映画「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 」いつものドタバタも3Dが邪魔で色褪せる

2011年05月29日(日) 19時09分
「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 」★★★
ジョニー・デップ、ジェフリー・ラッシュ、ペネロペ・クルス、
イアン・マクシェーン、ケヴィン・マクナリー、
キース・リチャーズ、サム・クラフリン 出演

ロブ・マーシャル監督、
115分、2011年5月20日公開
2011,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(原作:原題:Pirates of the Caribbean:On Stranger Tides )






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「やはり3Dメガネが苦手だ
外してスクリーンを見ると
熱帯の色鮮やかな緑が広がるのに
かけるとなんだか暗い
最後まで見なくても3Dの必然性は感じない、
劇場としては単価が上がるから嬉しいだろうが
観客の事は考えてない
映画そのものよりそんなことばかり感じた」



いつものキャプテン・ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)が帰って来た、
どアップのド派手メイクも違和感なし、
連続ドラマを見てるノリだ、
さて今回はどんな冒険が待ってるのか
ただ成り行きを楽しめばいい。



今回の冒険は「命の泉」の発見、
それは永遠の命をもたらすものとして
誰もが追い求めるもの、
ここにかつての恋人の女海賊
アンジェリカ(ペネロペ・クルス)が現れ
ジャックをその危険な航海へ誘う。

伝説の泉の鍵を握る“人魚”
シレーナ(アストリッド・ベルジェ=フリスベ)や
彼女と恋に落ちる宣教師フィリップ(サム・クラフリン)など
ペネロペ以外にも新しいキャラクターが登場するが
最初のオーランド・ブルームまでのインパクトは無い。



「命の泉」をめぐるイギリスの海軍や、
スペイン海軍そして黒ひげ船長と
熾烈な争奪戦になるわけだけど
ここで本来なら一番盛り上がるところだが
肝心のジャックはまさか「永遠の命」なんか
欲しがるわけもなく
このあたりの「どーなるんだ、この展開」ってところが
画面は大勢が入り乱れて大変なことになてるけど
その緊張感がこちらには全く伝わらない。



シリーズ累計で相当儲かってるだろうに
最大の見せ場が大掛かりなセットの
ワンシーンってのは迫力不足は否めない。

結局ラストにジャックの狙いが明らかになり
いつもの音楽が流れると
もう気分は次の作品へと期待させる、

作りとしてはそつないが
期待して行くとかなりガッカリな出来。

だから3Dで盛り上げようとしたかもしれないが
ジャックは飛び出さなくても
キャラで面白いので次は内容で見せて欲しい。


★100点満点で65点★



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

過去の成績
@「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」全米(3億0541万ドル)世界(6億5426万ドル)製作費(1億4000万ドル)
A「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」全米(4億2331万ドル)世界(10億6617万ドル)製作費(2億2500万ドル)
B「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」全米(3億0942万ドル)世界(9億6099万ドル)製作費(3億0000万ドル)
C「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 」製作費(2億5000万ドル)

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「ビー・デビル」のどかな小島の鮮血ドバッ!の惨劇

2011年05月27日(金) 0時09分
「ビー・デビル 」★★★
ソ・ヨンヒ、チ・ソンウォン 出演

チャン・チョルス監督、
115分、2011年3月26日公開
2010,韓国,キングレコード
(原作:原題:Bedevilled )





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「ソウルで働くヘウォンは、ある失敗から
休暇を言い渡されたが特に行くべきところは思いつかない、
そこで幼いころ過ごした現在は人口9人の
小さな島へ行ってみることにした、
まさかそこでとんでもない目にあうとも知らずに・・・」



時々とんでもない映画を送り出す韓国映画が
またやってしまった!

そこまでしなくてもいいのにと
こっちは何度もスクリーンに向かって
狂った女を止めるけど

そんなの聞こえるはずもなく
草刈りガマを持った血だらけの女が
生きてる人間を追いかけまわす。


本当だったら怖いだろうな、
船以外に逃げる手段もない。


主人公の幼馴染は
島に残り夫と幼い娘と暮らしている、
そこへ現れた都会の女ヘウォン
村人全員から虐げられたような生活を送る幼馴染は
都会の女の運んだ風を
とてもうれしそうに感じるが
彼女自身は島を出ることは夫が許さない。

虐めや近親相姦
なんとも人間の醜い部分ばかりが
デフォルメされて
ラストの狂気の女の行動を納得させるが
それでもそこまでになんとかならなかったのか
そんな気持ちが強くて
映画にノリきれなかった。


血みどろの映像の中にも
韓国映画の秀作は
どこか静謐な余韻を与えてくれるが
この映画にはそんなものは存在しない、

監督はこれがデビュー作
きっとやりたいことはやりきっただろうから
次回は何か訴えかけるものを
ひとつ用意して映画を作って欲しいな。

しっかしこういう映画は
なんか見たくなる、
ゾンビ映画しかり、
これってなんなんだろうか。


★100点満点で60点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

座席数50席の映画館に男ばかり7人くらいの時間。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 」次は天国編もあるのかな

2011年05月25日(水) 19時09分
「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 」★★★
竹野内豊、水川あさみ、樹木希林、
片桐はいり、荒川良々、柄本明 出演

本田隆一監督、
121分、2011年5月14日公開
日本,ギャガ
(原作:原題:大木家のたのしい旅行)



   


                 →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「傑作『ブラック・スワン』の余韻を引きずりながら
そんな時は軽めのこんな映画が良いだろうと劇場へ、
長く付き合った末に結婚したカップルは
引っ越し早々段ボールを片づける気力もなく
お互いに新婚という盛り上がりにかけることを
気にしつつ、炊飯器が見つからないからと
二人で買いに行くことになった」



炊飯器の機能の説明ほど
分かったようで実は理解出来てないって思う、
匠が炊いてくれるとか
ダイヤモンド銀釜や真空かまど釜だとか
果てには土鍋釜なんてなべものが出来そう、
これを使って「おどり炊き」とか
想像できそうで全く分からない。

この映画もそんな映画
タイトルの通りにパッとしない
二人の関係を盛り上げるために
「地獄」に新婚旅行へ行き
赤い人達と青い人達に会って
ワリと楽しく過ごせましたって感じ。



期待ナシで見に行けば
結構笑える小ネタ満載で
このあたりにノレるかどうか。

いんちき占い師の樹木希林は
きっとアドリブ満載だったんじゃないかな
演出も「ご自分で好きにやっちゃって下さい」なんて
言われてやりたい放題、
隣には片桐はいりがずっと寄り添うように立ってる、
もうこれだけで笑えるからね。

知り合った青い女の子に連れられ
ナイトマーケットで楽しく過ごし
別れ際「また来たいね」というが
何度か来ると人間は赤か青になって
地獄から出られなくなると言われる。

楽しかった旅行も最後には
名残惜しい気持ちと
家に帰る安堵がないまぜになった
幸福な時間がある、
旅はいつか終わるのだ。



日常生活に戻った二人は
盛り上がった生活をしてるだろうか、
水川あさみがそばに居れば
そんなこと心配なさそうだ、

彼女は演じているというより
そのままって感じた、
その点、竹野内豊は頑張ってたかな、
荒川良々など良く見る芸達者が揃って
楽しい地獄旅行の121分でした。


★100点満点で60点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「ブラック・スワン」と同じ料金と思うと
それでいいのだという気持ちと色々複雑だ。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「謎解きはディナーのあとで」メインというよりデザート感覚で

2011年05月24日(火) 7時31分
「謎解きはディナーのあとで」★★★
東川 篤哉 著 ,
新潮社、2010/9/2、16版
( 256ページ , 1,575 円)



<リンク:
【送料無料】謎解きはディナーのあとで

【送料無料】謎解きはディナーのあとで
価格:1,575円(税込、送料別)

>


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



2011年本屋大賞作品

2004年「博士の愛した数式/小川 洋子著」
2008年「ゴールデンスランバー/伊坂幸太郎著」
2009年「告白/湊かなえ著」
2010年「天地明察/冲方丁著」


「大賞作品はすでに有名な作家が多いが
2009年の湊かなえのように
新しい風を確かに感じた選出もあって
今回の作品はTVコマーシャルがウケ狙いっぽくて
どうなんだろうと思いつつネットで注文し
大賞を受賞してから読み始めた」



確かに読みやすいし
こういったジャンルの作品は久し振りに読んだ、
いわゆる謎解きモノって
目からウロコっていう相当な驚きって
今までもあまりなく
ほとんどこじつけに近いじゃんと感じて
どうも敬遠していた。

今回大賞っていうくらいだから
その辺は他の作品と違うだろうって
6つの短編の最初の事件から
「何だコレ!」って。

執事とお嬢様刑事が
密室殺人など謎の多い事件を
ワリとあっさり解決して
二人の掛け合いはCM通りで
「お嬢様の目は節穴でございますか」とか
笑えるけれどそれも最初だけ
本格派の推理物を期待した自分がいけないのか。



中学生くらいなら
「あっ!」って思うかもしれないが
本をよく読む人にとって
これが大賞ってあんまりだ、

面白いし、発想も悪くないけど
これが書店員さんが押す最高の一冊?
なんだか事件解決より腑に落ちない。

しかも大量宣伝ですでに売れてる本は
「発掘」という感じからは
程遠いように思うし
これなら2位の「ふがいない僕は空を見た/窪美澄著」は
初めて知った作家さんだし
この受賞を機に読んで
次作も読みたいと感じたくらいだ。

この路線で執事とお嬢様の事件は
もっと続けて行けるだろうが
この感じだったら次は買ってまで
読みたいとは思わないな。

ここまで読んでくれた人がいるなら
この本は面白く出来てます
けれど「本屋大賞」にふさわしいかは疑問

何か面白い本ないかなと聞かれたら
この本の名前を挙げるかもしれないが
いわゆる本好きの人には
特には勧めない、そんなふうに感じた。

読んでいる間はかけあいも面白く
謎解きも「へーっ」って感じで
楽しんだけどそれだけ。


★100点満点で60点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

5位の「シューマンの指/奥泉光」
8位の「神様のカルテ2/夏川草介」
10位の「ストーリー・セラー/有川浩」
この3作は読んだ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「ブラック・スワン」ナタリー・ポートマンという女優の成長とシンクロする傑作!

2011年05月21日(土) 19時09分
「ブラック・スワン」★★★★★満点
ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、
ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、
ウィノナ・ライダー出演

ダーレン・アロノフスキー監督、
110分 、2011年5月11日公開
2010,20世紀フォックス映画
(原作:原題:BLACK SWAN)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



ナタリー・ポートマンがアカデミー主演女優賞を獲得した作品

「バレリーナのニナ(ナタリー・ポートマン)の目標は
バレエ団のプリマになること、
そのために母娘で厳しいトレーニングと
毎日の節制を課して努力を続けてきた、
芸術監督に君が第一候補と告げられるが
役の重圧とライバル出現の不安から
次第に精神のバランスを崩してしまう。
まさに女優なら演じたい難しい役を演じ切った
ナタリー・ポートマンの主演女優賞受賞作品」



自分の人生をかけた夢が実現しそうだ、
監督は君は完璧だと絶賛する
しかし彼女の資質と正反対の
黒鳥さえ演じ切れば
次の主役は君だと告げられる。


演技に感情を込める、
舞台の演技なら表情や声に出せそうだ、
けれどバレエの踊りとなると
正確なターンを何度繰り返しても
それではダメだと監督の激が飛ぶ
どうしたら良いのか
内面からの感情を演技に変えるのは
どうしたらいいのか。



これでは役を取られてしまう、
不安な気持ちでいるところへ
自分が果たせなかった思いを娘に託した母の
偏執的な溺愛ぶりも
彼女の心をがんじがらめにして
彼女自身虚実入り混じった幻想世界に
足を踏み入れ
何が現実が何が幻なのか
区別が曖昧になっていく。



このあたりのニナの表情は
言葉で語る以上にこちらを納得させる、
彼女ほど何かに打ち込んだことはないが
その渇望と不安はこちらに伝染する。

凄い演技、
言葉が出ない。



そしてラストの黒鳥のバレエ、
登場した時からこれまでと全く違う表情、
そして正確無比なターンの連続
彼女は心技体まさにひとつの完璧な極みに到達する、
その演出に圧倒されつつ
なんだか涙が出てくる

ここまでの狂気、そしてここまでさせる無垢な心。


これってハッピーエンドなんだよね、
思わず「ほーっ」と息を吐く、
110分の本編はすごく短く感じられた。
素晴らしい出来。

★100点満点で95点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

この作品が作品賞や監督賞でない不思議。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「ジュリエットからの手紙」あの時、別の選択をしていたら・・・。

2011年05月19日(木) 21時26分
「ジュリエットからの手紙」★★★☆
アマンダ・セイフライド、
ヴァネッサ・レッドグレイヴ、
ガエル・ガルシア・ベルナル、フランコ・ネロ出演

ゲーリー・ウィニック監督、
105分 、2011年5月14日公開
2010,アメリカ,ショウゲート
(原作:原題:LETTERS TO JULIET)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「誰もが知る『ロミオとジュリエット』、
そのジュリエットのモデルとなった女性の生家には、
世界中から人々は訪れ
恋の悩みを綴った手紙を家の壁に挟んでいく、
そして私設のジュリエットの秘書達が
その手紙へ返事を書いているという
なんともそのこと自体がおとぎ話のよう」



イタリアのヴェローナを訪れた主人公の
ソフィー(アマンダ・セイフライド)は
その壁に古い手紙を見つけ、秘書達の勧めもあり
50年間見つけられなっかった手紙の返事を書いた、
そして手紙の主と出会うことになる。

日本人のように慌ただしく旅行していたら
この映画は成立しない、

同じ場所に1週間単位でのんびり過ごす
彼ら欧米の旅のスタイルだから
返事を持った女性と会うことができる。

もともと「あり得ないよ」と思ってしまったら
この映画の魔法はかからない

ここはベタを承知で映画の世界へ入り込むと
ラストまで頭の中で想像する通りに進行するが
それは感動を損なうことにはならない、
だって「こうなったらいいな」そんなふうに
期待を全く裏切らないからだ。



50年前に諦めた恋人を探す旅、
クレア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)が
皺くちゃなおばあさんなんだけど
この人がほんと気品があって美しい。



そしてブドウ畑や果樹など
きれいに整理された土地の豊かな様子
風の匂いさえ届きそうだ、
なんてことない強い日差しを思わせるシーンも
この映画を引き立てている。

旅行に行ったら点と点だけでなく
ちょっとしたハプニングや出会いがあれば・・・
そんな風に思うけれど
ほとんどの場合はガイドブックに勧める場所を
皆と同じようになぞってくるだけだ、

だからこの映画みたいな体験に
誰もが憧れる、
言葉の出来ない日本人にはハードルは高そうだけどね。


まさに思った通りの結末
でもこの映画に求めるそのものなので
これはこれでよろしい

見逃したくない作品とまでは言わないが
見たらちょっと幸せな気分になること確実。

★100点満点で75点★


監督のゲイリー・ウィニックが、脳腫瘍により死去したと報じられた。享年49。


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

実はこの映画は昨年バンコクに向かう飛行機の中で見た、
今は廃止となった名古屋バンコクのJALだった。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「アンノウン」まさにノンストップ、でも結末はお粗末

2011年05月18日(水) 0時09分
「アンノウン」★★★☆
リーアム・ニーソン、ダイアン・クルーガー、
ジャニュアリー・ジョーンズ、エイダン・クイン、
ブルーノ・ガンツ、フランク・ランジェラ出演

ジャウマ・コレット=セラ監督、
113分、2011年5月7日公開
2011,アメリカ、ドイツ,ワーナー・ブラザース映画
(原作:原題:UNKNOWN)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「リーアム・ニーソンって見た目でいうと
博士とか知性的なイメージだが
以前の「96時間」でも証明した通り
結構アクションもイケル肉体はでもある、
予告編から楽しみにしていた映画を劇場で」



ドイツでの学会に出席するため
マーティン・ハリス博士(リーアム・ニーソン)は、
自動車事故から目覚めると、
一時的に状況がつかめず混乱するが
宿泊ホテルを思い出し
妻エリザベス(ジャニュアリー・ジョーンズ)と会うが
彼女はマーティンの事を覚えていないばかりか
彼女は自分の夫をその場で紹介する。

自分は一体誰なんだ、
何が起こっているんだ



おっ、この後どうなるんだと
期待は高まる
ホントこういう導入部分があっという間で
このスピード感が堪らない。



事故の影響なのか
全てに確信が持てず、
誰も頼ることが出来ない異国の地、
しかも誰かに命を狙われているらしい、
まさに絶対絶命の窮地、
寡黙そうな男が必死に
なんとか自分を取り戻そうとするのを
ほぼ「ガンバレ」という気持ちで見入る



うまい設定とラスト付近まで
真実に触れることなく
引っ張る演出の勝利だねこれは、
だから真実が明らかになると
急に気持ちは冷めるんだけど
まあよくここまでといった感想。

カーチェイスやアクションシーンも
かなり力の入った出来、
この人、学者さんじゃなかったっけ?
何でこんな能力高いの?

でも面白いからいいか、
などと思いながら食い入るように見てると
ラストでガッカリ、
これでいいのか!

ラストで一気に興奮が冷めてく、
ダメだろこれは、
そんな映画でした。
でもまあ見て損はないかな。

★100点満点で68点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

この感想をパソコンに向かって書きながら、また言っちゃうよ
あのラストはないだろ。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「ふがいない僕は空を見た」何もかもうまくいくことなんかあり得ない

2011年05月16日(月) 19時09分
「ふがいない僕は空を見た」★★★★
窪 美澄 著 ,
新潮社、2011/5/2、13版
( 232ページ , 1,470円)



<リンク:
【送料無料】ふがいない僕は空を見た

【送料無料】ふがいない僕は空を見た
価格:1,470円(税込、送料別)

>


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


2011年本屋大賞第2位

「本屋大賞って何だと最初思っていたが
売れ行きのランキングはあっても
こんなふうに本に関わる人達の
オススメランキングを何冊か読んで
最近ではすごく参考にしている、
そして初めて知った作家の本を読んだ」



高校一年生の斉藤卓巳は
コミケで出会った主婦あんずと
彼女が用意した台本に従って
アニメキャラになった彼女とセックスを繰り返す。

彼女のことが本当に好きなのか?
好きだったクラスメートに告白されても
「ちょっと待って」
自分の心の内を探るが
それが一番分からないようだ。

不思議な読後感の短編が
これに関連する登場人物によって繋がっていく。



次はあんずのお話、
そしてまた彼らは繋がり
すれ違って行く。

斉藤卓巳という高校生の周囲の人たち
誰もが懸命に生きている
明るい未来を思い描いたり
自分の理想を求めたり。

けれど人は誰かと関わることで
そんな理想や夢の形が変わってしまうことも
経験して知ってしまう、

「どうしようもない」
そう言ってしまえば簡単だけど
でも諦めきれない。

そんなもどかしさを感じた、
強烈に心を揺さぶられるようなものは無いが
自分達の日常もこんなもの

正しい方向と思って踏み出しても
それが本当に正しいかなんて
誰も分からないし
だいいち踏み出す最初の一歩さえ
なかなか踏み出せないのが真実だたりする。



今後どんな作品を書いてくれるか
楽しみな作家がひとり増えた
これも「本屋大賞」で紹介されたからだ。




★100点満点で75点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

大賞をとった作品より断然こっちの方が気に入った。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫」タリラリラーン、タリラリラーン

2011年05月15日(日) 10時38分
「これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫」★★☆
浅野忠信、堀北真希、阿部力、
木村多江、いしだあゆみ、佐藤浩市出演

佐藤英明監督、
111分 、2011年4月30日公開
2011,日本,東映
(原作:原題:赤塚不二夫のことを書いたのだ/ 武居俊樹)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「予告編を見て、たまに
『これは見なくてもいいかな』と思う映画がある
この映画もそんな臭いのする雰囲気だったが
最近、『良い映画』を立て続けに見てるので
ここらでバカバカしい映画もいいかなと劇場へ」



大手出版社の入社式
緊張の時間におかしな格好の
赤塚不二夫が壇上に登り
「もっとバカになりましょう!シェー!!」っとやるが
もうひとつ盛り上がらない、
全員が「シェー」ってやるまで
冷たい空気の中をポーズを取り続ける。



イメージの赤塚不二夫は話すとき前髪を
何度も何度も横に手で直して
小太りの小汚いおっさん、

だから浅野忠信がどんなに珍妙なことをやっても
違和感をずっと感じてた、
違う、違うって。


理詰めの面白さじゃなく
見た目のバカバカシいナンセンスな笑いが
赤塚不二夫のマンガだったとしたら
この映画全編そんな主人公の
生き方をスクリーンに再現している。


けれど映画として見た場合
全く面白くないのが致命的だ、
スベリまくっている、

つまらない映画が出来あがっていて
どこか違えば
もっと面白い映画になったんじゃないか
そんなことを映画を見てる間中考えてた。

映画を見るようになって
どんなにつまらなくても途中退席しないと
決めているので
ほぼガマンして見たが

レンタルになっても
ファン以外はお金と時間が損。
本もそうだけど
自ら選んで見たり読んだりするわけで
だとしたら最後までつきあうけれど
他の人にどうだった?と聞かれたら
「他にもっと良い作品がたくさんある」と
言うだろうな。

これでいいのだ。

★100点満点で45点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

浅野君は全米首位発進の「マイティー・ソー」に出演している
こちらは楽しみです。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「阪急電車 片道15分の奇跡 」奇跡というと大袈裟だけど優しい時間

2011年05月13日(金) 19時09分
「阪急電車 片道15分の奇跡 」★★★★
中谷美紀、戸田恵梨香、南果歩、
谷村美月、有村架純、芦田愛菜、小柳友、
勝地涼、玉山鉄二、宮本信子出演

三宅喜重監督、
119分、2011年4月29公開
2011,日本,東宝
(原作:原題:阪急電車/ 有川浩)


  


                  →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「評判の小説の映画化、
先に読もうと購入しているが
本は読む順番があるので先に映画を見て来た。
TVドラマでもそれほど変わらないと思うが
映画は映画館で見ることが違うところ、
大画面を見つめる観客の一人になって
この一回きり、同じ物語を見守るのは
やはり映画ならではの醍醐味



劇中で中谷美紀が
行き交うたくさんの人の中で
「同じ場所ですれ違いながらも
決して交わることがなく
ただすれ違って行く」
そんなことを心の中でつぶやくが
そんな瞬間は誰にでもある。



言葉を交わせば
それがかけがえのない
出会いになるかもしれなくても
普通は言葉も交わさず
それぞれの目的の場所へ、
そんな日常からほんの少しだけ
僅かなきっかがこの映画となっている。



阪急電車って乗ったことはないが
片道15分という短い路線、
見知った顔を見つけられそうだ、
その電車に乗り合わせた
もしくはホームで
ちょっとした出会いが
なんとなく心を癒してくれる、そんな映画。

電車に乗っていて
急に話しかけられたら警戒するだろう
なんだか都会生活ってそんなふうに出来ている、

自分は田舎者なので
地元に戻るとすれ違う人のほとんどが顔見知り
だから最初はその落差に戸惑ったが
今ではだからと言って混乱することもない。


そんなふうに馴染んで行く、
最初は戸惑っても
ちゃんと対応していける
だからこそ同じ場所に居合わせても
別に言葉も交わさない
なるべく視線を避け
それぞれがまるで別の場所にいるみたいに
無関係を装うのだ。

この映画はその暗黙の了解を
ちょっとだけ破って一歩相手の心に近づいて
そして僅かの間だけ心を通わせる、

それぞれのエピソードは短いか
それは丁度電車に乗り合わせた
駅ひとつかふたつぶんの距離のよう。


映画を見終えて地下鉄に乗る、
多くの乗客が降りた後
乗り合わせた同じ方向へ行く人たち
自分もその一人だ
もちろん言葉なんて交わさない
けれどなんだか暖かい気分になった。



★100点満点で75点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

そのうち原作も読もう
★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2011年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf