映画「瞬 またたき」記憶の中に永遠に閉じ込めた思い。

2010年06月29日(火) 22時20分
「瞬 またたき」★★★☆
北川景子、大塚寧々、岡田将生出演
磯村一路監督、110分 、2010年6月19日、日本,S・D・P
(原題:瞬 )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「主人公の泉美(北川景子)は恋人の淳一(岡田将生)と
バイクで花見に出かけた帰り、トラックとの衝突事故に遭い、
愛する人を失くしてしまった、
そしてその事故の記憶が自己防衛本能からか
思い出せず苦しんでいた、
毎日事故のニュースを目にしているから
感覚がマヒしているかもと感じた、
自分に起きたら、この世はもう全然違ってしまうだろう」



こわれ物に触るような家族の視線、
夜になると繰り返し夢に見る事故の様子、
無気力な毎日、
事故の記憶を取り戻すことで
大切な人の最後の瞬間まで覚えていたい、
そうすれば次の一歩が踏み出せそう。

頭で想像は出来ても
これは実際に経験しなければ分からないだろう、

そんな人がそばにいたら
自分は何がしてやれるのか
そのくらいしか考えられない。


人は誰かと関わって生きている
自分で選ぶ場合より
仕事場や学校や割と限られた範囲で
奇跡のように出会った人達と
同じ時間を過ごしている。

当然のように感じているが
実は不思議なことだ、
例えば少し前には全く知らなかった人と
いつの間にか深く関わることも。

主人公が気にする事故のもしかしたら
最悪の部分がラストで
謎解きのように明らかにされる、
そこの描写は「これは韓国映画か」と思うほど
一部グロイ、
ケネディの脳みそをかき集める
ジャクリーンの映像を思い出した、
でも美大生の大切な指だからね、
とっさにそういうことをするのかも。

記憶はだんだん薄れていく、
でも折りに触れ蘇る
それは何年経っても訪れる

それでいいのだ、それで自分の中で永遠に
留めていればいいのだ、
この世に永遠なんてないかもしれない、
でもその瞬間を自分の記憶の中に
永遠に閉じ込めることは可能だ。

忘れることだけが素晴らしいことじゃない、
どんな惨い事も大切な思い出でもあるのだ。


★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

岡田将生ファンはこの映画を見たら出演シーンが少なくて驚くだろうな。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「ザ・ウォーカー」ただ一つ守りたい本があった

2010年06月27日(日) 16時28分
「ザ・ウォーカー」★★★☆
デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、ジェニファー・ビールス出演
アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ監督、118分 、2010年6月19日、10,アメリカ,角川映画、松竹
(原題:THE BOOK OF ELI )



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「やはり人類には明るい未来というのは
無いのだろうか、
ここで描かれるのも、たぶん核戦争で荒廃した地球、
以前は使い捨てていたものを
命をかけて奪いあるような毎日、
そこにただ一冊残された本を持って旅する男がいた」



すぐにその本は
特定の本と想像できるし
それは当たっていたが、驚きは無い。

そこまで固執するものも
日本人の自分には理解さえ出来ない、
それでも「何かを守る」ものがあれば
人は強くなれるのかもしれない。


かつて「マッドマックス」で描かれたような
僅かに残った物資を奪い合い、
ガソリンも少なく、水は大切な資源となり、
やはりそこには力の強いものが現れ
小さな街を支配している。

農業のような生産的な事は
紫外線が強くサングラス無しには
生活できないような場所では
無理なのだろう、
小汚い服装の住民が
何を楽しみに生きているのか分からないような
生活を送っている。

自分が楽しんだのはストーリーより、
少数対多数のガンファイトや接近戦での
血飛沫飛び散る戦闘シーンだ。



デンゼル・ワシントンは一体この人何歳なんだろうと
もう20年くらい変わらない見た目で
素早い動きを見せて
決して負けない不死身の男を演じている。
(実際は55歳という)

大切に守っている本が何なのか
割とすぐに分かってしまうが
そこで少し興ざめな気分になる、
その本がそれ程大切なものかは
自分には実感が無いからだが、
欧米の人達はここでグッと身近な感じに
なるのだろうか。

でもあんな荒廃した世の中で
信じられる「何か」を持つ者は
たぶん強く生きられるだろう、
でも自分達は「その後」がいかに
厳しく、大切かも知っている、

ゴールは描かれるが、その後は分からない、
ヒロインが故郷に帰るところで終わるが
果たして彼女の故郷って?

「大切なのは物より、思い出」
そんな言葉が思い浮かんだ、
命までかけて奪い合ったのが
実はあまり意味の無いものだった、
それより人間が体験し
そして蓄積した知識や思い出こそ大切
そんなテーマが流れていて
見た目のモノクロに近い無味乾燥な世界、
でも心の中は自分がどんな色にも変えられる
その気持ちで未来が輝きますように。

★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ヒロインの盲目の母親役が
懐かしいジェニファー・ビールスが演じていた。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」壊した壁のその向こうにあるものは

2010年06月26日(土) 22時40分
「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」★★★
松田翔太、高良健吾、安藤サクラ出演
大森立嗣監督、131分 、2010年6月12日、2009,日本,リトルモア
(原題:ケンタとジュンとカヨちゃんの国 )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「この映画にも高良健吾が出てるよ、
なんだか気になり劇場へ、
映画は自分探しの旅というか、
探せない3人のロードムービーを見た」



なんとももどかしい作品だ、
心のやわらかい部分に
届きそうで届かない
何かを伝えるのかと見守ると
それまで積み重ねた全てを投げ出すような
捕え所のない作品だった。


「ここではない、何処かへ」
その想いが募って
がんじがらめの日常から
抜け出した3人は
別の何処かを探しつつも
何処へもたどり着かないようだ。

これって今の世相を反映しているのか、
どこかで明確な何かや
明るい希望を見たかったのに、
その周辺を漂いながら
決してたどり着かない、
そんな映画だった。



しかし高良健吾、
ホントよく見かける俳優だ、
ほぼ主役級なのに、存在感は希薄で
でもそこに居るだけで、
セリフで語るより多くのことを伝えてる気がする。
まだしばらくは
「おっ、またここに居るよ」と、
見つけることになりそうだ、楽しみだ。


★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
この映画はかなり期待していたが、それ程でも無かったというのが正直なところ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「ビルマVJ 消された革命」いつか、昔はこんなことがあったと言えるように

2010年06月25日(金) 7時35分
「ビルマVJ 消された革命」★★★
アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン出演
アンダース・オステルガルド監督、85分 、2010年5月15日、2008,デンマーク,東風
(原題:BURMA VJ )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「今年の韓国映画名作「息もできない」を見た時、
予告編を見て気になっていた映画をやっと見た、
2007年、ミャンマー(ビルマ)で起きた反政府デモの映像は、
それ自体より、日本人ジャーナリストが
撃たれて命を落としたことで記憶に残っている、
結局すぐお隣の国だと言うのに、
自分達は他人事のように気にもしていないのが現実」



身の危険を顧みず潜伏しながら
世界へとミャンマーの現状を発信し続ける
VJ=ビデオ・ジャーナリストたちの
姿を追ったドキュメンタリー。

7年くらい前にミャンマーへ旅行した時、
当時の首都ヤンゴンに溢れる物品
中央に輝くパゴダ、
バスが頻繁に行き交い
多くの人を吐きだして賑わいを感じた。

旅行者の自分には現地の人たちが
いかに暮らしにくい生活を強いられているかは
やはり分からなかった、

「結構栄えてるじゃん」
そんなお気楽なことを感じていた、
その後国内線で行ったパガンは
さらにのんびりとした観光地で
楽しい思いしか感じなかった。

オレンジの袈裟を着た僧侶達を先頭に
多くの市民が立ち上がった、
軍事政権への不満が頂点に達した瞬間だ

身の危険を感じながらも
この現実を伝えようとする熱気は
充分に伝わった、
しかしその熱がまたしても抑えられたことも事実、
簡単に何がいいか分からないが
民意が伝わらないことが
今後どう影響するのか見守るだけだ。



ミャンマーから遠く離れて
映画館の冷房の利いた中で
リラックスして見ている自分には
本当の意味の彼らの言葉は伝わらない、

なんだか作り物の映像を見ている気さえしたのだ、
その意味で映画と言うものの
ニュース的な価値は無いと感じたが
それと同時にこの事実を
しっかりと残すのは映画なのかもしれない。

軍事政権に憤慨しつつも
映画館を出て暗くなった道を
地下鉄に向かう頃
今夜は何を食べようかなと
すでに別のことを考えていた。

★100点満点で60点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
闇両替を頻繁に声をかけられた記憶がある。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「オーケストラ!」ラストまでちょっと我慢、素晴らしい瞬間を待て。

2010年06月24日(木) 7時11分
「オーケストラ!」★★★★
アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン出演
ラデュ・ミヘイレアニュ監督、124分、2010年4月17日、2009,フランス,ギャガ
(原題:LE CONCERT )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「かつて天才指揮者と呼ばれたアンドレは、
今は劇場清掃員をしている、
当局に抵抗したため、指揮棒を折られ没落したのだ、
そんな彼がかつての仲間と一発逆転の賭けに出た、
ラストの演奏シーンは胸に迫る迫力、
素晴らしい!」


30年も実際の演奏から離れていて、
こんなこと可能なのか、
演奏家は常に厳しい練習を要求されているはず、
だからどうしてもパリでの演奏が
現実的に思えなかった。

ラストの演奏シーンまでは
ドタバタあり、笑いあり
そのどれもが洗練さの見えない
粗い手触りの映画と映ったが、
その全てがラストの演奏で帳消しになり
そして余りある感動をくれた。



バラバラの演奏に首をかしげる聴衆、
ソリスト、そして当の楽団員までも、
でもソリストの素晴らしい演奏に引っ張られるように
全体が一つにまとまっていく、
こんなのあり得ないだろと思いつつも
自分も会場でこの素晴らしい演奏を聴いているように感じ、
その感動が胸に迫る。


自分はクラッシックは全く聞かない、
だから細かいテクニックは全くの無知だ、
でも感じることは出来る、
そしてそれぞれの人生を振り返る映像が挿入され
ムリなく感情移入できる作りになっている、
好きな事を止めなくてよかったね、
でもそれは並大抵のことじゃない。


都合良すぎる展開だけど、
素晴らしいラストの演奏に出会えたことだけで
この映画を見る価値があった、
好きな事を出来る素直な喜び、
それは誰にでも分かることだから
夢を夢で終わらせないという
まさに夢のような時間が嬉しかった。



★100点満点で80点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
ロシアという国をちょっと悪く描きすぎてる感じはあったが、
ロシアという国をもっと知りたいとも思った。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「夜行観覧車」どこにでもありそうな家族の風景

2010年06月22日(火) 18時35分
「夜行観覧車」★★★
湊 かなえ著 、双葉社、2010/6/2初版
(336ページ 、1,575円)

<リンク:
夜行観覧車

夜行観覧車

価格:1,575円(税込、送料別)

>



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「その夜、高級住宅街にサイレンの音が響いた。
父親が被害者で母親が加害者。
遺されたこどもたちは、どのように生きていくのか。
表面を取り繕いながら
隣同士、お向かいさんと
別々の思惑が平穏な暮らしの中に潜むことを描く」


発売前からネットで予約して
到着を楽しみにしていた作品、
届いて封を開けると表紙のデザインの素晴らしく、
それだけで内容にも期待しながら
さっそく読み始めた。

描かれる事件そのものは
何も目新しいものじゃなく、
新聞やTVでも見かける、
家庭内暴力、殺人
こんなことが日常であってはならない、
でもそこらじゅうで起こってることを
自分達は知っている。


様々な思惑が交差し
それぞれの家族の事情が浮き彫りとなる
相変わらず語り口は
「告白」と同じ様な、複数の当事者が
交互に同じ状況を別の視点で語っていく。

描く心情や対象への掘り下げ方は
だんだん洗練されてきたように思う、
TVドラマのノリのような
想定内の上っ面的な書き方が少なくなり
語られないことで
こちらに想像させる余地なども
こういう身近な事件を
改めて考えさせるきっかけを作ってくれた。


観覧車が出来
街のどこからでも見えて
その姿を街の灯りの数だけの人が
見上げる時、
どんなに多くの想いがそれぞれにあるのか
ふと想像して
作者もどこかで同じ様な風景を見たんじゃないかなと
ふと思った。

知りあうことも無い人達と
同じものを見上げる不思議、
ご近所でありながら
同じものを全く別に感じる不思議、
そんな余韻。


ラストあたり、終結に向かって
バタバタと店じまいした感じで残念、
でもまだまだ今後に期待したい。


★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「告白」ヒットしてます。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「FLOWERS −フラワーズ−」日本の美しい花たちよ

2010年06月20日(日) 9時22分
「FLOWERS −フラワーズ−」★★★☆
蒼井優、鈴木京香、竹内結子、田中麗奈、仲間由紀恵、広末涼子出演
小泉徳宏監督、110分、2010年6月12日、2010,日本,東宝
(原題:FLOWERS -フラワーズ )



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「化粧品会社の企画モノ映画、
だけど今を輝く女優達の演じる人生の輪は
昭和の初めから現代までの
特に女性の生き方を捕えたもので
心の奥底までを見ることはできなかったが、
押さえどころはしっかり押さえていて
劇場で見て良かったと思った」



昭和十一年。蒼井優が白無垢姿で
走っている、親の決めた結婚を
どうしても受け入れることができなのだ。
モノクロで描かれたパート、
ラストくらいはカラーの蒼井優が見たかった。


そしてその三人の娘に、竹内結子、田中麗奈、仲間由紀恵。
昭和三十年代、仕事に生きようと肩肘を張る姿は
現代とも通じる、
結婚や出産に対する考え方も織り込んでいる。

当時の映画のカラーを再現したような色具合と街並みを
竹内結子が髪を切りアイスクリームを食べる姿が眩しい。


そして現代、
三姉妹の仲間由紀恵の娘に、鈴木京香、広末涼子。
やはり現代ともなると
悩みは同じ様な物でも
そのとらえ方が変化する。

結局人間は60年くらいでは
それ程変わらないのだと思う反面、
戦後日本人がやっきになって手に入れた
「自由」というやっかいなものが、
新しい足かせになっているようにも感じた。




この映画の製作意図は明白だけれど、
美しい女優の競演は華やかで
それだけで幸せな気分にさせてくれる、

本来はこんな映画俳優を前面に押し出した映画を
もっと見たいと思う。

もとろんどこかに「今」を切り取った工夫は欲しいが
やはり見たいのは人間自身、
奇をてらったストーリーよりも
良い脚本としっかりした演技をスクリーンで。

宣伝臭いと嫌だなと思っていたが
それ程感じない良作でしたね。

★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
竹内結子が良かった、もっと見たい。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」時を巻き戻して帳消しにしたいもの

2010年06月19日(土) 1時11分
「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」★★★☆
ジェイク・ギレンホール、ジェマ・アータートン出演
マイク・ニューウェル監督、117分 、2010年5月28日公開、2010,アメリカ,ディズニー
(原題:Prince of Persia/The Sands of Time )





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



伝説的アドベンチャー・ゲーム
「プリンス・オブ・ペルシャ」3部作の第1作目を映画化。
全米初登場3位、1億ドルまであと少しというところ。


「どうしたんだ、ジェイク・ギレンホール!
こんなアクション映画をやる人じゃなかったのに、
タレ目気味に締まりのない口じゃぁ、
緊迫感は伝わらない、
でもアクロバティックな動作はなかなかのもの、
映画としては及第点」



中世ペルシア。
陰謀に巻き込まれた若き王子が、
伝説の「時間の砂」の秘密に触れ
失われた時間を取り戻し
陰謀を食い止めようと奮闘する。

ディズニー印の健全なお話
戦闘シーンでは結構人も殺されるが
たけしの映画のように惨たらしいシーンは皆無、
アクションも体操選手のようにキレがあって
視覚的にスゴイんだけど
なんか洗練されすぎてて
こっちの気持ちを燃え上がらせてはくれない。


ただ中世のペルシアや近隣の城下町が
イスタンブールの建物を意識したような造りで
こういう雰囲気が好きなので
それだけで楽しい、

丸屋根の建物、空に伸びた塔、
近くまで砂漠が広がり暑そう。
その見える何もかもが、旅情を誘う。

ジェイク・ギレンホールといえば
1999年の『遠い空の向こうに』で初めて知り
以後は結構活躍しているが
この映画ほど、印象と違う役ってのも珍しい、
どういう心境の変化なのか、
映画の出来としては悪くないけど、
彼じゃなくても良かっただろうに。

この映画に出てくる「伝説の砂」は
通常は1分間時間を巻き戻すことができる、
たった今の失敗を帳消しに出来るのだ、

そんなものがあったら
例えば交通事故とか無くなるだろう、
でも実際にはあり得ないので
「そんなのあったら良いなー」と思うだけ、
そのくらいが幸せだろう、
だってこの映画でもその為に人は殺し合いをするのだから。


見逃したくない傑作とまでは言わないが
せっかくなら大画面で見たい作品。

★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

監督は「フェイク(1997)」「トラフィック (2000)」「ハリー・ポッターと炎のゴブレット (2005)」
などをこれまで監督している。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「アウトレイジ」三浦友和のひとり勝ち

2010年06月18日(金) 0時32分
「アウトレイジ」★★★☆
ビートたけし、椎名桔平、加瀬亮、國村隼、三浦友和出演
北野武監督、109分、2010年6月12日公開、2010,日本,ワーナー・ブラザース、オフィス北野
(原題:アウトレイジ)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「北野作品はいくつか見てるが
この映画が一番面白かった、
面白いというと語弊があるな、
これは凄く痛い映画だった、
作品としてまとまった印象があるが
常に緊張感のある画面は良かった、
でも多くの人が褒めるような天才のひらめきって
どこにあるか分からなかった」



どうしてヤクザを描くのか、
世の中は暴力に満ちていて
そこらの人間を描いても
暴力的なものを見つけることは
割と容易い現在

「暴力」というとヤクザみたいな発想は
安易な感じがして
「世界のキタノ」が何やってるんだかと
思ってしまう、驚きが全くない。

そういう文句はあるにしても
映画として納得して見ると
これはこれでワリと面白かったのだ、
ただ例えば先日見た「告白」のような
斬新なひらめきはこの映画には無かったな。


期待しないで見れば
普段は優しい役が多い俳優が
全員悪者っていうのも面白い、
三浦友和のとぼけた腹黒い演技も新鮮だったな、
加瀬亮のチンピラヤクザも。

ただ殺しのバリエーションで
色々見せてくれたのが
全部痛いのが余計だったな、
せっかくピストル持ってるなら
あっさりやっちゃって下さい。
歯医者に行けなくなるよあれじゃ。

とまあ、あまり褒めてないけど、
見ている間はワリと面白く見た、

でも「キタノ映画」の凄さってのは
感じられなかった。


★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

それからタケシの絵も素晴らしいって言われてるけど
ホントかなぁ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「アイアンマン2」巨大予算でやりたい放題の大人のおもちゃ

2010年06月16日(水) 0時09分
「アイアンマン2」★★★☆
ロバート・ダウニーJr.、グウィネス・パルトロー、スカーレット・ヨハンソン、ミッキー・ローク出演
ジョン・ファヴロー監督、124分、2010年6月11日公開、2010,アメリカ,パラマウント
(原題:IRON MAN 2)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「そういえば超合金って昔あったよな、
そんなキンピカでごっついイメージのアイアンマン、
でもさすがなのは重そうに見えて
軽やかに動く、飛びまわる。
第一作より格段に進化してる」



その凄さだけでは時間が持たないから
究極の敵がロシアからやってくる、
なんと大復活を遂げたミッキー・ロークが、
レスラーの時と同じ傷だらけの肉体を
自前のアイアンスーツに包んで

アイアンマンと同じような力を持つことを証明する。

そして武器に利用しようと
資本家が悪巧みにロシアの怪物を誘い
アイアンマンを葬り去ろうと
街を壊し尽すようなバトルが開始する。

正義とか悪とか
そんなものも飛び越え
これはもう贅沢な大人のおもちゃ、
最強マシンを身にまとい
戦いっこをしているようだ。



映像も素晴らしい、
派手な破壊シーンも迫力満点
大作としての必要充分な条件を
全て詰め込んだ満腹の作品、
確かにスゴイ
でも何か足りない、
なんだか容れ物は現在の最高品質だけど
そこに入る人間が薄っぺらな感じだ。

でも収穫はスカーレット・ヨハンソンだ、
秘密の組織のスパイとして
ゴージャスなドレスから黒い戦闘用のスーツまで披露、
そして何とアクションも、
「イーオン・フラックス」並みのシャープな動きで
すごくビックリ、
彼女がこの路線も出来るようになると
アンジェリーナ・ジョリーや
ハル・ベリーとかも焦るかも。

この映画はアイマックスシアターで見た、
臨場感は凄くて
ここで「アバター」を見た感動は忘れられない。
映画らしい映画でした。

★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

こういう地味めな主演なら堤真一は適役、きっちり演じてくれてます。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2010年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf