映画「アフター・アース」スミス家の生き残りを懸けた戦い

2013年06月30日(日) 10時00分
映画「アフター・アース」★★★☆
ウィル・スミス、ジェイデン・スミス出演

M・ナイト・シャマラン監督、
100分、2013年6月21日より全国公開
2013,アメリカ,ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(原題/原作:AFTER EARTH )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


日本では初登場首位を獲得
アメリカでは3位発進



「過保護というか七光りというか
ここまでしれっとやればアッパレ!
そのうちに作品じゃなく
親との確執や薬物なんかで
メディアをにぎわせそうな・・・、
で、映画はどうだったかというと
真新しい驚きは無かったが、
フツーに面白かった」



映画をあまり見なかった頃
映画に行くってことは
ちょっとしたイベントというか
作品を慎重に選んで
時間に遅れないようにと
前売券を手帳にファイルしたりと
1月に1度も見ればしばらく覚えてる程だった。


今はシネコンの前を通りかかった時
見たい映画の全部を見てる時もある、
カフェに行くように
書店に立ち寄るみたいに
気軽に映画館へ行ってるわけだけど、
選びに選んだ映画がコレだと
ちょっとガッカリするかもしれないが、
時間つぶしくらいなら
結構面白かった。



ジェイデン・スミスもお父さから離れて
前回のジャッキーと組んだ
「ベスト・キッド」のような
年齢に合った良質な映画を選んでいけば
親がそんなに心配しなくても
主役はムリでもこの業界で生きてはいけそう。

M・ナイト・シャマラン監督は最初の
「シックス・センス」が衝撃的だっただけに
それ以降はもうひとつ、
無難な映画に仕上げている印象、
そろそろ代表作が欲しいところ。


人類がとうの昔に地球を捨て、
別の惑星に移り住んでいる未来、
不時着した宇宙船の生き残りは
伝説の兵士イファ(ウィル・スミス)と
息子のキタイ(ジェイデン・スミス)だけ、
足を怪我して動けない父の指示で
息子は帰還に必要な緊急シグナルを探して
人類の敵へと進化した森に入っていく。


「お父さんが予算も監督も用意するから
オマエは頑張ってやれよ」
と、言ったかどうか、
都合良く父は足の怪我で宇宙船に残り
息子を前面に出す作戦、
まさに生き残りをかけた戦いが
映画の内容とウィル・スミス親子のそれと
リンクしてそんなふうに考えながら見るのも一興。



人類を絶滅させるように進化した地球
そういう設定だったが
別に特殊な進化は描かれていなかった、
普通に人間がジャングルに放り込まれたら
そこは危険だらけなわけで
ストーリーにひねりを加えたかったのかもしれないが
別に地球じゃなくてもよかったようだ。


過去記事↓(こっちは傑作)
映画「ベスト・キッド(2010 」子供向けと侮るなかれ、傑作に仕上がってる

★100点満点で70点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「華麗なるギャツビー」ディカプリオって貫禄がつき始めたな

2013年06月26日(水) 9時10分
映画「華麗なるギャツビー」★★★☆
レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、
ジョエル・エドガートン、キャリー・マリガン、
アイラ・フィッシャー、ジェイソン・クラーク出演

バズ・ラーマン監督、
142分、2013年6月14日より全国公開
2012,アメリカ,ワーナー・ブラザース
(原題/原作:THE GREAT GATSBY )




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

日本でも初登場首位を飾った。

「原作はスコット・フィッツジェラルドの名作、
とはいえ原作を読んではいない、
以前読もうとしたときに訳の調子が
古臭くてどうにも読めなかった。
レッドフォード版はTVで見た気がするが
ほとんど覚えていないので
初めて見る感じで見た」



夜毎の派手なパーティ、
屋敷の主人不在のまま
これ見よがしに盛大に行われている、
それは湾を挟んだ向こう岸に向けて
光を投げかけているのだけれど
その真意が次第に明らかになると
あまりの切ない気持に
息苦しくさえなる。



作家志望のニック・キャラウェイの目を通して
隣家の大富豪ジェイ・ギャツビーと
いとこのデイジーの運命の恋を
1920年代のニューヨークの
きらびやかな部分を舞台に描く。


90年も前ということは全く感じない
こんな世界があったのだと思うと
まさに別世界と感じるだけだ
そんな特殊な空間に
特別な恋物語は現実感をもって迫る。



ただただひとりの女性を取り戻そうと
時代の泡を掴もうとする男と
まるで現実感のない女デイジー
だからこそ追い求めるのだろう。


ふっと、作家フィッツジェラルドと
彼の妻ゼルダの関係を見た、
あまりに無垢な心を持ってたからか
彼女は精神を患ってしまう、
作家はそんな予兆を見ながら
ただひとつの恋を描いたのかもしれない。


豪華なパーテイーに背を向けて
向こう岸から届く青い光を見つめる男
確かなものは彼の目には見えても
彼のもとまで光は届かない

結末は予想がついた
うまくいくはずが無いのだ、
しかし何かを強烈にこれほど
手に入れたいと思った事があっただろうか・・・。


からっぽの部屋を見つめる
ニック・キャラウェイの目には
もっと確かなものが見えたはず、

豪華な舞台に
シンプルな恋する気持ち
まさに映画の世界だった。

★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

ブータン旅行記E旅の絵ハガキ

2013年06月24日(月) 19時09分
ブータン旅行記E旅の絵ハガキ

4月3日に投函したハガキが5月21日に着いた!





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

旅に出るとお土産物屋で必ず買うのは
大量の絵葉書だ。

今回も見つけると購入していた、
店によって若干値段が違う
でも大抵は1枚40円弱、
自分のカメラで撮る写真より
明らかに出来が良いので
勢い結構買ってしまうのだ。


旅先からは自分宛にも書く。
4か所から出したが
一番時間がかかったのは
4月3日に出したもの、
これは5月21日にポストに入っていた!



なんか諦めてもいたので
短い文面から
旅の記憶がサッっと立ちあがって
あの空気に一瞬包まれる

ガイドのノルブ君は今日も
あの大変なタクツアン僧院への道を
歩いているんだろうか、
思いだした事もない彼の名前を
急に思い出し懐かしくなる。


2ヶ月半も経過すると
本当に行ったのかどうか
なんだかあやふやな気分にさえなる、
でもこうして
旅の記憶が形として残っていると
そのハガキを選んだ時の
あの場所、あの時の光景が
フラッシュバックのようにシュっと蘇る。



大したこの書いてない文面は
一人歩きのカフェで
夜のホテルで、食事の後のレストランで
走り書きしたもの、
そう、確かにあの時
あの場所から。



ハガキが届いてさらに時間が経過して
なかなか進まない
旅の記録を少しずつ書いている。


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

映画「バレット」殺し屋の正義が悪を貫く

2013年06月23日(日) 11時09分
映画「バレット」★★★
シルベスター・スタローン、サン・カン、
ジェイソン・モモア、
クリスチャン・スレイター出演

ウォルター・ヒル監督、
91分、2013年6月1日より全国公開
2012,アメリカ,松竹
(原題/原作:BULLET TO THE HEAD )




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

全米では昨年公開され、初登場6位と振るわず、
日本では6/1映画の日公開としたが
ベストテンに入れなかった。



「逮捕歴26回、有罪2回の
殺し屋ジミー(シルヴェスター・スタローン)。
依頼された仕事で裏切られ、
殺された相棒の復讐を誓い
なんと刑事と手を組んで
派手な銃撃戦が始まる」



映画を見終えて
「結構面白かった」
素直にそう感じたが
公開早々に劇場は観客がマバラ・・・、

先日のシュワちゃんしかり、
出来は「普通より上」くらいなのに
見てくれる観客が居ないんじゃ始まらない。
とても残念な光景だった。


ストーリーに目新しさは無い
殺し屋を職業にする悪者が
どんなに正義の戦いをしようと
それでは共感は得られない
それでも最強の敵を用意することで
敵味方ははっきりするわけで
若いアジア系の刑事が押しとおそうとする
秩序や手順を
老兵のジミーは銃をぶっ放すことで答える。



笑えるし
そのギャップは映画だけじゃなく
日常のそこらじゅうに見つけられる
絶対に正しいということは「ある」
でもそんな正しさを無視しても
男にはやり遂げないといけないことがある
もう、強引な合わせ技で一本!って感じ。



しかし久々に見たクリスチャン・スレイターが
悪者役であっさり殺されてしまうのは驚いた、
ピンで主演作も大ヒットした役者だったのにな、
そして銃を向けるスタローンの構図を考えると
どこの世界でも
自分が「終わり」と思うまで働く事は
結構ハードなのだ。当り前だけど。



最後はどうなるかまで
予想のつく映画だったけど
結構面白く見た

さっきミッドランドのHP見たら
ラインナップに入って無かったので
もう公開が終わったようだ、
レンタルで見てスタローンの次回作に
興味を持ってもらいものだ。

★100点満点で70点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

書籍「七つの会議/池井戸 潤著」登場人物のどこかに共感している

2013年06月21日(金) 7時57分
書籍「七つの会議/池井戸 潤著」★★★☆
池井戸 潤著
日本経済新聞出版社 、2012/11/2
(243ページ , 1.575円)



<リンク:
【送料無料】七つの会議 [ 池井戸潤 ]

【送料無料】七つの会議 [ 池井戸潤 ]
価格:1,575円(税込、送料込)

>
                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「この会社でいま、何かが起きている―。
トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を
“パワハラ"で社内委員会に訴えたのは、
歳上の万年係長・八角だった―。
いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?
パワハラ委員会での裁定、
そして役員会が下した不可解な人事。
どこにでもありそうな中堅メーカー・東京建電と
その取引先を舞台に繰り広げられる
生きるための戦い。
だが、そこには誰も知らない秘密があった。」

日本経済新聞出版社HPより


池井戸潤の小説世界が好きだ、
でも最近はちょっと物足りないというか

先が読めてしまって
こちらも彼の小説世界の構造を
なんとなく身につけて
「そういうことなんだ!」というような
新鮮な驚きは残念ながら
感じられなくなった。


この作品は8つの短編の連作で
通して読むと長編小説となって
全体が分かるようになっている、
それぞれの短編で登場人物の背景まで
丁寧に書きこまれているので
感情移入がしやすい
しかも作り物っぽく感じないのは
細部にリアルさを見つけるからだ。

会社って何だろう?
仕事って何だろう?



それは自分自身の一部であり
自分の生き方を映してもいる、
だから頑張ってしまうんだろうな、

でもその頑張りが
必ず評価されるとは限らない、
そんな不条理に誰もが
打ちのめされるが
そこから学ぶ事も多い。


この本でもそんなシーンが散りばめられていて、
「そうだよな」とか
「わかる、わかる」とか。

利益至上主義で
飛ぶ鳥を落とす勢いのエリートと
万年係長との間に何があったのか?

ミステリー仕立てではあるけど
読んでいて熱くなれるのは
そんな部分じゃない。
会社という組織の中で
なんとか自己を表現させるべく
地道に頑張る多くの人を
この小説に見つけることだ。



自分のやりたい事を
何でも表現し実現できる訳は無い
そんなことは分かっている
でもそこで実現させなければ
自分の毎日の大切な時間は
意味の無いものになってしまう。

諦めない事、
どんなふうにアプローチするか
それこそ長い時間をかけて
どこかに自分らしさを
実現させていくのかもしれない。



毎日達成感を感じることなんてない
それでも時々小さな満足や
誰かの「ありがとう」の言葉に
顔が緩んでる
その瞬間の積み重ねだ。

読みやすく
その中で主人公達の行動を読みつつ
どこかで自分を読んでいる様な
楽しい読書体験


しばらく池井戸作品を読み続ける。

★100点満点で75点

soramove

映画「奇跡のリンゴ」情熱と根性の物語

2013年06月19日(水) 17時42分
映画「奇跡のリンゴ」★★★☆
阿部サダヲ、菅野美穂、池内博之、
笹野高史、伊武雅刀、
原田美枝子、山崎努出演

中村義洋監督、
123分、2013年6月8日より全国公開
2013,日本,東宝
(原題/原作:奇跡のリンゴ )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


初登場3位、翌週も3位キープと
作品の内容同様の粘り強い興業を展開
10億円に届くか。



「世界で初めて無農薬のリンゴの栽培に
成功した青森のリンゴ農家
木村秋則さんの実話を映画化、
大変な苦労の末に成功することが
分かっているから安心して見てられるが
情熱だけでは続かない、
ただ耐える根性だけでもダメ、
人間の創造力に感謝したい」



現在この農法が広く行われているのか、
それとも無農薬は特殊な方法なのか
そのあたりは分からないが

かつては大量に使いすぎて
人体に少なからず影響もあったようだ、
自分達は口に入るものでも
提供してくれる人達を
ただ無条件に信じて食べるだけなんだけど。



11年もの間、試行錯誤して
その間には家族の生活は破綻しかけ
それを全力で支える妻と義父
出来過ぎの構図だけど
これが真実の物語と
分かっているから受け入れられる

そうじゃなかったら
見る気はしなかったと思う。


阿部サダヲはいつもの濃い目の演技を
笑顔に変えて
嫌みなく演じていた

コテコテの演技だったら
この内容だとツライものになったが
ラストに用意された
真っ白なリンゴの花の満開のシーンで
全部調和された。


嬉しかっただろうな、
単純にそう思うけど、
ここまで努力したことなんてないから
彼らの感じた喜びは
想像するしかない。

リンゴの花が咲き誇るシーンを見ると
努力とか根性とか
粘り強い精神力とか
死語になりかかってる昭和な言葉が
本来は人間を成長させ
その喜びを知らしめてくれるのだと
実感する。

自分はただ美味しいリンゴを食べるだけだ。

それまで培われた方法の多くは
その時点で正しい
でも人間はそこにまだ改善の余地を探し
よりよりものを作ろうと努力する
その生真面目さが嬉しい、
そうでなくてはならないのだけれど。

特に生産者は「利益」も大切な要素だ、
だからその追究する利益に隠れて
もっと大切なものが損なわれないように

これは人間の基本的なものだけど、
それが難しいことも分かっている。


地味な映画で
展開も分かっているけれど
時々はこういう「良い映画」も見たくなる。


★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「グランド・マスター 」美しいもの、強靭なものも全て滅びていくのだ

2013年06月17日(月) 19時09分
映画「グランド・マスター 」★★★★トニー・レオン、チャン・ツィイー、
チャン・チェン出演

ウォン・カーウァイ監督、
123分、2013年5月31日より全国公開
2012,中国,ギャガ
(原題/原作:一代宗師/The Grandmasters )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「20世紀初頭の中国が舞台。
北の八掛拳の宗師のパオセンは、
流派統一の任を後継者に譲ろうと考えていた。
一番弟子の馬三と、イップ・マン、
そして愛娘の宮若梅の3人は
グランドマスターの称号をかけて戦う・・・、
というのが予告編知識だったが
武術大会のような試合は行われない、
その意味で肩すかしだけれど
ウォン・カーウァイは監督の美学を貫いたようだ」



真のグランドマスターは誰か、
それはすぐに明らかになる

強いだけではなく、人格も求められるからだ、
そのどちらにおいても
南の詠春拳の葉問/イップマン(トニー・レオン)が
抜きんでているのは映画が始まって
すぐに明らかになる。


分かりやすい裏切りと復讐、
台頭してきた日本軍、
彼らは日本軍だけでなく、現政権にも翻弄され
そういった事実を描く事で
カンフーの真のマスターは?という
予告の持っていき方が
実際の本編とは違う事が分かってくる、
こういう裏切りは絶対にして欲しくないところだ。



カンフーの美しさや
実際のイップマンの生きた激動の時代は
自分の過去記事の「イップマン」↓
映画「イップ・マン 葉問」ドニー・イェンの魂の映画に感動した!
2011年03月23日(水)

こちらの方が詳しいし
カンフーシーンはやはりドニー・イェンが上。
トニー・レオンはちょっと精彩を欠いている。


しかしカンフーにこだわらなければ
カンフーの型の美しさや
背景としての雪や雨や煙る列車のシーンなど
とにかく格調高く流麗。



そこから発せられるのは
ひとつの時代は終わり
栄えるものはいつか没落し
それはカンフーしかり
闘いのシーンであっても
どかこ悲しく、切なく胸に迫る。

チャン・ツィイーも美しかった!



グランドマスターという名前は
真に強いものを決めるということじゃなく、
かつてこんな人達が
カンフーに人生を懸けていたと
その記憶を映像に残すという
この映画全体を示していたように感じた。
壮絶なカンフーを見たいと劇場に行くと
ホント、ガッカリすると思うので
予告や宣伝は慎重にやってもらいたい。


ウォン・カーウァイがカンフーを撮れば
この映画が出来上がる
納得の映像美だった。
新しいカンフー映画の決定版!とまではいかないが
何とも切なく美しい
カンフーでさえ滅びていくのだ


★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

ブータン旅行記Dティンプー/Hotel Sambhav

2013年06月15日(土) 10時21分
ブータン旅行記Dティンプー/Hotel Sambhav

テォンプー市内/宿泊ホテル

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい





旅行から2カ月が過ぎようとしている、
早いものだ、
ブータンの最初の宿泊地は首都ティンプー、

土地勘が全く無いので
どんなところへ連れて行かれるのか
ホテルっぽいものは見当たらず
こうなったら連れて行ってもらおうじゃないかと
覚悟を決めたとたんに
「ここです」と白い建物の前で車が止まった。


海外旅行へ行く時は
最近はホテルにもこだわる事も多く、
ネットで検索して
部屋の広さや、繁華街からの距離なんかも
そういうことを調べてる時間も
もう旅行は始まっていて
結構楽しい作業だ。

けれど今回は完全な計画されたツアーで
事前にはおおよその日程が来たが
実際どうなるのか全く分からなかった、

でも旅が始まってみると
大名旅行のようで
快適でもある、
連れて行ってくれる所へ行く
そんな旅だ。

ホテルのロビーはこじんまりとしているが
案内された部屋は予想を上回って
広くて快適、
期待してなかった分
「いいじゃん」
早速荷物をほどいて
夕食までしばしの休憩。


ホテルの窓からは、道路を挟んだ場所にある
サッカー場が見える、
子供たちがカラカラと笑い声をあげて
走りまわっている、
その向こうには高級ホテルのタージタシが見える。



映画館が近くにあると聞いていたので
探しに出たが
雨が強くなってきたので早々にホテルに戻った。

夜になると寒くなった、
時折の車の音以外聞こえない
静かな夜。



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

映画「G.I.ジョー バック2リベンジ」イ・ビョンホンが良いトコ取り!

2013年06月14日(金) 19時09分
映画「G.I.ジョー バック2リベンジ」★★★★ブルース・ウィリス、チャニング・テイタム、
ドウェイン・ジョンソン、イ・ビョンホン、
レイ・パーク、エイドリアンヌ・パリッキ出演

ジョン・チュウ監督、
111分、2013年6月8日より全国公開
2012,カナダ、アメリカ,パラマウント ピクチャーズ ジャパン
(原題/原作:G.I.JOE:RETALIATION)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「オブリビオン 」を抜いて初登場首位で発進、
大ヒットまでの勢いは無いようだ。
当面は10億円が目標



前作の記事はコチラ↓
「G.I.ジョー★★★★ 」これぞハリウッド、何も考えず映像を楽しみたい
2009年08月11日(火)



「ハリウッド大作で『オブリビオン』が
観念的な“静”の映画だったが
こちらは、正真正銘のアクション大作、
色々突っ込みどころはあるが
とにかく大画面で迫力の映像を楽しみたい、
終わって何も残らないが
ひととき映画世界に没入するのも良い」



パキスタンで任務を終えたG.I.ジョーは、
襲撃を受けて多くの仲間を失ってしまう、
テロ組織「コブラ」はホワイトハウスを乗っ取り
世界を「核」で揺さぶり
自分達の想いのままに操ろうとしている。
このあたりは話が突飛過ぎて
リアルのかけらも感じないので
こういう設定って難しいなぁと実感。



こうなると壮大な計画の推移より
どう戦うかに興味が移る、

そこでストームシャドー(イ・ビョンホン)、
彼は子供の時の師匠に認められ無かった事から
悪の道に入っていくように前作では描かれていたが
実はそうではなかった・・・という
このハリウッド大作で結構な役回り
しっかり美しい腹筋も意味なく見せて
とりあえず良いトコ取り!


ヒマラヤの山寺でのチャンバラシーンや
切り立った崖を縦横無尽に飛び跳ねるシーンなど
見どころも多く
それを見るだけでも大画面で見る価値アリ。



多くの仲間を失ったということで
初代長官のジョー(ブルース・ウィリス)まで
引っ張り出してラストはもちろん
ヒーローが勝利して
メデタシ、メデタシ。

大味だし、話がでかすぎて
マンガにしか思えないが
アクションシーンだけ抜き出せば
それはこの暑さを忘れさせてくれる面白さ、
やはり大画面で。


★100点満点で75点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「はじまりのみち」そんな時代もあった

2013年06月12日(水) 10時00分
映画「はじまりのみち」★★★★
加瀬亮、田中裕子、
ユースケ・サンタマリア、濱田岳出演

原恵一監督、
96分、2013年6月1日より全国公開
2013,日本,松竹
(原題/原作:はじまりのみち」製作委員会)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「木下恵介監督の生誕100周年記念映画、
戦時中、木下が母を疎開させるために
リヤカーで山越えをしたという実話を基に
戦争にによって、映画を好きに作れないという事実や
当時の人々の様子が
丁寧に描かれている、
ラストは木下監督作品が次々登場する」



木下恵介監督の名前は知っているが
TVでも映画を見た記憶はない、
それでも監督が浜松出身と知って
急に身近に感じ、
映画の中でのセリフの「なまり」は
分かる部分も多くて
それだけで当時の人々の生活が
急にぐっと身近に感じた



監督としての功績を描いたわけじゃなく
中心は戦争で母親を疎開させるという
この一点だけ

脳溢血で思うように話せず
体の動かない母親をリヤカーに乗せ
兄とかなり険しい峠を越えて
山間の親戚の家までの2日間を描いている。


坂が急になれば
力は相当必要だ、
動きのゆっくりになったリヤカーの上で
その大変さを敏感に感じ取る母、
途中から雨が降ってくる、
彼らの息遣いが聞こえる。


宿屋に着いて
泥が跳ねて汚れた母の顔を
手ぬぐいで丁寧に拭き取る木下(加瀬亮)、

その仕草を宿の主人や
兄、荷物運びを頼んだ便利屋
皆が見つめるシーンはぐっときた、
大切なものを、いとおしむように
神々しい様な瞬間だ



昭和19年に手がけた『陸軍』の
エピソードが途中で挿入される、
戦意高揚の国策映画が求められた時代、
映画のラストで戦地に行く息子を
見送る母が泣くシーンは
その意にそぐわないと
次回作を中止させられたということ。



こうして身近な情報のほとんどが
国によって統制され
知るべき事しか、知らされないという
不幸な時代はわずか70年前に
この国の姿だったのだ。



自分達はあまりに豊かな自由を手にして
その使い道に途方に暮れているという
なんともぜいたくな時代を生きている、

これは戦後の日本人が望んだことだったが、
果たしてこの結果を
先人はどう思うだろう。


「息子に立派に死んで来いと願う母親はいない」
この言葉は他の状況で聞いたら
ピンとこないセリフだけれど、
この映画では胸にズシンと響いた。

そして作りたい映画が作れない時代を抜けて
その後、監督として作った映画が
次々に登場する、
深刻な顔も見えるが
手を一杯に広げて
明るく笑う男や女の姿が
涙で滲んでいく。


★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
2013年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf