「わたしを離さないで」小説世界の具現化は難しい

2011年03月30日(水) 2時04分
「わたしを離さないで 」★★★☆
キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ 、
シャーロット・ランプリング 出演

マーク・ロマネク 監督、105分 、 2010年 イギリス=アメリカ、 配給:[20世紀フォックス映画]
2011年3月26日公開
(原作:カズオ・イシグロ/Never Let Me Go )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



この映画は昨年の映画祭で見た、
せっかくなので近々もう一度みるつもり。
その時の感想を再掲載する。


東京国際映画祭・コンペティション出品作品
スクリーン7の大劇場が満席だった。


「田園地帯にたたずむ寄宿舎で
キャシー、ルース、トミーの3人は、
小さい頃からずっと一緒だった。
18歳となった3人は農場で共同生活を始める、
やがて恋人同士となったルースとトミーを、
複雑な思いで見つめるキャシー。
そして3人に別れの時が訪れる。」



ストーリーは衝撃作ともいえるが、
SFでこんな未来を他の作品で見たこともある、
けれどこの作品で泣けるのは
3人の関係だ

幼いころから一緒に過ごし
同じ時を共有してきた、
そして訪れる「運命」。

こんなことあり得ないと思いつつも
しっかりた演出と丁寧な3人を中心とした
心の動きを描いて
リアルというより、詩的で
やはり物語の中に入り込んで
切ない気持ちになるのだ。



何かを象徴とさせるような
風景を長回しで写したり
そこに自分達は様々なことを心の中で
考えたり、解釈したりする、
劇的な演出が少なく、
ともすると盛り上がりに欠けるように感じるが
これは後からしみじみ心に迫る映画だ。

見ごたえのある映画だった

では面白かったかというと
実は退屈な感じが長く
エンタメとしてもうひとつ、
ラスト付近で主人公の青年が
とうとう感情を爆発させ
空を見上げて叫ぶシーンは忘れられない。



★100点満点で70点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
来年公開が決定している。
★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「ソウル・キッチン」疲れ気味の心がちょっと元気になれる

2011年03月27日(日) 21時20分
「ソウル・キッチン」★★★
アダム・ボウスドウコス、モーリッツ・ブライプトロイ、
ビロル・ユーネル、モニカ・ブライプトロイ出演

ファティ・アキン監督、99分、2011年1月22日公開
2009,ドイツ、フランス、イタリア,ビターズ・エンド
(原作:原題:SOUL KITCHEN )





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「ドイツのハンブルクで“ソウル・キッチン”という
レストランを経営するジノス(アダム・ボウスドウコス)は、
頑固者の天才シェフを雇うと、
彼の料理が評判とな理、店は繁盛する。
何もかもうまくいき始めたと思ったが
兄が刑務所から仮出所してくると
だんだん悪いほうへと向かっていくのだった」



予備知識なしで見たので
最初、冷凍食品を揚げる、温める
そんな簡単な料理を出す
いわゆる場末の食堂が舞台なのに驚いた、

レストランとも言えないような
全体的に汚らしいキッチンとホール、
味より量や早さのような雰囲気に戸惑う。


ドイツ映画だけれど
主演の顔はインド人かと思った、
資料でギリシャ系と知り
自分の常識的な認識不足を再確認も。

新しいシェフが来て
店が繁盛し始め、
主人公は彼女に会うため北京に向かうが
このあたりからストーリーは
破滅的な方向へ向かう、

なんだろうな、すごくいいアイデアとか
すごく面白いとか
そこまでは感じなかったが、
ドタバタしたけど
最後はなんとか丸く収まったという感じ。


心に残る名作とは全く言わないが
「次はどうなるんだろう」と
楽しみながら見た、

自分の作った店が広く支持されたら
それは嬉しいだろうな、
自分の信じた店づくり
選んだテーブルや食器
そして重要なコンセプトはもちろん。


イメージとは違った映画のだったが
期待しなかった分
儲けたような気分、
でもレンタルまで待っても
損失なし、そんな映画。


★100点満点で70点



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
ファティ・アキン監督は『愛より強く』でベルリン国際映画祭金熊賞、
『そして、私たちは愛に帰る』をカンヌ映画祭で、観客賞と最優秀脚本賞
そしてこの作品ではヴェネツィア国際映画祭で審査員特別賞を受賞

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「悪魔を見た」悪は存在する

2011年03月26日(土) 0時29分
「悪魔を見た」★★★☆
イ・ビョンホン、チェ・ミンシク出演

キム・ジウン監督、144分、2011年2月26日公開
2010,韓国,ブロードメディア・スタジオ
(原作:原題:I SAW THE DEVIL)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「女性ばかりを狙った連続殺人事件が発生し、
フィアンセを殺された国家情報院捜査官が
犯人を逮捕するという職務から逸脱して
復讐の為、犯人を追いかける、
まさに悪は存在するとしか思えいない
極悪の犯人像と
追いかけるうちに心の闇を覗いた男を描く」



これぞ韓国映画のテイスト、
人情ものが得意なチェ・ミンシクは、
徹底的な悪人を演じきり
こんな映画をこんな有名な俳優が
演じて良いんだろうかと思うようなシーン多数。



でもこれに輪をかけて
悪には悪を、をそのまんまで突き進む
被害者の身内という
弱い立場から
犯人を捕まえては
生殺しのように解放し
追いつめる男もまた
悪魔の顔を持っていて
こっちの恐怖の方が心から震える。



とにかく「悪」には徹底的な罰が与えられるべき、
そんな考えが社会全体にあるんじゃないかと
思わせるような映画、
弱いものが反撃する映画は
実は韓国映画には結構あるが
主演のイ・ビョンホン目当てに劇場に着た
ファンには驚くべき体験となったようだ。

血しぶきが顔にかかるときの
主人公の恍惚とした表情



きっと観客も爽快とまではいかないにしても
すっきりした気分になるのだろう、
そんな考えに支えられてなければ
人気俳優がここまでやるとは思えない。

犯罪そのものの他にも
韓国の学歴至上主義みたいなものや、
日本より顕著な格差社会、
インドのカースト制度並に
一度自分の立ち位置が決まったら
それが一生ついてまわるような
かなりシビアな社会情勢も開間見える。

ここ3年くらい韓国へ行っていない、
その前には7年間で15回訪れた、
7年という歳月は相当の変化が見られた
社会の変動を示すように
為替も大きく変動した。

見た目、日本と変わらない様にも映るが、
急激な変化にどこかいびつな社会が
ほころびを見せている、
日本にはあまり知らされないが
犯罪もかなり多い、
そして様々な弊害に声を上げる人も多い。

そんな場面に出くわすと
海を越えたお隣の国との違いを実感する。



などと久々にソウルへ行って
新しいものや変わらないものを見てこようかな
そんなことも思った。

映画の出来は上々、
けれど描いている内容が内容だけに
この映画が大ヒットして
多くの観客が見るっていうのも怖い気がした。



★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
イ・ビョンホンがよくぞ、こんなおぞましい映画に出演したものだと思ったが、
彼が犯人役をやったら、のけぞるほど驚いただろう。と思うとまだまだ甘いか。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「東京ポッド許可局」〜文系芸人が行間を、裏を、未来を読む~

2011年03月25日(金) 7時04分
「東京ポッド許可局」★★★☆
マキタスポーツ (著), プチ鹿島 (著), サンキュータツオ (著),
みち (著), みずしな孝之 (イラスト)
,
新書館、2010/9/24
( 269ページ ,¥ 1,890 )

<リンク:
【送料無料】東京ポッド許可局

【送料無料】東京ポッド許可局
価格:1,890円(税込、送料別)

>

                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


「リスナー登録者数14万人を誇る
大人気ポッドキャスト放送が、待望の書籍化!
「東京ポッド許可局」とは、
マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオら
3人の文系お笑い芸人が、
好きなお菓子から世相まで
独自の視点で鋭く楽しく語り合うおしゃべりラジオ。」

(解説より抜粋 )



本選びに参考にしている
「週刊ブックレビュー」で紹介されたいたので
さっそくネットで注文して
読み始めた。

ネットラジオで3人が話しているのを
書籍化しているので
それぞれ誰が発言したのか括弧の前に
名前があり、話しているのを
そのまま読んでいく。

書かれているのは
目次から以下の通り
@@@
「すべらない話」論
「矢沢永吉:ビートたけし=長渕剛:片岡鶴太郎」論
「ビートたけしベンチャー」論
完璧過ぎる=おもしろい「ドラリオン」論
「真っ赤なスポーツカー」論
「排泄映画」論
「おすそわけガム」論
「手数」論
「ピン芸人=素数」論
「悪性エンターテインメント」論
局員語録
東京ポッド許可局年表
@@@

普段何気なく見ている番組の
面白さを解説してくれているわけで
彼らの解説も「そういうことなんだ」と
同意できるが
別にこんな解説不要だなとも。



でも今流行りの芸人の芸の内容について
その違いや今の受け止められかたなんかは
こんなふうに分析している人もいるんだと
逆に語られている芸人より
語ってる局員の人たちの
考えが面白かったな。



自分は「踊るさんま御殿」が好きなんで
なぜ「御殿」は面白いのかってのも
次には読んでみたい、
これこれこういうわけで
そして時代の位置的にはこんなふうでと。



普段はこんな感じの本は買わないが
紹介してもらったことで
いろんな人がいるんだなぁと
その感心した感じは
普通の小説とは当然違うわけで
面白い体験だった。


★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
付属のCDは未開封です。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「イップ・マン 葉問」ドニー・イェンの魂の映画に感動した!

2011年03月23日(水) 22時34分
「イップ・マン 葉問」★★★★★
ドニー・イェン、サモ・ハン・キンポー、ホァン・シャオミン出演

ウィルソン・イップ監督、109分、2011年1月22日公開
2010,香港,フェイス・トゥ・フェイス
(原作:原題:葉問2 )


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



カンフー好きなら映画館で見ないと損する、
是非大画面の劇場へ!
公式HP←公開劇場はココでチェック


「日中戦争後の1949年、主人公である格闘家
イップ・マン(ドニー・イェン)は
香港で詠春拳の道場を始めるが
経営はうまくいかない、
それに加え道場を開くには
他の流派の道場主と闘い
認められないといけないと言われ、
闘いの場で力を示すが、そこでも最後は金の要求があり
彼はそれを拒否して会場を後にする」



なんて冷静にストーリーを書いてる場合じゃない、
久々にまさに血沸き肉踊る
真のカンフー映画を見ることが出来て
体の中から湧きあがる力と
涙腺を刺激しまくりの
素晴らしいカンフーの技の応酬に
幸せな時間を過ごせた。



主人公はのちにブルース・リーも師とあがめ
カンフー(彼の場合は詠春拳)を
世間に広める活動も行った実在の人物でもある。

日中戦争で傷ついた民衆は
その後、香港を統治する白人によって
またしても自治を取り上げられ
激しい差別を受ける、
このあたりの描き方は
画一的で「悪(白人)VS善(中国民衆)」という
単純化されたものとなっている。


現在ではこういう描き方は批判もあるだろうが
まあ、これはラストへ向かっての
感情の爆発を誘引する原因なんで
大目に見るとして
まさに質実剛健なイップ・マン師匠は
やはり貧しく、穏やかで
そんな彼のラストの血管の浮き出た形相、
そして力を尽くした死闘は
ホント感動した。



また往年のカンフースターである
サモ・ハン・キンポーも見せ場たっぷりで
これにも涙。

ジャッキーもハリウッド向けばかりじゃなく
こんな正統派のカンフーで
もう一度その雄姿を見たいと思った。


久々に真のカンフー映画を見た。

最近は香港映画でも
なかなかこういう映画は作られていない、
一時我がジェット・リーが
カンフーを使った映画に出演したが
それは外国人(白人)が見るときの
様式化されたいわば美しさに基準を置いた
型の見事さは表現してくれたが
この映画では、まさにカンフーそのものを
見た気がした。

最高!
もう一回は見に行く!

★100点満点で95点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
ドニー・イェンはカンフーの実力を早くから認められていたが
いかんせん顔が主人公向きじゃないんだよね、でも最高でした。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「アンチ・クライスト」宗教儀式に参加したような気分

2011年03月22日(火) 22時46分
「アンチ・クライスト」★★★
シャルロット・ゲンズブール、ウィレム・デフォー出演

ラース・フォン・トリアー監督、127分、2011年2月26日公開
2009,デンマーク、ドイツ、フランス、スウェーデン、
イタリア、ポーランド,キングレコード
(原作:原題:ANTICHRIST )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「息子を事故で失った夫婦。
そのことで二人の生活は大きく変化する、
悲しみと自責の念で妻は神経を病み始め、
セラピストの夫は森の中の山小屋で
妻の治療を試みる。
しかしそこで事態は急変する。
予備知識なしに見たので
まさにとんでもない展開に驚いた」



ウイリアム・デフォーの顔がアップになると
穏やかな表情を見せていても
その下にある何か邪悪なものを感じる、
これはこれまでの映画からの先入観だ、
かたや時に子供のような顔にも見える
シャルロット・ゲンズブールは、清廉無垢な印象だ。


しかしこの映画ではそれは
見事に逆転する。


悪は存在する、
それは自分の隣かもしれない、
それを人は突然知らされて
途方に暮れるのだ、

でももうその時は自分も
知らなかった世界に足を踏み入れているのかもしれない。
そんな恐怖。

屋根に落ちるどんぐりの音、
ふぜいがあるとも思えるが
彼らの状況の中では
余計と不安をあおぐものでしかない、

森の中の小屋へ続く道の途中の
大きな洞穴
その大きく口をあけた暗闇が
何かを示唆する、

どこかに仕掛けがあるんじゃないかと
そこここで深読みするが
恐怖はもっと具体的に表れる。


そして観ながらも
自分の足を床から上げて
「痛い、痛い、痛い」と何度も思った、
よくこんなこと考えたよな
そんなふうに思いつつも
心の暗闇、悪魔の具現化
色々なものを画面から読み取ろうとする。



観終わってほっとする、
劇場の外へ出ると冷たい空気に包まれるが
映画で感じた恐怖の冷たさと比べたら
まだ現実のほうが
やり過ごしやすいのかもと
いつもの足取りに戻って地下鉄へ。

ちょっとエグイ描写が多くて
万人向けじゃないが
映画体験としては面白かった。

★100点満点で60点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

シャルロット・ゲンズブールは「なまいきシャルロット (1985)」をはじめ
もう30作近く出演してるベテランだけれど
日本での一般的な知名度はいまひとつか。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「愛おしい骨」20年前の殺人事件が新しい事件を呼ぶ

2011年03月21日(月) 0時09分
「愛おしい骨」★★★☆
キャロル・オコンネル著 ,
創元推理文庫、2010/9/11
( 522ページ , 1,260 )

<リンク:
【送料無料】愛おしい骨

【送料無料】愛おしい骨
価格:1,260円(税込、送料別)

>


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「十七歳の兄と十五歳の弟。
ふたりは森へ行き、戻ってきたのは兄ひとりだった。
二十年ぶりに帰郷した兄オーレンを迎えたのは、
時が止まったかのように保たれた家。
誰かが玄関先に、
死んだ弟の骨をひとつずつ置いてゆく。
何が起きているのか。次第に明らかになる、
町の人々の秘められた顔。
迫力のストーリーテリングと卓越した人物造形。
『クリスマスに少女は還る』の著者渾身の大作。」
(文庫解説より抜粋 )


読み終えたときの脱力感の大きさで
その本の面白さは決まる、
安堵の気持ちと終わってしまった
なんとも言えない寂しさと。

20年ぶりに帰郷したオーレン、
そして骨になって帰ってきた弟ジョシュ。
そして新たな殺人事件、
街の人々は誰もが何か秘密を抱えているようで
そんな割り切れないものを
ひとつずつ解明しようとする
それは人間の好奇心と
今度こそ犯人を捜し出すという
使命が重なり
「事実」の扉を開けていく。

15歳の弟の知られざる別の一面、
そんなことを知るために
帰ってきたんじゃない
それでも真実に近づくには
全ての事柄と向き合うしかないのだ。


ミステリー小説というより
小さな街に住むいわゆる
普通の人々を描いていくと
そこには多かれ少なかれ
秘密があるわけで
そんないくつかがちょっと道を間違えると
大変なことに巻き込まれていくのかもと
心理描写も的確で
残酷な殺人などに焦点をあてるというより
まさに人間を描いた作品だ。



20年も前の事件を再構築する試みは
時に人の記憶の曖昧さが立ちはだかり
それが事件解決の部分で
すっきりしないと感じるが
まあそれはそれとして
読みごたえのある作品だった。


★100点満点で80点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

『クリスマスに少女は還る』は評判がいいようなので
そのうち読みたい。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「アレクサンドリア 」かつての神秘的な古代都市に思いをはせる

2011年03月19日(土) 19時45分
「アレクサンドリア 」★★★☆
レイチェル・ワイズ、マックス・ミンゲラ、
オスカー・アイザック、マイケル・ロンズデール、
サミ・サミール出演

アレハンドロ・アメナーバル監督、127分、2011年3月5日公開
2009,スペイン,ギャガ
(原作:原題:AGORA)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「4世紀のエジプト、アレクサンドリアが舞台。
実在の女性天文学者のヒュパティア(レイチェル・ワイズ)は、
学問に情熱を注ぎ、弟子に講義を行っていた。
しかしその繁栄もキリスト教という
当時の科学を否定する大きな勢力と衝突し
新しい時代が幕を開けようとしていた」



とにかくエジプト関連の事には
全て興味があるため
この映画も楽しみにしていた。


日々の労働に縛られず
詩作や思想を楽しむ一部の貴族の生活は
奴隷制によって支えられていた、
そこに誰でも平等を説くキリスト教は
主に下層の平民や奴隷に
圧倒的な熱狂で迎えられた。


芸術や文化もこんなふうに
現実世界から離れたところで
一気に花開いた時代が何度かある、

それは現実感を欠いた危うい基盤の上にある、
そんな足元が揺らぐ時代がそこまで来ていた。

どこまでが歴史の事実なのか分からないが
地中海の気持ちのよさそうな気候の中
かつて繁栄を誇った都市があった、
そこでは日本の八百万の神と似た
様々な神が信仰の対象となっていた、
そして彼らの心のよりどころともいえるのが
これまでの知識を記した本を収蔵する図書館だった。

この図書館がキリスト教の勢力に
無残に燃やされ、壊されたシーンは
なんとも無念な気持ちになったが
歴史ってこういうことの繰り返しだったのだ。



さらには女性が人の前に立ち
道理を説くことを危惧し
「魔女」と名指しされ
石打ちの刑に処せられるというラストシーンは
残酷だったけれど
それでも自分の意思を曲げない
気高さが守られたことを喜びたい。

話し合いが行われても
それが結局最後は武力にものを言わせるような
そんな経験から現代社会は成り立っている、

これが本当に成熟した社会なのかと
疑いたくなる瞬間も多いが
それでも信じて守っていくべきなんだろう。

以前カイロからスタートして
ルクソール、アスワンと旅したが
アレキサンドリアはまだ行っていない、
次にエジプトに行く機会があれば
是非訪れたいと思った。
その空気を自分でも感じたい。

★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

レイチェル・ワイズは女優として方向がまだ見えない。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「SP 革命篇」これは傑作、面白かった。

2011年03月17日(木) 19時09分
「SP 革命篇」★★★★
岡田准一、堤真一、真木よう子、
松尾諭、神尾佑、山本圭出演

波多野貴文監督、128分、2011年3月12日公開
2011,日本,東宝
(原作:原題:SP 革命篇)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「2作に分けて制作された後篇ともいえる作品、
何かが密かに進行し、
上司の尾形(堤真一)の発言もどこか意味深と
この作品に期待は高まっていたが、
まさに時間の経つのも忘れて
どんどん進行していく展開に見入った、
久々にスカッとした傑作といえる」



SPとして個別に国会議員の警護について
彼らを議事堂内に見送り
集合した主人公の井上薫(岡田准一)らに
上司の尾形は議事堂3階の委員会室の検索を命じ、
その間に尾形率いるテロリスト達が
議場内を制圧し、
数人の議員の不正を暴いて
このままではいけないのだと
「大義」のための行動と訴える。

この辺りまでは実に迅速で
こんなに簡単に国の中枢が
テロ行為の術中にはまるのかと驚くが
行動に説得力があるので
違和感はない。



この難局をSP4人がどう打開していくのか
お膳立てはバッチリ、
わざわざ尾形がテロ軍団から
井上たちSPを遠ざけた意味を考えつつ
それでもTV中継される尾形たちの
異常な行動に戸惑う姿も
見ている観客と同じ目線で
演出というか編集というか
うまいんだなと。



また官僚グループが議事堂から離れた
マンションに集まり
事の推移をTVで見つつ
操ってるのは自分たちだと
成り行きを説明してくれるので
親切なつくりにもなっている、
ここで明らかにされた
尾形も知らないさらなる「大義」というか
陰謀を知ると
身をさらして高潔な政治家を求める
尾形の姿が痛ましくも思えてくる。



そしてSPの突入、
尾形と井上の対決。
ラストは涙。



今回は不思議な力をもつ井上の
その力ってのはあまり発揮されなかった、
またアクションシーンも前回より少なめ
ただし狭い部屋での戦いは
相変わらず痛そうで
リアルな感じで
このあたりがフィクションとはいえ
この映画のひとつの魅力となっている。

結末は分かってしまったが
革命編はもう一回くらい見てもいいかな。

ただしラストに井上はまた頭痛に襲われ
これは続きがあると示唆していた。

★100点満点で80点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「SP 野望篇」アクション最高!でも人物描写は薄い。← 過去記事へジャンプ


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震

2011年03月17日(木) 15時04分
平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震


2011/3/11(金)こちら名古屋では強い揺れを感じましたが
身近なところでは被害はありませんでした。
東北地方での被害の状況が分かるにつれ
今現在も大変な状況で過ごしている多くの人がいると思うと
ありきたりですが、
がんばってくださいとしか言いようがありません。


募金や節電くらいしか
出来ることが思いつきませんが
同じ日本人が大変困難な事態にあることを
思いつつ、自分としてはただただ普段の生活を
淡々としていくだけです。


原発の対策に身を呈して今も
力を尽くしてくれている人がいます、
早く事態が好転することを願っています。


★地震関連情報はコチラから
2011年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf