映画「ダイアナ.」ナオミ・ワッツの渾身の演技は見もの

2013年10月30日(水) 7時28分
映画「ダイアナ.」★★★
ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、
ダグラス・ホッジ、ジュリエット・スティーヴンソン出演

オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督
113分、2013年10月18日より東京のみ公開
2013,イギリス,ギャガ
(原題/原作:DIANA)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「世界で最も有名な女性ダイアナ、
別居生活も3年余りの1995年から
映画は始まり36歳の若さで逝った
彼女の知られざる日常を描いた映画、
ナオミ・ワッツのなりきりぶりはさすが、
まだ記憶に残る人物を演じるのは
難しい挑戦だっただろう」



1997年にパリで交通事故に遭い、
36歳の若さで急逝したダイアナ元英国皇太子妃
その衝撃はそれ程興味の無かった
自分の様な遠くの国に住む者でも覚えている。
彼女こそ究極のセレブだった。


ふたりの王子とも離れ、
外へ出ればパパラッチに追いかけられ
普通の生活を送る事は夢のまた夢、
そんな彼女の短い恋と
地雷廃絶運動などの人道支援活動に
現地に出向くなどアピールした
離婚後の彼女の生き方を描いているが、
その内容に驚きは無かった。



パパラッチに追われるシーンは
怖いものだなと感じた、
顔が歯っ白になる程のフラッシュ、
彼らは相互に情報を提供し合って
セレブの行く先々で写真を撮る、
これは自分達一般人の
知りたいというものが
究極の形になったものだが
ここまでいくと行きすぎだ。



この映画はダイアナの短い恋に
焦点を当てているので
そういう映画として見れば完結するが

陰に隠れがちな彼女の功績も
もう少しバランス良く見せて欲しかった、
映画はほぼ自分達の知っている
彼女をなぞるように描いている。


彼女の心の奥底
魂に触れるような、踏み込んだ
解釈があれば
映画は随分と違うものになった
唯一の究極として、
だけどそこまでは届いていなかった。


まだ少し時間が必要なのかもしれない。

★100点満点で65点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「プレミアム・ラッシュ.」ピストバイクがNYを疾走する

2013年10月28日(月) 7時20分
映画「プレミアム・ラッシュ.」★★★☆wowowで鑑賞
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
マイケル・シャノン、ダニア・ラミレス
ウォーレ・パークス、ジェイミー・チャン出演

デヴィッド・コープ監督
91分、2013年11月2日より東京のみ公開
2013,アメリカ,東宝東和
(原題/原作:PREMIUM RUSH)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「wowowで放送したものを録画して見た、
観終わってからネットで検索すると
この映画は劇場未公開で
なんでも東京では上映要望が集まり
1週間の限定上映が来月決定、
ジョセフ・ゴードン=レヴィットが楽しそうに
メッセンジャーに扮して
ニューヨークの街中を疾走する」



ストーリーは単純だ、
主人公のワイリーは中国人女性から
1通の封筒の配達依頼を受け、
チャイナタウンに向かうが
その封筒を執拗に追いかける刑事に
何度も妨害されることになる。


何故、刑事はその封筒を追いかけるのか、
その謎はすぐに明らかにされる、
現在から時間を少しずつ戻して
何が起こっているかを見せて行く
ちょっと面白い手法



時間は逆戻りしつつも
メッセンジャーのピストバイクは
車や人で溢れるNYの街を疾走する、
その時、彼らが起こす風を
見てるこちらも体に感じる様な
気持ち良い映画。



しかし車にとっては迷惑な存在だ、
僅かな隙間を縫うように走る自転車、
きっと多くのドライバーがヒヤッとしただろう、
危ない、危ないと感じつつも
映画が大事にする疾走感はそのままに
ラストまで一気に走り抜ける。


対抗する「悪」役の刑事の存在が
もうひとつ最強でなかったのが
惜しいところだ、

マヌケ顔で追い詰められてるから
迫力が感じられなくて
最初から勝負ありって感じだった、
このあたりに最強の敵を用意すれば
もっと緊迫感があったと思った。

しかしブレーキ無しのピストバイクの
気持ち良い走りは充分に感じられた。


★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「もうひとりの息子(フランス映画)」“東京 サクラ グランプリ獲得作品

2013年10月26日(土) 19時48分
「もうひとりの息子(フランス映画)」★★★★
エマニュエル・ドゥヴォス、パスカル・エルベ
ジュール・シトリュク、マハディ・ダハビ
アリン・オマリ、カリファ・ナトゥール出演

ロレーヌ・レヴィ監督、
105分 フランス語、ヘブライ語、アラビア語、英語 Color | 2012年 フランス | 
(原題/原作:e Other Son [ Le fils de l'Autre ] )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

昨年の10月の東京国際映画祭で見た映画が
やっと劇場公開された、
昨年の記事をもう一度

当時パレスチナとイスラエルの関係が悪化し
空爆が行われていた。
そんなことをいつもより強く記憶した作品となった。


イスラエルとパレスチナの問題を背景にした家族ドラマ
『もうひとりの息子』が
東京 サクラ グランプリを獲得



「兵役用健康検査の結果、
両親の実子でないことを知ったイスラエル人の青年。
出生の際の手違いが明らかになり、
やがてイスラエルとパレスチナふたつの家庭の
アイデンティティと信念とが
大きく揺さぶられる事態に発展する。
根深い憎しみからの解放を巡る感動のドラマ。」

(第25回東京国際映画祭HPより抜粋)


今朝の朝日新聞では一面トップが
「ガザ 停戦合意」だったが
朝のTVニュースでは条件が折り合わず
まだまだ空爆が続いていると言っていた。

映画もそのあたりの実情を色濃く映していた。

パレスチナとイスラエルの関係については
詳しい事は何も知らない、
この映画で二つの国の国境というか
検問所を超えると
高い壁が長く続いていて
まさに占領という言葉が現実的に思えた。



偶然の手違いから起こった
パレスチナ人とユダヤ人の赤ん坊の取り違え、
湾岸戦争の混乱の中で起きた悲劇だ。


18年近く経って分かった事実に混乱する家族、
他人の赤ん坊を育て、
その子供が敵対する民族の血を引いているということも
さらに両方の家族の感情を複雑にさせている。



うまく適応し始めるのは
2人の子供たちだ
お互いの家を行き来し、
友人以上の親密さをお互いに感じていく、
地続きでありながら
簡単には行き来出来ない現実も
しっかりと見せてくれる。



そしてうまくいかないのは父親たち
これまでの2つの民族の歴史を
長く肌で感じているから
子供に愛情を持てないというより
ただただ途方に暮れてしまっている。


あの高い壁が取り払われ
民族間の対立が無くなるには
まだまだ時間がかかるだろう、
だけど個人として人間対人間のレベルでは
ぎこちない交流であっても
そこから始めていくことで
理解しあえることもあるのだ。



しかし日本からはあまりに遠く
映画の中の現実さえ遠く感じる。

また今日も空爆は行われるだろう。

★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


東京国際映画祭HP

ロレーヌ・レヴィ監督

芸術と法律を学ぶかたわら、
1985年に劇団“La Compagnie de l'Entracte”を旗揚げし、
7年に渡り、劇作家と舞台演出家として活躍。
その後、映像作品の脚本を書きはじめ、3
0本ほどのテレビ、映画作品を手掛けてきた。
2004年に自身の脚本による“The First Time I Turned Twenty”にて
監督デビューを果たし、数々の映画賞を受賞した。
07年には“London mon amour”を監督。
本作が3作目にあたる。

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「ゴースト・エージェント/R.I.P.D.」くっだらないけど、ワリと好き

2013年10月25日(金) 7時10分
映画「ゴースト・エージェント/R.I.P.D.」★★★
ライアン・レイノルズ、ジェフ・ブリッジス
ケヴィン・ベーコン、メアリー=ルイーズ・パーカー出演

ロベルト・シュヴェンケ監督
96分、2013年10月18日より全国公開
2013,アメリカ,東宝東和
(原題/原作:R.I.P.D. )




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「潜入捜査中に亡くなった刑事ニックは、
天国の入り口で.I.P.D.のエージェントにスカウトされる、
それは成仏できず現世に紛れ込んでいる
悪霊たちを逮捕して霊界に送還する仕事だ、
「メン・イン・ブラック」もどきの映画で
内容もくだらないけど
何も考えずに笑えばいい、そんな映画」



設定はどこかから借りてきたようだ
主人公の二人も
軟鋼の対比で
ウイル・スミスとトミーリー・ジョーンズが重なる、
でもまあ、そんな似た部分を
探してけなしてても仕方ない、
映画は楽しんで見ないとね。


楽しい映画というより
バカバカしい映画で
人に絶賛して勧めることは決して無いが
劇場の外で何があっても
この映画を見ている間は
デッカイ口を開けて笑って
スクリーンに映るドタバタを楽しめばいい



やっと手に入れたマイホーム、
妻を一人残した主人公は
彼女の様子を気遣うが、
現世での彼の姿は中国人のおっさんで
これでは彼女に何を言おうと伝わらない、
こんな細かいネタもツボにはまると
そのあまりのバカバカしさに
笑いがこみあげてくる。



成仏できずに現世でさまよう悪霊たち、
先週のスリランカの旅行では
来世で生まれ変わらないように
現世で成仏を祈りましょうと言われた、

来世があるかどうかは
心の中での考え方次第だけど、
成仏できずにさまようのはキツイな、
だから彼らが悪戯しても
それが申告じゃなかったら許せそう。


ただし映画の中では彼らはとんでもない
計画を実行にうつそうと画策して
そういう設定って、よく考えたなぁって。


取り合えず、今回は一件落着するが、
全米や全世界でも成績が良ければ
まだまだいくつも続編が作れそう、

主役二人の掛け合いも面白く、
徹底してB級のノリで作っていて、
次があったらまた見に行こう、
時々こういう映画が見たくなる、
そんなニーズにぴったりだ。


★100点満点で70点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「トランス」奇妙に歪んだストーリーに心地よく騙される

2013年10月23日(水) 7時18分
映画「トランス」★★★☆
ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル
ロザリオ・ドーソン、ダニー・スパーニ
マット・クロス、ワハブ・シーク出演

ダニー・ボイル監督
102分、2013年10月11日より全国公開
2013,アメリカ、イギリス,20世紀フォックス映画
(原題/原作:TRANCE )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「ダニー・ボイル監督新作は、『人間の記憶』」がテーマ、
オークション会場から40億円の名画が奪われた、
犯人はすぐに明らかになるが
ここから映像と記憶がグッチャグチャになる、
頭の中で整理してるのに
映像はもう新しい事実を映しだし、
まさに上質の推理小説を読んでる気分、
破綻が無く完成度が高い作品となった」



オークション会場から大胆な計画で
名画が奪われる事件が発生、
競売人の共犯はすぐに明らかになり
見てるこちらは拍子抜けするが
じつはここから映画が始まる。



強烈に殴られた事で
記憶を失くした主人公サイモン、
記憶を取り戻す手伝いをする催眠療法士が
積極的に関与する展開に
「どうなってるんだ?」と「?マーク」が
頭の中にたくさん浮かぶ、
そして見てるこっちは
色々考えるわけで
ミスリードされてくわけだけど
このあたりも悪くない。


主要人物は3人、
舞台劇を見ているように
お互いのセリフで色んな事実が明らかになり
その都度見てるこちらは
軽く裏切られ
もう結末がよく分からなくなる、
こうなったらゆったりと構えて
展開を見守り、気持ち良く裏切られたい。



カメラを自分で左右に振ったり
逆向きにしたりすると
その映像はグニャリと歪み
現実の映像を見ているのに
どこか現実感を失う、
そんな気分を大スクリーンで楽しむ、
ネタばらしがあった後でも
破綻なく、見事に裏切られた
その心地よさの余韻を抱えて
劇場を出る至福の瞬間。



「ちょっと変わった映画を撮ろう」
そんなところからスタートしたであろう
この映画だけれど、
奇抜さよりも
徹底的な職人技で
このなんとも奇妙なストーリーを
完成度高い作品に仕上げてくれた、
良質の映画って
見終えるとすごく良い気分。


レンタルが始まったら
もう一回くらい見たい。

★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

ダニー・ボイル監督作品
シャロウ・グレイブ Shallow Grave (1995)
トレインスポッティング Trainspotting (1996)
普通じゃない A Life Less Ordinary (1997)
ザ・ビーチ The Beach (2000)
28日後... 28 Days Later... (2002)
ミリオンズ Millions (2004)
サンシャイン 2057 Sunshine (2007)
スラムドッグ$ミリオネア Slumdog Millionaire (2008)
127時間 127 Hours (2010) 兼脚本・製作

soramove

スリランカへ行ってきました。

2013年10月21日(月) 19時09分
スリランカへ行ってきました。
2013/10/13-10/17


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい






富士山登頂、屋久島へ縄文杉を見に行く、
ここ数年、秋に色々動いてますが
今回はスリランカへ4つの世界遺産を見に行きました。



成田経由でコロンボの北30キロにある、
バンダーラナーヤカ国際空港に着いたのは
夜9時半、9時間のフライト
本来は7時半に到着予定だったが
成田空港で2時間の遅れで出発。


その日はニゴンボのホテルに宿泊、
ザ ゲートウェイ ホテル エアポート ガーデン コロンボ は
空港から5分ほどと近く
遅めの夕食はプールの見えるダイニングで
さっそくスリランカカレーを食べた

さすがホテルのカレーだけあって
盛り付けも、味も満足、
ただいつもの旅行だと
もっと安い所で食べるので
この旅でどんな料理が食べられるか楽しみ。



翌日は島の中央部までの移動、
4泊5日の短い旅なので
今回もツアーに申し込んだ、

日本語ガイドがホテルのロビーで
チェックアウトの手続きもしてくれる、
あとは車に乗っていれば目的地まで。

こういう旅は春のブータン旅行もそうだけど
とても楽でいいけれど
自分で色々苦労しながらの旅も好きなので
次回は自分で挑戦しようと思った。



soramove

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「容疑者X 天才数学者のアリバイ」名作の韓国リメイク、違うアプローチにまた涙

2013年10月16日(水) 7時09分
映画「容疑者X 天才数学者のアリバイ」★★★★
リュ・スンボム、イ・ヨウォン、チョ・ジヌン 出演

パン・ウンジン 監督、
119分、2013年4月20日公開
製作年:2012年
製作国:韓国
原題:容疑者Xの献身



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「日本映画のリメイクや
日本の小説を映画化と
文化的には日本と韓国は密接だ、
政治的な隔たりを見ると
どうしてお隣さんともっとうまくやれないかなぁ、
そんなふうに感じるが、
この映画のリメイクは成功している」



言わずと知れた『容疑者Xの献身』のリメイク、
原作も映画もヒットしているので
日本での公開はヒットするとは思えないが
韓国では公開10日で100万人を動員と
10月公開映画としては最短で達成し
ヒットしたようだ。



ヒットの要因は明らかだ、
原作が良いからね、
そしてこの映画は少し視点を変えて
リメイクならではの絶妙な味付けあり、
ラストは予想がつくのに
結局泣かされてしまった



真っ暗だった人生に光を与えてくれた
隣に引っ越してきた女性、
彼女の為なら自分を身代わりにしても
全く後悔なんてない、
こうやって文章にすると
現実感は乏しいが
映画の中では、その人生の光が信じられ
主人公の行動や心情に
完全に共感してしまう。



これはハッピーエンドとは言えないが
でも幸せな終わり方なんだろうな

主人公の天才数学者は
その頭の中の宇宙に遊んで
きっと幸せな日々を送る事だろう。


やんちゃな印象のリュ・スンボムが
堂々の演技で、虚構にリアルを与えてくれた、
劇場で見たかった作品だ。


★100点満点で80点

「容疑者Xの献身」この男の純情に泣け!2008年10月08日(水) ←過去記事にジャンプ!

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

書籍「喪失 /モー・ヘイダー著」ミステリーファンの幸福な時間

2013年10月14日(月) 19時09分
書籍「喪失 /モー・ヘイダー著」★★★★
モー・ヘイダー著 ,
早川書房 、2012/12/7
(494ページ , 2.520円)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「当初は単純な窃盗と思われたカージャック事件。
だが強奪された車の後部座席に乗っていたはずの
少女はいっこうに発見されない。
捜査の指揮を執るキャフェリー警部の
胸中に不安の雲が湧きだしたとき、
今回とよく似た手口の事件が
過去にも発生していたことが判明した。
犯人の狙いは車ではなく、少女だったのか!
MWA賞最優秀長篇賞の栄冠を射止めた力作 」

文藝春秋HPより抜粋


買い物帰りの駐車場で
車が奪われるが
その車には後部座席に少女が乗っていて
当初、犯人はそのことを知らずに
車を奪ったものと思われ
少女はすぐに返されるだろうと思われたが
なかなか帰って来ない・・・、
そして第二の事件が発生、
またも少女が乗っていた車が奪われた。


冒頭から映画を見ている様な
ミスリードと主人公達の心情が
うまく配されて読み進んでいく

誰もが何かしらの「喪失」を抱えている、
大袈裟じゃなく
自分も含めて誰もが。


それでも目の前の仕事をこなして、
しばし自分の事は忘れるが、
それらは切り離されず
折りに触れて
過去が現在と密接につながっている事を
誰もが痛感するのだ。



キャフェリー警部シリーズの5作目、
前作を読んでいないが全く問題ない、
重要な彼女の過去が
しっかりこの作品でも語られるからだ、
そして彼女以外の登場人物も
何かを抱えながら
同じ場所に集まり
一つの事件に向き合うのだ。


ミステリーとしても秀逸だ、
最後まで子供たちは助かるのか、
そして犯人は・・・、
読んでいて気が気じゃない
ページをめくるのももどかしい。


こういう瞬間が楽しみで
ミステリーを読み続けるわけで
ただなかなか面白い作品には出会えない
早く結末が知りたいのに
残り少ないページが惜しい気持ち。

サブストーリーには
女性潜水隊巡査部長フリー・マーリーの
彼女なりの事件への関わりも描かれ
何か物悲しい
人間の行動の基になるのは
やはりその人の過去が投影されている、
それが悲しく映るのは何故だろうか?


それこそが最大のミステリー。
面白かった!

★100点満点で80点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

書籍「バーニング・ワイヤー /ジェフリー・ディーヴァー,著」生活のそこらじゅうに潜む危険を考えた

2013年10月12日(土) 14時48分
書籍「バーニング・ワイヤー /ジェフリー・ディーヴァー著」★★★★
ジェフリー・ディーヴァー著 ,
文藝春秋 、2012/10/11
(477ページ , 2.520円)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「リンカーン・ライム・シリーズ最新作の登場です。
今回の敵は「電気」。
この目に見えぬ凶器を巧みに操って
殺戮を繰り返す犯罪者が
ニューヨークを恐怖の淵に叩きこむ。
ライムは微細な証拠から
犯人を割り出そうと苦闘する。
だが同時にメキシコで進行中の
天才犯罪者ウォッチメイカーの
逮捕作戦の支援もしなくてはならない。
今もっとも面白いミステリを書く作家ディーヴァーの
面目躍如。
今回も衝撃的なドンデン返しが待ち受けています」

文藝春秋HPより抜粋


文庫まで待てずにずっしり重い本を
その重みを楽しみつつ読んだ、
書店で新刊が平積みで並んでる様子も
それを見るだけでわくわくする。


今回の新作はシリーズ9作目というが
ディーヴァーを知ったのは
映画「ボーン・コレクター」が面白かったから、
だたし、本を読もうと思ったのは
児玉清さんがジェフリー・ディーヴァーを絶賛していたからだ、

児玉さんはこの新作を読んだのだろうか?
原書で読んでいるといつかインタビューで答えていたので
好きな作家の新作を読んでくれていたら嬉しい。

この本は重いので部屋に置いて
一週間くらいかけて読んだ、
読んでいる間中、街角の電信柱や
電線を今までと違った視線で見た、
安全を信じて疑わないが、
素人目にむき出しの電線から
この本のように自分に向かって
強力な放電が起きたら・・・・、
そんなことを考えると
そこらじゅう危険でいっぱいに感じてしまった。



原発しかり
「安全だ」と言われているものも
信じきれない時代、
一体誰が何の為にこんなことをするのか?


いつも通りの洗練されたチームで
僅かな微細証拠から
事件の全容を明らかにしようと
その過程を事細かく書いてくれているので
まるで一緒にその場で体験しているようだ、

CSIとかドラマでも色々見てるので
相当計画立ててでないと
犯罪は次第に真相が突き止められる。


ただし、犯人もその上を行き
このあたりがディーヴァーの真骨頂
「どうなる。どうなる」と
次のページをめくるのがもどかしい。


でも事件の真相が明らかになると
ちょっと出来過ぎで
もうひとつ心に迫って来なかった、

それはないだろ!って気持ちの方が勝ったか、
でもラストのラスト
このリンカーンの決断は
読者へのプレゼントでもあり
これじゃあ、次も気になるじゃないか!

傑作と言うまではもう一歩
でもレベルは高く
満足感あり、次が早く読みたい


★100点満点で80点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「ポルトガル、ここに誕生す 〜ギマランイス歴史地区」ギマランイス地区を全く紹介しない映画

2013年10月11日(金) 6時29分
映画「ポルトガル、ここに誕生す 〜ギマランイス歴史地区」★★

アキ・カウリスマキ/第1話『バーテンダー』
ペドロ・コスタ/第2話『スウィート・エクソシスト』
ビクトル・エリセ/第3話『割れたガラス』
マノエル・ド・オリヴェイラ/第4話『征服者、征服さる』
96分、2013年9月14日より全国公開
2012,ポルトガル,ロングライド
(原題/原作:CENTRO HISTORICO)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「古都ギマランイスはポルトガル国家発祥の地として名高く、
2001年に世界文化遺産となった。
この街の紹介をテーマに、
アキ・カウリスマキ、ペドロ・コスタ、
ビクトル・エリセ、マノエル・ド・オリヴェイラ、
4人の巨匠が4描く4つの物語。」



これがまた退屈な映画だった、
退屈なものあり、
馬鹿らしいほど幼稚な演出あり

ラストのユーモアは
それまでをしっかり見せてくれさえしたら
クスッと笑えただろうに
意味不明で力が抜けるばかり。


「この街はどんな物語を語るべきなのだろう?」
という問いかけに、
4人の映画監督がそれぞれのアプローチで
製作されたのがこの映画、
この地を紹介するという
プロジェクトの一環だそうだ。

極東の日本にあって、
ポルトガルの古都ギマランイスは
今まで聞いた事もない街、
それを劇場でみる観客がいるわけだから
その意味では成功しているが

この映画を見て、この街を
もっと知りたいと思ったかというと
それは全く感じなかったので
その意味では失敗している。



4つの作品は古都ギマランイスを
それぞれの視点で描くが
もっと分かりやすい
観光案内的な名所旧跡を巡る作品も
半分くらいはあってしかるべき、

なかにはほとんどエレベーターの中で
大袈裟なセリフを垂れ流す作品もあり、
まさに意味不明だった。


楽しみにしていた作品だっただけに
この出来にはがっかりした、
分かりにくい事は、悪い事じゃない、
でも全く初めての地のガイドブックを開く時
これらの映画世界がそこにあったら
行ってみたいという気持ちは失せてしまう

そこが一番大切だというのに。


★100点満点で40点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
2013年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf