映画「バスキアのすべて」作品の良さは分らなかった、価値は自分で見つけるもの

2011年01月31日(月) 19時09分
「バスキアのすべて」★★★
ジャン=ミシェル・バスキア、ファブ・5・フレディ、
ジュリアン・シュナーベル、マリ・ポール、アニナ・ノセイ出演
タムラ・デイヴィス監督、88分、2010年12月18日公開、
2010年,アメリカ,CJ Entertainment Japan
(原作:原題:JEAN-MICHEL BASQUIAT:THE RADIANT CHILD)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「バスキアの作品を見て
すぐに彼の作品と分る人はそう多くないだろう、
でも結構目にしていることは
この映画を見ると分る、
同時代のキース・ヘリングとの軽やかなポップさと
ちょっと違う代表的な作品から
彼の製作の様子まで
未公開インタビュー映像と、
彼を支えた友人たちへの取材映像で構成。」



'88年に27歳の若さで薬物中毒で他界し、
今年が生誕50周年にあたる
ジャン=ミシェル・バスキアのドキュメンタリー。

彼の映像がもっと見られるかと思ったが
本人の映像は思ったより少なかった、
未公開のインタビューと写真、
多くは当時の彼を知る人達のインタビューと
語りでバスキアの登場から最後の日々を
綴っている。

映画自体が
何処かに導こうとしていないのが良い、
悪意もなければ、
ことさら崇拝するような部分も無く、
インタビューされる人によっては
同じ人の印象が違っているのも
人間味が伝わってくる。



彼は短い間に膨大な作品を残している
今その価値がどのくらいなのか知らないが
ぱっと見では自分にも描けそうな
直線的で子供がクレヨンで
手を上下させて塗るような
そんな力強い線が印象的な作品を
鼻歌を歌いながら
軽くステップを踏みながら描く様子が
写しだされるが
彼が最後には薬物中毒で亡くなったことを思うと
それは見せたい自分だったのだろうな。



子供のように人から褒められて
喜んで創作意欲を湧かすような
そんな印象を持ったが

表現することとその結果としての評価は
やはり切り離せないものだったのだろう、
神経衰弱となり
28歳という若さで薬物中毒で
この世を去った若き天才、
輝くような笑顔が瞼の裏に焼きついた。



★100点満点で65点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン


「バスキア 」1996年 米/出演: ジェフリー・ライト / デヴィッド・ボウイ / デニス・ホッパー / ゲイリー・オールドマン
こんな映画もあったな。



★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」エグイ現実をふわっと描いた不思議

2011年01月30日(日) 11時54分
「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」★★★
大政絢、染谷将太、三浦誠己、山田キヌヲ、
鈴木卓爾、田畑智子、鈴木京香出演
瀬田なつき監督、110分、2011年1月22日日公開、
2010,日本,角川映画
(原作:原題:嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「シリーズ累計130万部を突破した
ライトノベルを原作とした本作。
10年前に起きた誘拐監禁事件の
被害者であるみーくん(染谷将太)と
まーちゃん(大政絢)の周辺で
連続して起きている奇妙な事件の真相と、
10年前の事件の秘密が描き出される。」

(HP映画生活より)


簡単なストーリーをまとめようと
考えたが複雑だったので
よく見ている「映画生活」のHPの
解説を引用させてもらった。

でもこの解説では映画の内容は
もちろん伝えきれていない、
だいたい見ている途中でも
分ったつもりで見ていて
アレ、どうなってるんだ?って
少なくとも2回はそれまでの考えが
違っていたんだろうなと思う瞬間があったから。



破天荒とも感じる主人公達の行動や
現在の状況は映画の中だからこその夢物語、
そのムリな設定を染谷将太と大政絢の
ほわぁーんとした雰囲気が
細かいことなんかどうでもいいやって。



染谷将太は「パンドラの匣』」でも
透明な存在感というか
全体の中でひとり別の世界に居るような
捕え所のない雰囲気を持っていたが
この映画でもその雰囲気は
現実的なストーリーのつじつまとか
どうでもいいかと思わせる、
結局今見ているその瞬間さえ面白ければ
それこそが大切な気にさせてくる。

人間の脆い心は壊される
けれど何度でも回復出来るだろう
それは周囲の理解や関心が
しっかりとその人の心に届くことが必要だ、

人と関わることは難しい、
けれどそこに喜びもわるわけで
だから人は今日も支度をして
玄関のドアを開けるのだ。

映画館で見逃したら損するとまでは言わないが
映画館の空間でこの映画と対面するのと
レンタルで見るのとでは
この映画の持つ雰囲気は
損なわれてしまうのかもしれない、
でも1.800円出すなら・・・どうかな。

★100点満点で65点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「パンドラの匣 」★★★生命力に溢れすぎない溌剌とした清冽な印象
★100点満点で65点★


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「ソーシャル・ネットワーク」アカデミー賞8部門ノミネートの実力

2011年01月27日(木) 22時24分
「ソーシャル・ネットワーク」★★★★
ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、
ジャスティン・ティンバーレイク出演
デヴィッド・フィンチャー監督、120分 、2011年1月15日公開、
2010,アメリカ,SPE
(原作:原題:THE SOCIAL NETWORK)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



第83回アカデミー賞の候補が25日にロサンゼルスで発表され、
『英国王のスピーチ』が作品賞、監督賞、主演男優賞をはじめ
最多12部門にノミネートされた。
続いてコーエン兄弟の『トゥルー・グリット』が10部門、
現在日本公開中の『ソーシャル・ネットワーク』、
渡辺謙も出演した『インセプション』が8部門の候補となった。



「アカデミー賞だけが映画の価値を決めるわけでは
もちろん無いけれど、一定の評価は分る、
8部門ノミネートの話題作、
そうなると期待して映画館へ、
速射砲のようなセリフの洪水、
主人公には確かに才能のひらめきを感じた、
ソーシャル・ネットワーキング・サービス「Facebook」は
世界規模で広がり大成功を納めたが
人間関係ではどうだったかを冷静に描く傑作」



映画の出来としては文句ない。
あとは好き嫌いの問題だ。


創始者マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は
成功を夢見たというより
自分の造った新しいサービスに多くの人たちが
共感し今も使ってくれるという幸福を
感じたかっただけなのかもしれないが、
組織が巨大化するにつれ
ビジネスの冷徹な部分が
経済的な成功こそが唯一価値のあるもののように
変化していく様子を
熱い映画なんだけど、
物凄く冷静に見つめた映画となっていた。



誰だって「成功」を夢見る
なれたかもしれない「もうひとり」の自分を
ふと想像しない人はいないだろう。

けれどそれを実現するには
それなりの覚悟と犠牲が必要だ、

もちろん「才能」なくしては
全てが夢物語だ。


和解のテーブルで皆が権利を主張している場面でも
主人公はパソコンから目を離さず
ひとり別世界に身を置いているようだ、
ここまで「何か」に自分の全身全霊をかけて
何かやり続ける、やり抜く決意があるのかと
こちらに迫ってくるようだった。



この映画の結末は
天文学的な財産を獲得できたが
友人の居ない孤独な青年という
ちょっとほっとするようなものとなっている、
でも自分達は知っている
この結末は別に悲劇的でも無く
多くの人が心の底では憧れるものだと。

この皮肉な結末を見届けて
劇場を後にすると
なんだかもやもやとしたものが
いつまでも心の中に張り付いていた。



★100点満点で80点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

すっとぼけた主人公を演じるジェシー・アイゼンバーグは何度か顔を見ている。

ゾンビランド(2009)

アドベンチャーランドへようこそ<未>(2009)
★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「しあわせの雨傘」全編カトリーヌ・ドヌーヴの映画

2011年01月25日(火) 7時42分
「しあわせの雨傘」★★★
カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェラール・ドパルデュー、
ファブリス・ルキーニ、カリン・ヴィアール、ジュディット・ゴドレーシュ出演
フランソワ・オゾン監督、103分 、2011年1月8日公開、
2010,フランス,ギャガ
(原作:原題:POTICHE)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「フランソワ・オゾン監督の変幻ぶりに困惑しつつ、
軽めのコメディとして楽しい時間を過ごす、
自分の美意識を貫く作品を送り出していた監督が
最近はエンタメとしての映画を意識し出したのか
オゾン色があまり感じられないシャレた映画」



スザンヌ・プジョー(カトリーヌ・ドヌーヴ)は、
朝のジョギングを日課とする幸せなブルジョワ妻。
妻としての役目を果たす「飾り壺」と言われているが、
それ程不満にも思わず
割と楽しい日々を送っている。

娘にも「お母さんみたいな飾り壺にはなりたくない」と
普通に言われて顔が曇るが
そんなことより紅茶を楽しみましょうと
上流階級の生活を楽しんでいる、

ところが旦那の病気で「経営」に乗り出し
それがうまくいくことで
自分の才能に気付いていくという
お気楽なコメディ映画。


結局全部が夢物語、
何か考えさせるとかそういう映画じゃなく、
フランス映画女優のアイコン的存在の
カトリーヌ・ドヌーヴの為の映画、
ラストには歌声まで披露してくれている。


オゾン監督の映画として見に行くと
肩すかしを食らうが、

終わってみれば、やはりこれもオゾン印、
きっと幼い頃から大スターだった
ドヌーブと映画を作ることだけで
監督的には満足だったんじゃないか。

こんなに色んなことが
最初からトントン拍子でうまくいくことなんて
現実的じゃないが
劇場の椅子に座って100分余り
夢のような物語を見るのは
外の寒さを忘れて笑える良い時間。



次はオゾン色どっぷりの人間ドラマを
ドヌーブ主演で
彼女と監督の代表作となるような作品に期待したい。


★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ジェラール・ドパルデューとドヌーブが踊るシーンなんて
笑うしかない特典映像でした。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「白いリボン」その白いリボンが象徴するものは?

2011年01月21日(金) 19時09分
「白いリボン」★★★★
クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール、
フィオン・ムーテルト、ミヒャエル・クランツ、ブルクハルト・クラウスナー出演
ミヒャエル・ハネケ監督、145分、2010年12月4日公開、
2009,ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア,ツイン
(原作:原題:DAS WEISSE BAND)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



2009年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品。

「モノクロのチラシには
無表情の少年の頬に涙が流れ
明るい内容の映画じゃないだろうな
そのくらいしか分らずに劇場へ、
息詰まるような濃密な時間を過ごした」



その小さな村は大地主が支配し
教会の教えが村人の生活の規範を支えていた、
それは1913年のドイツの田舎では
珍しくないことだったのだろう。

堅苦しい挨拶、親と子の間でも
親密さより主従関係を明確にさせるような
明確な上下の関係が厳しく律せられていた、
息苦しい雰囲気、モノクロの画面
そして事故なのか
悪意のある事件なのか
いくつかの事柄が小さな町を揺るがしていく。

この村で何が起こっているのだろう、
何もかもが胡散臭く
見せかけの整然とした生活が
もう爆発寸前のようだ。



話は現在から当時を振り返り
年老いた教師が自分の記憶を頼りに
その頃の村の様子を語るのだが、
やはりそれは彼の視線であり
結局殆どの事件は解決されたのかどうかも
分らないままだ。

何が起きたのかは明確だ、
でもどうしてもそこに自分達は
「何故」や「誰が」と
答えを求めてしまうが

自分達は時々そんな常識的なことなんか
ぶっ飛んでしまうような
不条理なことが起こることも、知っている。



「白いリボン」は映画の中では
子供を罰する象徴として
子供の腕に巻かれている、
でもそんなふうに明らかに分るような
「悪」よりもっと大きな
「悪意」が世界にはあり

それは第一次世界大戦の号砲とともに
始まったのだ。


文学作品を読んだような
明確な何かは提示されないが
それがかえってこの映画の印象を強くする、
気軽に見られるような映画じゃないが
これも映画の力、
満足感に浸りながら劇場を後にした。


★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ミヒャエル・ハネケ監督は常々「私の作品は観客にポップコーンを食べさせない。」と
言っているようだが、この映画では何かものを食べる音は禁物です。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「エクスペリメント」いくら報酬が高くてもやりたくないな

2011年01月19日(水) 22時15分
「エクスペリメント」★★★
エイドリアン・ブロディ、フォレスト・ウィテカー、キャム・ギガンデット、
クリフトン・コリンズ・Jr.、マギー・グレイス出演
ポール・シェアリング監督、97分 、2010年12月4日公開、
2009,アメリカ,日活
(原作:原題:THE EXPERIMENT)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



アメリカ・スタンフォード大学で
実際に行われた心理実験を基に映画化。


「どんな映画なのか詳しく知らずに劇場へ、
そういえば自分はエイドリアン・ブロディが苦手だった、
何が苦手かって彼の顔なんだけど、
高額のバイト代につられた集まった人々は
無作為に「看守役」と「囚人役」に分けられ、
監視カメラ付きの模擬刑務所に収容された。
期間は2週間、
信じられない狂気の世界が展開する」



実験は集団責任で
誰かが脱落したり、暴力事件を起こしたら
即終了でお金の支払いはない、
その為全員が役になりきり
秩序を保とうとするが、
だんだん微妙なバランスが崩れていく。

閉ざされた狭い場所に
20人以上の男が時間を過ごせば
そりゃあ、何か摩擦は起こるだろうな、

しかも看守と囚人という
絶対的な立場の違いから
看守役が高圧的な態度を見せ始めるが
なんかそういうのは分る気がする。

人間はその人の人間性より
時に有名だったり社会的立場だったりで
随分と高圧的になるものだ、
同じ被験者という立場なのに
配役とはいえ
人間ってそんなものなのか。

面白いアイデアだし
緊密な空気の中の狂気は
良く伝わったが
なんだか重苦しい

自分たちまでがその空間に
押し込められてしまったようで
映画自体を楽しめなかった。

この不快な気分は
映画のラストまで続いた、
ということで
あまりオススメしない映画、
レンタルで深夜にくつろいで
他人のとんでもない状況を見るくらいが
最適だと思う。

でも主役の男のこの実験への参加の理由が
自分探しでインドのバラナシへ行くことって
10代、20代なら分るけど
もう40近い男が何だろなーと

このあたり冒頭の理由から入り込めなかった。

まあ、インドってそんな人が
いっぱい居るんだけどね。

★100点満点で65点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

フォレスト・ウィテカーが少し痩せて
怖い役をなり切っていたな。さすがアカデミー俳優。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「クレアモントホテル」どんな出会いが待っているか、日々を大切にしたいと思わせる作品

2011年01月16日(日) 14時39分
「クレアモントホテル」★★★★
ジョーン・プロウライト、ルパート・フレンド、アンナ・マッセイ、ロバート・ラング出演
ダン・アイアランド監督、108分 、2010年12月4日公開、
2005,アメリカ、イギリス,クレストインターナショナル
(原作:原題:MRS PALFREY AT THE CLAREMONT )





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい





「予告では映画の内容がいまひとつ分らなかった、
オーランド・ブルーム似の貧乏青年と
お婆さんの交流の話しくらいに思っていたが、
映画を見てるとだいぶ印象が違っていた、
いや、その通りともいえる、
人と人とのささやかな出会いを描きながらも
それが奇跡のようにも感じられる」



英国ロンドンの街角にある
長期滞在型ホテル「クレアモントホテル」。
パルフリー夫人(ジョーン・プロウライト)は
孫に会うのを楽しみにしてやって来たが、
自分には電話さえかかってこない事実を知る、
そんな時、怪我が縁で知り合った
小説家志望の青年ルードヴィック(ルパート・フレンド)に
孫息子を演じてくれと頼んで
僅かなプライドを守るのだった。

こんな長期滞在型のホテルがあるのかなと
思いながら見ていると
そこには一風変わった人達が住んでいて
皆一様に誰かを待っているようだ、
でもその「誰か」を口にすることはあっても
なかなか現れないのが現実だ、
人と人の繋がりとかを考えてしまう。



だからパルフリー夫人の孫の登場は
そのホテルのレストランに大きな波風を立てるが
夫人はその様子を楽しみつつ
どこかに淋しい表情を見せる。

娘も近くに居ながら
そこには行かずホテルで過ごすという
お互いの距離、
都会生活とはこんなものだ、
調子の良い時は一緒で構わないが
やはり自分のテリトリーを守り
決して懐に入り込むようなことはしない。

青年ルードヴィックはまだ自分の将来に迷いながら
日々を過ごしているが
夫人との出会いで一歩踏み出すような
積極的な面を見出していく。

特に大きな事件が起こる訳でもなく
夫人のゆっくりとした歩調と同じ様に
ゆっくりと、ゆっくりと時が過ぎ
何かが確実に損なわれていく、
けれどそれを嘆いても仕方ないよと
映画は優しく示してくれる
新しい出会いや
寒い風の吹く外へ出ていく勇気



ちょっとしたことの積み重ねが
大切なのだと



大作映画が好きなのはもちろん、
映画は時にこんな風に
優しい気持ちにさせてもくれる、
見て良かったと思える作品と出合った。


★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

主演のジョーン・プロウライトは1929年生まれ、80歳を超えているが
イメージの中のイギリス人という風貌そのもの、
どこかで見たことあるなと思いつつ。
スパイダーウィックの謎 (2008)・アイ・アム・デビッド (2004)・永遠のマリア・カラス (2002)・ムッソリーニとお茶を (1998)

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「アンストッパブル」99分 張りつめた緊迫感に今年初の満点!

2011年01月14日(金) 0時09分
「アンストッパブル」★★★★★面白かった
デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン出演
トニー・スコット監督、99分 、2011年1月7日公開、
2010,アメリカ,FOX
(原作:原題:UNSTOPPABLE )






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい





「実際の列車事故をベースにした作品、
小さな人為的ミスが重なり
有毒な科学薬品を搭載した無人列車が暴走! 
この危機を退職勧告を受けたベテランエンジニアと
新米車掌が当初はいがみあいながらも、
ハリウッド的ラストに向かって
列車と共に観客も一緒に暴走する」



面白かった!

派手なCGや3Dなんて不要だ、
目新しい仕掛けもなく、
ラストも予想がつくというのに
こんなに張りつめた緊張感を99分間楽しめるなんて
これだから映画館通いは止められない、
この映画は劇場で見なくては。



考えてみれば
僅かな柵のすぐ向こうを
一瞬、列車が通り過ぎることなんてざらにある、
地下鉄の狭い通路では
列車の風圧を感じる時だって結構あるが、
特に怖いと思ったことは無い、
ただしこの映画を見た後だと
地下鉄の微妙な揺れや、
ホームの端ギリギリに歩いてる人が
気になって仕方なくなる。



日常生活には実はそこらじゅうに
危険が潜んでいるけれど
いつの間にか感覚が麻痺して
恐怖を感じなくなっている、
それは現代の社会生活を送るには
必要な事だろうけど、
全てのものがどこかで人為的なミスがあれば
それがどんな結果を引き起こすかは
誰にも分らないんだと
改めて怖いなと感じた。

勤続28年といえば
そろそろ若い世代にその場所を
明け渡す頃なのかもしれないが
経験というこればっかりは
どう説明されようと得られない
かけがえのないものが
あまりにないがしろにされている事実も
この映画はそれとなく教える。



今のように費用対効果ばかりに
目が向いてしまうと
本当に大切なものが
簡単に踏みにじられることも
悲しい現実なのだろう。

普通の仕事の多くは
人命にはそう密接に関わらないが
この映画の列車のように
とても危険なものを運び、
同時に人間を運び
人々の暮らす街の間を走るような
そんな生命や財産に関わる仕事は
いくら企業といえども
利益追求と同時にもっと大切なものを
守るという強い意識が必要だ。

結末は分ってるし
あんまりに英雄的な行為には
素直に感動出来ない部分もあるけど
心熱くさせられることも確かだ、
結構楽しんでこの映画を見た、
何度も描かれたパニックムービーの
王道のような映画なのに
どう描くか、何を描くか
その違いだけでこんなに面白い映画が
ちゃんと出来るのだと見せ切ってくれた。



もう一回くらい見たい!

★100点満点で満点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

さすがデンゼル・ワシントンあまり外れのない俳優で
彼の出演作ならお金を出してもほぼ間違いない。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「人生万歳!」ウディ・アレンもユニクロで買い物する?

2011年01月12日(水) 0時09分
「人生万歳!」★★★★面白かった
ラリー・デヴィッド、エヴァン・レイチェル・ウッド、パトリシア・クラークソン、
エド・ベグリー・Jr.、コンリース・ヒル、マイケル・マッキーン出演
ウディ・アレン監督、119分、2010年12月11日公開、
2009,アメリカ,アルバトロスフィルム
(原作:原題:Whatever Works )





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい





「偏屈じいさんボリス(ラリー・デヴィッド)は、
かつてノーベル賞の候補になった過去の栄光を
口に出してはばからない、
そしてつきあいにくい世捨て人のように
暮らしているが、
彼のアパートに若い女の子が転がり込んで来て、
なんだか色々複雑になり始める」



相当辛辣なことを言われてるのに
ほめ言葉でももらったように
どこまでも明るい天然娘に
じいさんの調子は狂いっぱなし、
とうとう押し切られて
結婚までしてしまう。

終わらないものは無い。


それがじいさんの口癖
だから短い恋が終わるのも
淡々と受け入れるが
見ているこいちら観客は
内心そうでもないことをよく分かっていて
なんだか切ない。



ただの良い人ってのが
胡散臭く思えてくる、
人間そんなに単純じゃないよと
念を押されているようで
でも誰にもそれぞれの味わいがあるというか、
関わらないかぎり分からないことを
それとなく教えてくれる。

でも最近、我慢することをみんな
しなくなってきてるから
相手の良さを見る前に
アラ探しをしてるみたいだ、
そんなことや、あんなことをボヤっと思っていると
機関銃のようなセリフの洪水の後
やはり何処か淋しい、
笑って考えさせられて
そして「あーあ」とため息つくような
そんな映画、結構楽しめました



★100点満点で80点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

シーンの一部がユニクロの店内だったりで
結構ポピュラーなんだろうか。
ガンバレ日本!

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「KAGEROU」命を考えるには少し軽いか

2011年01月11日(火) 0時09分
「KAGEROU」★★★フツーだった
齋藤 智裕・著 ,
ポプラ社、2010/12/15
( 236ページ, 1,470円)


<リンク:
【送料無料】KAGEROU

【送料無料】KAGEROU

価格:1,470円(税込、送料別)

>@


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



第5回ポプラ社小説大賞受賞作。
水嶋ヒロの処女作、高額の賞金を辞退とか
話題つくりが利いたのか、100万部突破らしい。

「廃墟と化したデパートの屋上遊園地のフェンスから
男はまさに飛び降りようとしている、
それを間一髪助けた黒服の男。
終わりを迎えようとする命と
必死で繋いでいこうとする命、
結構真面目な題材に正面きって取り組んだ作品」



なんか胡散臭い、
どこか売名行為というか
なーんか色んな先入観を持ってしまうのは
これだけ騒がれたら仕方ない、
作者も色々思うんだろうけど
隠すなら今も隠し続けるべきで
晒してしまったなら
その全てを受け入れるしかない
それがセレブってことなんだろう。



ネット予約して買った本、
さっそく読み始めて
文章は巧くないけど、
ただひとつ「書きたい」ことがあるのは分った、
それでいいんだよな、

そんなふうに思いながら
次の展開を待った。


でもね
真面目で志の高いところから
出発してるのは分るけど
もうひとつ「何か」想像させるもの
「何か」驚きが
欲しかったな。



読みやすいし
真面目な題材を黒服との
軽妙なやりとりで
最後まで読ませきったのはなかなか。
でも面白かったかと聞かれたら
それほどでもなかったな。

これが2000万円もの大賞受賞作品というから
いけないんだ、

役者、水嶋ヒロの処女作という
コピーでなら
次の作品も期待したい気持ちになったはず。

自分は次回作は
書店で立ち読みくらいでいいかな。

★100点満点で60点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

何も無いところから「何か」を生み出す作家の作業は
想像出来ないほど大変だろう、だから次回ガンバッテもらいたいものだ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

2011年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf