい依頼で最新設備の刑務所に入れられるが
彼の正体を明かしても
刑務所の所長は彼を解放する気は無いと言い放つ。


ストーリーは良く練られて
見せ場も多数あって飽きさせない、
映画自体は面白いんだけど
なんか違うなーと思っていたが
画面を動き回る老体ふたりが
「えっさ、よいしょ、よっこらしょ」と
掛け合いをしながら体を動かしているようで
軽快な動きは見られない。



それは仕方ないことだけれど
こういう脱出なんていう緊迫したシーンに
重い体を引きずっているようで
やはりこれはあと20歳は若い俳優が演じれば
もっと良い作品になっただろうなと。


とはいえ、長くハリウッドスターに君臨するふたりの
存在感は圧倒的

セリフも面白く
用紙されたどんでん返し的な部分よりも
やはり二人が懸命に演じてることに
胸が熱くなる・・・・、

結局アクションスターは
いつまでも自らの体を張って
自ら走り、殴り、銃をぶっ放なさないと
見る方も納得しないから大変だ。

ということで、
それ程期待して無かった分、
結構楽しめた作品、
この次も楽しみだ。


★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「劇場版 SPEC〜結(クローズ)〜 爻ノ篇」とにかく終わった

2014年01月11日(土) 14時13分
映画「劇場版 SPEC〜結(クローズ)〜 爻ノ篇」★★
戸田恵梨香、加瀬亮、北村一輝、
栗山千明、遠藤憲一、浅野ゆう子、
神木隆之介、向井理、大島優子、竜雷太出演

堤幸彦監督
144分、2013年12月21日より公開
2013,日本,東宝
(原題/原作:SPEC)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

人気シリーズの最新劇場版にして完結編


「前売券を買っていたので
仕方なく劇場へ、
時間がもったいないなーと思いつつも
そんな酷い映画の中にも
何かあるかなと少しは期待しつつ・・・」



見るべきものは皆無だった、
壮大なエンディングを用意しようとも
しなかったようだ、
高い塔の上でセリフの応酬が
クライマックス!

なんか勿体ない映画だったな。


元々が深夜枠に
気軽に見られるような
寒いギャグと辻褄なんかどーでもいい
ネタを次々と繰り出すような
お気楽ドラマだったのが、
映画、ドラマ、映画と繰り返すうちに
風呂敷だけは広げに広げた様子、
もう強引に終わらせた感じだ。


このドラマ、映画の本来のコアなファンは
この終わりをどう見るんだろう?



自分はファンじゃなく
ただの映画ファンなので
この出来にはがっかりです。

とはいえ、結局このシリーズ
見てるわけで
目新しい何かは見ることが出来なかったが
シーンごとのあれこれは
バカバカしけど
席を立つほどひどくは無かった
そんな出来だった。

★100点満点で40点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

2013年映画ベストテン発表!

2014年01月03日(金) 13時42分
2013年映画ベストテン発表!

>新年、あけましておめでとうございます。
嬉しいことが沢山ありますように!


<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

さて2013年のベストテンです。

劇場で見た映画は97本、
年の後半はリフォームや引越し準備で
映画を見に行く機会が激減、
今年はどのくらい映画が見れるのか。



@「ベルリンファイル」


予備知識なしで見た作品、キャリア下降気味の
ハン・ソッキュとチョン・ジヒョンが顔合わせ
これが予想外に面白く、
かつての熱い熱を想いださせてくれた。
  
映画「ベルリンファイル」凄いぞ韓国映画!文句なしの面白さ
2013年07月25日
←過去記事に飛びます


A「ゼロ・グラビティ」


まだこの手があったか、
宇宙を描いた作品は過去にもあったが
ここまでの臨場感と背後に映る青い地球、
映像の力だけで見せ切った傑作!

映画「ゼロ・グラビティ」百億光年の孤独を感じる
2013年12月19日
←過去記事に飛びます


B「ワイルド・スピード EURO MISSION」  


少し路線が変わって来た作品、
ただ車好きのワルが好き勝手やるという内容から
最近の2作品は、大作の見せ場テンコ盛りで
凄く良く出来た作品となっている。
主演のポール・ウォーカーの訃報はとても残念。

映画「ワイルド・スピード EURO MISSION」大画面でこの迫力を味わいたい
2013年07月13日
←過去記事に飛びます


C「愛・アムール」


この静かな映画の描いた、人が生きるという
当り前の日常に、これも当り前に訪れる
「死」という事実を、人間はどう受け止めるのか
考えさせられた。

映画「愛、アムール」自分の生を生きる
2013年03月28日
←過去記事に飛びます


D「レ・ミゼラブル」

前評判通りの楽しい作品、
この映画も劇場で見ないと
魅力が半減する。圧倒的な歌の世界。

映画「レ・ミゼラブル」そして映画で蘇る
2013年01月19日
←過去記事に飛びます


E「殺人の告白」 
韓国映画が2本ランクイン、
邦画はまだまだ工夫が必要かもしれない。

映画「殺人の告白」練られた脚本に久々ヤラレた!
2013年08月13日
←過去記事に飛びます


F「きっと、うまくいく」
170分もあれば、インド映画なら
半分は歌や踊りがあるが
この映画はストーリー重視で
これがまた良く出来ていて面白かった。

映画「きっと、うまくいく」170分の魔法、これまでとはちょっと違う
2013年06月03
日←過去記事に飛びます


G「東京家族」
小津安二郎監督の代表作のリメイク。
映画のシーンのいくつかに
とても温かく、優しく家族を想う
気持ちを見つけた。

映画「東京家族」しみじみ家族を想う
2013年02月01日
←過去記事に飛びます


H「ライフ・オブ・パイ」
IMAXシアターで見た、
海に浮かぶ幻想的なシーンが秀逸、
映画らしい映画

映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」映像の魔法に身をゆだねる心地よさ
2013年02月05日
←過去記事に飛びます


I「ラストスタンド」
シュワちゃんの正式な復帰作、
最新CGを駆使したような
驚きの映像は無かったけれど
そこにはシュワちゃんがすっくと立ち
「悪」を逃さない男が
まさに体ひとつで立ちはだかる、
「よっ、待ってました!」

映画「ラストスタンド 」シュワの復帰作の出来に満足!
2013年05月04日
←過去記事に飛びます


ハリウッド超大作ってのがあまり無かった2013年、
ちょっと地味目なベストテンとなった、
振り返って、もう見た事さえ忘れてる作品もあるが
ここに並んだ作品は、見てる間も
見終わった後の興奮も
映画を好きで良かったと
改めて思わせてくれた作品ばかり。

レンタル作品選びの参考になれば、嬉しいです。
さて、今年はどんな映画に出会えるか、楽しみだ。


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「永遠の0」特攻隊と自爆テロの違いなんて、どーでも良い

2014年01月02日(木) 18時56分
映画「永遠の0」★★★★
岡田准一、三浦春馬、井上真央、
濱田岳、新井浩文、染谷将太 、
三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、
田中泯、山本學、風吹ジュン、
平幹二朗、橋爪功、夏八木勲出演

山崎貴 監督
144分、2013年12月21日より公開
2013,日本,東宝
(原題/原作:百田尚樹/永遠の0)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「原作が良かったので
映画化を危惧していた作品、
元旦に1,000円で見た、
満席の劇場も久々の体験、
原作の『核』の部分は忠実に描いていたが
観客に想像させる余白が少なく、
三浦春馬の過剰な演技が
良い雰囲気を台無しにしていた、
それでも心に訴えかける作品には仕上がっていた」



卓越した飛行技術を持ち、
誰よりも死ぬことを恐れていた男が
太平洋戦争で特攻兵に志願したのはなぜなのか?


戦争当時「生きて帰りたい」と言う事は
仲間内で密かに語られたにせよ、
おおっぴらに言う事は無かっただろう、
だから主人公が、そう叫ぶと
違和感を感じた、
それは静かに心のうちで言った事じゃないのかと。






戦争当時のことは
どんなに想像しても自分達には分からない、
どんなふうに描いても
どこか演出の意図が見え隠れするようで
落ち着かない、
それは当時を経験した人達からの
肉声を聞く機会がほとんどなかったからだろう。



とんでもない時代があったのだ、
それはそれ程遠い昔の事じゃなく
経験した人たちが
かろうじてまだ身近にも居るくらいの出来ごと、
「戦争」なんて絵空事のように思っているが
自分達もどこかで一歩間違えば
同じ様な事をしているのかも
それは頭ではイメージできるが
やはり現実感はない。



でもかつて確かに自分のすぐ上の世代は
その間只中に居たのだ。


分かってる、分かっている
それでも現実的には考えられない、
そんなどこか宙ぶらりんのリアル



日本が終戦に向かう最後の時、
もっと生々しい「生」があったはずだが、
映画は僅かな登場人物の
内面に迫ろうとするあまり
戦時中とは乖離した
別の場所で、個々人の心情を語り
終局的な当時の雰囲気には迫れていない、

映像ならそういうにこそ
現実味が欲しいところだ。


映画を見ながら
色んなことを考えた
劇中に語られる「名誉」だとか
そんなものを日常で感じることは無い、
しかしかつてはそういった
小説に出てくるような言葉が
もっと身近にそこここにあって、
時には生きるということより
ずっと重いものと誰もが認めた



自分達は心のずっと奥に
そんな何か大切なものを
ずっしりと抱えて生きているんだろうか?


この映画を見てただストーリーを追うのも良いが、
自分がそこで何を考えたか
そういったことも大切な事だと思う。


映画の中の現在のパートで
「特攻隊も自爆テロも同じ様なもの」という
言葉に過剰に反応するシーンがあった、
無関心とはこういうことだ、
そんなことどーでも良いのだ

だからその違いなんて、どうでも、
そしてそんな世の中こそが
平和ボケボケで
戦争なんてイメージにも無くって
特攻から一番遠くて良いんじゃないか?

そんな世の中だってことだから。

★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

2013年間 映画興行成績ベスト20

2014年01月01日(水) 11時44分
2013年公開の映画の成績が出揃ったので
簡単に振り返ってみる。

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい




@ 116.1億円 「 風立ちぬ」
            この映画は宣伝の勝利だったと感じる、
            映画の中身自体は、地味で個人的で
            こんなに大ヒットするような内容じゃなかったが
            収穫はユーミンの歌の良さの再認識か。



A 89.5億円 「モンスターズ・ユニバーシティ」
            このシリーズの中ではインパクトは弱かったが
            他にライバルもなく、巧い興業だったと思う。
            映画自体は子供向きだったな。





B 41.5億円 「テッド」
            このくっだらない映画が3位と言うのは
            日本はなんとも平和だ、
            そしてこれが象徴するように
            目立った傑作が無かったということだ。



C 39.5億円 「ドラえもん のび太のひみつ道具博物館」
            見てません


D 35.7億円 「名探偵コナン 絶海の探偵」
              見てません

  
E 31.9億円 「謎解きはディナーのあとで」
              見てません

  
F 31.0億円 「真夏の方程式」
              「容疑者X]が良すぎた為、期待が大きかったが
              及第点というくらいの出来、
              それでもここまでのヒットはさすが。


G 30.6億円 「ポケットモンスターベストウイッシュ 神速のゲノセクトミュウツー覚醒」
              見てません


H 30.4億円 「ドラゴンボールZ 神と神」
              見てません


I 29.3億円 「シュガー・ラッシュ」
             描かれた世界観は興味深かった。
             過去記事はこちら@←


J 25.8億円 「プラチナデータ」
             原作は読んだが、映画は見ていない。


K 25.3億円 「アイアンマン3」
             やっと普通のハリウッド大作のチャートイン、
             3作目ともなると、新鮮さはなかったな。


L 23.7億円 「そして父になる」
             カンヌ効果でここまでヒット、
             内容も興味深いが、心に突き刺さる・・・・
             とまでは、行かなかった。


M 21.9億円 「怪盗グルーのミニオン危機一発」
              見てません

N 21.1億円 「ストロベリーナイト」
             見てません


              
O 20.5億円 「ローン・レンジャー」
             ジョニー・デップの大作もここまで、
             内容はバカバカしくて面白かったが
             やはり感動も欲しかったな。


P 20.2億円 「ダイ・ハード ラスト・デイ」
             新しい展開で面白かったが
             そろそろ終わりにして
             新しいキャラを生み出して欲しいものだ。


Q 19.3億円 「ワイルド・スピード EURO MISSION」
             このシリーズ結構好きだったが
             ポール・ウォ^カーは残念だった。


R 19.0億円 「ワールド・ウォーZ」
             ブラピの新作がこんなゾンビ映画っただことが
             内容よりも見ながら驚いたな。


S 18.7億円 「オズ はじまりの戦い」
             見てません


ということで、ベスト20位までをざっと振り返った。
大作で文句なく面白かった!という作品が無かったのだ残念。
今年はどんな映画に出会るか楽しみです。


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
2014年01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf