映画「GANTZ PERFECT ANSWER」完璧な答えは示されなかったが、アクションだけは最高!

2011年04月28日(木) 22時35分
「GANTZ PERFECT ANSWER」★★★☆
二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、
夏菜、綾野剛、水沢奈子、千阪健介、白石隼也、
伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之出演

佐藤信介監督、
141分、2011年4月23日公開
2011,日本,東宝
(原作:原題:GANTZ)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



前作は破天荒でかなり面白かった、
今度は主人公達の置かれた状況の
タイトル通り答えが示されるハズと劇場へ、
でもなんだか前作と同じで
後半以降が失速気味で消化不良だった、
でもアクションシーンはかなりの迫力で満足」



アクション自体は前作よりパワーアップして
大満足の出来上がりだった、

何といっても最強の敵に対して
電車の中のバトルはかなり興奮した、
最高のシーンと言っていい。


ガンツの中に入ってる人間に
危機が訪れることでGANTZ(ガンツ)の
システム事態にも異変が起こり、
何やら新しい動きも、
どうなるんだ?という興味は掻き立てられる、
けれど何で対する星人が
前作のバカバカしいキャラから
全然変わってしまったのか
そのあたりはもう何が何だか分からない。



今回は玄野(二宮和也)に想いを寄せる
多恵(吉高由里子)が何故かターゲットにされ
彼女を守る側と狩る側に分かれ
戦うことの葛藤なども描かれるが

なにせ短い時間の中だから
心に迫るほどのものは感じられない、
まあ初めからそんなものは
求めて無いのかもしれないが。


そして今回唐突に前回死んだはずの
加藤(松山ケンイチ)が現れるが、
彼は星人であり、
100点で生き返った人間の加藤と
複雑な対決を繰り広げるけど
星人は圧倒的に強いのに
なかなかとどめを刺さないのが
どうにも不思議で納得できない、

もちろん加藤が簡単に殺されたら
それはそれで映画にならないんだけれど。


ラストは結構好きなオチだった、
けれどこんな複雑な物語にする必要はなかった、
もっとシンプルな構造にした方が
分かりやすくそして共感しつつ
ラストの静けさに自然と繋がっていけたと思う。



全体的に突っこみどころ満載の
不思議な映画となっていたが
アクションシーンは最高の出来で
これが次に繋がれば
最高の映画が出来るぞと希望が見えた。



★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

松山ケンイチは前編と比べて後編では太ってて
悪者星人として登場しても悪そうに見えなかったな。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「ダンシング・チャップリン」監督からの全編ラブレターだ

2011年04月27日(水) 19時09分
「ダンシング・チャップリン」★★★☆
ルイジ・ボニーノ、草刈民代、
ジャン=シャル・ヴェルシェール、リエンツ・チャン出演

周防正行監督、
131分 、2011年4月16日公開
2011,日本,アルタミラピクチャーズ、東京テアトル
(原作:原題:ダンシング・チャップリン)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「予告編を見た時
この映画はバレレの舞台「 ダンシング・チャップリン」を
作り上げる過程を描いたものだと思っていた。
実際映画を見たら、監督がチャップリンの息子に会って
交渉する姿やもちろんバレエの練習風景、
そして映像にするための見せ方などを練り上げる前編と
5分の間をあけてのバレエの舞台の映画的な再現という
ちょっと変わった映画になっていた」



表向きのこの映画の製作意図は知らないが
監督は結局自分の妻のバレエの引退記念の映画を
作りたかったのだろう

もう少ししたらバレエを踊るには
厳しい年齢となる美しい妻の今を
映像に残したい、きっとそんな映画。

だから全編これは監督のラブレターだ。


バレエの舞台を一度も見たこともない自分にも
「 ダンシング・チャップリン」の舞台は
見たくなるようなものだった、
やはりそこにはチャップリンがいるからだろう。
舞台の映画化についての
あれこれを見るのは面白かったが
だからといって映画としてどうかと考えると
こんなの前半部分はメイキングで
TVで映画宣伝の一環として放送してもいいくらいの
普通のドキュメンタリーだった。



そのあたりは不満と言えば不満

ただしその苦労がこのように
舞台に反映されているのだと
すぐに分かるので、これは構成の勝利なんだろう。



けれど自分達観客は常に受け手だから
その出来上がりを楽しみに待ち、
そして出来上がったら劇場で見るだけだ、
だからこそこの作品は映画としては
非常に中途半端な感じがした。

しかしあのつま先立ちって
どうなってるんだろう、
心の中では「痛い!」って悲鳴をあげてるんだろうな、
そこに「美」を見出し
人間の肉体の限界の美しさを表現しようと
日々鍛錬することの
その壮絶な肉体と精神の葛藤に思いを馳せた。

良い作品なんだろうが
自分はいまひとつ楽しめなかった。

やっぱり自分は『Shall We ダンス?』のような
映画らしい映画が好きらしい。


★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

もういっかい『Shall We ダンス?』を見たくなった、
こちらは名作です。



★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「華竜の宮」遥か未来25世紀の地球

2011年04月25日(月) 0時09分
「華竜の宮」★★★★
上田 早夕里 著 ,
早川書房、2010/10/22、初版
( 592ページ , 2,100 円)



<リンク:
【送料無料】華竜の宮

【送料無料】華竜の宮
価格:2,100円(税込、送料別)

>



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「この本もTVの週刊ブックレビューで紹介され、
その場にいた選者の全員が絶賛していたので
さっそく注文して届いた本は
上下段の分厚い本で、
久し振りのSFで読み切れるかという不安と
これが面白かったら
この本の厚さは楽しみだという気持ちで
さっそく読み始めた。」



陸地の大半が水没した25世紀の地球、
僅かに残った土地に住む陸上民と
遺伝子変化で海に適応した海上民が暮らし
現在では考えられない生態系が登場している。

読みながら
よくこれだけ考えたよな
そればかり思った、

人間の想像力の豊富さを存分に味わう。
そうしながらも
これは日本では映画化できないだろうな、
ハリウッドあたりなら
この仮想世界を表現してくれるかも。


今回の震災もあって
地球と人間なんて壮大なテーマも
今は身近に感じられる、

「快適」を文明の進化のように考え
地球はどんどん人間にとって
小さくなって
もっと早く、思うがままにと
自分達の自由になると奢ってきてしまったのかも
そんなことを考えながら
本の中で展開する未来の地球を頭の中で想像した。


映画でもそしてこの本でも
自分達人間はどうやら
平和的に共存共栄が苦手のようで
争いあったり
他から抜きんでようと
競い合ったりしている、
そしてそんな映像をスクリーンで見たり
本で読んでも納得できるのは
今までの歴史に由来してるからだろう。

遠い未来は頭に描けないが
もっと身近なところで
地球とうまくやっていくことを
これから考えるべきなんだろうなと
この壮大なSFを読みながら
あれこれ考えたとても貴重な読書体験だった。



こういう世界を描ききったこの作品は
素晴らしく、
またSFも良いなと感じた。


★100点満点で80点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

そういえば以前はよく星新一を読んでたな。
久し振りになんか読んでみようか。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか


映画「大韓民国1%」コメディタッチの軍隊映画

2011年04月23日(土) 10時36分
「大韓民国1%」★★★☆
イ・アイ、ソン・ビョンホ、
イム・ウォンヒ、キム・ミンギ出演

チョ・ミョンナム監督、
105分、2011年3月5日公開
2010,韓国,アルシネテラン
(原作:原題:대한민국1%)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「韓国の軍隊の中でもわずか1%のエリートしか
入ることができないという海兵隊特殊捜索隊。
そこに女副士官イ・ユミ(イ・アイ)は入隊するが
女性ということだけでなかなか認めてもらえない、
けれど彼女の頑張りで周囲の理解を得るまでの
スポ根そのものの映画、
キツそうな訓練は見るだけでやりたくは無い」



想像した通りのストーリー展開、
最初はなんとか主人公をモノにしようとする
ワン・ジョンパル下士(イム・ウォンヒ)は、
彼女の実力があなどれないと分かると
今度は彼女に失敗させようと
ボートのエンジンを盗んだり、
銃弾を隠したりとかなりあり得ないことをするが、
最後は改心するというお決まりパターン。

先日も北の攻撃を受けた
境界線近くの島の事件が報道されたが
北は何を考えているのか
いまだに臨戦態勢といえる
元は同じ民族の現在を思うと重苦しくもなるが
この映画はそんな重さは
一切取っ払って
性差別を超えてガンバル女の子という
単純な図式で描いている。



主要人物がそれぞれの個人の事情を抱えながら
同じ場所で訓練しているが
その人物の掘り下げは
深く描きそうで描かない
その肩すかし具合が
気楽に見れる映画としているが

もうちょっとどこかに重点をおけば
ピリッとした映画になっただろうが
どうもそのあたりはのらりくらりと
ちょっと掘り下げてはほったらかし、
次の新しい事件が起こって
またそちらを少し掘り下げてと。

ソウル一の繁華街ミョンドンを歩いていても
休暇なのか兵隊の制服のまま
連れだって歩いている軍人をよく見かける、
日本ではちょっと見られない光景だ。

このあたりの感覚は
平和ボケの日本とは全く違う、
だからこのコメディ色の強い映画でも
受け止め方はきっと違うのだろう、

まあでも映画は映画、
楽しんでちょっと隣の国を考える
そのくらいで良い。


★100点満点で70点


@韓国の俳優ヒョンビン、兵役で朝鮮半島の最前線に@


ドラマ「私の名前はキム・サムスン」などで人気となった
韓国の俳優ヒョンビンさん(28)が、
兵役義務で入隊した海兵隊で、
北朝鮮に近い最前線の島ペンニョン島への配属を命じられた。
(ロイターより)

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

見逃したくないとまでは言わないので、
レンタルで見つけたら見ても損は無い。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「台北の朝、僕は恋をする」思わせぶりなタイトルだけどユルユルな感じ

2011年04月22日(金) 10時10分
「台北の朝、僕は恋をする 」★★★☆
ジャック・ヤオ、アンバー・クォ、ジョセフ・チャン、
クー・ユールン、カオ・リンフェン出演

アーヴィン・チェン監督、
85分、2011年3月12日公開
2010,台湾、アメリカ,アミューズソフト、ショウゲート
(原作:原題:一頁台北)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「この映画ラストに重要な舞台のひとつである
書店で主演の二人とそこにいるお客全員が
ゆるゆるとしたダンスを踊るわけだけど
まさにその意味のないゆるゆる感が
この映画そのものって感じだった。
ちょっと気分が良くて体を揺すってみたい、
そんな映画」



台北の下町に暮らすカイ(ジャック・ヤオ)は、
パリに留学する恋人を見送るが、
彼女はあまり連絡をくれなくて、
それなら自分も行こうと
とりあえずお金は無いので
書店でフランス語の本を読む毎日。

そこで働くスージー(アンバー・クォ)は、
そんな彼が気になって仕方がない。
なにかと話しかけるが
彼の反応は鈍く
そんな毎日が続くが
ある夜、いろんなことが一変する。


台北というと台北101がそびえる
大都会をすぐに思い浮かべるが
この映画はそんなノッポビルを遠くに眺め、
小さな商店が並ぶ庶民の町を舞台に
入り組んだ道路を
彼らは歩いたり、屋台で何か買って食べたり、
果てには悪いヤツラに追いかけられたりする。



カメラで主人公達を追いかけてる
その向こうに見える小さな雑貨店は
一瞬で画面から消えるけれど
その店が何の店か気になったり、
食堂の器に盛られた食べ物が
ホント美味しそうに画面を横切るわけで
地元の生活が垣間見えるのも楽しい。


主人公のカイは恋人を追って
パリまで行きたいと強く願う気持ちはありながらも
行動力があるタイプじゃなく、
書店員のスージーが好意を寄せる態度も
全く気付かないような
まさに草食系男子、
やりたいことを求めてパリへ行くような女の子とは
合わないだろうなぁと。

強烈に何かを伝えるような映画じゃなく
観終わって強く印象に残る「何か」なんて
全く無いけれど
悪くなかったな、この映像体験、
そんな映画だった。


だって自分たちの毎日もこんなものでしょう。





★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

レンタルまで待っても損はない、TV放送はされそうもない
小品だけど、こんな映画も悪くない。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「エンジェル ウォーズ 」予備知識なしでこの世界観を楽しみたい

2011年04月20日(水) 19時07分
「エンジェル ウォーズ 」★★★☆
エミリー・ブラウニング 、アビー・コーニッシュ 、
ジェナ・マローン、ヴァネッサ・アン・ハジェンズ、
ジェイミー・チャン出演

ザック・スナイダー監督、
110分、2011年4月15日公開
2011,アメリカ,ワーナー
(原作:原題:SUCKER PUNCH)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


初登場7位とちょっと寂しいスタートとなった、
今はこのような映画を躊躇する傾向が影響してるのか。


「予告を見てもどんな映画か
詳しくは分からなかったが
確かにこれは短時間では
説明不可能な映像世界、
精神病院に閉じ込められた
美しいエンジェル達が空想世界で
武器を取って強大な敵と戦う
まさに荒唐無稽な映画が出来上がった」



様々な事情で精神病院に閉じ込められた
美しい少女達がそこから抜け出すため、
ベイビードール(エミリー・ブラウニング)の
強い意志に共感した少女たちは
空想の世界で自由への鍵を手に入れるため
命をかけて強大な敵と戦う。

女の子の空想世界に
ここまでやるのかと感じるほど凝った映像、

何が始まったんだ?
あまり説明してくれないから
こっちが勝手に想像して
いつの間にか
その映像の迫力に妙に説得させられてる。



何でも出来るんだな
最近の技術ってすごいな
改めてただただ驚くばかり、

だからと言ってストーリーは
ありがちなので
発想さえ確固としたものがあれば
相当出来の良い作品が出来るのを
この映画は証明してさえいる。

絶対に無理だ、
そんなことしたら死んでしまう、
こんなギリギリな状況ってなかなかないが
それでも何か理由をつけては
前に踏み出したり
現状を変えようとさえしない、
そんな日常を「それでいいのか」と
結構真面目に問われている気がした。

彼女達は脱出へのアイテムを手に入れることで
不可能と思えたことを
現実的なものに変えていく、
自分から一歩踏み出さない限り
自分の思い描く、
今とは違う自分は永遠に「もしも」の
世界の住人でしかないのだ。



まさにおとぎ話、
映画が終わり扉が閉じたとたん、
その夢物語は終わるけれど
なんだかちょっと勇気づけられる、
そんな映画のつもりじゃないので
余計と不思議な気持ちだ。


★100点満点で70点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ザック・スナイダー監督は「ドーン・オブ・ザ・デッド (2004)」「300 <スリーハンドレッド> (2007)」などがある。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「再生の朝に -ある裁判官の選択-」車の窃盗で死刑になる国家は、日本から遥か

2011年04月19日(火) 22時17分
「再生の朝に -ある裁判官の選択-」★★★
ニー・ダーホン、メイ・ティン、チー・ダオ、
ソン・エイシェン、ジェン・ジェン出演

リウ・ジエ監督、
98分、2011年3月5日公開
2009,中国,アルシネテラン
(原作:原題:透析 )






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「舞台は1997年、中国・河北省、
北京のお隣ので暮らす裁判官のティエン(ニー・ダーホン)は
事故でひとり娘を亡くしてしまい
気力を失っていた。
そんなときひとつの裁判を担当する、
前例に従って淡々と仕事をこなすが
果たしてそれでいいのかと考え始める」



裁判官の服を脱いで
マーケットで夕食の食材を買ってる姿は
うらぶれた、じいさんそのもの、
妻が待つアパートも
赤貧という言葉を連想させるほど。

娘を亡くしてから
生きる気力を無くした妻の身の回りの世話が
彼の正気を保っているような
きっと彼の見る世界は
モノクロの希望という色さえ無いだろう。



そんな時、彼は車2台の窃盗で捕まった青年の
裁判を担当した、
これまでの事例に沿うと
なんと彼は「死刑」にあたるようで
淡々とそのように裁判も進み、
事なかれ主義の集まりのように映る
裁判官達も事の重大さを気に掛けることもなく
青年は銃殺の当日を迎える。

ここに腎臓を患う有力者が登場し
話は少しだけ複雑になるが
それはそれほど大したことじゃなく、
やはり自分の考えていたのは
窃盗は犯罪には違いないが
それで「死刑」って
そんな法制度何だろうということ。



先日、名古屋では若い女性を男3人で監禁し
殺人に至った判決が
死刑から無期懲役に変わった、

「殺人被害者が1人の事件で死刑が
やむを得ないとまで言えない」


そんな日本からしたら
中国の実際の判決かどうかは不明だが
海を隔てただけで
大きな違いがあるのは
それをただ単に、お国事情とは言い切れないと。

無気力に陥っていた主人公は
何故最後にその死刑の執行を身を挺して
止めたのか、

詳しくは語られなかったが
なんか分かる気がした。

事故で簡単に奪われる命があり
今、目の前には自分が命運を握る命がある、
自分の出来る最善を尽くそう
当然のことのようにも思えるが
ふと日常を振り返れば
流されていることの多さを思う。



この映画はラストに希望を見せるが
だからといって
劇場をすっきりとした気分で
出ていけるような軽い映画ではない
でもこんな映画もたまには良いなと。

★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

近代化の波から取り残されたような街
行ったことも、たぶん行くこともないだろう見知らぬ街を見る楽しさ


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

カンヌ映画祭*ブラッド・ピットの新作他出品で賑わう

2011年04月17日(日) 19時29分
カンヌ映画祭*ブラッド・ピットの新作他出品で賑わう





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




今年は5月11〜22日の日程で開催される
「第64回カンヌ国際映画祭」での
出品作品が発表された。



<コンペティション部門>

「Le Havre」アキ・カウリスマキ監督(フィンランド)

「朱花(はねづ)の月」河瀬直美監督(日本)

「The Tree of Life」テレンス・マリック監督(米国)

「一命」三池崇史監督(日本)

「Habemus Papam」ナンニ・モレッティ
「Melancholia」ラース・フォン・トリアー監督(デンマーク)



三池崇史監督の「一命」は3Dの時代劇となっているようだ、
河瀬直美監督は海外での評価が高いが
自分的には何故なのか分からない、
ちっとも面白と感じないからだけど
「分かる人には、分かる」のだろう。


期待したいのは
「The Tree of Life」
テレンス・マリック監督(米国
)←クリックすると予告篇に飛びます
日本人にはちょいと複雑なガダルカナル戦を描いた
「シン・レッド・ライン」は忘れられない作品だ。
画面に見えたもの以上を語る映像を
早く見たい。



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

東京国際映画祭って世界からどのくらい
注目されてるんだろう?

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「神々と男たち」それでも神は沈黙を守るのか

2011年04月16日(土) 0時09分
「神々と男たち」★★★☆
ランベール・ウィルソン、マイケル・ロンズデール、
オリヴィエ・ラブルダン、フィリップ・ロダンバッシュ出演

グザヴィエ・ボーヴォワ監督、
101分 、2011年3月5日公開
2010,フランス,マジックアワー、IMJエンタテインメント
(原作:原題:DES HOMMES ET DES DIEUX/OF GODS AND MEN )






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「かつてフランスの植民地だった
北アフリカのアルジェリア、
そこに地元のイスラム教徒と
フランス人修道士が宗教を超えて交流し
畑で採れたもので日々の生活をしながら
平和に暮らしていた。
しかしイスラム原理主義者との内戦が勃発し
外国人も襲われ始めた」



この地に残って自分の役目を果たすべき、
殺される為にこの地に来たわけではない、
そんなふうに修道士達の間でも意見は分かれるが
結局はこの地に残り
今まで通りの生活を続けていくことを決め、
畑を耕し、僅かな食料を分け合って
皆でためる慎ましい食事に喜びを見出していた。

けれど彼らの元にも武装集団がやってきて
薬品を欲しがったり
医者を連れていくと迫るが
彼らは頑としてはねつける。


緊張感と修道士達の思惑を含んだ
ひっそり交わされる視線が
何かを語る、
結局自分には「祈り」を
彼らと同じには感じられない、
信仰に支えられた暮らし
生き方ってどんなだろう



この悲劇的な事実を知って
その思いはさらに強くなる
神の御心って
どこで示されているのか。



アフリカはかつて植民地として搾取され
その歴史はきっと人々の心に刻まれているだろう、
その思いってどんなだろうか、
だからこそ現地の人たちと同じような暮らしをし、
地道に活動することが求められたのだろうか
それにしても信仰の強さは
理解できない。

あんなふうに地元に
根を下ろしたようにしていても
最終的には周囲の人たちは
彼らを守ってはくれなかったのだ、

そんなふうに考えると
暗澹たる気持ちになるが
そのあたりに宗教を求める「何か」があるような気がした。



★100点満点で70点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

北アフリカってあんなに雪がふるんだ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「塔の上のラプンツェル」キレイキレイなおとぎ話

2011年04月14日(木) 22時44分
「塔の上のラプンツェル」★★★☆
マンディ・ムーア、ザカリー・リーヴァイ 声の出演

バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ監督、
101分 、2011年3月12日公開
アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(原作:原題:RAPUNZEL)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「3Dの必要あるんだろうか、
あの重いメガネを時々持ちあげて
スクリーンを見るけど
メガネ無しの時の美しい色を見ると
もっと3D向けの映画に絞って欲しいと
そんなことをこの映画を見ている間に
何度も感じた」



3Dという上映方法に好き嫌いはあっても
今回のこの映画を見て感じたのは
ディズニーに求めるもの
ほぼ全ての要素をまんべんなく取り入れ
文句のない出来上がり、
けれど大人の目線で鑑賞すると
物足りない、それが素直な感想。



“髪長姫”としても知られる
グリム童話のヒロインを
ディズニーらしくアレンジして
18年間高い塔の上に幽閉されていた少女が
外の世界へ飛び出し
ダムが決壊して大量の水から逃れるあたりは
まさにアクションアドベンチャー。

これはホント良くできていて
メガネの薄暗さがなければ
もっと楽しめそう、

どこかに文句つけようと
斜に構えてたらつまらない
ディズニランドへ行った時のように
おとぎの国を楽しもうとしたいなら
この映画は最適といえる。


これってとのうちミュージカルとして
舞台化でも狙っているのか
歌がちりばめられ
彼女の長い髪が画面狭しと
しなやかに動きまわる。
こういう動きとかをクリエイター達は
真剣に話し合いながら作っているのだろう。

でも結局自分的には
あまり楽しめなかった

なんだかあまりに毒がなくて
けれどディズニーにそんなものを
求める方が間違ってるのかもね。



★100点満点で70点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

実はお姫様の主人公が出会い、恋に落ちるのは
若い泥棒という設定、これでいいの?
時代は変わっていくということ・・・?


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2011年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf