書籍「ホテルローヤル/桜木紫乃著」今はもう無い、その場所だから

2013年08月30日(金) 19時09分
書籍「ホテルローヤル/桜木紫乃著」★★★☆
有川浩著 ,
集英社 、2013/3/14
(200ページ , 1.470円)


<リンク:
【送料無料】ホテルローヤル [ 桜木紫乃 ]

【送料無料】ホテルローヤル [ 桜木紫乃 ]
価格:1,470円(税込、送料込)

>@


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


第149回直木賞作品


「ホテルだけが知っている、やわらかな孤独
湿原を背に建つ北国のラブホテル。
訪れる客、経営者の家族、
従業員はそれぞれに問題を抱えていた。
閉塞感のある日常の中、
男と女が心をも裸に互いを求める一瞬。
そのかけがえなさを瑞々しく描く。。」

集英社HPより


心に引っかかる作品、
共感した訳じゃないのに

しばらくは作品のどこかのフレーズが
何度も何度も頭をふとよぎったり
こういう作品に出会うと
必ず作家の次の作品も読んでみる、
でもそういう作品にはなかなか出合えない。


普段は海外ミステリーを読んでるが
時々新しい作家に出会おうと
以前なら「週刊ブックレビュー」を参考に
新しい作家、作品に出会えたが
残念ながら番組は無くなってしまったので
最近は新聞か文学賞で
気になった人をチェックするくらいだ。


この本は芥川賞作品と一緒に購入し
「爪と目」を読んで次に読んだので
もう一ヵ月くらい経つ、
何が心に残ったんだろうと
思いながら先日再読してみた、
たぶん書きすぎてないことで
そこに考える余白があるからだろう、
それも理由のひとつのように感じた。



著者が受賞後のインタビューで
ラブホテルは既に廃業していると
言っていたので
作品の冒頭から
今は終わってしまった
ホテルーローヤルという舞台
灯りが消え
装置はひっそりとし、
観客も居ない・・・。

仕方がないよねとか
なんとかならなかったのかなとか、
そんなひっそりとした短編集



次は長編を読んでみたい


★100点満点で75点

soramove

映画「ホワイトハウス・ダウン」ここまでやって良いのかと戸惑いつつ楽しんだ

2013年08月29日(木) 7時04分
映画「ホワイトハウス・ダウン」★★★★
チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス
マギー・ギレンホール、ジェイソン・クラーク出演

ローランド・エメリッヒ監督、
132分、2013年8月16日より全国公開
2012,アメリカ,カルチュア・パブリッシャーズ、ブロードメディア・スタジオ
(原題/原作:WHITE HOUSE DOWN )




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「予告編でホワイトハウスの天辺が
炎に包まれて崩れ落ちるシーンを見て
ここまでやるなら、面白いかもと
前売券を買って公開を待っていた作品、
内容的に目新しさは無いが
『ダイ・ハード』のマクレーンを
彷彿とさせるシーンのあり
新しいシリーズの始まりなのかもと
少し期待しつつ展開を見守った」



主人公のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は、
大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)を
警護するシークレットサービスの採用に応募し
面接するが不採用となってしまう、
同じ日、大統領に憧れる娘のエイミーを連れて
ホワイトハウス見学ツアーに参加するが、
その途中でホワイトハウスは何者かに攻撃され
占拠されてしまう。

ホワイトハウスの上部が爆発され
炎上するシーンは衝撃的、
こんなことして良いのか?と思いつつも
その思い切りの良さは
この映画のラストまで貫かれ
高いテンションで楽しめる映画に仕上がった。



先日の「ワールド・ウォーZ]では
「家族か人類か」という究極の選択だったが、
今回は「娘か大統領か」という選択、
そんな選択を迫られることは
普通には無いとしても
シークレットサービス志願の警備員と
大統領が孤軍奮闘するバディ・ムービー、
随所に心を熱くするシーンがあって楽しんだ。



アメリカ人の大統領選を見ていると
「自分達の選んだ大統領」という
日本の首相とは随分と違う位置を
ハッキリと感じてしまう、
大統領が国民を鼓舞するような演説を
時折行うが
その同じ意味で日本の首相はスピーチはしない。


この温度差は映画にそのまま表れる、
ここに描かれる大統領は
国を守る象徴でありながら
1人の人間としてまずは
尊敬出来る存在でもあり、
まさに生身の人間そのものでもある、

当然のことなんだけど
自分達に置き換えると
首相をこんなふうに描いたら
違和感満載となるだけだろうなぁ、と。


ロケット弾を撃ち込んだり、
庭でのカーチェイス、
最後には大統領の生死が不明確なのに
ミサイルを打ち込む命令が下り
まさに危機一髪

そこに見えるのは娘のエイミーが
アメリカ大統領旗を大きく振りまわし
攻撃を止めさせようとする姿、
やり過ぎなんだけど
でも感動する、そのさじ加減も良い、

見終えて、やはり
これはあり得ないよと思ったが
映画としては面白かったな。



★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「タイピスト!」タイピングの世界大会!

2013年08月27日(火) 0時09分
映画「タイピスト!」★★★★
ロマン・デュリス、デボラ・フランソワ
ベレニス・ベジョ、ミュウ=ミュウ
ショーン・ベンソン、メラニー・ベルニエ出演

スティーヴン・ソダーバーグ監督、
111分、2013年8月17日より全国公開
2012,アメリカ,カルチュア・パブリッシャーズ、ブロードメディア・スタジオ
(原題/原作:POPULAIRE )




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「スポ根映画とラブ・コメが合体、
予告編で想像した通りの展開だけど
その過程というか
細部が面白い
どこがどうって言えないが
フランス映画ってやはりアメリカ映画と
違うんだよな、
そんな雰囲気の違いも楽しめる」



1950年代のフランス。
秘書になりたくて田舎から出てきたローズは、
何とか保険会社に採用される。
でも彼女は秘書として採用された訳でなく
タイプの早打ち大会に出るため
採用されたのだ。



そんなことに社長が妙に肩入れし、
特訓まで始まるんだけど
マジでありながら
それ自体がコメディとして成立してて
その必死さ、生真面目さが笑える。



社長であり鬼コーチのルイに
恋心を抱きつつ
唯一の取柄で仕事と
恋を獲得できるのか・・・。
と、今となっては
バカバカしいような話だけど
世界タイプ大会は実際にあったもので
1分間に500字打つことに
全精力を傾ける真面目な競技なのだ。



話はそれるが昔のタイプは
間違ったらホワイトとかで
消してたんだろうか?
間違えるとその分マイナスにカウントされ
不利になるから
タイプミスは最大の敵だが
これはもう練習しかない。


当時のファッションも再現され
それ自体がお伽噺のような
舞台のセットの様な

そんな中で繰り広げられる
恋とタイプのバトルは
何だ、コレ!と思いつつも
競技の間は結構力が入って
自然と自分も主人公を応援していた。



アイデアと脚本が良ければ
この映画にはもうひとつ美術も加わって
それで面白い映画が出来上がる、
ここでも映画の魔法を見せてもらった。

★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「マジック・マイク」チャニング・テイタムの自伝的映画

2013年08月24日(土) 17時41分
映画「マジック・マイク」★★★
チャニング・テイタム、アレックス・ペティファー、
マット・ボマー、マシュー・マコノヒー出演

スティーヴン・ソダーバーグ監督、
110分、2013年8月3日より全国公開
2012,アメリカ,カルチュア・パブリッシャーズ、ブロードメディア・スタジオ
(原題/原作:MAGIC MIKE )



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「チャニング・テイタムの自伝的映画、
そのあたりから企画が生まれたのだろう、
日本でも一時話題となったが
男性ストリッパーというのは
日本にはなじまなかったのか
最近は聞かないな、
ともあれ題材は下世話だけど
意外と綺麗にまとまった映画だった」



オリジナル家具を製作・販売することを
夢見ている主人公は
現在は家の修理や清掃のバイトをし、
週に数回、“マジック・マイク”と呼ばれる
ストリップダンサーとなって
事業資金を貯めていた。



他人の夢の話を聞くのが好きだ、
ただしなかなか話してはくれない。
だいたい「夢」って何歳くらいまで
持ってていいのだろう?
そんなリミットみたいなものを
誰もがいつしか自分の中で見つけて
大人は次第に「夢」なんて
語らなくなるのだろう



だから映画の主人公の夢は
その意味で「夢」なんだけれど
自分の目からは実現可能な
「目標」のように感じた

だから事業ローンが借りられないことに
焦り、怒りさえ感じる主人公が
とても子供っぽく感じた。


短絡的に経営者と衝突して
怒りにまかせて飛び出す主人公、
美しい肉体をもっていて
それで金を稼いでいながら
オツムは子供のままだ、
このあたりのアンバランスが
もどかしい気もした。



チャニング・テイタムはダンサー経験を経て
今はハリウッドスターだ、
彼の事業計画は順調だろうか?
言ってることと
やってることに隔たりがあって
映画の内容になかなかノレなかったが
ストリッパーを見て歓声を上げる
観客達の熱狂は
この映画の中で唯一ホンモノだった気がする。



★100点満点で70点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「ワールド・ウォー Z」速い!速い!怖い!それだけ

2013年08月23日(金) 6時54分
映画「ワールド・ウォー Z」★★★☆
ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス、
ジェームズ・バッジ・デール、ダニエラ・ケルテス
マシュー・フォックス、デヴィッド・モース出演

マーク・フォースター監督、
131分、2013年8月10日より全国公開
2012,アメリカ,東宝東和
(原題/原作:World War Z )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

初登場2位、
2週目4位、20億くらいまでいくかどうか。

「ある村で突如“謎のウイルス”が発生。
瞬く間に世界中に広がり、
全人類滅亡の危機が迫る。
国連職員のジェリー(ブラッド・ピット)は
愛する家族と離れ、世界を駆け回る。
こんな映画だったんだ!
なんか驚いたけど
一気に映画の世界に入っていった」



以下の文章は内容に触れています。


現在の状況を考えると
世界戦争と言っても
現実感に乏しい、

それならと宇宙人が登場でもしたら
ガッカリ感が激しいだろう。
夢物語の中にもどこかに
リアルを求めるからだ。


で、この映画の「世界戦争」は
何だったか、
一部の映像しか見ていなかったので
その混乱ぶりが
どんなことによって引き起こされたのか
見るまで全く分からなかった、
見ているうちに
「そういうことだったんだ」と納得


見ること、
見ないこと
公開までのイメージは大切だ
この作品ではブラピという
スターにスポットを当てて
内容は公開までうまーく伏せられていた。


フタを開けてみれば
謎の細菌によって
急速にゾンビ化し
物凄い勢いで走りまくる姿に圧倒された。

ゾンビ映画好きなので
時に小さく、声を出してしまった、
分かっていても襲われるシーンは
「もう駄目だ!」と
その時は急に自分自身がスクリーンに居る気分、
それにしてもゾンビが速い速い!
絶対逃げられないよ、あれじゃあ。



物語の展開としては
強引すぎる後半は
ストーリー重視だと物足りないが
まあ、こんなものだろう、

それにしてもブラピが映像化を熱望って
それも公開までの戦略だったんだろうな、
内容自体には
それ程訴える何かって
特には無かったからな。

でも、ゾンビ映画としては満足、
もう一回くらい見たい。


★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「アイアン・フィスト」面白いが、何かが足りない

2013年08月21日(水) 20時14分
映画「アイアン・フィスト」★★★☆ラッセル・クロウ、RZA、
ルーシー・リュー出演

RZA監督、
131分、2013年8月3日より全国公開
2012,アメリカ,シンカ
(原題/原作:THE MAN WITH THE IRON FISTS)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「19世紀、中国の
“ジャングル・ヴィレッジ”。
部族間の争いが日々巻き起っていたが、
娼館“ピンク・ブロッサム”は
外の無法地帯とは異なり
特別な場所だったが
クセ者達が勢ぞろいして
絢爛豪華な闘いが始まる」



荒唐無稽という言葉が
すぐに思い浮かんだ、

有名、無名の役者が入り乱れて、
特に意義も見つけられないような
戦いを繰り広げる、
ラッセル・クロウが出た時
何してるの?としか感じなかったが
見終えて、なんだか惜しい
とても惜しい作品だったと思った。



19世紀の中国、
部族間の覇権争いが収まらず
そのことで各地で殺し合いや
裏切りなどが起こっていた、
そんなとき皇帝の宝が
運ばれることを知り
そのことで俄に悪党たちが
動き出し始めるのだった。


悪役の親分の顔が貧相で
強そうに見えない、
チンピラがお似合いな感じ、
そいつが大口をたたくものだから
なんだかコメディのよう。



謎の男としてラッセル・クロウが登場するが
ぶくぶくに太っていて
不摂生なオヤジにしか見えない

後半にダニエル・ウーと戦うシーンがあるが、
息切れする音が聞こえてきそう、
どう贔屓目に見ても
勝てるとは思えない戦いだけど
映画だからね、
スターはとりあえず勝利する。
これも笑うしかない。


久々のルーシー・リューは
良い役立ったと思うが
あとはなんだか、何がしたかったのか
もうひとつこちらの心に迫るものはない。



主要人物の顔に迫力がないのが
その要因のひとつ、
やはり演技だけじゃ超えられない
画面から溢れる雰囲気というのは
厳然とあるのだと実感。
見ただけで「悪そう」ってのは
結構大切なのだ。



戦いのシーンも迫力不足、
さばき方の役不足を
カット割やスローでゴマ化してるので
スターになんか予算を使わないで
殺陣に頑張れば
それだけでかなり面白い映画になっただろうな
そこがとても残念。


ただし、かなり楽しめたので
名古屋では限定公開だけど
見る事が出来て良かった。

★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

書籍「時のみぞ知る/ジェフリー・アーチャー著」ジェフリー・アーチャー再び!

2013年08月19日(月) 8時09分
書籍「時のみぞ知る/ジェフリー・アーチャー著」★★★☆
ジェフリー・アーチャー著 ,
新潮社 、2013/4/27
(367/335ページ , 704/662円)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「1920年代、イギリスの港町ブリストルに住む
貧しい少年ハリーは、
サッカー選手か世界を旅する船乗りを夢見ていた。
しかし、意外な才能に恵まれ、
進学校へ進んだ彼は、
富裕層の御曹司たちから再三いじめを受ける。
やがて名家出身のジャイルズという親友を得るが……。
『ケインとアベル』より30余年、
貴族と庶民の生きざまを描いた
著者畢生の最高傑作。
壮大なるサーガ、ついに開幕! 。」

新潮社HPより


『ケインとアベル』や『ロスノフスキの娘』は
好きで夢中で読んだ記憶がある、
久々の似た感じの物語と知って
早速購入して、一気読み。
展開は先読み出来るけど
やはり抜群のストーリーテラーの作品、
「出来過ぎ」とか思いつつも
それが読む勢いをそぐ事にはならなかった。



貧しい少年ハリーは
自分の置かれた環境の中で
精一杯過ごしているが
嫌な目にあっても、
その都度周囲に助けられ
それらがハリーの人となりによることが
読んでいてコチラも分かるので
自然と彼を応援している。



困難なんてできれば起こらないのが良い、
そのときどう対応するか
答えなんてない、
何度も起こる困難に立ち向かう主人公に
自分を重ねて
「うまくいきますように!」と願った。


工場敷地内の動かない列車に住む
オールド・ジャック・ターの
無骨で気高い英国紳士然とした
凛とした気高い魂、
それを見た目じゃなく
瞬時に理解するハリー、
こういう交流って現実的じゃないけど
誰の心にも魂の交流を望む気持ちはあるから
疑似体験をさせてもらった。



上下巻だけど読みやすく
展開が気になるので一気読み、
後半は読み終えるのがもったいなくて
そんな読書体験は久し振り、
まだまだ続くと言う事なので
続きを楽しみに待とう。


★100点満点で75点

soramove

映画「パシフィック・リム」ロボットVSかいじゅう

2013年08月17日(土) 9時58分
映画「パシフィック・リム」★★★★IMAX・3D
チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、
菊地凛子、ロン・パールマン、芦田愛菜出演

ギレルモ・デル・トロ監督、
131分、2013年8月9日より全国公開
2012,アメリカ,ワーナー・ブラザーズ映画
(原題/原作:PACIFIC RIM)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「2013年、突然未知の巨大生命体が
太平洋の深海から現われ、
世界中が破壊されていく、
人類は一致団結して
人型巨大兵器イェーガーの開発し
対抗するが、相手は巨大で最強だった。」



ロボットVSかいじゅう
こんな映画よく、本気で作るね、
しかもデル・トロ監督だって、
巨大な予算を与えられて
回路がショートしたんだろうか、
この映画と監督が最後まで
結びつかなかった。
それでも監督が作りたかった映画ということで
楽しさは充分に伝わる



人類を滅ぼそうとする怪獣は
海の海溝の口から出現し
人間を蹴散らす、
最後の砦は人間が操るロボットだけど、
これがまたハイテクなのか
ローテクなのか
こんなの作れるなら
もっと良い物が作れそうなんだけどな。



だけどそんな冷静な視線は
最後の香港沖の決戦に突入すると
子供の頃のドラマみたいに
なぜか子供が操縦することになって
大人を助けたり
考えてもなかったいい結果を出して
何か自分たちも出来そうな
あの感覚が蘇ってきて
結構熱くなっている自分を見つける。



そうだ、こんなの絵空事だけど
でも、もしかしたら
こんな日が来てその時
何の準備もしてないのに
君には才能があるとか言われちゃって
操縦席に座れば
もう気分は地球を守る男、
どうせありえないなら
そのくらいまで夢を見たいもの。



画面は全体的に暗く、
接近戦も多くて細部が分からない、
3Dメガネを外すと確実に明るい画面が
滲んでる。
こんなとき3Dってどうなんだろと疑う、
ただし今回は3Dならではのシーンもあり
109シネマのIMAXが最大限活用されてもいて
いたし痒しの鑑賞。



結構熱くなって鑑賞していながら
終わりにはまた冷静になって
これって何だったんだろうって、
やっぱり変だよ、
意味が分からない映画だった、
監督はこれまで結構小技で
自分たちをニヤリとさせ
喜ばせてくれたが
この大味の映画を
どう評価するべきなんだろうか・・・。


でももう一度くらい
見てみたい気もする不思議な鑑賞体験、
結構好きなんだろうな、

★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「殺人の告白」練られた脚本に久々ヤラレた!

2013年08月13日(火) 6時51分
映画「殺人の告白」★★★★☆
パク・シフ、チョン・ジェヨン
キム・ヨンエ、チョ・ウンジ
オ・ヨン、チャン・グァン、チェ・ウォニョン出演

チョン・ビョンギル監督、
119分、2013年6月1日より全国公開
2012,韓国,ツイン
(原題/原作:CONFESSION OF MURDER)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「連続殺人事件から15年後。
書籍発売と同時に自分が犯人だと
名乗りを上げた男イ・ドゥソク。
当時犯人を目前で取り逃がした
刑事ヒョングは彼が真犯人なのか疑いつつ
事件の再捜査を始める、
このところ韓国映画で良い作品に出会ってる、
また韓国へ見に行こうかな」



韓国まで映画を見に行っていた頃、
何が良かったかというと
韓国の映画ファンの映画の楽しみ方だ、

人気スターの登場に声を出して喜び、
悲しいシーンでは泣き、
コミカルなシーンでは会場中が笑い
素直に感情を出して見てる。

そんなの当然の事なんだろうけど
日本だと感情は抑え気味
それが鑑賞の仕方の違いだから
それはそれで良いけれど
一度あの一体感を体験すると
またその場に居たくなる。

さてこの映画、
冒頭から激しい追跡シーンがあり
一気に映画に入り込む、

それ以降もドラマ的な部分も
緻密に見せながらも
アクションシーンは結構熱くなる、
そして驚きの展開・・・。


韓国映画では結構あるどんでん返し、
だけどこれは「ヤラレタ!」

韓国映画の根底に見られる
因果応報というか
まさに「倍返し」の心情も
ラストまでねちっこく「悪」を追い詰め
どん底へと突き落とす。


この展開を韓国の人達は
爽快に感じるんだろうか、
それともそういう国民性なのか
「悪」に対する徹底的さは
時々恐ろしくもある。



刑事と被害者たちの執念が
「ここまでやるか!」と
脚本にヤラレタ!!
いやー、面白かった。



名古屋では駅前の劇場で
限定公開と淋しい興行
これはここ数年の韓国映画の
勢いを示していて淋しいが
今年はかなり良い作品の公開が
続いているから
この扱いは次第に上向いていきそう。

★100点満点で90点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「ローン・レンジャー」それほど期待してなかったが、結構面白かった

2013年08月09日(金) 8時10分
映画「ローン・レンジャー」★★★★
ジョニー・デップ、アーミー・ハマー
ヘレナ・ボナム=カーター、トム・ウィルキンソン
ウィリアム・フィクトナー、バリー・ペッパー
ジェームズ・バッジ・デール、ルース・ウィルソン出演

ゴア・ヴァービンスキー監督、
150分、2013年8月2日より全国公開
2012,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(原題/原作:THE LONE RANGER)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

初登場4位、
爆発的な力を見せる事は出来なかった。



「兄を殺され自らも凶弾に倒れた元検事ジョンは、
“悪霊”ハンター、トントによって
ローン・レンジャーとしてよみがえる。
リアルさより、いかに楽しめるかに徹した作りで
笑ったし、大画面の迫力に驚き
映画をまるごと楽しめる出来、
外は暑いから、
そんなときにこの映画は最適」



ローン・レンジャー誕生のストーリーや
トント(ジョニー・デップ)の背景説明を
テンポよく説明した後は
まさにエンタメ、
楽しさを徹底的に追究した映画。

内容的には色々詰め込み過ぎで
駆け足部分もあるが
それを細かく描こうとすると
もたつくので、これは仕方ない、
それより勢いでラストまで。


コマンチ族などの先住民が
入植者に踏みにじられた歴史を
かいつまみながら
そこを強調するより
分かりやすい悪役を用意して
悪者は先住民も移民も力を合わせて
退治するんだという
解決方法でスッキリと見せる。





ジョニー・デップが白塗りで
トントを楽しそうに演じていて
色んなところで笑いどころも用意、
メリハリの効いた演出も
この映画を楽しめる要素だ、
小ネタの連発は、やがて大団円に。


荒野を列車が走り
馬に乗った男たちが追いかけるシーンには
威勢のいい音楽が流れ
盛り上げ方も巧い。



映画とは関係ないが
西部開拓時代
鉄道の発達が世界を劇的に変えたこと
物流ってすごいなぁって
これは現代にも通じることだ。
荒野に伸びる鉄道の線路の向こうに
彼らは未来を見たのだろうな、
その先の未来は輝いていたはず。

そう思うと、現代の線路は
どんな未来に向かって
伸びているんだろ

などと思いながらも
映画を堪能した150分、満足。


★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
2013年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf