映画「マン・オブ・スティール」闘いのシーンがスーパー眩しくてよく分からない

2013年09月28日(土) 19時09分
映画「マン・オブ・スティール」★★★★ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス
ケビン・コスナー、ダイアン・レイン
ラッセル・クロウ、ローレンス・フィッシュバーン出演

ザック・スナイダー監督、
143分、2013年8月30日より全国公開
2013,アメリカ、カナダ,ワーナー・ブラザース
(原題/原作:MAN OF STEEL )



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

全米では初登場首位
1億1600万ドルのオープニング興収は
6月公開の作品では歴代新記録を樹立。
最終的には3億ドルあたりか。

日本では初登場2位、
最終的には20億円に届くかどうか。



「人間の力を超える能力を持つ少年が
いかにして最強のヒーローとなったか、
クリプトン星の同胞との闘いを経て
彼が選びとった彼自身の生き方、
新生スーパーマンの誕生だ」



ハリウッド超大作とはこの映画の事、
スクリーンに映る全てが
巨大な予算で違和感が無く、
実写さながらの迫力ある映像で
「映画を見たな」という気分にさせてくれる。



ただし見ていて感じていたのは
過去と現在を描くパートの
配置を変えたら、
もっと印象が違うだろうなと。


超人的な力を持つ事で
普通の生活が出来ない苦悩、
周囲から変人と見られてしまう事や、
いざという時にも
持っている能力を使えない事、
そんな子供時代を
もっと丁寧に描いたら良かったと感じた、
なんならそれで最初の一本を作るとかね。



だから詰め込み過ぎで
駆け足過ぎて
大切な部分が随分と薄まってしまった、
ケビン・コスナーとダイアン・レインが
そのあたりをしっかり締めてくれてはいるけど
それでもまだ不満は残るのだ。


後半のニューヨークのビル群での
闘いのシーンはやり過ぎ
壊し過ぎで、終わった時
爽快感より
「片づけが大変だろうな」
そんな素朴な気持ちになった、

やはりあの場所でなければ
闘いのスケール感が出なかったことは分かるが
やり過ぎ感の方が勝ったな。


闘い自体もスーパー凄過ぎで
めまぐるしく
光が飛び散り
スクリーン狭しと肉弾戦が繰り広げられるが
これももう少し整理して
ド迫力のいくつかの戦いの場面を
クローズアップして見せた方が
良かったんじゃないかな。


でも、大作を心ゆくまで楽しめたことは確か、
良い作品なので色々求めすぎるが
これは次回への課題にして

暑かった今年の夏の終わり
9月も終わろうとしている、
劇場を出て地上に出ると
風が冷たくて驚いた。

★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

税務検定の準備は大丈夫ですか?

2013年09月27日(金) 22時47分
税務検定の準備は大丈夫ですか?

税務会計能力検定試験申し込み締め切り迫る/全国経理教育協会

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


法人税法・所得税法・消費税法




9/30が申し込みの期限です、
申し込みはネットから出来るので便利です。


全国経理教育協会 ← クリックすると飛びます


税務検定の試験日は10/27(日)です。

昨年の試験後の改正は以下の通り。

法人税法

・交際費の損金不算入
定額控除限度額が年800万円に増額
計算は以前より簡単になり
800万円を超えた部分がそのまま別表4で加算となります。
以前のような90%算入でなく
たとえば年間の交際費の合計が900万円のときは
900万円 − 800万円×12/12で 100万円が加算

計算が随分簡単になりました。

その他は大きな変更はありません、
学校でも新しい問題集が販売されてますが
ネットからも買えるようですね。

10月に入って2週目辺りからは本格的に解き直しが必要です。
良い結果を願っています。


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「そして父になる」そうだ親も親になっていくんだ

2013年09月25日(水) 22時11分
映画「そして父になる」★★★★
福山雅治、尾野真千子、真木よう子
リリー・フランキー、二宮慶多
黄升、風吹ジュン、國村隼
樹木希林、夏八木勲出演

是枝裕和監督、
138分、2013年9月20日より全国公開
2013、ギャガ
(原題/原作:そして父になる)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

カンヌ国際映画祭で審査員賞受賞作品

「カンヌ受賞で公開が早まった作品、
こんなきらびやかな賞なんて要らない
もっとひっそりと公開するような作品、
拍手喝采というより
暗闇でしみじみ色々考えるような。」



病院で子供を取り違えられてしまった
二つの家族の葛藤を
主に人生の勝ち組を自負する
父親の視点で描いた作品。

スカイツリーが見える高層マンション、
初めて来た人はホテルみたいと言う、
高みから他者を見降ろすように、
神経質で何もかもを自分の物差しで
即座に切り捨てるような父親を
福山雅治が演じている。
自分は他に本業がある人が
映画で演じるのは好きじゃない、
だからもうひとつ入り込めない



でもそんなこと思いながらも
リリー・フランキー演じる
もうひとつのしけた電気屋の親父は
結構好きだったりするので困ったものだ、

誰もが二つの家族を比較して
あれこれ思うだろう、
やはりタワーマンションが良いかな、
それともあまり裕福じゃなくても
楽しそうな家庭の方が良いかなって。

6年育てた子供と
自分の血を引いた実子、
「血は争えない」と言うけれど
赤ん坊から育てた愛情は
それに勝るとも劣らない、
こんなこともし・・・・って考えても仕方ないが
見てる間中、自分の親について考えた。





親も精一杯だったんだろうなって、
親として一年生
何もかも初めてで懸命だったんだろうなって

そんなふうに思いながら
スクリーンで葛藤する二つの家族を見てると
心の柔らかい部分を刺激され
堪らなくなる。
でもきっと子供には
親に反発する何かが組み込まれていたんだろう、
今はそう信じたい。


父親も母親も子供を育てることで
親として育っていくのだろう、
色々迷いながらも、
やはり決断する時の多くは
子供を優先して惜しみない愛情を注いで

そしていつか子供に裏切られるんだけど
それもひっくるめて
今は親にありがとう!と言いたい。

満場の観客からの拍手が鳴りやまない
そんな晴れの舞台じゃなく
劇場の暗闇でスクリーンに向かう人達に
そっと「何か」を示してくれれば
それで良い。


★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「10人の泥棒たち」豪華スター勢ぞろい、劇場で見たかった

2013年09月24日(火) 7時28分
映画「10人の泥棒たち」★★★★DVD鑑賞
キム・ユンソク、キム・ヘス、イ・ジョンジェ
チョン・ジヒョン、サイモン・ヤム、キム・スヒョン
キム・ヘスク、オ・ダルス、アンジェリカ・リー出演

チェ・ドンフン監督、
138分、2013年6月22日より全国公開
2012,韓国,ライブ・ビューイング・ジャパン
(原題/原作:泥棒たち )




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「この映画は名古屋駅周辺の
劇場では公開されず、
出演俳優が豪華だったので
見たいと持っていたが
DVDでの鑑賞となった、
韓国映画が映画のチャートから消えて久しい、
ここらで起爆剤が無いと
このままDVD公開のみ・・・なんて」



窃盗団チームが大金持ちのバカ息子から
国宝級の古美術を盗み出す冒頭から
テンポよく仲間の紹介や
彼らの位置関係なんかも紹介して
ダイヤモンド「太陽の涙」を盗む計画まで
一気に進んでいく。

ダイヤを盗む計画は
香港の窃盗団とタッグを組むということで
クセ者揃いの香港グループとの
助け合ってるんだか
騙し合ってるんだか分からないような
奇妙な10人の泥棒たちは
それでも一つの目的に向かって
それぞれの準備を始めて行く。



先日の「ベルリン・ファイル」で見た
チョン・ジヒョンは抑えたキャラで
もうひとつピンと来なかったが
今回は彼女らしさ前回で
楽しそうに演じていて
そういうのって見てるこちらも楽しい。


ただ、クセ者が10人も揃うと
勿体ないというか
まとまりが無いというか
面白いキャラも駆け足で見せるだけなので
どこもかしこも消化不良は否めない。

この10人を中心に
シリーズ化してくれたら
もっと楽しめそうだ。


とにかく面白い作品を作ろうという
熱意と濃い演技全開で
面白かった

出演料に製作費を取られたのか
大掛かりなアクションや
見せ場の迫力はもうひとつだった、
でもこの映画を企画したことで、
すでに映画の成功は決まっていた。

劇場で見たかった!

★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「ウルヴァリン:SAMURAI」新幹線での闘いは驚いた!

2013年09月20日(金) 7時10分
映画「ウルヴァリン:SAMURAI」★★★★
ヒュー・ジャックマン、真田広之
TAO、福島リラ、ファムケ・ヤンセン
ウィル・ユン・リー、スヴェトラーナ・コドチェンコワ
ハル・ヤマノウチ、ブライアン・ティー、山村憲之介出演

ジェームズ・マンゴールド監督、
125分、2013年9月13日より全国公開
2012,アメリカ,20世紀フォックス
(原題/原作:THE WOLVERLINE)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

初登場3位、日本が舞台にしては弱い,
全米では初登場首位、4週に渡ってベストテン
1億3千万ドルを稼いだ。



「『X-メン』シリーズのメインキャラ、
ウルヴァリンを主人公にした第2弾。
1945年8月、長崎近郊の捕虜収容所にいた
ローガン/ウルヴァリン(ジャックマン)は、
そこで日本軍将校の矢志田を
原爆の爆風から守り、命を助ける。
映画はその60数年後を描く、
ちょっとおかしい日本の描き方もあるが
そんな事には目をつぶって
日本が舞台のハリウッド映画を楽しみたい」



ミュータントであるウルヴァリンは
どんな怪我から回復することができる
治癒能力(ヒーリング・ファクター)を持ち、
そして永遠に年を取らない、

そのことは今回初めて知ったが
かつて命を救われた矢志田は
彼を日本に呼び寄せ
彼の為に永遠の命を終わらせてやると言う。


大きなお世話なんだど
ウルヴァリンが死なないことで
人間的な気持ちを失い、
孤独を感じていることも事実、
しかし彼の気持ちを確かめることもなく
彼の自然治癒能力が失われていく、
まあ、そうでないと他との戦いで
圧倒的に有利な訳だから
闘いは俄然面白くなる。



矢志田家での戦いも迫力あったが、
なんといっても新幹線の上での闘いは
よくまあ、ここまで考えたなぁと
かなり楽しめた

誰でも知ってる新幹線のスピード感覚、
これは日本人だからこそ
深く楽しめる部分だと思う。


ラストの戦いのシーンで
驚きの事実が明らかになるが
驚くと言うより、ちょっとがっかりしたな、
せっかくなら、命を助けてもらったという
感謝の気持ちを忘れず
大切にする日本人を描いて欲しかったからね。


外国人の描く日本には、おかしなシーンも多いが
この映画は最初ちょこちょこ感じても
そのうち映画に入り込んで
その違和感は問題なくなる

ウルヴァリンが長崎で被爆していたというのも
驚きだけれど
この調子でいくなら
色んな国でかつてこんな事があったと
そのうち各国めぐりが始まるのかもしれない。

もともとアニメから出たキャラなんだから
もっともっと破天荒に
「そんなことあり得ないよ」と
思わせ続けて欲しいものだ。

全体の迫力は前作の7割程度だけど
日本が舞台のハリウッド映画を
大画面で見るのは楽しい経験だ。


★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

書籍「快楽/青山七恵著」ここにある快楽はニセモノだ

2013年09月19日(木) 7時02分
書籍「快楽/青山七恵著」★★★
青山七恵 著 ,
講談社 、2013/5/24
(274ページ , 1.575円)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「ヴェニスを訪れた二組の夫婦。
やがて彼らは翡翠色の海に囲まれた土地で、
欲望と退廃の魔に取り憑かれてゆく。
衝撃の官能心理小説!
慎司と耀子、徳史と芙祐子。
二組の夫婦はヴェニスにやってきた。
翡翠色の海に囲まれ強烈な日差しが
降り注ぐ色艶やかな街で、
観光スポットをめぐりレストランで憩う四人。
旅の終盤、芙祐子の失踪という
小さなアクシデントが、
それぞれの関係のきしみをあぶりだす。」

講談社HPより


青山七恵は好きな作家だ、
「窓の灯」から注目していて
こんなふうに同時代の作家の
処女作からリアルタイムで出会い
その後の成長というか
変貌というか
その作家の様々な変化や試行錯誤を
これも同時に感じることが出来るのも
とても幸せなことだと思う。



で、今回の新作を読み終えて
どう感じたかと言うと、
読み始めの頃は
ヴェニスの街並みをくどくどと説明し
登場人物4人のあれこれを
色んな視点から書きこんでいて
書きすぎ、説明しすぎで
ヴァニスに至っては
ガイドブックをなぞっているかのよう。



「もし・・・・だったら・・・」という
妄想じみた文章が何度も現れて
そりゃ人間は妄想の生きものだし、
ヴェネチアの現実離れした街では
そんな逃避もあり得るけど
小説としては、そんな妄想が
繰り返し繰り返し現れると
もっとストーリーを語って欲しいと
思わずをえないのだ。



幻想的なシーンを重ねることで
新しい試みをしているのかもしれないが
このまだるっこしいい文章の流れは
もどかしい気持ちの方が勝って
残念ながら成功していない。


これまでの作品とガラッと変わって
新しい試みをしたのだろうが
彼女の作品の醍醐味は
日常に潜む何気ないシーンを切り取って
そこから何か意味のあるものを
感じさせてくれるところなのに
わざわざヴェネチアくんだりまで行かなくても。


タイトルの「快楽」も
もうひとつピンと来なかった。
それでもラスト近くは彼女らしさが戻り
読んで損は無いが
この路線はさっさと放棄して
いつもの彼女に戻ってもらいたいと感じた。



やはりテーマは重要だ。

★100点満点で65点

soramove

映画「ハートの問題」何が大切か、それは人それぞれ、だから面白い

2013年09月17日(火) 6時40分
映画「ハートの問題」★★★★
アントニオ・アルバネーゼ、キム・ロッシ=スチュアート
ミカエラ・ラマゾッティ、フランチェスカ・イナウディ
アンドレア・カリガリ、ネルシ・クセマライ
キアラ・ノスケーゼ、パオロ・ヴィラッジョ出演

フランチェスカ・アルキブージ監督、
104分、2013年6月29日より全国順次公開
2009.,パンドラ、イタリア
(原題/原作:QUESTIONE DI COURE)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

特集「Viva!イタリア」上映中の作品

「イタリア映画を3本連続上映の1本、
『最後のキス』が期待してたより
面白かったので、
翌日またも名演小劇場へ、
病院で出会った二人の男、
日常では会うはずのなかった
二人の友情は彼らの生活を変えていく、
映画館じゃなくては出会えなかった作品」



レンタルショップでズラリと並んだ
DVDを見る、
「話題の新作」はほぼ映画館で見てる、
借りるものは韓国映画がほとんど、
最近は公開も限定的なので
DVDレンタルで見てる、
そんなときこの作品が棚に並んでても
きっと見ないだろうな・・・。



映画館の暗闇で
イタリアの特別でもない場所を見て、
見た事もない役者達を見守る

救急病棟で隣り合った男ふたり、
そんな二人が退院後もつながり
友情が生まれ、家族ぐるみの付き合いが始まる、
「そんな出会いって無いだろ」
突っ込みを入れるところだけど
この映画ではそれ自体が
あり得るように感じられる。


主人公二人の表情や行動を
丁寧に描いているからだろう、
彼らの気持ちがセリフなんかなくても分かる

心臓発作という爆弾を抱えて
常に不安を感じながら
今までと同じ様な生活をしようとするが
彼らの気持ちはやはり二人にしか
分からない部分もある。

心臓の為に二人で歩き始め
その間にお互いの生活を知っていく、
人気脚本家のアルベルト(アントニオ・アルバネーゼ)は
有名人に知り合いも多く、
一見きらびやかな生活だが
生活費にも困るような浪費家、
かたや自動車修理工場を営む
アンジェロ(キム・ロッシ・スチュアート)は、
大家族で暮らしながら
好きな自動車の修理を仕事として
結構羽振りが良い。


お調子者で楽しいアルベルトが
真面目なアンジェロに請われる形で
彼の家族の一員のようになっていくのは
そんなことないだろ、と思いつつも
そんなことがあっても良いよなと思わせる、
彼らの魂の深い部分で
お互いを結びつける何かがあった。



人生の楽しみ方は人それぞれ、
何に価値を置くかも様々だ、

共感できるものもあれば
それはちょっとなぁと思うものもある、
でもだから面白いんだろうな、
ちょっとした出来ごとに驚きつつも
自分には無い何かを
スクリーンで見る幸せ。


良い映画だった。

★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「最後のキス」人生の色んな選択

2013年09月16日(月) 10時52分
映画「最後のキス」★★★☆
ステファノ・アコルシ、ヴィットリオ・アマンドラ
リナ・ベルナルディ、ジュリア・カルミナーニ
マルコ・コッチ、ルイジ・ディベルティ
ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ
サブリナ・インパッチャトーレ出演

ガブリエレ・ムッチーノ監督、
115分、2013年6月29日より全国順次公開
2001,パンドラ、イタリア
(原題/原作:L'ULTIMO BACIO)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

特集「Viva!イタリア」上映中の作品


「イタリア映画を3本連続上映の1本、
30歳目前の幼なじみの男5人と
彼らの妻や婚約者、恋人の
それぞれの関係をモザイクのように
色んな色に描いている」



しっかし皆よく喋る、
大声で早口で
傍から見てたらケンカしてるみたいだ、

柔らかい印象は全く無く、
彼らの家の中はカラフルで
それに負けないかのように
各人が皆、強烈な個性を持って
空間と言う空間を言葉で埋め尽くす。


「愛してる」彼らは口を開けば
この言葉が無いと気が済まないように
「愛してる、愛してる」
疲れそう・・・・、
でもそれが無くては
彼らはしゃんとして歩けないかのよう。



孫がいる年齢でも
「愛」を感じられなければ
一緒に居られないと右往左往し
熟年の戸惑いを尻目に
30歳目前の主人公達は
人生が決まってしまう事に苛立ち
あったかもしれない別の生き方に
魅力を感じてしまうのだ。



人間的といえばそのものズバリ、
自分に正直でもある、
から騒ぎの様子は
コメディそのものだけど
ちょっとしみんみりしたシーンでは
余計と現在の幸せが
やはりこれまで自分が選択してきたものだと
やんわりと教えてくれて
心に響く。とても優しく。


製作は2001年、ハリウッド映画では
考えられない公開方法だ、
でもこうして良質な海外の映画を見ると
まだまだ知らない秀作が
たくさんあるんだろうなと実感、

それは図書館や書店で
ずらりと並んだ本棚を見たときに似ている
「全部は読み切れないんだ」
でもその一部にでも
なんとか触れたいものだと。


★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「少年H」その時「NO」と言えるのか

2013年09月10日(火) 7時15分
映画「少年H」★★★☆
水谷豊、伊藤蘭、吉岡竜輝 、花田優里音、
小栗旬、原田泰造、佐々木蔵之介出演

降旗康男監督、
122分、2013年8月10日より全国順次公開
2012,日本,東宝
(原題/原作:少年H/ 妹尾河童)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

初登場7位→6位→8位
そして圏外と少し淋しいチャート



「妹尾河童の自伝的長編小説を、
降旗康男監督が映画化。
昭和初期の神戸を舞台に、
戦争のあった時代を生き抜いた
ある家族の激動の20年間を描く。」



同じ方向が正しいと信じ
信じ込まされた時代、
ある日から皆その方向を見失い
それまでの基準が
一瞬にして「悪」に変わり
子供たちは大人のその豹変ぶりを
目の当たりにし
世の中の胡散臭さを肌で感じた。



戦時下にあっても
庶民はごく普通の暮らしをしていた
でもその普通の生活というのも
現代の目で見ると随分と異質だ。


家族という小さい単位は
そのまま世の中を映している、
外で起こっていることは
どうしようもなく家の中に浸透し
いつしか支配していく、

ただし戦争前夜や戦時中の
人々の心の動きは
頭では分かっても、やはり理解出来ない。
この映画では最後まで
日本全体のマンインドと少年Hの家族の
気持ちの違いが描かれたが
やはりそれもしっくりこなかった。


色んな情報に触れても
明確に想像できないものを
自分達は全身全霊を込めて
NOと言い続けないといけない

最近の政治家の踏みこんだ発言に
危うい方向に舵を取る恐れを
それとなく感じる
だめなものはだめなんだと
焼け野原の神戸の街の映像を見て
気持ちを強くした。


ことさら強く反戦を訴える映画じゃなく、
どちらかというと
淡々とし過ぎていて
物足りない部分もあったが
こういう映画を自分達は
折りに触れてみたり触れたりすべきなんだろう
人間はすぐに忘れてしまう生きものだからだ。


★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」IMAXの効果絶大、飛んでくる飛んでくる!

2013年09月07日(土) 16時23分
映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」★★★★IMAXシアターで鑑賞
クリス・パイン、ザッカリー・クイント
ベネディクト・カンバーバッチ、カール・アーバン
サイモン・ペッグ、ゾーイ・サルダナ
ジョン・チョウ、アントン・イェルチン
ブルース・グリーンウッド、アリス・イヴ、ピーター・ウェラー出演

J.J.エイブラムス監督、
132分、2013年8月23日より全国順次公開
2013,アメリカ,パラマウント ピクチャーズ ジャパン
(原題/原作:Star Trek Into Darkness )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

初登場3位とちょっと淋しい出足、
この内容と出来の良さなら
もうちょっと多くの人に見てもらいたい。



「全米では初登場首位ながら
期待されたほどのヒットとはならなかった、
2億ドルといえば物凄い数字だけれど、
同じくらい製作費をかけているということで、
日本の映画では考えられない数字が並ぶ、
やはり全世界で興行が望めるということは
それだけ色々やれるわけで
この作品では3Dの効果が
imaxシアターで存分に発揮されていて
飛んでくる、飛んでくる
楽しい体験だった」



この映画では、
異星人の存在は常識として認知され
異星人との摩擦は現実問題として
火種となってはいるが
地球は平和を保ち
宇宙船の用途は戦闘より宇宙の探査が
主なものとなっていた。



そんな時、ロンドンの宇宙艦隊データ基地が
何者かによって破壊され、
艦長達が集まり対応策を協議している時、
会場が銃撃され
大切な命が失われてしまう。


展開が早く色んな最新の技術が
早口言葉のように画面を流れて行く

ストーリーを追おうとすると
細かい部分ではプチプチと途切れて
違和感があるが
ここはそんな細かいことは気にしないで
大きな流れに乗って
展開を見守るのが正しい見方のようだ。

ちょいと高いimaxの3D
割引なしなので、
効果が無い映画は見たら損する。

この映画は画面の奥から
こちらの観客側に色んなものが
飛んでくるシーンが多用されて
それだけで見ていて楽しい、
画面の隅々まで色んなものが動くので
その意味でもこの劇場はフルに活用されていて
久し振りに満足の劇場体験。



人間の直観と人を思いやる心、
それは時々、半分バルカン星人のスポックと
意見が違う事になるが

全ての物事を論理的に割り切ることなど、
人間には出来ないわけで
そのあたりが弱点でもあり
美徳でもある、そんなことがこの映画の
テーマのひとつでもある。

どう頑張っても倒せそうになり敵も
力を合わせてなんとかやっつけ
また元の平和を取り戻しましたとさ、
そんなオチだけど

ハラハラ、ドキドキの
映画の醍醐味は充分堪能出来た。


先日宇宙に関するTV番組を見ていて
宇宙で船外活動するときの
飛行士の宇宙被爆について
初めて知ったが
自分達が今、良いと思っている事も
この先、本当は体に悪いとか
環境に悪いとか、そんな問題は
残念だけど起きてしまうのだろうな。



今回の映画のような解決が出来れば
問題は無いけれど、
いつもいつも解決策があるとは限らないと思うと
文明の進歩ってかなり危険をはらんでいる、
それでも自分達は手に届きそうもないものを
常に手を伸ばそうとしている、
それが幸せなことかどうか
簡単には割り切れないが

でもまだ知らぬところまで
手を伸ばし続けて行くのだろう。

映画は視覚的には大満足、
内容的にはありがちな展開だったけどね。



★100点満点で85点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
2013年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf