映画「食べて、祈って、恋をして 」いつまでたっても自分探し、これ真実

2010年09月29日(水) 19時09分
「食べて、祈って、恋をして 」★★★
ジュリア・ロバーツ、ジェームズ・フランコ、ハビエル・バルデム、リチャード・ジェンキンズ出演
ライアン・マーフィー監督、140分、2010年9月17日公開、2010,アメリカ,SPE
(原題:EAT,PRAY,LOVE)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「イルカを殺したり、クジラを食べる人達はキライ、
そんなジュリア・ロバーツも映画の宣伝だからか
初来日、久々の主演映画のヒットの為なら
笑顔を振りまくかって事が本当かどうかは分からないが
出来上がった映画は今更ながら「自分探し」の映画」



NYでジャーナリストとして活躍するエリザベス(ジュリア・ロバーツ)は、
結婚6年目で離婚を決意、
そして新たに出会った恋人と時間を過ごすうち、
自分が本当にしたいこと、求めることは何かと考える、
そして彼女の出した結論は、すべてを捨てて1年の旅へ。


イタリアではちょっとした観光案内のように
名所旧跡を訪れ、美味しそうな料理を
次々と食べていく。

そして次はインド、
ここでは瞑想の道場で修行をする、
有名どころではビートルズが旅したように
自分との心の対面をするには
インドで瞑想っていうのが有効らしいが、
自分が旅した時に感じたいのは「混沌」
清濁併せ飲むという言葉そのままが
人々の日常生活そのものという感じだった。

だから瞑想とはかけ離れたイメージだったが、
もちろんブッダが悟りを開いたのもインド、
世界中から注目されているのも確かな事、
自分を許せるまで瞑想に励む
そんな時間も長い人生の中であってもいいだろう。


そしてバリ、
もともと以前取材で訪れた主人公は
君は全てを無くしてまたここに戻ってくるよと
祈祷師に言われて、
まさにその通りに再び戻って暮らし始める、
そこで新しい出会いがある訳なんだけど、
どうしても最終的な幸せは恋人を見つけることに
なるようで、まあそれで良いんだろうなと思いつつも
そんなことの為に1年もの旅が必要なのかとも。


ただ主人公の行動や考えをあれこれ
考えるより、旅をしたいなとか
美味い物を食いたいなとか
見たことのない景色に出会いたいとか
そんな素朴な気持ちで映画を見るのもいい。


主人公は旅先で多くの人とも出会いを重ねるが
ここが日本人には結構難しいところだ、
英語ができるかどうかで
かなり変わってくるだろうし、
自分から他人と交わるようにしなければ
親しくなるきっかけなんて殆どないのが現実。

「自分探し」はきっと誰でも常にしているんじゃないかな、
もっと自分にあった仕事
もっと自分にあった場所、
自分が自分が自分が・・・・、
でもきっと今居る場所が自分の場所、
そこから少しだけ首を伸ばして
少し向こうの方を見つめるくらいがせいぜいなんだろう。

そんな日常を楽しめるかどうか
きっとそのあたりにヒントはある、
この映画はハッピーエンドだけれど
きっとこの後も彼女なら色々あるだろうなと
これからやってくる日々をちょっと思った。

まあ映画が語る内容としては
どうってことないが、
イタリア、インド、バリの様々な場所や景色を
見るだけでも価値はある。


★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
イタリアで出て来た食べ物はホント美味そうだった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「THE LAST MESSAGE 海猿」迫力のシーン満載、パニック映画としては上出来!

2010年09月28日(火) 18時32分
「THE LAST MESSAGE 海猿」★★★☆
伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、加藤雅也、吹石一恵、三浦翔平、時任三郎出演
羽住英一郎監督、129分、2010年9月18日公開、2010,日本,東宝
(原題:THE LAST MESSAGE 海猿)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




公開2週連続首位を獲得し公開9日間で
早くも動員200万人、興収30億円を突破と

大量宣伝と前2作の安定した出来もあってか
大ヒットしてますね、3Dはその分料金も高いので
興行収入もプラス要素、
ただしあのメガネをかけるとどうしても画面が
薄暗くなるので、まぁそれ程大して飛び出さないだろうと
普通の2Dを劇場鑑賞」



この映画に要求されるほぼ全てを盛り込んで
合格の出来上がり、

巨大天然ガスプラント「レガリア」は実物なのか
どこまでがCGか分からないが
思った以上に迫力あってチャチな感じはしなかった、
大量の水が体に降り注ぐシーンや
炎の中の脱出シーンなどは
目新しさはないけど、けっこう臨場感があった。


「いい仕事をしたな、お前を誇りに思う」
レガリアを設計した桜木(加藤雅也)がふと漏らす父からの言葉、
そんなふうに両親や周囲の人に言われることってあまりない、
人の役に立つ仕事なんてそうそうないからだ、
でもどんな仕事でも間接的には
社会の役に立っているのだろうし、
この映画で描かれる海難救助の仕事のように
直接人助けをするなんて言う方が稀な仕事だ。

誰かに感謝されたいなんてさらさら思わないが
それでも僅かながらも自分の存在が
社会貢献に結びついていては欲しいとも思う、
命をかけるような仕事は少ないが
そえでも自分の技術を生かせるなら
出来たら100%の力を出し切るような仕事をしたい。

時々自分はちゃんとやれているのか
確認したい気持ちにもなるが
そんなことはなかなか分かるものじゃない、
海猿たちの活躍のように
目の前の人を助けるなんて分かりやすくはないからだ。

この映画を見ていくつかのシーンで結構グッときた、
これまでの色々あったなみたいなものも挿入されて
まさに完結編、

ただしもう危険がそこまで来てるってのに
主人公達はそんな所で弱音を吐いたり
決めのポーズをとったり
「そんなことしてる時じゃないだろ」と何度か。

まあそういうシーンを抜きにしたら
盛り上がるものも盛り上がらないのかもしれないが
僅か数秒のシーンやセリフで
もっとうまく伝えられるんじゃないかな
そのあたりは今後の課題として
劇場で見るべき作品として成立していたと感じた。

面白いものを作るぞという
製作者の意気込みが伝わるような
パニック映画として堪能した、
ただあのクサイセリフは寒くなるのでなんとかならないか・・・・。

★100点満点で70点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

すごく期待して見に行くというよりTVドラマのノリで見に行けば
結構感動する。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「ゾンビランド」誰も死なないゾンビ映画・面白い!

2010年09月26日(日) 16時01分
「ゾンビランド」★★★☆
ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、
アビゲイル・ブレスリン、ビル・マーレイ出演
ルーベン・フレイシャー監督、88分、2010年7月24日順次公開、2010年7月24日
(原題:ZOMBIELAND )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「新型ウイルスの発生で人類のほとんどが
ゾンビとなった世界。
わずかに生き残った人間もおかしな奴ばかり、
彼らはゾンビがいないという夢の遊園地を目指す」



ヴァイオハザードのアリスの活躍を見た後では
いかにも安っぽい映画だけど
その安さが身近に感じると言うか
愛らしいというか、なんとも面白い映画が出来上がった。


たいていの人が注意を怠るトイレ使用時のルールや
ゾンビを仕留めたと思っても、もう一発ぶちこむルールなど
ほとんど笑えるような「生き残りの32のルール」をもつ
引きこもりの青年コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、
見ただけでコイツは生き残れないだろうって感じなのがイイ。


そして一緒に旅をるすことになるのが
最強のゾンビ・ハンターのタラハシー(ウディ・ハレルソン)、
装備もバッチリの強い見方だけど
美少女詐欺師姉妹にはまんまとひっかかる単細胞。

ゾンビに怖がってるよりも
主要人物に軽い笑い連発で
これはもう全然怖くないゾンビ映画だ。
というかゾンビは彼ら4人の旅のおもちゃみたいなもの。


なんとかたどり着いた夢の遊園地で
またしてもゾンビと追いかけっこ、
そのくだらなさ、脱力感が
ホントこの映画をまさに映画として見せてくれている。
結局映画館へ行って暗闇に座り
面白いものを見せてくれれば
こちらお客は大満足なんだと、
なんだか映画論を書きたくなるような気分。


この旅はここで終わりにも出来るし
でもきっと続くんだろうな、
誰も死なないゾンビ映画がこんなに面白いなんてね、
ヴァイオハザードでは主要人物が死んでも
あっさりと次の展開が待ってて
あれはあれで正統派として面白いが、
この「ゾンビランド」なら行ってみたい。


★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ゾンビは結局笑いに持っていくのが正解なのか。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「暗闇(上下」

2010年09月25日(土) 12時58分
「暗闇(上下」★★★★
コーディ ・マクファディン著、長島水際(訳
ヴィレッジブックス、2010/6/19、(294ページ 、354ページ )

<リンク:
暗闇(上)

暗闇(上)

価格:735円(税込、送料別)

>@


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

南の島に行くなら、
どんな本を持っていくか、
やはり血も凍るようなサスペンス、
今回選んだはこの上下巻の長編作品、
まさに一気読み、たぶん原作はもちろん、
翻訳も素晴らしいんだろうな。

「大物政治家の娘が飛行機の中で殺され、
その傷口には十字架が詰め込まれていた。
そして連続して同じ手口の殺人が起こり、
ネット上には犯人からの動画がアップされた」


事件の解決にあたるのは
FBIロサンゼルス支局のスモーキー・バレット、
調べていくうちに130人以上もの
連続殺人の全貌が明らかになっていく。

宗教が密接にからんだ事件なので
自分には本当の意味の怖さは
理解できていないかもしれないが、
その異常さは分かる

神を愛するあまりの狂気は
他に変えられないものだから怖くもある。

人間はやっかいだ、
自分だけで生きていけば良いものを

どうしても他者を気にするあまり
自分と同じ規範を求めたり、
範囲を超える行為に腹を立てたり。

近すぎず、遠すぎずの当たり障りない関係でいれば
波風は立たないだろうが、
それでも人は誰かと関わりあい、
時に強く同じ思いを押し付けてしまう。

一見正しそうな考えが
殺人事件に発展するまでは
大きな隔たりがあるわけで、
このサスペンス小説はそのあたりも
ちゃんと納得させてくれる


そしてなんといっても主人公や
周囲の人々を丁寧に描いていて。
ただのオドロオドロシイ小説との違いを見せる。

コーディ ・マクファディンの作品はこれで
3作品目だが、全部面白かった。


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン


最近「数独」にはまってます。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

南の島の快適ホテルライフ

2010年09月21日(火) 23時10分
南の島の快適ホテルライフ



春は移動の多いヴェトナムの旅だったため、
今回は一箇所スティ、
同じホテルに6泊、
移動が多いと荷物のパッキングや
移動の手配に気を配るわずらわしさがあるが
今回はただプールでサスペンス小説を読み、
美しい海を見たり
時にはスコールのけたたましい水しぶきを
ボーッと見たり、
あとは美味しいタイ料理を食べまくってます。

プーケットは二度目、
最初は大きな津波のあった後だったので
*過去記事に飛びます
*過去記事に飛びます
ビーチロード沿いのホテルはほとんどが
建設途中でしたが
今回はそんな傷跡もまったく感じない。

復興させるにはとにかく観光客に戻ってきてもらいたいと
前回の滞在でホテルのフロントが言ってましたが
日本にはこんな観光地ないよな、
何がここにあって、日本に無いんだろうと
考えてしまいます。
海なんて沖縄だってすごく美しいのにね。

今回の旅の目的がひたすら
だらだらするというもので
実践中、
ただし物価の安くなった日本の感覚でいると
もうここタイでもお得感はあまり感じられない、
以前は何でも「安い」「安い」って
口にだしてたけど
日本とあまり変わらない
そんな感覚です。

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

書籍「原稿零枚日記」日記のような小説のような

2010年09月17日(金) 7時21分
「原稿零枚日記」★★★
小川 洋子著 、集英社 、2010年8月5日1版
( 240ページ , 1,365円)

<リンク:
原稿零枚日記

原稿零枚日記

価格:1,365円(税込、送料別)

>


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「これを小川洋子ワールドというのかもしれないが、
この本は日記もどきの小説、
奇妙な味わいはあるが
面白くはないな、この日記をヒントにした小説が
これから自分たちは楽しむことが出来るなら
その断片を予告編として記憶に止めておこう」



「あらすじ」の名人にして、
自分の原稿は遅々としてすすまない作家の私。
いちおう主人公は存在する、
彼女が体験したような現実と夢の
境界があいまいな体験と
その時たぶん書いたであろう原稿枚数がラストに書かれている。

新しい試みなんだろうけど
小説や短編小説の完成度は求むべくもないわけで
なんとなく、ホワッと面白いけど
結局一冊の完成した小説を読む楽しむは
得られなかった。


「猫を抱いて象と泳ぐ」← 過去記事に飛びます
この小説がかなり面白かったので
同じようなものを期待しすぎでした、
どこからこんな着想を得るのだろう?
そんなことも考えながら読んだ作品だったので
今回の作品は著者の創作ノートの一部と思えば
ここから生まれるであろう
かけがえのない作品に想いを馳せるのもいい。


「あらすじ」作家が寡作な有名作家の作品の
あらすじを本人の前で語るシーンなどは
映像では出来そうにない
自分の頭の中で映像を結ぶ楽しさが感じられたが、
それがすごく短い事が残念だった。

ということで次のちゃんとした小説を期待したい。


★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「博士の愛した数式 (新潮文庫) 」で小川洋子の存在を知ったので
まだまだこれから読むべき本があるので楽しみだ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「処刑人II 」美しくてちょっと笑えるガンアクションを堪能

2010年09月16日(木) 7時51分
「処刑人II」★★★DVD鑑賞
ショーン・パトリック・フラナリー、ノーマン・リーダス、ビリー・コノリー、ピーター・フォンダ出演
トロイ・ダフィー監督、117分 、2010年5月22日公開、2009,アメリカ,SPE
(原題:THE BOONDOCK SAINTS 2:ALL SAINTS DAY)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「ウィレム・デフォーの怪演と派手なガンアクションで
B級ノリながら結構面白かった印象のある前作から10年、
見終わってみれば、派手な撃ち合いしか
記憶に残らない映画に仕上がっていた、
でもそれでいい、この映画に求めるのは
まさにそれなのだから」



マクナマス兄弟が、
裁判所でマフィアのボスを公開処刑してから8年。
兄弟は最強の殺人鬼と言われたイル・ドゥーチェと
静かに暮らしていた。
そんな時、知人の神父が殺害された、
その殺し方は彼らの手口を模倣していた、
それは彼らをおびき出す罠だった。

この映画の良いところは
作り手がスゴク楽しんでいるのが
画面の隅々から伝わること、

ストーリーや勢いからいえば
無意味とも思えるスローモーションも
この映画なら許せる、もっとやれと。

ラストの撃ち合いでは
やけに天使の白い立像を写すなと思っていたら
銃弾によって天使の羽が撃たれて
もげていく様子は凝った映像で良かったな、

どう見せたら一番カッコいいか
きっと撮影をしながら皆であれこれ
言い合いをしながら撮影したんだろうと考えると
映画がぐっと身近に感じる。

この映画は劇場で見ようと思っていたが
近くで上映がなかったので断念、
レンタルで鑑賞、
うちのちっちゃいTVだと迫力はダメ、
そろそろウチも地デジかな。


★100点満点で65点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン


「処刑人」最初の作品をもう一度見たくなった。
★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「オカンの嫁入り 」タイトル通りの普通の映画

2010年09月14日(火) 22時43分
「オカンの嫁入り 」★★★
宮崎あおい、大竹しのぶ、桐谷健太、絵沢萌子、國村隼出演
呉美保監督、110分 、2010年9月4日公開、2010,日本,角川映画
(原題:オカンの嫁入り )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「宮崎あおい、大竹しのぶ競演を見に劇場へ、
さすが平日、ガラガラです。
今、劇場へ行く世代のターゲットを絞れない映画だから
仕方ないけれど、見せる努力はしないと
次がないじゃないかと心配しながら」



母ひとり子ひとりのふたり暮らしの家に、
突然金髪の若い男が登場、
オカンは結婚を宣言する。

これだけの話なんだけど、
長屋の隣近所の付き合いや、食卓のシーンは
今ではこんな風に映画やドラマでしか
リアルに感じられない光景。


なんとなくいいよなと思うが
実際にこんな親密な付き合いは
都会で暮らすと絶対に出来ない、
時々実家に帰ってそんな人間関係を垣間見て
田舎にはまだあるんだなぁ、
そんなふうに思いながらも
映画でこうして見せられると
どこかいびつな感じがするのは
製作者達の頭の中の「お茶の間」が
展開されてるからなんだろう。


だからこの終わって見れば
目新しさも何もない映画だけれど
どこかでホロッとさせられ、
親密な人間関係を考えたりと
ちゃんと見るべきものはそこにある。


でもせっかくなら
ここにこの家族とその周囲の人々を描く意味を
「何か」核となるようなものを
持たせたら、もっと心に残る映画になるだろう、
このままだと自分のように宮崎あおいを
見に来たような人以外は
TVドラマで充分じゃんと感じるだろうから。

破綻はないけど、想像を超えた何もない映画、
わりと面白く見たけど
レンタルまで待っても損失ナシ。

★100点満点で65点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

大竹しのぶも映画での「この一本」みたいなのは
まだないな。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「バイオハザードIV アフターライフ 」キメポーズもバッチリの美しい戦闘シーン

2010年09月12日(日) 0時09分
「バイオハザードIV アフターライフ 」★★★☆
ミラ・ジョヴォヴィッチ、ウェントワース・ミラー、アリ・ラーター、スペンサー・ロック出演
ポール・アンダーソン監督、97分 、2010年8月7日公開、2008,フランス、ベルギー、ドイツ,アルシネテラン
(原題:RESIDENT EVIL:AFTERLIFE )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「シリーズ4作目、今回は東京の渋谷から始まる、
生き残った人間を探すために世界中を旅する
アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、
ゾンビとアンプレラ社の兵士と戦い続け、
非常にタイトな97分間を疾走する。
この映画に望む全てを余すことなく見せ切っている」



偶然見つけた刑務所の生存者と、
ゾンビの居ない場所を求めて
ゾンビに囲まれた刑務所から力を合わせて
脱出をするのだが、
そこにはプリズンブレイクのウェントワース・ミラーが
檻に入れられていて、
パロディのつもりなのか、
偶然が重なりその理由も説明もないまま
映画は結末に向けて疾走する


この割り切り方が好きだ、
ストーリーは単純、
マーシャルアーツのような、戦闘をいかに
美しく効果的に見せるか、
そのことにとことんこだわっていて、
キメのシーンではアリスの美しさが際立つ。



今回は巨大なゾンビが敵として
アリスの前に立ちはだかり、
ものすごい破壊力で
やはりこんな難攻不落の敵を相手じゃなければ
話は盛り上がらない、
そのでかいゾンビが何者で、
何故ゾンビなのに知性のかけらを見せるのか
そんなことも全然説明してはくれない。

破壊し尽くす前作と違い
今度は生き残った人類と何か新しいものを
作り出せるような希望もみせてくれた、

とにかくゾンビやアクションものが好きなので
妙に説教くさくも無く
まさにゲームのノリで
目の前の敵をやっつける爽快感が心地よい。

次作ではアンブレラ社と勝負となるか、
実は今回見たのは2Dなので
近いうちに是非3Dでリピートしたい。
面白かった!



★100点満点で80点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

中島美嘉は存在自体が人間離れしてるんで
起用は正しかったと感じた。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「17歳の肖像」教育と教養の深い深い溝

2010年09月11日(土) 1時17分
「17歳の肖像」★★★☆DVD鑑賞
キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、アルフレッド・モリーナ、ロザムンド・パイク 出演
ロネ・シェルフィグ監督、100分、2010年8月7日公開、2008,フランス、ベルギー、ドイツ,アルシネテラン
(原題:AN EDUCATION )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「第82回アカデミー賞3部門ノミネート作品。
こんな地味な映画もちゃんと評価されるのは嬉しいことだ、
刺激的な大人の世界を体験した少女が
自分の進む道を見つける映画、
主演のキャリー・マリガンは
若手実力派と評されているらしいが
時々すごくおばさんっぽく見える」



この作品、現在名古屋のキノシタホールで上映中、
見に行こうと思っていたが
昨日TUTAYAに行ったら、新作の棚で発見、
DVD借りて見ました。

1961年、ロンドン。16歳のジェニー(キャリー・マリガン)は
オックスフォードの大学を目指す優等生。
しかし2倍も歳の離れた魅力的な男性と恋に落ち、
大人の世界を体験して
これまでの生活の全てが色あせて見えるようになる。

彼女が見た世界は他人が見せてくれたもの、
自分で踏み込んだものじゃない、
けれどそんな刺激的な世界に
憧れてしまうのは仕方ないこと、

彼女を冷静に引きとめる大人も周囲には居ない。


きっと彼女の目には同級生は幼く感じ、
優しい母親の背中も
それまでと違い薄暗いキッチンに立つ姿が
このまま同じ場所に居ては
夢の無い毎日を送ることになる
そんな象徴にさえ映るのだろう。

そんな素晴らしい出会いが実は勘違いだと
早々に彼女は知ることになるのだが
ほろ苦くも
人生はやり直せると言う強いメッセージを
映画は教えてくれる。


自分も含めとにかく結果を求め過ぎている、
でも近道なんてないのだろう、
ちゃんと手順がどんなものにもあり
そ道のりが大変であればあるほど
手に入れた時の感動は大きいと思いたい。

★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

教師がこの映画の中心人物のひとりだったが、
人に何かを教えることのできる喜びをもう少し表現しても良かったかな。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2010年09月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf