書籍「路ルウ/吉田修一著」447ページの厚みが嬉しい

2013年01月30日(水) 0時09分
書籍「路ルウ/吉田修一著」★★★☆
吉田修一著,
文藝春秋、2012/11/21
(447ページ , 1,733 円)


<リンク:
【送料無料】路 [ 吉田修一 ]

【送料無料】路 [ 吉田修一 ]
価格:1,733円(税込、送料込)

>*


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


「台湾で出会ったふたり
旅行で訪れていた多田春香と
偶然出会い案内をしてくれたエリック、
旅の想い出がその後の人生を決める事もある、
台湾新幹線が走り出すと
二人の運命も重なりあう、
まさにドラマチックな展開で戸惑いもするが
447ページという持った時の嬉しい厚み
本を読む時間を楽しんだ」



台湾新幹線という名前は聞いたことがある、
システムや車両、土木工事で
ヨーロッパと争い
結局折衷案で落ち着いたが
台北駅から高雄市345kmを
これまでの4時間かかった工程を
僅か1時間30分で結ぶ高速鉄道が完成した。


それから中国の脱線事故の時も
安全性重視の運用で紹介されていた、
我らが誇る新幹線が台湾を走っているのは
なんとも誇らしい気分だ、
次はこれに乗る為に旅行に行ってもいいな。



主人公達の出会いやその後の関係
そして新しい展開と
台湾新幹線の開業と並行して
それに携わる人間の大きな仕事への
意気ごみやプレッシャーなど
仕事と恋愛がバランスよく書かれている。



何といっても台湾のあのねっとりした気候と
美味しい食べ物の描写が秀逸で

2度訪れた台北の騒々しさや
賑わいそして安価で美味しい食べ物の記憶が
パーッっと蘇ってきて
それが頭の中で勝手に画像を結んで
これってやはり文章が巧いからなんだろうな。


ただ描かれた内容としては
それ程驚きが無かった、
仕事で得られる喜びや苦悩などは
池井戸潤の描く世界の方がしっくりくるし

こと恋愛に関しては
展開自体が最初から分かってしまい
その意味でありふれていた。


ただ嬉しいのはこの本の厚み
よくも、なにも無いところから
ここまで登場人物を動かし
読んでいる自分達を別の場所に連れて行ってくれた、
それはもう本を読む喜びだ。



心を揺さぶられるようなものは無かったが
読み物としては
充分に楽しんだ。
映画かドラマになりそうだ。


★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」新年早々ジェット・リーの雄姿を見る

2013年01月28日(月) 11時56分
映画「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」★★★★
ジェット・リー、ジョウ・シュン、
チェン・クン、リー・ユーチュン、
グイ・ルンメイ、メイヴィス・ファン出演

ツイ・ハーク監督、
158分、2013年1月11日より全国順次公開
2011,中国,ショウゲート
(原題/原作:龍門飛甲/FLYING SWORDS OF DRAGON GATE 3D )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「もうアクション映画は卒業した?
そんなこと言ってたとか言わないとか
でもジェット・リーがアクションに帰ってきてくれただけで
ファンとしては大歓迎、
あまりこだわらずに
もっともっと見せてもらいたいものだ」



辺境の地の宿屋“龍門”には、
60年に一度の恐るべき砂嵐が迫っていた。
その砂嵐が砂漠の砂を払って
幻の財宝都市を見せると言う噂が囁かれ
悪いやつらがゾロゾロと集まってくる。



3Dは嫌いなのでなんとか避けてるが
この映画はアクション映画だし
何かやってくれそうな
ツイ・ハーク監督とジェット・リーだから
とんでもない映像が見れるかも。

その効果はというと
冒頭のジェット・リーの最初の戦いでは
画面の向こうからこっちへと
体が浮遊し
クルクル回転して
ワイヤーで吊りに吊っているが
そのおかげで3Dに期待する
飛び出すような効果が何度か見られて
楽しめた。



ただこういう仕掛けはそのうち
刺激しなくなって
とくにドラマ的なシーンでは
やはりメガネを外したくなる
メガネ無しで奥行きや飛び出す映像はムリなのか。


のっけから30分くらいは面白かったが
主役がジェット・リーから
秘宝を狙う遊牧部族や政府の暗殺団に
重点が移るとどうも色褪せてくる、
劇画タッチでどんどん展開していかないと
アクション映画の鮮度はすぐ落ちてしまう、
心理描写もいいけど
そんなもの求めていないからね。


中だるみの後
砂嵐が“龍門”を襲う
自然の前では人間は、その勢いを
やり過ごすしか術は無い、
そしてその後もうひと波乱。



このくらいの出来の作品を
もっともっと量産してもらいたいものだ。
心温まる映画もいいけど
たまにはアジア発の派手なアクションを見たいからね。


レンタルまで待ってもいいが
ジェットー・リーのアクションを堪能するなら
大画面じゃないとつまらない。



★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

映画「96時間/リベンジ」やはり続編、前作の30%オフってところか

2013年01月23日(水) 7時55分
映画「96時間/リベンジ」★★★☆
リーアム・ニーソン、マギー・グレース、
ファムケ・ヤンセン、ラデ・シェルベッジア 出演

オリヴィエ・メガトン監督、
92分、2013年1月11日より全国公開
2012,アメリカ,20世紀フォックス
(原題/原作:TAKEN 2)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「前作では娘を誘拐された主人公が
救出すべく、ああゆる技術を駆使して
誘拐犯を追い詰め
娘を取り戻すまでを描いたが
目的の為なら手段は選ばずの精神で
まさに敵を皆殺し状態だった、
そして今度は誘拐犯グループの父親が立ちあがる」



リュック・ベッソンが脚本を手がけたと聞くと
ちょいと心配になる
それだけリュック・ベッソン関連の映画は
当たり外れが大きい

ただしこの映画の前作は結構面白かったので
その点では安心できるが
やはり続編、前作の70%くらいの出来だった。


今回の舞台はイスタンブール、
仕事を終えた主人公は
娘と元妻とホテルで合流し
久々の休息をアジアとヨーロッパの混じり合う
イスタンブールで過ごそうとするが
悪いやつらのリベンジが始まる。


だいたいリーアム・ニーソンを敵に回したらいけない、
良い人そうな見た目と違って
フォースも持ってるからね

リベンジするはずが
逆に一緒に連れてった仲間全部がやられて
最後の決断を迫られることになる、
もうここでやめよう・・・と。


まあ、そんな着地点しかないだろう
次があるとしたが
娘が主人公かも、
ガチャガチャ騒ぐだけだった娘も成長し
今回は父を助けて大活躍、
展開は少し変わったけれど
前作のような「これからどうなるんだ?」という
圧倒的なドキドキ感が無く
なんとかなるだろうという
安心感が先に立つので
その分、続編って難しいなと実感。



絶対劇場で見た方がいい!って、
そこまではいってない、
前作を予習してから
レンタルでも十分かな。
ただし舞台となるイスタンブールの街の様子を
楽しみたいなら劇場で。


前作の記事はこちらから↓
「96時間」誘拐犯も相手が悪かった、究極の親バカが行く!2009年08月28日(金) 0時09分


★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

それでも気になる、第85回アカデミー賞のノミネート

2013年01月22日(火) 0時09分
それでも気になる、第85回アカデミー賞のノミネート


<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


映画の最大の祭典
アカデミー賞のノミネートが発表された。


この時期、日本では公開されてない作品も多いので
どれが良いのかこの時点では分からない、
それでもここ何年かWOWOWでライブ放送されるので
予約録画しておいて外出し
なんとか結果をどこかで見ないようにして帰り
楽しみに見ている。

なんといっても受賞スピーチが良い。
授賞式は2月24日
楽しみだ。


作品賞
『愛、アムール』
『アルゴ』
『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』
『ジャンゴ 繋がれざる者』
『レ・ミゼラブル』
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
『リンカーン』
『世界にひとつのプレイブック』
『ゼロ・ダーク・サーティ』


@『アルゴ』『レ・ミゼラブル』
現在見ているのはこの2作品だけ。


監督賞
ミヒャエル・ハネケ(『愛、アムール』)
ベン・ザイトリン(『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』)
アン・リー(『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』)
スティーヴン・スピルバーグ(『リンカーン』)
デヴィッド・O・ラッセル(『世界にひとつのプレイブック』)



主演俳優賞
ブラッドリー・クーパー(『世界にひとつのプレイブック』)
ダニエル・デイ=ルイス(『リンカーン』)
ヒュー・ジャックマン(『レ・ミゼラブル』)
ホアキン・フェニックス(『ザ・マスター』)
デンゼル・ワシントン(『フライト』)



主演女優賞
ジェシカ・チャステイン(『ゼロ・ダーク・サーティ』)
ジェニファー・ローレンス(『世界にひとつのプレイブック』)
エマニュエル・リヴァ(『愛、アムール』)
クヮヴェンジャネ・ウォリス(『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』)
ナオミ・ワッツ(『インポッシブル』)



助演男優賞 
アラン・アーキン(『アルゴ』)
ロバート・デ・ニーロ(『世界にひとつのプレイブック』)
フィリップ・シーモア・ホフマン(『ザ・マスター』)
トミー・リー・ジョーンズ(『リンカーン』)
クリストフ・ヴァルツ(『ジャンゴ 繋がれざる者』)

助演女優賞
エイミー・アダムス(『ザ・マスター』)
サリー・フィールド(『リンカーン』)
アン・ハサウェイ(『レ・ミゼラブル』)
ヘレン・ハント(『ザ・セッションズ』)
ジャッキー・ウィーヴァー(『世界にひとつのプレイブック』)


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

書籍「血霧(上・下)/パトリシア・コーンウェル著」ガマン、ガマンの読書体験

2013年01月21日(月) 0時09分
書籍「血霧(上・下)/」★★★パトリシア・コーンウェル著 ,
講談社文庫、2012/12/14
( 364/374ページ , 各950円)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「シリース第19弾、
思えば遠くまで来てしまった、
全作品を読んでいるが
最初の頃の面白さは感じられない
それが残念だけれど
結局新作が出ればまた買って読んだろうな」



よく映画でシリーズものだけど
この作品だけ見ても面白い!ってあるけど
この作品はこの本だけ読んでも
楽しめないと思う、

これは登場人物にそれぞれ過去の歴史があり
それぞれの関係は複雑に入り組んで
この作品を読んだだけでは分からないからだ。


年末恒例の新作を買って
実家で読み始めた
今作は前作「変死体」の続編


スカーペッタは死刑囚に面会を求められ
サヴァンナの女子刑務所を訪れる、
彼女は殺人鬼ドーン・キンケイドを産んだ
キャスリーン・ローラーから
意味深な言葉を託され
彼女の指示に従って電話をすると
ジェイミー・バーガーに繋がる。


そこからなんとも長々と
心理描写や状況説明が続く

矢継ぎ早に事件が起こるだとか
早い展開なんて全く無く
スカーペッタはアウエイで孤軍奮闘する。


そして下巻から事件は動き出すが、
このシリーズ当初に感じたワクワク感は
後半のラスト付近で少し感じただけ
あとはひたすらガマンして読んだ。



今回は状況ばかり説明して
人間が全く描かれていない
それが致命的だった、

「こうかもしれない」
「そうだったら、どうなるだろう・・・」
そんな彼女の思考がグルグルと
同じ場所を巡り
こちらもそれに長々と付き合わされるばかり。


結局彼女はここでは『検屍官』ですら無く
以前は死体から得られる証拠に基づいて
事件の核心に迫っていったが
今では彼女が何者かさえ曖昧だ、
その立場の曖昧さが
そのまま作品に映し出されたのかも。



とにかくガマン、ガマンで
面白さは僅かだった、
でも次回の新作も買うだろうな
これはもう終わるまで続けるしかないからだ。
まあ、そういうのがあること自体
嬉しくも感じてる。


★100点満点で70点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「レ・ミゼラブル」そして映画で蘇る

2013年01月19日(土) 18時29分
映画「レ・ミゼラブル」★★★★
アン・ハサウェイ、ヒュー・ジャックマン、
ラッセル・クロウ、アマンダ・セイフライド、
エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター出演

トム・フーパー監督、
158分、2012年12月21日より全国順次公開
2012,イギリス,東宝東和
(原題/原作:LES MISERABLES )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「舞台を見たことは無いが
それでも誰でも知ってるような大ヒットミュージカルを
映画にするという大勝負、
世界中の舞台を愛する人を
敵にまわすような大胆な試み、
自分は比較する事はできないが
たぶん成功したのだと思う」



舞台はフランスの激動の時代
1792年のフランス革命によって共和制となり
その後、ナポレオンの登場で栄華を誇るが
1814年ルイ18世がフランス国王となり王政復活、
クライマックスは1832年の「パリ6月暴動」

このあたりを時間軸に
パンをひとつ盗んだ罪で19年も服役した
主人公のジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)、
仮出所後もつきまとう警察の目から逃れ
名前を変え暮らしていくが
それでも逃れられない運命にあった。

冒頭から歌、歌、歌。
セリフはほとんど無く
出演者の歌と表情、そして見事なカメラワーク
これは映画ならでは、
視界いっぱいに広がるパリの街、
その小さな点が、ひとりひとりの人間
その対比にさえ何か感じる。



生で歌って芝居をするという
大変な試みで作られただけあって
その臨場感は特別、

相当回数何度も撮影したのだろうと思いつつ
出演者の歌に圧倒される。


アン・ハサウェイの役者根性を見たし
ヒュー・ジャックマンの多才さも
充分感じた、
特筆すべきはカメラワークで
これは舞台では表現できない部分だろう、
映画の力を見せつけられた。



ただストーリーとなると
歌では補えない部分があったような気がする、

もう少し心情を語ってもらわないと
どうも短絡的な展開な部分が気になって
歌を中心にするのは分かるが
やはりそれだけではちょっと弱い、
だからか自分は見終わって
拍手する程の感動は無かったな。


ミュージカルはセリフから
唐突に歌に変わるので
違和感もあるが
この映画はほぼ全編映画なので
その点ではアイデアとしても良かった

自分としては「エビータ」の方が
今でも心に残っている、

やはり歌だけでは弱いとそう感じた。


革命の嵐がパリの街を吹き荒れる
上流階級の贅沢な暮らしと
貧困に近い庶民の生活
その不満が人々を動かすわけだけど
やはりそのあたりは描ききれていなかった、
だから革命のもつ意味がもうひとつ
伝わらなかった、
それでもこの感動はちょっと忘れがたい。



しかし映画と言う娯楽は
こんなに自分達を楽しませてくれる
だからまた劇場へ向かうのだ。

★100点満点で85点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

ゴールデン・グローブ賞発表///『レ・ミゼラブル』が最多3部門

2013年01月17日(木) 0時09分
ゴールデン・グローブ賞発表///『レ・ミゼラブル』が最多3部門

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


『レ・ミゼラブル』が最多3部門!





現地時間13日、
第70回ゴールデン・グローブ賞授賞式が行われ、
映画『レ・ミゼラブル』が作品賞(コメディー/ミュージカル)を含む
最多3部門で受賞
常にアカデミ賞の前哨戦として注目されるが
果たして今年は・・・・?


作品賞
『アルゴ』(ドラマ)
『レ・ミゼラブル』(コメディー/ミュージカル)


監督賞
ベン・アフレック 『アルゴ』


男優賞
ダニエル・デイ=ルイス 『リンカーン』(ドラマ)

ヒュー・ジャックマン 『レ・ミゼラブル』(コメディー/ミュージカル)



女優賞
ジェシカ・チャステイン 『ゼロ・ダーク・サーティ』(ドラマ)

ジェニファー・ローレンス 『世界にひとつのプレイブック』(コメディー/ミュージカル)



助演男優賞
クリストフ・ヴァルツ 『ジャンゴ 繋がれざる者』

助演女優賞
アン・ハサウェイ 『レ・ミゼラブル』

脚本賞
クエンティン・タランティーノ 『ジャンゴ 繋がれざる者』



★100点満点で75点★


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

映画「カミハテ商店」ここは人生のどんずまり

2013年01月16日(水) 0時09分
映画「カミハテ商店」★★★☆
高橋惠子、寺島進、あがた森魚 出演

山本起也監督、
104分、2012年11月10日より全国順次公開
2012,日本,マジックアワー、北白川派
(原題/原作:カミハテ商店 )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「乗客も僅かなバスの終点、
そこには小さな雑貨屋があり
その先には断崖絶壁がある、
時々絶望を抱えた人間がやってきて
雑貨屋でパンとミルクを買って
それを最後の食事として
命を絶っていく
上終(カミハテ)の地の雑貨屋の女主人と
そこを訪れる僅かな人々の物語」



予告が意味深で気になっていた作品

名古屋のシネマテーク(今池)は
満席でも50席くらい
この日もいつも通りな感じの10人くらい、
この映画を見るにも丁度いいかな。


生活に疲れ果てたような主人公、
千代(高橋惠子)は、何をするにも
「はーっ」とか「ふーっ」とか
ため息とも言えないような言葉を発して
常に下を見ている様子、
親から引き継いだ店は
雑貨屋だけれど
何年も入れ替わりの無い商品が
ほこりをかぶったまま陳列されているみたいだ。

この店では彼女の作るコッペパンだけが
ショーケースの中で
静かに息をしている、

そのパンを大切なものを扱うように
ここを訪れた人は口にして
そして最後の時を迎える。

それだけの映画

極端に会話は少なく
時間の経過が
ここだけは別の感じさえする

同じ事が繰り返され
彼女の深いため息とともに
何もかもが、靄がかかったように
その瞬間後、あるべき場所に収まる。


いくつかの出来事はもちろん起こるわけだけど
だから何が言いたいって映画じゃない、
見た人がそこに何を見て
感じるか、

不思議な音楽とともに
なんか独特な映画のリズムに
劇場は包まれて
一緒に見ている人達と
まさに別の場所にひととき行った気分。

この感覚はレンタルして
家でのんびりした状態では
きっと味わえない



★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

映画「LOOPER/ルーパー」時はどんな時も一方通行、過ぎ去るだけ

2013年01月14日(月) 11時29分
映画「LOOPER/ルーパー」★★★☆
ブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、
エミリー・ブラント 出演

ライアン・ジョンソン監督、
118分、2013年1月12日より全国公開
2011,アメリカ,ギャガ、ポニーキャニオン
(原題/原作:LOOPER)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「劇場でもさかんに予告編が流れていて
前売券を買って楽しみにしていた映画、
タイムマシンで未来の自分が転送されてきて
さあ大変!ということくらいしか
前知識は無かった
TV露出も増えたとあって
劇場は混雑していた」




アクション俳優っぽくはない
ジョセフ・ゴードン=レヴィットは器用な役者
ひ弱な役から骨太な役まで
これまで短い間に
色んな面を見せてくれている、
今回は大御所ブルース・ウィリスと共演、
強烈な印象を残している。



近未来ではタイムマシンが開発されていたが
その使用は政府によって禁じられていた、
まあ、個人が勝手に色んな時代に行けたら
大混乱になるだろうしな、
でもタイムマシンがあれば古代のエジプトとか
行きたいものだ。



犯罪組織は密かに利用して
消し去りたい人間を30年前に転送し
それを30年前の時代の「ルーパー」と呼ばれる
暗殺者が殺すというシステムを作り上げていた、
主人公はそのルーパーのひとり
ジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)、
いつものように転送された人間を撃ち殺そうとするが
それに失敗してしまうことから映画は始まる



良く考えるなぁ
でもどこかおかしいゾ

近未来からわざわざ転送して
殺人をしてる割には
その近未来で簡単に民間人が殺されたり
「?」

そして近未来ってやはり
どこか「ブレードランナー」だったり
想像できる範囲の想定内
そのあたりで驚かせてはくれない。


タイムマシンが作れるほど
科学は発達しても
犯罪も無くならければ、
ごみ溜めのようなスラムもやはり存在する、
楽園のような近未来って
やはり想像し難いのか、残念。



ただし未来になると
人間はちょっとした念力みたいなものを
身につける人が現れるらしい

これは良いな、
マジックのように掌から少し離れた上を
ライターがふわふわ浮いてるのは
可愛いものだ、
でも物語の核となる少年の力は
可愛いいの範囲を大きく逸脱していて
やはりこれはなんとかしなくては・・・って
そんな解決方法なんですか!


よく映画の宣伝で
「ラストに驚愕!」ってあるけど
これは素晴らしい発想としての
驚きとはちょっと違うが
ビックリすることは確か。
まあ、面白かったけど
斬新だったり、核心的だったり
そんな言葉にはもうひとつだったな。


★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

映画「ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ」ねこは、もう、けっして 生きかえりませんでした

2013年01月09日(水) 7時59分
映画「ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ」★★☆
佐野洋子、渡辺真起子 出演

小谷忠典監督、
91分、2012年12月8日より全国にて公開
2012,東風
(原題/原作:100万回生きたねこ )




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「絵本作家の佐野洋子さんのドキュメンタリー、
絵本「100万回生きたねこ」は、
絵本なんか普段は見ない自分も持っている、
いつだったか誰かに勧められたものだ、
読んだ当初、これって子供が分かるの?
勝手に大人向きの絵本と思っていたが
今回のドキュメンタリーで
読んでもらった子供の表情を見て
その考えを改めた」



この映画はガンを患い、余命を宣告されていた
佐野洋子さんを「顔を映さない」という条件で
撮影を始めた作品、

2010年夏に撮影を開始してから
僅か3ヶ月後に佐野さんが亡くなってしまい
映画を見ている間中感じたのは
無理してなんとか映画らしい時間に
仕上げたって感じ。



この映像って関係あるの?
そんな無駄というか、
意味不明の映像もあったからだ。


たぶん製作当初はもっと時間をかけて
このなんとも有名な絵本と
それを生み出した作家の周辺を
描いていこうと考えていたのだろうが
本人を失って
その方向を見失ったようだ。



だからハッキリ言って
この映画はドキュメンタリーとして
出来は良くは無い

佐野さんはこの映画の出来を
あのどう評するだろうか、あの辛口で。


けれど昨年2冊の彼女のエッセイ本と
ムック本「佐野洋子 100万回だってよみがえる」など
手に入れて読んでいたので
とにかく何か関係のあるのもに触れたいと
そう思っていたので
その意味では昨年中旬からの
佐野洋子という人が気になるという
自分の気分にケリをつけるというか
そんな映画鑑賞だったわけです。



「大事なものはぜんぶ目に見えないと思ってるの。
目に見えないことが一番大事なことだと思ってる」
「目に見えるものは全く私にとっては大事じゃないんだよね」
所々に挿入される佐野さんの言葉が
劇場の空間に浮かんでいる
その断片を自分達はただ噛みしめる。


100万回死んで100万回生まれかわった、ねこ
ねこは、もう、けっして 生きかえりませんでした。



★100点満点で40点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←
2013年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf