映画「アントキノイノチ」二人のファンなら見てもいいかな

2011年11月29日(火) 21時35分
「アントキノイノチ」★★★
岡田将生、榮倉奈々、松坂桃李、原田泰造、
染谷将太、檀れい、鶴見辰吾、柄本明、
堀部圭亮、吹越満、津田寛治、宮崎美子 出演

瀬々敬久 監督、
131分、 2011年11月19日公開
2011,日本,松竹
(原題:アントキノイノチ )







<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「映画と原作は別物と常に思っている、
でも原作を気に入っている場合は
やはりそれなりに期待するもの。
この映画は宣伝を見ていた時から
原作の持つ硬派な部分より
恋愛が表に出ていて気になったが
映画を見終えて、この後味の悪さで
ワリと出来の良かったラスト直前までを
無残な印象しか残らない作品にしてしまっていた」



永島杏平(岡田将生)は高校の時
身近な友達を亡くして
しばらく鬱病を患っていた、
そんな彼は遺品整理の仕事を始め
同僚や上司とのふれあい
そして仕事を通して
自分らしい生き方を見つけていく。


「無縁社会」「孤独死」と
時々キーワードのように話題になるが
この映画はまさに孤独死を迎え
死後しばらく経って見つかった人の
部屋を片づける仕事が描かれている、
そんな仕事もあるんだ
そんなふうにも思うけど
やっぱりあるんだろうなと思う、切実に。



彼らが入っていくのは
ちょっとどこかへ出かけたような
生活感そのままの部屋
主だけがいない
彼らは帽子を取り合掌してから作業を始める、
誰かが死んでしまったという喪失感より
誰かが確かにここで生きていたことを感じる、
しかし丁寧な作業の後は
何もなくなった部屋、
窓から入る柔らかい太陽の光を
かつては誰かがここで浴びていたのだ。


主人公と同僚として
久保田ゆき(榮倉奈々)が登場する、
彼女も高校時代に暗い過去を持ち
そんな境遇が二人を結び付けていく、
彼女の登場はこの映画の視点を曖昧にしている
違和感なく物語は進行するが
ラストでとんでもなくあざとい展開で
一気に映画の魔法から冷めてしまった。




様々な理由から家族との縁を切って
孤独な死を迎える
残された家族は遺品は要らないから
全部捨ててくれというが
それでも先に逝った親や兄弟の心を知り
無関心でいた過去に涙する、

そんないくつかのエピソードの積み重ねと
そんな場に居合わせた主人公が
不器用ながらも
人と関わり続けていくことを選んでいくのだけれど
映画はそんな繊細な部分を
ラストの出来事で台無しにしてしまった。


原作はなかなか良かったので残念。


★100点満点で65点★



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

岡田将生出演作品

アヒルと鴨のコインロッカー(2007年5月12日公開、ザナドゥー) - 免許のない学生・佐藤 役
天然コケッコー(2007年7月28日公開、アスミック・エース) - 大沢広海 役
ROBO☆ROCK(2007年11月23日公開、アステア) - キリコにカモられたタトゥー少年 役
ブラブラバンバン(2008年3月15日公開、トルネード・フィルム) - 村雨亮 役
魔法遣いに大切なこと(2008年12月20日公開、日活) - 緑川豪太役
ハルフウェイ(2009年2月21日公開、シネカノン) - シュウ(篠崎修) 役
ホノカアボーイ(2009年3月14日公開、東宝) - レオ役 ※初主演
重力ピエロ(2009年5月23日公開、アスミック・エース) - 奥野春 役
僕の初恋をキミに捧ぐ(2009年10月24日公開、東宝) - 垣野内逞 役
告白(2010年6月5日公開、東宝) - ウェルテル(寺田良輝) 役
瞬 またたき(2010年6月19日公開、SDP) - 河野淳一 役
悪人(2010年9月11日公開、東宝) - 増尾圭吾 役
雷桜(2010年10月22日公開、東宝) - 斉道 役 ※主演
プリンセス・トヨトミ(2011年5月28日公開、東宝) - 旭ゲーンズブール 役
アントキノイノチ(2011年11月19日公開予定、松竹) - 永島杏平 役 ※主演
宇宙兄弟(2012年春公開予定、東宝) - 南波日々人 役 ※小栗旬とダブル主演
ひみつのアッコちゃん(2012年9月公開予定、)

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「沈黙への三日間(上下」もっとスリムでタイトにすべき

2011年11月28日(月) 21時51分
「沈黙への三日間(上下」★★★
フランク・シェッツィング 著 ,
早川書房 、2011/3/31、1版
(526ページ /559ページ , 966 /966円)







                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「この作家の本は初めて読んだ、
なにか面白そうなミステリー小説はないかなと
そんなとき『暗殺サスペンスの最高峰 』なんて
新聞広告を見つけてさっそくネット注文し、
読み始めたがこれが上巻はもたついて
途中で投げ出しそうになったが
映画も本も最後までと決めてるので
なんとか我慢して読み切った」



厳重な警備のターゲットを
指定時刻、指定場所で
全世界がその暗殺の光景を目撃できること。


不可能と思える計画
そこで名前が上がったのは
ヤナと言うコードネームで仕事を請け負う女性暗殺者、
舞台設定も役者も揃ったという感じ、
けれどこれがなかなか核心に近づかないし
余計な話が多すぎで
ミステリーのテンポなんか無視し
どうなってるんだこれと
何度も感じた。



9・11以降、平和っていうものの形が
見えにくくなったというか
なにか根幹にある揺るぎないものが
全く信じられなくなった、
今だくすぶり続ける民族紛争
この小説の描くものは古さしか感じない
そして手口も説明されてても
いまひとつピンとこないくらい。



けれど上下巻で2000円近くという
時間とお金は取り戻せない
高い買い物だった。


次は別の作家の本を読もう。


★100点満点で55点★




soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

海外の翻訳ものは当たり外れが大きい、
訳者の影響もあるのかもしれないが、
日本語としてこなれていないと読みにくい。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「マネーボール」自分の考えを貫くことの厳しさと喜び

2011年11月27日(日) 19時09分
「マネーボール」★★★☆
ブラッド・ピット、ディミトリ・マーティン、
フィリップ・シーモア・ホフマン、ロビン・ライト 出演

ベネット・ミラー 監督、
133分、 2011年11月11日公開
2011,アメリカ,SPE
(原題:Moneyball )







<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

日本では公開2週連続3位、
興行収入10億くらいか。


「ブラビが家族で来日した報道で
この映画の宣伝は完了、
でも美しいブラビを見に行った女性客は
この映画をどう感じただろうか、
実際のモデルとなったGMは
今もアスレチックスでその職に就き
日本では松井秀喜をエンゼルスから呼び寄せたことで
話題となった、
視覚的に大いに盛り上がるシーンなど
登場しないが
周囲の取り巻く状況を踏まえ決断することや
自分にとって何が大切なのか
改めて考えさせてくれる映画だった」



育て上げた主力選手を高い契約金で引き抜かれ
少ない予算でどんな補強が出来るだろうかと
ジェネラル・マネージャーの
ビリー・ビーン(ブラッド・ピット)は
プロのスカウト達の意見を聞くが
そのどれもが「もし予算があれば」という
空論にすぎず
ではどうしたらいいか迷っていた、
そんな時、選手を補強する話をしにいって
データ分析が得意なピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)に出会い
彼を引き抜き新しいチーム作りを始めた。


「マネーボール理論」と名付けられたそれは
1勝するために何が必要か
また優勝する為には何勝が必要で
そのためにはどんな選手が最適かを
データから割り出すことで
実績や名のある選手より
全体のバランスには欠けていても
勝つために必要な能力をもっている選手を
安い契約金で集めるというもの。


最初はうまく機能しなかったが
徐々に効果をあげて
アスレチックスはプレーオフに進出するが
惜しくもそこで敗退してしまう、
現実は映画じゃないから
最高の成績を手に入れハッピーでしたとはいかない、
けれどビリーは、その手腕を買われ
レッドソックスから巨額のオファーを受けるのだ。



何より結果にこだわるビリー
「良くやった」ではだめなのだ、
最高の勝利を掴まなければ意味は無い、
何度か繰り返される言葉

では良く頑張ったというのでは
本当にダメなのだろうか、
実生活では夢の実現や理想は
ほとんどの場合遥か遠くにあり
常に焦がれ続けてはいるけれど
手に入らないことをどこかで分かっているような
それが現実と言ってしまえばおしまいだが
それでも頑張る背中でいたい。


スポーツ選手の現役生活は短い
契約を切られて次が無く
不安な現実と向き合う選手を
良い面を見つけてチームで働いてもらうが
他の良い選手を獲得すれば
バッサリと切ってしまう冷酷さも見せるが
彼の思い描くものは最高の勝利
ならばそれは仕方のないこと。


最高額のオファーを断り
今のチームで自分の理論を実証しようと
今も奮闘する実在の人物
いかに生きるか
どう仕事と向き合うか
考えさせてくれる映画だった




★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

フィリップ・シーモア・ホフマンは監督役で出演していたが
彼を起用したのはあの体格だからだろうか?
もうひとつ意味が分からなった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「恋の罪」みんな城の入り口を探して歩き回っている

2011年11月23日(水) 11時03分
「恋の罪」★★★☆水野美紀、冨樫真、神楽坂恵、
児嶋一哉(アンジャッシュ)、二階堂智、
小林竜樹、五辻真吾、深水元基、
内田慈、町田マリー、岩松了、
大方斐紗子、津田寛治 出演

園子温 監督、
144分、 2011年11月12日公開
2011,日本,日活
(原題:恋の罪 )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「『冷たい熱帯魚』(2011年)の衝撃からわずか
新作もかなりエグイ映像と内容、
セリフも未完成な印象の部分もあったが
途中からそんなこと全く気にならなくなった
人の心の奥底の痛い部分を
全部あけっぴろげて
その鮮烈な滴る血の一滴一滴を見せつけられた、
ホラーやオカルトチックナのに
まさしく人間ドラマを見た気分だ」



1997年に実際に起きた話からヒントを得て製作された、
渋谷のラブホテル街の木造アパートの空き室で
39歳の東電OLの死体が発見され
所持金473円バッグには未使用のコンドームが28個
会社では管理職として出世コースを歩みながらも
退社後は一日に4人の客をとるノルマを
自ら課していたことが明らかになり、
さらに裁判の過程で母親も娘が売春をしていたことを
知っていたことも話題となった。


まさにその事実をなぞりながらも
他に2人の女性を登場させ
3人のそれぞれの人生の交差点を
かなり衝撃的な映像で見せ切った作品、

自主映画のような感覚を残しつつも
洗練されていない荒っぽさの中に
人間とその抱える性という
厄介なものに真正面に取り組んだ作品と感じた。

上映終了のエンドロールで水野美紀が
行ってしまったゴミ収集車を追いかけて行く

象徴的なシーンまで
収まるべきとこにストーンと収まり
フーッと大きく息を吐くような
それはもちろん充実感からきたもので
スクリーンの裏側に
監督の意図したものが
見事に調和し完結したのだろうなと
前作よりさらに完成された作品を感じた。



毎日の繰り返しの中で
ふと埋めようのない空虚な穴を
誰もが抱えている

ほとんどの場合は別の何かで
その埋め合わせがなされ
もしくは他の何かにすり替えることで
とりあえずその穴をふさいでいるのかもしれないが
でもその穴は何を持っても
埋めようが無いのかもしれない。


言葉が溢れている時代だ、
見えるもの
見えないもの
それら全てに名前をつけ言葉に置き換えている
でも言葉に置き換えられないものがあることも
知っている


映画が終わり
次の上映を待つたくさんの人の間をすり抜け
外へ出ると冷たい風に吹かれる
寒さをしのぐように
上着の前を合わせて歩きだすが
組んだ腕の間からも
冷たい風が抜けていくようだった。



★100点満点で75点★


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

園子温監督作品
『俺は園子温だ!』(1985年)ぴあフィルムフェスティバル入選
『男の花道』(1987年)ぴあフィルムフェスティバルグランプリ受賞
『自転車吐息』(1990年)ぴあフィルムフェスティバルスカラシップ作品、ベルリン映画祭正式招待作品
『部屋 THE ROOM』(1994年)サンダンス映画祭審査員特別賞受賞
『BAD FILM』(1995年)
『桂子ですけど』(1997年)
『男痕 -THE MAN-』(1998年)
『0cm4』(1999年)
『うつしみ』(1999年)
『性戯の達人 女体壺さぐり』(2000年)
『自殺サークル』(2001年)新宿武蔵野館における過去最高の観客動員数を記録
『ノーパンツ・ガールズ 大人になったら』(2004年)
『夢の中へ』(2005年)
『Strange Circus 奇妙なサーカス』(2005年)、第56回ベルリン国際映画祭フォーラム部門にて観客の人気投票によって選ばれる「ベルリン新聞・読者審査賞」 (The "Berliner Zeitung" Reader's Jury Award) を受賞
『紀子の食卓』(2006年)第40回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 特別表彰&国際シネマクラブ連盟ドンキホーテ賞
『気球クラブ、その後』(2006年)
『ハザード』(2006年)
『エクステ』(2007年)
『愛のむきだし』(2008年) ベルリン国際映画祭で、「国際批評家連盟賞」「カリガリ賞」を受賞
『ちゃんと伝える』(2009年)
『冷たい熱帯魚』(2011年)
『恋の罪』(2011年)
『ヒミズ』(2012年)

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「コフィン・ダンサー(上・下」人物描写は殺し屋に至るまで緻密で最高

2011年11月22日(火) 7時00分
書籍「コフィン・ダンサー(上・下」★★★★☆
ジェフリー ディーヴァー著 ,
文藝春秋 、2004/10
( 315ページ/ 379ページ , 各690円)






★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい←


「映画でリンカーン・ライムを知ってから
どのくらい過ぎただろう、
今でも自分の頭の中のリンカーンは
デンゼル・ワシントンだし、
サックスはアンジェリーナ・ジョリーだが
『ボーン・コレクター』の頃と比べると
アンジーは有名になりすぎて
ちょっとイメージは変わってきたかな」




「棺の前で踊る男(コフィン・ダンサー)」の
異名を持つ殺し屋は
ターゲットを狙ったら決して外さない、
今回リンカーンにはその殺し屋を捕まえる手助けが依頼された、
操作中の事故により重度の肢体不自由でベッドで過ごす彼は
手足となる最新のコンピュータを駆使し
犯罪現場で手足となって活躍するアメリア・サックスと共に、
決して不用意な証拠など残さないダンサーを
追い詰めていくわけだけど、
次がどうなるか気になる、
まさにページターナーと言われるだけのことはある、
文庫で上下巻なのがうれしい、
読み始めはまだまだたくさんるとどんどんめくれるからね。



リンカーンの実質的な手足となるアメリア・サックスも
今作では犯罪現場の科学捜査官として
成長した姿を見せてくれる。

実際のアンジェーリーナ・ジョリーは
この作品のサックスよりも知名度や実力も上がってしまったので
その点ではイメージの原作と俳優がちょっと食い違うが
それでもヒットした映画ってのは
それ以降も強烈な印象を残してしまうから
原作者が映画化に慎重になるのも仕方ないだろうな。


ある犯罪の重要証言をしてくれる3人の証人のひとりが
経営者でありパイロットでもある彼が飛行中の爆発で殺された、
残る2人をダンサーの手から守り
そしてダンサーを捕らえようと
犯行現場やさまざまな考えから集めた証拠をもとに
ダンサーの近辺には迫るが
いつも彼らの手からスルリと消えてしまう、
このあたりの展開を読んでいて感じるのは
捕まってほしいが、そう間単に捕まってもらいたくもなく
そのもどかしさとでも期待を裏切らない展開で
ホント楽しませてくれた。



今回はリンカーンとサックスの際どい関係や
明敏さを感じさせない分析官のメル・クーパーにも
リンカーンは実は信頼してる描写があったり
ニューヨーク市警の殺人課からきた二人も時折登場しては
ちょっとした笑いやなるほどと思わせるような活躍もし
チーム全体として事件にあたる様子が
丹念にそしてスピーディーに描かれていて
今後のチームの発展も期待したい。



この作品はリンカーン・ライムシリーズの2作目、
最新刊は新書で読んだけれど途中が全部抜けてるので
文庫で続けて読もうと思っている、
映画は知っていたがそのときはジェフリー・ディーヴァーという
原作者は知らなかった、
彼の作品を読もうと思ったのは今年亡くなった
児玉清さんがさかんに薦めていたからで
こうして人の想いってものは伝わるんだと感じている。




★100点満点で90点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

上下巻を週末の2日で読破、
嬉しいような、もったいないような
こんな気分を味わいたくて
また新しい本と出会う。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション」お約束いっぱい、安心して見られるホラーコメディ?

2011年11月20日(日) 19時09分
「スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション」★★★
デイヴィッド・アークェット、ネーヴ・キャンベル、
コートニー・コックス、エマ・ロバーツ、
ヘイデン・パネッティーア 出演

ウェス・クレイヴン 監督、
110分、 2011年10月29日公開
2011,アメリカ,アスミック・エース
(原題:SCREAM 4)






<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「この怖さはお約束の印籠のようなもの、
とにかく無秩序に登場人物を殺して
そこには動機や思想を感じる様なものもない
だから事の成り行きを見るだけだが
この手のホラー映画のファンでもあるので
そこそこ楽しめる映画となっていた、
それなりのオチも用意され
この調子でまたそのうち続編が見られるのだろう」



ウッズボローでの連続殺人事件から10年。
生き残ったシドニー(ネーブ・キャンベル)は、
作家として成功を収めつつあった、
そして本の宣伝のため故郷にもどり
まさにサイン会の真っ最中に
またしてもかつての事件を連想させる
2人の女子高生が惨殺される事件が発生する。


ネーヴ・キャンベルは「スクリーム2」あたりまでは
着実にキャリアを築いていくように見えたが
最近ではキワモノ映画くらいでしが
顔がみられない

、やはりこのシリーズしかないのか、
ヒゲの保安官役のデイヴィッド・アークェットしかり
伸び悩みがこの映画の呪いなのか・・・。


これまでの同様のホラー映画の要素を
パクリつつなんとかそれを超えた斬新さを
見せたかったようにも思えるが
ここまで模倣を繰り返すと
それは笑うしかないコメディ路線のようだ、

怖さというより
映画の中で殺人事件の起きる映画を見てる
登場人物をスクリーンで見てるという
恐怖からはかなり遠く離れた感覚で
その妙な位置関係として
この映画を楽しむことは出来た、
まさに妙な体験だ。


お馴染みのスクリームの仮面を取って
犯人が明らかになる所では
あまりの強引な力技に
「それは無いだろ!」と
ここでは苦笑するしかなかった。
もっとどこかに伏線を見せてくれてないと
それはダメだろ!
とまあこんな感じで結構楽しめたわけです。


★100点満点で65点



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ネーヴ・キャンベル出演作品
スクリーム Scream (1996)
スクリーム2 Scream 2 (1997)
54 フィフティ★フォー 54 (1998)
ワイルドシングス Wild Things (1998)
スリー・トゥ・タンゴ Three to Tango (1999)
MONA 彼女が殺された理由 Drowning Mona (2000)
パニック/脳壊 Panic (2000)
スクリーム3 Scream 3 (2000)
セックス調査団 Investigating Sex (2001)
バレエ・カンパニー The Company (2003) - 原案・製作・主演
ブラインド・ホライズン Blind Horizon (2003)
ロスト・ジャンクション/疑惑の人妻 Lost Junction (2003)
チャーチルズ・ウォー Churchill: The Hollywood Years (2004)
あの日の指輪を待つきみへ Closing the Ring (2007)
スクリーム4 Scream 4 (2011)

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「ブラッド・ブラザー」過去は変えられない、けれど救済はあるはず

2011年11月17日(木) 17時21分
書籍「ブラッド・ブラザー」★★★★
ジャック・カーリィ著 ,
文藝春秋 、2011/9/2
( 410ページ , 830 円)







★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい←

「この作家の本を初めて読んだ、
とにかく海外ミステリーが好きなので
ハヤカワやアマゾン等を検索して物色
この小説他6冊ほどをまとめ買いした、
買うのはほとんどbk1というサイトだが、
ここはポイント制度や不定期の買い物券があって便利
ただ本の紹介が少ないので
どんな本かは他のサイトで調べてから
このサイトでまとめて買っている、
そのあたりが充実したらいいのに」


アラバマ州逸脱行動矯正施設所長である
ヴァンジー・ブロウズがマンハッタンで殺された、
親交のあった市警のカーソン・ライダー刑事に
捜査が命じられるが
様々な証拠が彼の兄のジェレミーが犯人と示す、
兄は父を殺害し他に数人の女性を殺したことで
矯正施設に入っているはずなのに
調べるとどうやら脱走したらしい。


どうして
何が起こったのか
戸惑いながらも
新たな事件の捜査を続ける主人公、
一緒に捜査に当たっている刑事には
まだ重要参考人が自分の兄である事を
告げていない・・・
果たしてどうなる。



主人公と同じ様な立場になって
兄の存在をいつ告白しようか、
それとも自分の信じるように
兄は今回の事件は無実でそれを証明すべく
真実を解明しよう
そうだそれがいい、
そんなふうに主人公と一緒に揺れ動く心を経験する、
このあたりの描写力はすごい
映像を見てるような
自分自身も完全に主人公になっていた。



兄が父を殺した「理由」を
充分知っている主人公である「私」

きっと同じ時間を過ごした
子供時代を懐かしむように
そんな大切な思い出を粉々にした
少年時代の犯罪を憎みつつ
実行犯の兄をどうしても憎む気になれない主人公
彼の気持ちが痛いほど伝わる
けれど彼は刑事でもあり
与えられた事件の真相を暴かなければならない
それがとても悲しい事実を突き付けようと。



犯人を推理するミステリーというより
登場人物の心の動きに焦点をあてて
生きることや
そのうえで人間としてやらなければならなかったこと、

仕方ない、それでは済まされないことは
もちろんたくさんある
許される殺人っていうのは
無いのだろう
けれど・・・・
色々考えさせられて
ページが少なくなるのが惜しくなるような小説だった。



★100点満点で85点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「百番目の男 (文春文庫) 」
「デス・コレクターズ (文春文庫) 」
「毒蛇の園 (文春文庫) 」
以上の三冊はさっそく注文した。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「コンテイジョン」全世界感染まっしぐら!

2011年11月16日(水) 19時09分
「コンテイジョン」★★★☆
マリオン・コティヤール、マット・デイモン、
ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、
グウィネス・パルトロウ、ケイト・ウィンスレット 出演

スティーヴン・ソダーバーグ 監督、
106分、 2011年11月12日公開
2011,アメリカ,ワーナー・ブラザーズ
(原題:CONTAGION )






<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「予告や宣伝も内容を伝えるというより
アカデミー俳優が勢揃いの豪華さをウリにしていたが、
映画自体の内容は未知のウイルスが
世界規模で広まり多くの人が感染し死亡、
治療薬を作る苦労や
暴動にまで発展する人々の行動心理を描いたもの、
大袈裟な“何か”は起こらないので
ドキュメンタリーのような感じだった」



「その日」の2日目から始まる映画は
謎のウイルスにより人々が次々に感染し
人の移動が国から国へと
簡単に出来る現代では
空気感染や人から人への感染などは
確かにあっという間に
広まってしまうんだろうなと納得。



なにせ患者第1号のグウィネス・パルトロウは
あっという間に死に至り
夫役のマット・デイモンがあまりに突然の死が
理解できないのと同じように
見てるこっちも大女優が頭をザックリ切られて
解剖の処置を受けてるシーンではボー然。


騒ぎすぎたらパニックになる
でも現状を知らせなければ
もっと被害は拡大するという
なんとも悩ましい板挟みも
手に取るように分かって
実際にこんなことが起こったら
やはりある程度の秘密というか
規制も仕方ないし、あるのだろうなと思った。



豪華なオールキャストという
華やかな宣伝とは全く違う内容で
もちろん描かれたことはスキャンダラスだけど
エイリアンと戦うわけでもなく
皆で力を合わせて困難を乗り越えるような
分かりやすい構図じゃないだけに
地味な印象は否めない

でもこの淡々とした描き方は嫌いじゃない。


そしてラストに「その日」の1日目が描かれる、
グウィネス・パルトロウが香港のコックと
嬉しそうに握手する姿がその始まりだったのだ、
こんなシーンは日常どこでもあり得るわけで
心底恐ろしいシーンでもあった、
最近はビニールの手袋で調理したり
妙に衛生に過敏すぎるシーンが見られる
そういうのってなんか違和感があるが
こういう映画を見ると
無くは無いなとも感じ
それをちょっと寂しくも感じた。



★100点満点で70点



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

スティーヴン・ソダーバーグ 監督
セックスと嘘とビデオテープ Sex, Lies, and Videotape(1989)
KAFKA/迷宮の悪夢 Kafka (1991)
わが街 セントルイス King of the Hill  (1993)
蒼い記憶 Underneath  (1995)
スキゾポリス Schizopolis (1996)
アウト・オブ・サイト (1998) Out of Sight(全米批評家協会賞監督賞)
イギリスから来た男 The Limey (1999)
エリン・ブロコビッチ Erin Brockovich (2000) *全米映画批評家協会賞監督賞、ニューヨーク映画批評家協会賞監督賞など
トラフィック Traffic (2000)  *アカデミー賞監督賞、全米映画批評家協会賞監督賞、ニューヨーク映画批評家協会賞監督賞など
オーシャンズ11 Ocean's Eleven (2001)
フル・フロンタル Full Frontal (2002)
ソラリス Solaris (2002)
オーシャンズ12 Ocean's Twelve (2004)
愛の神、エロス Eros (2004) [ミケランジェロ・アントニオーニ、ウォン・カーウァイとのオムニバス]
Bubble/バブル Bubble (2005)
さらば、ベルリン The Good German (2006)
オーシャンズ13 Ocean's Thirteen (2007)
チェ 28歳の革命 The Argentine (2008)
チェ 39歳 別れの手紙 Guerrilla (2008)
ガールフレンド・エクスペリエンス The Girlfriend Experience (2009)
インフォーマント! The Informant (2009)
コンテイジョン Contaigion (2011)
ヘイワイヤー Haywire (2012)
マジック・マイク(原題) Magic Mike
0011ナポレオン・ソロ The Man from U.N.C.L.E.
リベラーチェ(原題) Liberace

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「1911」ジャッキー・チェン出演作100作記念作品

2011年11月13日(日) 19時09分
「1911」★★★
ジャッキー・チェン、ウインストン・チャオ、
リー・ビンビン、フー・ゴー、ジェイシー・チェン、
ユィ・シャオチュン、ジョアン・チェン 出演

チャン・リー 監督、
122分、 2011年11月5日公開
2011,中国,東映
(原題:辛亥革命1911 )







<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


ジャッキー・チェンの出演作100本目の記念作品


「今年は辛亥革命から100周年、
そしてジャッキー自身の100作目ということで
彼の祖国への想いや自身のキャリア等々
相当思いこみが入った映画だと感じた、
なんとか高い評価を得たいと思ったのか
史実に忠実という点に重点を置いたため
映画のエンタメの部分では不満が残った、
しかしお隣の中国という大きな国を
改めてその歴史について考えてしまった」



孫文という名は知っているが
ジャッキー演じる黄興という人物は知らなかった、

台湾へ逃げてその後海外を拠点に
活動を続けた孫文(ウィンストン・チャオ )と
国内で実際の蜂起の先導を担った黄興、
特に前半は主要人物の紹介ばかりで
整理なんか全くつかない状態。



もっとどこかに重点をおいて整理して
作品に仕上げた方が分かり易いのになぁと思ったが
いやいやジャッキーの真意はそこじゃなく
この映画では皆を楽しませるというより
過去の事実をジャッキー自らの手で
映像に残したかったのだろうな、そんな
熱意はガンガン感じた作品、
でもそれと面白かったどうかは別。



歴史の事実に忠実に描いていけば
見る側の「面白さ」はやはり二の次になってしまう、
そう思うとこの映画って
やはり難しい立場というか
その熱意と製作のむずかしさが
両方色濃く出たような作品となっていた。


見たことある顔がそこここに出てきて
ジャッキーの顔の広さを示しているみたいで
ラスト近くにちょっとだけ
付け加えたようなジャッキーのアクションの御愛嬌。


大きな大きな中国は
10年20年なんて短いスパンじゃなく
1000年規模の大きな川の流れのように
ゆったりと川幅を大きくし
ときに激しく曲がりくねりながらも
どこか大きな海まで民衆を連れ去る
国を変えたい、
庶民の生活を良くしたい
そんな熱くほとばしる国を思う感情も
ゆっくりと飲み込んで
なにもなかったように流れていくのだ。



これはこれでいいから
次は真の100作記念で
スクリーン狭しと動き回るジャッキーを見たい!



★100点満点で70点




★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

最近ジャッキーの昔の作品がwowowで放送されてて
一応録画するけどなんでだか前ほど
夢中になれない、
アクションのスピードとか
ジャッキー特有の情けないような笑いが
ツボじゃなくなったようだ、
ちょっと寂しい

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「ミッション:8ミニッツ」その時を取り戻すまで何度でも

2011年11月10日(木) 22時15分
「ミッション:8ミニッツ」★★★★
ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン
ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト 出演

ダンカン・ジョーンズ 監督、
94分、 2011年10月28日公開
2011,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(原題:SOURCE CODE )







<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

興行収入は初登場5位から2週目には8位と
地味なチャートアクション
でも映画は面白かった!


「予告で分かっていたのは爆発テロで死亡した人の
8分間の意識に入り込むということ、
そこで何がどうなるの?ってのは全く分からなかったが
ジェイク・ギレンホールが演じるくらいだから
ちゃんとした映画なんだろうと劇場へ、
これって何がどうなってるの?
まさに見ながらこちらも頭フル回転の映画鑑賞だった」



死んだ人間の意識の最後の8分間に入り込む
画期的なプログラムにより
コルター大尉(ジェイク・ギレンホール)は
列車の爆発に居合わせたショーン・フェントレスという
教師の体に入り込み
爆発犯人を突き止めようとするが
多くの乗客の中から犯人はなかなか見つからず
最後の8分間を何度も繰り返す。


何度かの学習を経て
犯人を見つけ
予告されたもっと大きなテロを
阻止することに成功するが、
その過程で自らは戦闘で
脳死状態にあることを知り
生命維持装置を外すことを願うが
実はそれには大きな企みがあった。



頭のなかで整理しようとすると
卵が先か鶏が先か
そんな堂々巡りで理解不能になる、
でもハイテンションのスピード感が
そんな些細なことをぶっ飛ばして
もっと先の夢のような未来予想図を見せてくれるので

なんかちょっと幸せな気分で
映画を見終えることが出来るが
まさに目の前でマジックを見せられたような
やはりどこか釈然としない気分は拭えない。


でもまあ日常においても
目に見える範囲ですら全部しっかり
理解しているかと言えば
多くの場合、
「まあ、いいか」とか
「そんなもんだよ」
「仕方ないよ」

なんて言葉でやり過ごすことも多いから
映画に限って白黒つけなくても
なんとなく夢みたいに騙されるなら
それでいいんだ、きっと。


94分という短い時間の中で
描くべきことをしっかりと見据えて
そんな慌ただしい時間の中にも
親への後悔の気持ちや
目の前の人を救いたい
大切にしたというごくシンプルな気持ちも

充分に伝えてくれて
だからだろうか
見終えた後は全部キッパリ忘れてしまうような
大袈裟な大作アクション映画を見たときとは違う
満足した気分は悪くなかったな。


名作「バタフライ・エフェクト」に近いモノを感じたが
あちらはもっと切なく
でもこちらは緊迫感では負けてない作品だった。


★100点満点で80点



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ジェイク・ギレンホール作品
1991年 シティ・スリッカーズ (City Slickers)
1999年 遠い空の向こうに (October Sky)
2001年 バブル・ボーイ (Bubble Boy)
2001年 ドニー・ダーコ (Donnie Darko)
2002年 グッド・ガール (The Good Girl)
2002年 ムーンライト・マイル (Moonlight Mile)
2004年 デイ・アフター・トゥモロー (The Day After Tomorrow)
2005年 ジャーヘッド (Jarhead)
2005年 プルーフ・オブ・マイ・ライフ (Proof)
2005年 ブロークバック・マウンテン (Brokeback Mountain)
2006年 ゾディアック (ZODIAC)
2009年 マイ・ブラザー
2010年 プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂
2010年 ラブ&ドラッグ

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf