映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション 」特殊能力ならどんな能力がいいか考える

2011年06月29日(水) 19時09分
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション 」★★★★
ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、
ケヴィン・ベーコン、ジェニファー・ローレンス、
ジャニュアリー・ジョーンズ、ニコラス・ホルト、
ジェイソン・フレミング出演

マシュー・ヴォーン 監督、
131分 、2010年12月18日,
2010,アメリカ、イギリス,カルチュア・パブリッシャーズ
(原作:原題:X-MEN:First Class )







                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「このシリーズは全部劇場で見てる、
せっかくの巨大予算のパニック映画だから
やはり大画面で見なくては、
今回もその醍醐味を味わえた喜び、
そして今回は感情にも訴える
意欲作に出来あがっていた、素晴らしい」



もし特殊能力があったら・・・
空を飛べたり、壁をスィって抜けたり
瞬間移動もいいな

でもそんなことが出来る人が
近くに居たら自分達はどう感じるだろうか、
やはりお得意の「異質なもの」を
排除しようとやっきになるのかも。
「普通」じゃないからと。



個性は素晴らしいと言いつつも
どこかで飛び抜けたり
別の方向を向いたりを見つけると
とりあえずは「区別」するのが人間だ
理性では分かっていても
そんな自分を正当化しつつ
でもやらかしてしまうんだろうな。

この映画はそんな
人間らしい
醜くも愛おしい部分を刺激する

あり得ないことだから
映画の中のこととして見てるけど
実際となったらどうなんだろうか、
まあそんな難しいことは置いておいて
この映画の野心的なつくりを
ただただ絵空事として楽しみたい。



かつての「キューバ危機」の歴史的な事実を
織り込みつつ
特殊な能力を持って生まれたばかりに
かえってその能力に
がんじがらめに縛られてしまうミュータント達を
個々の個性をしっかりと描き分け
ドラマとしてもレベルは高かった。



映画の中身もさることながら
描かれた「キューバ危機」の緊迫感は
映画の中とはいえ
そんな事実を改めて考えさせてもくれる、
ホントにあと一歩で世界戦争だったかも
しれないのだと思うと事実の方が
やはり怖いのかもしれない。

次はこの映画どこへ向かうのだろう。

★100点満点で75点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ミュータント同士の戦いを見て来た前作までの
意味が分かってさらに面白く感じた。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「キック・アス」立ち上がらなければヒーローにはなれない

2011年06月27日(月) 19時09分
「キック・アス」★★★☆DVD鑑賞
アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、
クリストファー・ミンツ=プラッセ、
ニコラス・ケイジ出演

マシュー・ヴォーン 監督、
117分 、2010年12月18日,
2010,アメリカ、イギリス,カルチュア・パブリッシャーズ
(原作:原題:KICK-ASS)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「公開時気になっていた映画を
DVDレンタルで鑑賞した。
アメリカンコミックの映画化は
バットマンなどの一部を除いて
どうしても親しんでいない自分達には
もうひと面白さが伝わらないと感じてたが
この映画は単純明快で面白かった」



スーパーヒーローに憧れを持つ高校生
デイヴ(アーロン・ジョンソン)は、
ネットで買ったスーツとマスクを身に付け
ヒーローとして地味に街で活動していた。


自らを「キック・アス」として名乗り
次第に知名度が上がっていくが
高度な訓練を受けた
ヒット・ガール(クロエ・グレース・モレッツ)と
ビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)との出会いによって
本格的に悪の犯罪組織に立ち向かうことになる。

防弾ジャケットの強度を確かめるため
娘であるヒットガールを打つビッグダディ、
そんなことしなくてもと思うが
そのうち破天荒な彼らにクギ付けになる、
そうだ映画の醍醐味ってこんなふうに
非現実をお約束として受け入れることが出来ることだ。



なんか忘れてた映画を楽しむってことを
久し振りに堪能した気分

そういうえば最近は痛快で
文句なく面白い映画を見てなかったな。

情けない男にしっかりした女の子
そんな関係は多くの映画で描かれてきたが
この映画はさすがにブッ飛んで
彼女のアクションシーンも
拳銃に打ち抜かれる顔や体は
リアルさより過激さに重点を置いていたりと
適度に遊びをはさみつつ
笑いながら
終わってみればスカッと良い気分。



色々思うばかりで立ち上がれない
自分達の日常ってそんなもの

でも映画ならヒーローになれると
力づけてくれる、
それもちょっと過激に、
次回は必ず劇場で見ます。


★100点満点で75点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ニコラス・ケイジがわき役に徹していて、それも面白かった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「軽蔑」軽蔑というよりバカバカしい

2011年06月26日(日) 0時09分
「軽蔑」★★★
良健吾、鈴木杏、大森南朋、忍成修吾、
村上淳、根岸季衣、田口トモロヲ、
緑魔子、小林薫出演

廣木隆一 監督、
135分、2011年6月4日公開
2010,日本,角川映画
(原作:原題:軽蔑/中上健次)







                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



鈴木杏のポールダンスが話題の映画
率直に言って脱ぎ損だったな。これは。

「歌舞伎町で出会った二人は
ヤクザの抗争から逃れ
カズ(高良健吾)の故郷へと向かう、
ボンクラな息子とケバイ真知子(鈴木杏)は
田舎ではどうしても色眼鏡で見られてしまう、
そしてカズは賭博で多額の借金をしてしまい、
高利貸しは借金を帳消しにする代わり
真知子を寄こせとカズに告げる」



まったくリアルを感じない
バカバカしい作品だった。



分かり切ってるのに賭博に出を出し
借金を重ねても最後には父親に頭を下げる
ダメな息子カズと
ポールダンスで稼いでいた真知子も
カズさん無しでは生きていけないと
すがりつく。
一体どうなってるんだろう、
単純に整理できそうなことを
延々どうしよう、どうしようと
困ったふりをしながら
その実、何もしない二人。



だから「軽蔑」ということなんだろうが
文学的「軽蔑」って
なんというかもっと混乱し
ねじれ、何かの裏返しであったりで
こんな表面的なダメダメさを
軽蔑と言ってしまうなら
映画で見せる理由が分からない

そんな映画だった。

もうちょっとどうにかなっただろうに
残念な結果だったな。

★100点満点で60点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

鈴木杏の顔がアップになると吹き出物だらけの顔は気になった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「ロシアン・ルーレット」ジェイソン・ステイサム、ミッキー・ロークの出演が生かされていない

2011年06月25日(土) 0時09分
「ロシアン・ルーレット」★★★
サム・ライリー、ジェイソン・ステイサム、
ミッキー・ローク、レイ・ウィンストン出演

ゲラ・バブルアニ 監督、
97分 、2011年6月18日,
2010,アメリカ,プレシディオ
(原作:原題:13)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「予告編で見て単純なストーリーを期待して劇場へ、
もちろんその場に至るまでの
それぞれのドラマや
その後も楽しみにしていたが
ジェイソン・ステイサム、ミッキー・ロークと
ビッグネームを使いながら
安いB級映画そのものというお粗末な出来だった」



こういう映画に別にそれ程多くを求めない
予告でなんとなくは分かっていたので
そのギリギリの精神状態とか
こうまでしないといけない状況とかを
間に合わせのようでも構わないから
もっと掘り下げて欲しかったな。



なんか安い映画ならそれでも
どこかにこだわりみたいなものが欲しい、
この映画はただ「死」が
無造作に提示されるだけ
周囲で見つめる大金を懸ける
金持ち連中にしても
あまりに表面的で
やはり不満だ。



それ程求めないと思いつつも
それでも物足りない、
きっと嘘でもいいから
どこかにリアルを見たかったのだろう、
この映画は絵空事
そのものでしかなかった。



ミッキー・ロークは最近は情けない体になっても
出演作はかなり良かったのに
なんでこんな役を引き受けたのか、
それはジェイソン・ステイサムも同じ。
誰も得をしないような出演。

アメリカ映画といえば
大都会を舞台にしたものが圧倒的だが
今回は主人公はオハイオで暮らす青年、
家族同士がみんなで気にかけ合うような
暖かい雰囲気の中から
ロシアンルーレットの会場へ、
人生何があるか分からない、

その曲がり角を曲がったら・・・・。
怖い怖い。


★100点満点で60点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

観客が3人と言うこっちも怖い興業でしたね。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「タクシードライバー」1976年の憂鬱

2011年06月24日(金) 19時09分
「タクシードライバー」★★★☆
ロバート・デ・ニーロ、シビル・シェパード
ジョディ・フォスター、ハーヴェイ・カイテル出演

マーティン・スコセッシ 監督、
114分、1976年,
アメリカ(原作:原題:TAXI DRIVER)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



カンヌ映画祭でグランプリを獲得し、
マーティン・スコセッシ監督、
ロバート・デニーロの出世作。

「タイトルは知っていた、
ロバート・デニーロの出世作であり、
13歳のジョディ・フォスターが娼婦役でデビューと
当時はそれなりに
センセーショナルな映画だっただろう、
ベトナム戦争で疲弊したアメリカ
身近な場所にも潜む暴力、
タクシードライバーの主人公は
誰かではない自分がこの町をクリーンにしてやる
そんな確信に変わっていく」



今、日本は閉塞感に包まれている
相変わらず自分達の望むムードは
「誰かが」なんとかしてくれないかなと、
なんとかしなくてはと思う一方で
誰かに乗っかるような都合のいいものでもある。
変えるには「何か」行動をおこさなくてはならないが
その何かが分からない
結局は何もしないのだ。



この映画はBS放送を録画して見た、
音楽が唐突でうるさく感じた、
なによりロバート・デ・ニーロがスリムで
驚いたが時折見せるクセのような動作は
現在の彼と同じで
劇中で26歳と言うデ・ニーロは
この映画の主人公をどんなふうに捉えていたのか
それが気になった。

先日亡くなった俳優の児玉清さんが言っていたが
名画と言われるたとえば白黒映画が
今見返してみると
それが当時の世相や最新流行の様々なものを
使っているとしても
古臭かったり、伝わらなかったり
間延びしすぎているように感じてしまう。

それに比べ「ウルトラマン」は
今も多くの人に受け入れられている。


この映画で感じたことも同じだった、
ベトナム戦争を戦ったアメリカの
当時のムードはやはり分かりにくい
その事実が人々の気持ちをどのように変えたのか
きっとその部分がこの映画を見る時の
重要な要素だろうけど
今の世界では歴史になりかけている。



だから当時この映画を見た人たちの
素直な反応というものは
自分達には無い、
そして現代の目でこの映画を見た時
満足できない日常へのいら立ちや
形の見えないもやもやしたもの
そんな誰もが多かれ少なかれ
感じる想いは時が変わろうと
それ程変わらないんだと分かる。

けれどそのセンセーショナルな感じはしない、
音楽は唐突で時に大袈裟
ロバート・デニーロにしたって
名演というよりは過剰さが目立つ。



それでもこの皮肉なラストは
ウソだろと思いつつも
なんかスッとした。
何が良くて何が悪いかなんて
そんなものは大都会の中では
ひどく曖昧で滑稽だ。



★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ジョディ・フォスターが少女の娼婦役と話題になったようだが
演技といえるほどのものには見えなかった。
それほど現代の演出が巧みだということか。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「あなたの初恋探します」終わりのない恋を夢見る

2011年06月23日(木) 19時09分
「あなたの初恋探します」★★★★
イム・スジョン、コン・ユ出演

チャン・ユジョン 監督、
112分 、2011年6月18日,
2010,韓国,CJ Entertainment Japan
(原作:原題:FINDING MR.DESTINY )






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「御都合主義的なラブコメ、
つじつまの合わない突っこみどころ満載
けれど結構好きな作品に仕上がっていた、
何かを極めるとか
突き詰めることが苦手なのは
自分の本当の身の丈を知りたくないからなのか、
それでもいいじゃん
一生探していようと、自分の居場所を」



親から結婚しろとせっつかれてる
30歳のジウ(イム・スジョン)は
インドで出会った初恋の人が忘れられない。
それでは前に進めないからと
父が勝手に「初恋探し株式会社」に相談に行く。


旅行会社をクビになったキジュン(コン・ユ)が
立ち上げたばかりの会社とは名ばかりの
これで仕事として成り立つんだろうか?
でもまあ映画だからね。
持ち前の几帳面さを発揮し
ジウの初恋の人を探し始める。

二人が出会ったときから
ああこの二人は最後に結ばれるんだなと
分かってしまうが

純粋と言えば聞こえがいいが
バカ正直なこの二人は
同じ場所をうろうろして
なかなか前に進まない。

映画だから2時間でなんとか
解決しないといけないが
実際はきっとこの映画と同じように
じっれったい時間の連続だろう、
そう簡単に色々割り切って
動くことは出来ないのが人間だからだ。



ジウは小説のラストは読まないし
美味しいお菓子も最後のひとつは
食べないで捨てる様な
最後の終わりを見るのを
恐れる様なところがある
それは自分から終わりを見届けるのを
恐れているから。

そんなバカなと思うけれど
実生活に当てはめてみたら
似たようなことを自分達もしている

でも終わりを見届けなくては
新しく始められないよとキジュンが言う。


想い出を美しいままで
封印すべきか
白黒つけるべきか

軽いノリのラブコメと侮るなかれ
結構身の回りのことや
生き方なんかも
笑わせながらも考えさせられる
最近の韓国映画では一番面白かった。



★100点満点で80点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

コン・ユ主演作は2004年 『Sダイアリー』くらいしか見ていない。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「マーラー 君に捧げるアダージョ」眠かった

2011年06月22日(水) 18時17分
「マーラー 君に捧げるアダージョ」★★
ヨハネス・ジルバーシュナイダー、
バルバラ・ロマーナー、カール・マルコヴィクス出演

フェリックス・O・アドロン、パーシー・アドロン 監督、
102分 、2011年4月30日より全国順次公開,
2010,ドイツ、オーストリア,セテラ・インターナショナル
(原作:原題:MAHLER AUF DER COUCH)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「音楽の事は詳しくない自分も知ってる
作曲家のマーラーが精神科医のフロイトに語った
愛する妻アルマとの愛と揺れる心を
真実に基づいて描かれるが
不安定な精神を表したのか
時折挿入される大写しの顔や
激した言葉を発する登場人物たち
はっきり言ってうんざりするような映画だった」



まずは眠かった。
面白いところを見つけたいとも思ったが
全然面白くなかった。



同じ題材でも描き方で随分違うはず、
精神科医のフロイトに
ソファに座りながら語ったという設定が
主人公の考えを全部言葉で語らせてしまい
そのあたりに見る者の想像を許さず
なんていうかそれなら映像にする意味があるのか
そんな気分だった。

人は表情や行動や
目配せやちょっとしたしぐさで
様々な事を語るはず、
言葉で語られるその裏を推し量って
遊ぶようなところもある
けれどこの映画は
なんでも白黒はっきりさせるぞ
そんな強い意志の元で作られたような
そんな映画だった。



マーラーという芸術家が
美しいアルマから
創造の上でインスピレーションを受けたことは
想像できる
そのあたりを映像で見せて欲しかった、

観客だって馬鹿じゃないんだから
マーラーだって言葉で語る以上に
心の奥底では別の自分が
全く別のことを考えることもあるはず、
そのあたりの余韻が欲しかった。


もっと雰囲気のある映画と思った、
タイトルの思わせぶりも
なんだか裏切られた気分。

★100点満点で40点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

面白かった「バグダットカフェ」の監督と知り期待したが
自分にはダメだった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「奇跡」奇跡は普段の生活で何気なく起きている

2011年06月21日(火) 19時22分
「奇跡」★★★☆
前田航基、前田旺志郎、大塚寧々、オダギリジョー、
夏川結衣、阿部寛、長澤まさみ、
原田芳雄、樹木希林、橋爪功出演

是枝裕和 監督、
128分 、2011年6月11日,
2011,日本,ギャガ
(原作:原題:奇跡)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい





「漫才コンビ・まえだまえだが主演と知り
見ないなと思っていた
子供でも芸歴が長くて
きっと変に演技しすぎちゃうんじゃないかと
そんなふうに思っていたからだ、
でも映画館に行ったら丁度良い時間だったので鑑賞、
期待しすぎるとちょっと…かもしれないが
結構面白く見た」



九州新幹線が鹿児島まで全線開通する日
博多からと鹿児島から発車するふたつの新幹線の
一番列車が行き交う瞬間に
願い事をとなえると「奇跡」が起こると聞き
両親の離婚で福岡と鹿児島に離れた兄弟が
久し振りに出会い
その瞬間に立ち会う。

終わってみれば
「奇跡」は起こらなかった、

やはり奇跡というには
とうてい起こり得ない「何か」を期待するが
ここではそんな超常現象や
あり得ない出来事は起こらない。



でもまあ福岡と鹿児島に離れた兄弟が
その日、同じ場所で顔を見つめあって笑うことや
しょーもない両親を優しく想うことも
小さな奇跡であるのかもしれない。

自分達は日常生活の中で
もしかしたらそれと気にしないくらいの
小さな奇跡の連続の中にいるとも言える、

震災後では特に
こんな普通の暮らしが
なんだか愛おしくもある。

考え方次第ということか。


兄が弟に聞く
「寂しくないんか?」
「そりゃ寂しいよ、でもな植えたそら豆が
そのうち育って食べられんやで」
大阪にいた頃は植物を育てることもしなかっただろう、
でも今はそれを普通にやっている、
そんな小さな偶然。

子供たちが新幹線がすれ違う
トンネルの上に向かって
藪の道を全速力で走る何気ないシーンに
なんだか涙腺を刺激された
もうあんなふうに懸命に走ることも少ない
ただひたすら「奇跡」を信じて。



★100点満点で70点★

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

オダギリジョーのダメな男加減が良かった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「幸福な生活」最後の一行で「落とす」心地よさ

2011年06月19日(日) 0時09分
「幸福な生活」★★★☆
百田尚樹 著 ,
祥伝社、2011/5/27、1版
(274ページ , 1,575 円)


<リンク:
幸福な生活

幸福な生活
価格:1,575円(税込、送料別)

>


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「実は百田尚樹の『永遠の0』は
久し振りに好きな個所に付箋を付けたりして
ほとんどは読んだらオークションに出すか
最寄り駅の本棚に置くか
すぐに処分するようにしているが
久々に手元に置こうと決めた本だった、
ということで新刊が出たのでさっそくネット注文、
他の読む本のリストを後回しにして読みだした」



『永遠の0』を予想してると
全然違うテイストで

たくさんの短編のすべてが、ラストの一行で
心地よい「オチ」で決着という、
面白い作りの作品集となっていた。


短編だから深い感動や
読後感というものも感じる前に次へと
ページを進めてしまうので
全部読み終えてちょっと疲れた。



星新一や阿刀田高なんかを
むさぼるように読んでいた頃を思い出したが
なんか飽きるんだよね、
いくらなんでも全部が全部
最高の出来ってわけじゃないし、
玉石混交、でも面白かったな。


作家さんが小説のアイデア帳をつけてるなら
そんな小さなエピソードを集めて
ラストでストンと落とすことを決めて
作家が手腕を発揮したという感じ。

きっとこの短いエピソードに着想を得て
また感動させてくれるんだろうな

そんな本とは直接関係ないことまで
あれこれ考えながら
少し残しておこうと思いながらも
2日で読み切った。


日常に潜むありえそうな
ちょっと怖い話から
これはないなと笑ってしまうようなものまで
どの部分から書き始めたんだろうかとか
結構楽しんで読んだが
深い感動や味わいは無い。

この作家に求めるものが違うので
楽しんで読みながらも
どうにも納得いかない

そんな気分で読んではいたが
長編小説の合間の気分転換にはいいかな。

★100点満点で70点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「モンスター」という小説は以前買ったはずなのに見つからない・・・。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか


映画「クロエ 」満ち足りた生活の最小不幸

2011年06月17日(金) 19時09分
「クロエ 」★★★☆
ジュリアン・ムーア、リーアム・ニーソン、
アマンダ・セイフライド、マックス・シエリオット 出演

アトム・エゴヤン 監督、
96分、2011年5月28日,
2009,カナダ、フランス、アメリカ,ブロードメディア・スタジオ、ポニーキャニオン
(原作:原題:CHLOE)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「社会的に成功している夫婦と息子の3人家族、
何不自由ない生活を送っているように見えるが
キャサリン(ジュリアン・ムーア)は
夫(リーアム・ニーソン)の浮気を疑い
真実を確かめるため、偶然知り合った
娼婦クロエ(アマンダ・セイフライド)に
夫を誘惑してもらいたいと仕事を依頼する」



バカな奥さんだな
自分は産婦人科医として個人のクリニックを持ち
ダンナは大学の教授、ピアノを弾く息子
邸宅と言えるような家に住み
それいて彼女は「何かが足りない」と感じる、
そうだ夫の愛情が昔と全然違うのだと。



バカバカしい、
そう思うけれど
そんなことしか頭で考えられないキャサリンは
クロエに誘惑された旦那の様子を聞きながら
最後にはクロエの口づけを受け入れてしまう、
何してんだ・・・・、
けれどこの空虚な感じは何だ。


社会的地位はあっても
溢れんばかりの若さを振りまくクロエから
目が離せない、
当のクロエは自分にないものを持つ
キャサリンに惹かれていく、
不思議な静けさを持つ映画だ、
今回はリーアム・ニーソンは
周囲の思惑を全く知らないダンナを演じ、
もちろんアクションシーンもない。

衝撃のラスト、
こうなったらいくとこまでいくかと思われたが
ワリとあっさり終わりが来る

ホラーになりかけのギリギリで
これは都会生活の大勢の中の孤独や
満ち足りた生活の不満足など
言葉には説明できないものを
ジュリアン・ムーアの存在が
全てを語る大人な映画だった。



★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ジュリアン・ムーアは多彩だ、物凄く美人ってわけじゃないが
とにかく出演作品は多い。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2011年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf