只今、ブータン王国旅行中!

2013年03月30日(土) 19時09分
只今、ブータン王国旅行中!

                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい





3年ぶりに春の海外旅行に出ています。
今回はアジアのシャングリラと言われる
ブータン王国への旅です。


2011年に若い国王夫妻が来日されて
ブータンという国の名が広まったが
まだどこにあるか知っている人は少ないだろう。


インドの北に接し、中国に挟まれた国、
ネパールの横と言ったほうが
イメージしやすいかもしれない。




首都ティンプーは標高2100メートルと高地にあり
ガイドブックによると
日本の長野県あたりの気候をイメージすると
分かりやすいと書いてあるが

そうするとこの3月下旬でも結構寒いのだろうか、
いまこうして書いているのは
旅行に行く前、
ツアー会社から日程表が送られてきて
旅の荷物を用意して、パスポートを確認し
旅への期待が高まった旅行二日前、
スーツケースに長袖シャツを
もう一枚入れるかどうかで悩んでいるところ。


ブータンの「地球の歩き方」は2008年版も持っている
今回は最新版を買った、
以前も行きたいと思ったが
いかんせん旅行代金がアジアとは思えない高額で
躊躇していたが
3年ぶりの旅行ということもあり
初めてのブータン王国へ行くことにした。


この日記は旅行前の3月28日に書いているので
まだ自分の目で見て体験したブータンの
印象を書くことは出来ない、
ブータンのネット事情がどんなかも分からないが
出来たらブータンから更新したい。


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

書籍「消えゆくものへの怒り/ベッキー・マスターマン著」元FBI捜査官59歳のニューヒロイン登場

2013年03月29日(金) 21時26分
書籍「えゆくものへの怒り/ベッキー・マスターマン著」★★★☆
ベッキー・マスターマン著 ,
早川書房、2012/12/7
(507ページ , 1.092円)


<リンク:
>*



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「 あいつがまた帰ってきた!
毎年夏に発生し、若い女性が犠牲になる
「ルート66連続殺人」。
FBIはおとり捜査のスペシャリスト、
ブリジッド・クインの指揮で罠を仕掛ける。
だが作戦は失敗。
おとり役の女性捜査官の失踪で事件は迷宮入りに……
七年後、退職していたブリジッドに、
犯人逮捕の報が入った。だが犯人の自白に疑問が残る。
事件解決への執念を再燃させた彼女は、
再び捜査の前線へ!
元おとり捜査官ブリジッド登場。
期待の新鋭のデビュー作 」
早川書房HPより


河原で石を
拾う老女が男に襲われ
車に連れ込まれ
まさに絶体絶命の状態。
ところが男は思わぬ反撃にあい、
逆に命を落としてしまう。


ここまでの時間にして
30分程度の間に起こった事柄は
一気に語られるわけじゃなく
その間に老女ブリジット・クインの人となりが
次第に明らかになる

彼女は元FBIのおとり女性捜査官で
現在は引退して穏やかな暮らしを
楽しみ始めたばかり、
そんな時、彼女が忘れられない事件の犯人が
逮捕されたと連絡をうける。

本書に老女と書いてあるが
実際は59歳の設定なので
老女とは言えないけれど。


ここから彼女の周囲は
慌ただしく動きはじめ、
現在の担当官の計らいで
逮捕された犯人に接見し、
まだ見つかっていなかった被害者の遺体を発見、
彼女の捜査官としての感が
犯人は別にいると伝えると
彼女はまた自分の天職を
全うするべく、
捜査官として動き始める。



著者はこれがデビュー作という、
冒頭の事件から
過去に戻り、現在を描き
ミステリー好きには堪らない展開で
これからが楽しみだ。


この作品の主人公は引退した女性なので、
次回作あたりはよくても
シリーズにするには
年代設定をミスったかも。



連続殺人犯を許せないという
捜査官としての気持ちと
やっとつかんだ穏やかな生活を
守りたいという気持ち、
いろんな気持ちを抱えつつも
丁寧な捜査で犯人を追い詰めていくあたりは
結末が早く知りたいという
読者の気持ちをよく分かっているなと思った。



犯人が分かってもガッカリしない、
多くのミステリーは
ラストでガッカリなんてザラだ、

それでも時々こしうして新しい才能に出会うと
また新作を手にとってしまうのだ。
次も読みたい。


★100点満点で65点

soramove

映画「愛、アムール」自分の生を生きる

2013年03月28日(木) 7時10分
映画「愛、アムール 」★★★★
ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ
イザベル・ユペール出演

ミヒャエル・ハネケ監督、
127分、2013年3月9日より全国公開
ロングライド/フランス/ドイツ/オーストリア
(原題/原作:AMOUR)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

第65回カンヌ映画祭の最高賞パルムドールを受賞


「パリ在住の80代の夫婦、
ジョルジュ(ジャン=ルイ・トランティニャン)と
アンヌ(エマニュエル・リヴァ)。
共に音楽教師で、
娘はミュージシャンとして活躍と、
充実した日々を送っていた。
しかしそんな日々は終わろうとしていた」



ガムテープで封印された部屋の
ドアが開けられる
その瞬間、その場にいる人たちは
皆、顔をしかめる
画面には描かれない「臭い」を感じる。

窓を開けて部屋に外の空気を入れる
その部屋で彼らが何を見るのか
見てるこちらはなんとなく分かる・・・、
花びらに囲まれ眠る老女。

場面は変わり、
少し前の老夫婦の様子が描かれる、
愛弟子のピアノコンサートで
華やかな笑顔に知的な会話
バスで帰宅する慎ましい生活。

そして少しずつ妻が壊れていく
老老介護など日本でも
深刻な問題と紹介されていることを想う、
老いていくこと
思うように動かない体
それは仕方ない事だ、当然のことだ。

妻は二度と入院したくないと
夫に宣言し
夫は妻の気持ちを尊重させるべく
自宅で介護を始める。

人生の終末を迎えて
幸せな生き方ってどんなだろう、
自分なりに準備をしていたとしても
それで全てがうまくいくとは限らない。


生きる事って何?

まさに究極の選択であり
もしかしたら自分達は最後に
何も選べないのかもしれない。



とても重く、痛い映画だったけれど
何か、こう、どこかで勇気をくれるというか
そんな映画体験だった。

二人は自分達の生を全うしたんだよね。
静かで怖くもあり
とても穏やかな気持ちになれる映画。


★100点満点で85点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「クラウド・アトラス」3時間の壮大な実験作、映像を堪能したい

2013年03月25日(月) 19時09分
映画「クラウド・アトラス 」★★★☆
トム・ハンクス、ハル・ベリー
ジム・ブロードベント、ヒューゴ・ウィーヴィング
ジム・スタージェス、ペ・ドゥナ
ベン・ウィショー、ジェームズ・ダーシー
ジョウ・シュン、キース・デヴィッド
スーザン・サランドン、ヒュー・グラント出演

ラナ・ウォシャウスキー/ トム・ティクヴァ/ アンディ・ウォシャウスキー監督、
172分、2013年3月15日より全国公開
ワーナー・ブラザース映画
(原題/原作:CLOUD ATLAS)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「予告編から見ようと期待していた作品、
でも一体どんな映画なのかは
予告では全く分からなかった、
ただ奥行きのある映像に魅せられたが、
では見てどうだったかと言えば
やはり全体的な意味は
分からなかったということ」



いくつかのストーリーが
時や場所を変えて展開し
トム・ハンクスやハル・ベリーなどの
主要人物が何役も演じているので
これがまたややこしい、
ちゃんと筋道立って考えようとすると
時空を超えて似た顔が
全く別人物と登場し
見てるこちら側に挑んでくるように。



これだけ散らばった物語も
どこかでひとつに繋がるんだろうな、
そんなふうに心構えをして見ていたが
そんな素振りもなく
だから途中でストーリーを追うことを諦めた、
画面に見える映像だけを見て
その美しさや
ストーリーのかけらを
頭の中で自分なりに再構築したり
とにかく不思議な映画だ。



結局全体として何を言いたかったのか
分からなかったが
3時間弱の映像体験は楽しいものだった。


多くの作家の描く未来像は
ハッピーばかりでなく
そこには貧富の差がより明確で
人々は楽しく生きているようにも思えない、
これは何度も他の映画でも見てきた、
そうするとクリエイターの多くは
未来に悲観的なのか、
起点を現在からとすると
どうも明るい未来は想像しにくいということか、
どこかで「バーン!」と
何か決定的なことでも起こらない限り。



あの「マトリックス」を生み出した監督の
新作に期待していたが
映像的には驚きは無かったな、
それでも何か革新的なものの
“芽”みたいなものは
いくつも見ることは出来た
それはそれで大収穫なのだ。



★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

書籍「ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~/三上 延著」今度は長編

2013年03月23日(土) 19時09分
書籍「ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~/三上 延著」」★★★三上 延著 ,
アスキー・メディアワークス、2013/2/22
(333ページ , 599 円)



<リンク:
>*


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「推理モノとしては
素人っぽいけれど
なんか憎めない作品で
結局4作目も読んでしまった」



古書の知識は深く
本に対する情熱も相当なもの、
普段は人見知りが激しいのに
本を語り出すと饒舌になり
我を忘れてしまう古書店店主の栞子さん


そして彼女に密かに恋するバイトの大輔君
そろそろ恋の展開もありそうだ、
今どきここまでマンガのような
男女がいるだろうかと
リアルさはだから全く感じないが
それが作りものとしては
すんなり笑えるし
なんとかなって欲しいものだと応援したくなる。



シリーズ初の長編もの、
いつもはいくつかの古書にまつわる謎解きが
まとまって一冊となっているが
今回は江戸川乱歩の膨大なコレクションを巡る
謎解き一本立て、
その分、奥行きも深いが
それでも本格派とは呼べない
軽めの推理モノとなっている。


まあ、4作目ともなると
続けて読んでる読者は
このシリーズに本格派推理なんて
望んではいないのだけれどね。


古書店を営みながら
店主の栞子さんは
本にまつわる謎解きを得意としていて
時々そんな仕事を請け負うことも、
今回は貴重な江戸川乱歩の
膨大なコレクションを譲る代わりに
鍵を紛失してしまった大きな金庫を
開けて欲しいというう依頼を受ける。

その謎解きは明快で、あっと驚く!
・・・ということは無く
強引なつじつま合わせも感じるが
まあ、そこはこんなもので良いでしょう。




★100点満点で65点

soramove

映画「ジャンゴ」エンタメ全力投球!R15+なのでそのつもりで

2013年03月22日(金) 7時10分
映画「ジャンゴ 繋がれざる者 」★★★★
ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ
レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン
サミュエル・L・ジャクソン出演

クエンティン・タランティーノ監督、
165分、2013年3月1日より全国公開
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(原題/原作:DJANGO UNCHAINED)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


日本では初登場5位→7位
そして今週は圏外と淋しいチャート、
もっと沢山の人に見てもらいたいが
R15+がネックか。



「面白い映画を見たいなら
今はこの映画を勧める、
ただしエゲツないシーンもあるし
血飛沫は普通より多めで
とても上品な映画とは言えないので
その点を分かった上でなら
この映画は楽しめるし
出来もかなり良いと思った」



クエンティン・タランティーノって
ハイテンションで喋りっぱなしで
インタビューなんか見てると
「この人、大丈夫か?」って思ってしまうが
面白いものを作ろうとする情熱は
ハンパないとこの映画を見て確信した。



前作『イングロリアス・バスターズ』も
不必要なくらいの殺人シーンはあったが
全体としてはとても優れた出来だった
今回も上々の出来で
こういった「外さない」というのは
当然なんだけど、やはり難しいわけで
大した人なんだなーと映画を見て感心しきり。



今回のアカデミー賞のひとつのテーマは
「奴隷解放」と言っていいくらい
この映画しかり、それからもうすぐ公開の
「リンカーン」と
やはりアメリカはどうしてもこのテーマから
離れる事は出来ないようだ。


アメリカ南部で
奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、
賞金稼ぎのキング・シュルツ
(クリストフ・ヴァルツ)によって自由の身となる。
二人は力を合わせてお尋ね者を捕えて
賞金を手にするが
ジャンゴは離ればなれになった妻を取り戻したいと願い
とうとう居場所を突き止める。



メインのストーリーは単純だけれど
その過程が面白い、
くどいとも感じる繰り返されるセリフや
無駄なセリフも多いが
それがこの映画のリズム
端々に人種差別のテーマが
ただのエンタメじゃない事も伝えている。



彼らがたどり着いたキャンディ・ランド
農園主はカルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)、
ディカプリオが典型的な悪役を演じていて
これには思わず笑ってしまった、
金持ち白人の傲慢さはもちろん
彼の狂気さえも伝わって
主役じゃないからが好き放題演じてる感じだ。



ラストの撃ち合いは壮絶、
血飛沫が派手に上がるし
人肉さえも飛び散るが
目をそむけたくなるような感じじゃなく
作りものとして楽しめる。



このエンタメに徹した映画、
かなり満足して劇場を後にした、

外はもう春、
地下鉄二個くらいなら歩いてもいいなと
そんな夜。


★100点満点で85点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「フライト」やはり、こんな人に操縦桿を握らせてなならない

2013年03月18日(月) 19時09分
映画「フライト」★★★☆
デンゼル・ワシントン、ジョン・グッドマン
ドン・チードル、ケリー・ライリー
ブルース・グリーンウッド、メリッサ・レオ出演

ロバート・ゼメキス監督、
138分、2013年3月1日より全国公開
パラマウント ピクチャーズ ジャパン
(原題/原作:FLIGHT)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「数多くの『善人』を演じて来た
デンゼル・ワシントンだけれど
そうなるとそこから抜け出したいのか
時々とんでもない役にも挑戦している
今回は優秀なパイロットでありながら
私生活は破綻し、
酒とドラッグ漬けの男と言う
なんとも困った男を演じている、
果たして彼はヒーローなのか、それとも・・・」



抜けきらないだるさと睡眠不足を
ドラッグで誤魔化しながら
ベテランパイロットの
ウィトカー機長(デンゼル・ワシントン)は
機上においても
ジュースにウイスキーを混ぜる始末、
やはりこんな機長には
自分の命は任せたくない。



ひどい乱気流を難なく乗り切り
機体が安定すると
副操縦士に操縦を任せて睡眠をとるが
何らかの理由でそのご機体は急降下を始める。

なんか足元あたりがキューッっとなる
乱気流は何度乗っても気持ち良いものじゃないし

まして急降下なんて経験は無いし
これからもしたくない、
その後、非常事態に陥り
彼は持てるテクニックと知識を総動員して
しまいには背面飛行までして
何とかスピードを落とし
田園地帯に不時着した、
10数名が死亡と言う大事故となってしまう。


その後、彼は多くの命を救った
奇跡のパイロットとして
マスコミにヒーローに祭り上げられるが
血中からアルコールと薬物が検出され
一気に終身刑までありうる罪を負うことになる。



実際、彼の私生活は破綻し
その状態を見たら
やはりパイロットなんて非常識だと思わせる、
しかし腕は一流で
事故のシュミレーションをしても
10名が全員地上に激突という結果で
やはり彼の優れた技術は証明されるのだが
やはりそれでは納得はできないな。



その後の展開は
ちょっと偽善的でもあり
結末には不満も残るが
よくもまあ、こんなストーリーを考えるものだと
それには感心したが
アメリカのドラッグや深刻なアルコール依存は
心底怖いと感じた。



空港で、でっかい飛行機を見ると
やはりこれが空を飛ぶって
凄いことだけど
無理があるなとふと思ったりする。


主人公はこの映画の中で
救われるのだけど
やはり彼がドラッグや
アルコール漬けじゃない状態だったら
その事故そのものをもっと早期に察知し
回避できたかもと思うと
映画の結末とは違う
現実的な結末があったのじゃないかな。


でもエンタメとしては面白かった。


★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

映画「横道世之介」原作より映画にリアルを感じた

2013年03月13日(水) 19時09分
映画「横道世之介」★★★☆
高良健吾、吉高由里子、
池松壮亮、伊藤歩、綾野剛、
きたろう、余貴美子出演

沖田修一監督、
160分、2013年2月23日より全国公開
2013,日本,ショウゲート
(原題/原作:横道世之介)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「フツーの人だよ、
笑っちゃうくらい、フツーの人」



初恋の人の事を
30代になった与謝野祥子(吉高由里子)が
横道世之介(高良健吾)を評して言う言葉。
その通りであり
それじゃあ、全然彼を言い当ててない
でも全くその通り。



九州から大学進学の為に上京した
横道世之介の当り前の日常を
ただスクリーンで見る訳だけど
その何気ない日常が
自分が上京した日々と重なり
なんだか切ない。


一生懸命というとちょっと違う
でも毎日の出来ごとに
ワクワクしつつも
多くは戸惑っていた
そんなかけがえのない日々



彼と出会う人は
真っ当なくらいフツーな世之介を
特別な存在とは思わないが
それでも20年も経った後でも
ちょっと笑っちゃうような思い出とともに
「あいつどうしてるかな」って
思いだすような。


世之介を演じた高良健吾が良い、
こんな器用な役者だったのかと
改めて「才能」ってものを感じた、
特別じゃない何気ない日常って
一番難しいと思うが
ここには等身大のひとりの人間が
確かに存在していて
それがこの映画をぐっと身近に感じさせてくれた。



吉田修一の原作も新刊ですぐ読んだが
彼に求めているのが
こんな内容の本じゃないので
全く面白いと思わなかったが
映画を見て、
受け取る側の意識次第で
こんなに違うのかと驚いた。



きっと吉田修一の本と思わずに読めば
もっと違う印象だったかもしれないが
それは自分の本の読み方だから仕方ない
こんなふうに映画になって
感動するのも悪くない。

160分の長編だけど
長さは気にならない

でもこの長さだとTVでは難しいだろうな。
是非劇場へ。


★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

書籍「狭小邸宅/新庄耕著」オマエら売る以外に存在理由なんてないんだよ!

2013年03月12日(火) 0時07分
書籍「狭小邸宅/新庄耕著」★★★☆
新庄耕著 ,
集英社、2013/2/5
(176ページ , 1.260 円)


<リンク:【送料無料】狭小邸宅 [ 新庄耕 ]>



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


第36回(2012年) すばる文学賞受賞


「戸建物件を売る不動産会社に勤める「僕」。
ノルマ、容赦ない上司の罵声。
そこは売上という結果以外、
評価されない過酷な職場だった。
戦力 外通告を受けた異動先の営業所でも
辞職を迫られるが、
ある日幸いにもひとつの物件が売れ、
周囲からも徐々に認められ、
自身も変わっていく のだが……。 」
(集英社HP、作品解説より)



ここに描かれた世界はたぶん現実だろう、
営業と一口にいっても色々な形がある、
ルート営業や飛び込み
営業経験の無い人でも聞いたことくらいある、
そして売る対象こそ実に様々だ。


主人公は社会人の第一歩を
建売住宅の販売という営業で始めた、
想像するだけで大変そうだ、
家と言ったら単価は数千万円
そう簡単に買ってくれるわけない。


新人はひたすら電話営業と
チラシ配り
良いお客は上司が配分し
新人には回ってはこない、
自己表現も何もあったもんじゃない
何か出来るとしたら「売る」しかない
でなければ職場を去るかだ。



長く売れ残った塩漬けの邸宅を
主人公が売る瞬間は確かに心躍るシーン

池井戸潤だったら
このあたりで、うまく納めるだろうけど
作者は容赦ない
結局ひとつ成功しても
営業で生きていくなら
また売り続けるしかないのだ。



仕事って何だろう、
自分にとっての仕事とは・・・。


考えてしまった。

何事も経験とは言うけれど
どれもが正解であり
でも正解tも言えず
結局、経験は良くも悪くも
今の自分を作ってくれている、
そこで何を学ぶか
やはりそれも経験があるから出来る事。



小説は読みやすく
臨場感があるので
次の展開が気になって一気読み、
文学賞という肩書は不要の面白さ。

★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「テッド」タブー一切無しのお下品映画が面白い

2013年03月10日(日) 19時42分
映画「テッド」★★★☆
マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス出演

セス・マクファーレン監督、
106分、2013年1月18日より全国公開
2012,アメリカ,東宝東和
(原題/原作:TED)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


セス・マクファーレン監督は、
今年のオスカー授賞式の司会を務めた。



「日本でも大ヒットの
オバカ映画は名古屋駅周辺では
公開当初は劇場が無かったが
やっと2月に入ってピカデリーで上映、
見逃したくない!というような映画じゃないが
たまには、こんな映画もいいかな」



公開4週連続首位という
考えられないヒットで
もうすぐ40億円に到達するという
最大の誤算映画、
「面白いらしいよ」
そんな口コミがヒットの要因と言う、
まさにこの映画「面白い」というのは
嘘じゃないけど
ここまでヒットするのもちょっと違う気がする、
実際に見てみてそんなふうに感じた。



同年代から仲間はずれにされていた
ジョン(マーク・ウォールバーグ)は
クリスマスプレゼントのテディベアと
友達になれるように祈る、
そしてその願いが通じて
テディベアのテッドに魂が宿り、
二人は「一生友達だよ」と約束する。


そして27年経過した現在、
子供っぽさが抜けきらないジョンと
オヤジのような
ふてぶてしさが身に付いたたテッドは
相変わらず付かず離れず過ごしているが
恋人が出来たことで
ジョンもとうとう大人になろうと
テッドと分かれて暮らすことになる。

まあ、前提があり得ないので
色々バカバカしいところを
数え上げても仕方ないが

しかしこの映画、
ぬいぐるみと人間の交流という
およそ子供向きのテーマを
なんと子供には絶対見せたくない
トンデモ映画に仕上げているのが面白い。


恋人に「自分とぬいぐるみとどっちを選ぶ?」と
迫られ悩む主人公、
一事が万事そんなことの繰り返し

そこには驚きの展開もないし
ホロリと啼かせる仕掛けも無い
ただただバカバカしい、
でもなんだろうな
このバカバカしさが良かったりする


最近は色々考えると
がんじがらめで
これを言うとあちらに角が立ち
これを引っ込めると
それで傷つく人が居る・・・
なんとも厄介な世の中
だからそんな深読みを取っ払って
とことんやってくれてるこの映画に
癒されていたりするのだ



不思議な映画体験


★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
2013年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf