映画「書道ガールズ!! −わたしたちの甲子園− 」表現することは競うことじゃない

2010年05月30日(日) 0時39分
「書道ガールズ!! −わたしたちの甲子園− 」★★★☆
成海璃子、山下リオ、高畑充希、小島藤子、桜庭ななみ 出演
猪股隆一監督、120分、2010年5月15日公開、2010,日本,ワーナー・ブラザース映画
(原題:書道ガールズ!!)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「日本テレビの「ズームイン!!SUPER」で、
全国放送された“書道ガールズ甲子園”を
成海璃子主演で映画化。
期待しないで見たけどこれがなかなか面白かった、
ついこの間は「剣道」で戦い、
今度は「書道」で競うというコンセプト、
次は何がテーマなのか、そんな楽しみも」



主人公は書道部部長の里子(成海璃子)、
親友が部を去り、
書くことに喜びを見出せないでいたが
新しい顧問と出合い
また仲間の言葉が彼女の気持ちを変えていく。

ドタバタ部分は苦笑するところも、
男子があまりに軽く描かれてるし
展開もありがち
だけどなんか目が離せないのは
誰もが、これまでのどこかの時期に
「頑張った」記憶があるからかな。


何かと比べたり
人と競うことじゃなく
自分自身に納得できるか
そんなことが何より大切な瞬間を
この映画のどこかに見つけたからかもしれない。
人にどう思われようと
そんな時間は必ず自分の力になる、
でもそれはその最中には気がつかないもの、
後でこんなふうに映画を見ながら
ふと思い出したりするものだ。


「書道パフォーマンス甲子園」は
書道というよりアート系の絵のような感じ、
これはこれでアリなんだろうが
書道にピンクや青の墨が使われるのも
日本人には違和感がある、
でも外人にはカラフルさはウケるかもしれない。

それにしても「剣道」に続いて
「書道」と成海璃子は作品選びに
苦労しているのだろうか、
この路線そろそろ変えないと
脇役には「いい人」を付けて
同じ繰り返しみたいだ、
次はガラッと変わった映画も見たい、
それはファンの欲張りだろうか。


★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

今回は太った感じがあまりしなかった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「パーマネント野ばら 」何度も、聞いたよ。大丈夫だよ

2010年05月27日(木) 8時01分
「パーマネント野ばら 」★★★☆
菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎流童、夏木マリ、江口洋介出演
吉田大八監督、114分、2010年5月22日公開、2010,日本,ショウゲート
(原題:パーマネント野ばら)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「菅野美穂という女優の内に秘めた
感情表現に打たれた、
大袈裟に叫んだり、声を上げたり
演じると言うと、そんなことが主流だが
脇役の少し後ろあたりに存在しながら
ラストを見終えると実はそれまでの彼女の全てが
グーッと立ち上がってくるのだ」



海辺の町にひっそりたたずむ、
小さな美容室「パーマネント野ばら」
一人娘を連れて出戻ったなおこ(菅野美穂)と
彼女の母まさこ(夏木マリ)が経営している。
ここには、おばちゃん達が集まり
賑やかに過ごしている。

こんな美容室を舞台にした映画と言えば
中東のベイルートが舞台の「キャラメル」という
良い脚本の映画があったが
やはり女性達はああして集まると
やはり男の話で、盛り上がっているんだろうか。

ケバイ小池栄子に、まん丸顔の池脇千鶴
主演が透明で抑えた存在だったので
この二人の存在は笑えたし、
しんみりともさせられた、

何が幸せで何が不幸なんて
ホントその人の感じ方次第なのだ。

ささやかな幸せを描いた映画と思いきや、
中盤から映画の緊張感が急に増してくる

そしてそれまでの様々なセリフや行動が
「そうだったのか」とまだ半信半疑で
小池栄子が「なおこなら大丈夫だよ」と
あっけらかんと言うと
その場のなごみ方とは別に
しみじみ心に沁みこんでくる感情があった。

ちょっと変わった映画だったが
面白い体験が出来た、

でもこういう映画はネタバレなしで見ないと
ラスト付近の感じ方が変わるだろうな。
見逃がしたくないとまでは言わないが
興味深い映画体験だった。

★100点満点で65点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

菅野美穂という女優が好きでTVドラマも見ているが
もっと映画にも出たらいいのにと感じた。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「グリーン・ゾーン」見つからない、大量破壊兵器が見つからない

2010年05月25日(火) 21時20分
「グリーン・ゾーン」★★★★
マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン出演
ポール・グリーングラス監督、114分、2010年5月14日公開、2009,アメリカ,東宝東和
(原題:GREEN ZONE )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「イラク戦争のさなか、
アメリカ軍が駐屯するグリーンゾーンが存在し、
ロイ・ミラー(マット・デイモン)は、
大量破壊兵器の所在を追う極秘任務に就くが、
これがなかなか見つからない、
イラク人の情報で重要人物の存在を突き止めかけるが、
様々な思惑が交差し、真実に迫る」



この映画、エンタメとして見れば
迫真の銃撃戦やギリギリの極限状態など
見せ場満載で面白い、

けれどこの映画のテーマは「イラク戦争」
その事実が映画を別のものにしている。

だから市街戦で
市民も無差別に巻き込まれるシーンや
逮捕されたイラク人が乱暴に扱われるシーンでは
普通の常識が働いてしまい
アクションとして割り切れないのだ。

「イラクのことはイラク人に任せておいて欲しい」
そんな言葉に共感しつつ、
バンバン人が殺されるシーンだけ
アクション・エンタメとこの映画を
ただ楽しむわけにはいかない。

秘密のミッションで難題を解決するとか
そんなノリでやってくれたら
この映画はスカッと楽しめたと思う、

「ボーン」シリーズから
脱却を図ったのかもしれないが、
自分は「ボーン」シリーズは最高と思っているので
その路線で次はやってもらいたい。

さらに嫌だったのは
映画の冒頭で「9・11」以降
ブッシュ大統領がイラク攻撃を指揮したというような
解説が流れたことだ、
だって今では「ブッシュが悪い」と、
みんな口を揃えて言うけれど、
当初はアメリカ全体、そしてほぼ世界じゅうで
その行為を非難したハズ。いつの間にか
実は反対していた、みたいなのは卑怯な感じがする。

もっと嫌なのはアメリカの俳優や歌手が
イラク戦争に実は反対だったと今更言うこと、
本当に反対ならインタビュー記事の写真うつりなんか
気にしないで、その当時武力派兵を
何としてでも止めるべきだったのに
そういうことがスタイルみたいな
その雰囲気が嫌いでたまらない。

まあ、映画が面白ければそれでいいけど、
なまじ何かテーマなんかを込められると
そのへんに引っかかったりするわけです。


次は思想なきアクションを期待したい。

★100点満点で70点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

マット・デイモンは多彩な役に果敢に挑んでいる、
猿顔で華やかなスターって感じないけど好きな俳優だ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

国内ランキング「アリス・イン・ワンダーランド」6週連続V!!

2010年05月24日(月) 23時41分
最新国内映画興業成績ランキング(5/23付)

どんな映画にお客が入ってるか、やはり気になります。
DVDで「アバター」見ました。



                           ★映画のブログ★
                          どんなブログが人気なのか知りたい





今週(先週)
1(1)アリス・イン・ワンダーランド
  興行収入は100億を超えました。
 3Dは楽しいけれど、この映画はおとぎ話と思って見ると
 もっとダークな部分に戸惑うはず。


2(初)仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー  


3(2)劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル
  もうすぐ10億に届きそう。
  TVの特番は20位にもランクインしなくて、勢いは
 以前ほどじゃないようです。映画の出来としては
 この映画に求めるものはとりあえす入ってますが。


4(3)グリーン・ゾーン 
  近日見に行きます。まだ3億あたりの成績、
  最終的にも5億も厳しいか。 
  
5(初)ボックス!
   wowowが資本に絡んでいるからか、
  よく予告編を見ます、ちょっと気になっています。


6(5)名探偵コナン 天空の難破船(ロストシップ)


7(4)のだめカンタービレ 最終楽章 後編
  30億を超えて、期待通りの興行となっているようだ、
 この面白いキャラがどんな成長をするかを見たい気もする。
 次は10年後とかにね。

8(6)パリより愛を込めて
  まだ1億にも到達していないようだが、 
 映画の内容としては文句なく面白い、
 DVDでまだ稼げるだろうが、
 もう少しお客に見てもらいたい。
  

9(8)タイタンの戦い
  最終的には15~16億あたりか。
 主演のワーシントンは「アバター」では
 自身の登場シーンはわずかで、まだまだ知名度が
 お客を呼べるほどじゃないということか。
 映画自体は視覚的には見所があるのでもったいない。 


10(7)場版銀魂 新訳紅桜篇 
   

今週のランキングは5本見ています。邦画6、洋画4と
邦画が頑張ってます。

http://blog.with2.net/ping.php/38257/1105949103


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン


「名探偵コナン 天空の難破船(ロストシップ)」そろそろコナンも見ようかなと思いつつ、
結局今回も見送りとなりそう。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「光媒の花 」何かを守るために人は嘘をつく

2010年05月23日(日) 21時01分
「光媒の花 」★★★☆
道尾 秀介著 、集英社、2010/3初版
(258ページ 、1.470円)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「評判がいいので初めてこの作家の本を読んだ、
ネットで注文し届いた本は
装丁が繊細でいて重厚な感じで
作者のこだわりや想いが込めれているようで
期待して読み始めた。」



本は内容が重要に決まってるけれど、
装丁は第一印象としては重要、
予備知識も無しに読み始めると
簡潔な文体ながら、
ちょっと戻って読み返すと
案外深いことが書いてあり
サラッと読めてしまうが注意が必要だ。


6つのそれぞれタイトルが付いた短編は
独立しつつ、どこかでリンクする連作となっている、
劇的な展開は無く、
淡々とした日常に潜む危うさが伝わり、
単純に「怖いな」と思った。


ミステリー作家と書かれた
作者のこれまでの作品は全く知らないが
この作品を読んだ印象としては
非常に緻密で書き込み過ぎない文体は
冷静で静謐な感じがした。

だからかな、溢れ出すような
熱い熱を感じるような作品も
次は読みたいなと思った.

「何かを守るための嘘は許されるのか」
その答えは読者がそれぞれ考えることだ、
普段はそんなギリギリの選択を迫られることはない、
でもひとたびそんな場面に出くわしたら
自分は守るべきものをしっかり守れるだろうか。

大きな感動とかそんなものはないが
しみじみ「作家性」を感じる、

最近はよく日本人の作家の本を読んでいるが
なんか期待できるというか、
そんなことを感じた。

★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

著者は様々なジャンルの作品を書いているようだ、何か読みたいな。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「月に囚われた男」月にひとり、淋しい・・・

2010年05月21日(金) 0時50分
「月に囚われた男」★★★☆
サム・ロックウェル、ケヴィン・スペイシー(声の出演)出演
ダンカン・ジョーンズ 監督、97分、2010年4月10日公開、2009,イギリス,SPE
(原題:MOON)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「近未来。舞台は月、
地球に必要なエネルギー源を採掘するため、
月で一人働く男、サム(サム・ロックウェル)。
契約期間は3年。地球と直接通信もできず、
話し相手は1台の人口知能をもったコンピュータだけ、
淋しい、地球に早く帰りたい。」



遂に任務終了まで2週間をきり、
地球へ帰る日が目前に迫ったとき、
周囲で奇妙なことが起こる、
それは予告でももう予想していたが、
本人だったら驚くだろうな。

登場人物がサムひとりという、
実にエコ?というか
途中でちょっと物足りなくなる

でもそれを見越したように
徐々に物語が動き始める。

誰だって宇宙から地球を一度は眺めたいものだ、
映像でも実に美しい
きっとこの目で見たら泣けてくるだろう、
そんな静謐な美しさをたたえた地球と言う
ホームを遠くに見ながら
ひとり働くと言うのはやはり淋しいだろうな。



その淋しさが実に巧みに伝わる、
そしてある事実を知ることになる、
だから地球に戻ってからのことを
もう少し描いてくれたらもっと面白かっただろうと
それが残念だ、しかしそこまで描いたら
予算オーバーか。

後半になると数少ない登場人物が
顔や体を血に染めてそのままでいるから
気になってしかたない、
無機質な宇宙の居住スペースで起こることだから
人間的なものが余計と気になるのだろう。

アイデアとして面白いし
この限られた空間と少ない登場人物で
97分見せ切る演出もたいしたものだ、
でもやはりちょっと物足りなかったな。


近い将来、人間は月やその他の星に
資源や住む場所なんかを求めて
行くことがあるだろうか、
宇宙ステーションを見て現実味があるとも思うし
まだまだ遠い未来とも感じる。

でも宇宙から地球を眺めてみたいものだ。

★100点満点で65点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

途上人物が最高で2人というとても意欲的な作品、
とりあえずは成功している

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「パリより愛をこめて 」ここでは理性はぶっ飛んだ、単純に面白い

2010年05月19日(水) 0時30分
「パリより愛をこめて 」★★★★面白い
ジョン・トラヴォルタ、ジョナサン・リス=マイヤーズ 出演
ピエール・モレル 監督、95分 、2010年5月15日公開、2010,フランス,ワーナー・ブラザーズ
(原題:From Paris with Love )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「ジョナサン・リース・マイヤーズ扮するアメリカ大使館職員が、
ジョン・トラボルタ扮するFBIエージェントと共に、
パリをテロリストの攻撃から守るために奮闘する、
ただし守ってるんだか、ぶっ壊してるんだか
ここまで無法地帯にしていいのかと思うほど、
銃を撃ちまくるトラボルタは怖いというより笑える」



冒頭から銃を撃ちまくり
(たぶん)悪人を殺しまくるFBIエージェントの姿を
驚きとともに巻き込まれるのが
ジョナサン・リース・マイヤーズ演じるアメリカ大使館職員、
彼はCIAのエージェントになることが夢だ。

そのため盗聴器を仕掛けたり、
車に細工をしたり
頑張っているけれど、
本物のエージェントを目の当たりにして
やはり自分にはムリなんじゃないかと悩む始末。



トラボルタ扮する異端児エージェントの相棒になることで
大使館職員の成長物語でもある、

リュック・ベッソンの脚本は
リアルなんかハナから考えに無く
アクションをどう見せるかに重点が置かれている、
自分は派手なアクションが好きなので
その割り切り方は
ここでは良い方に活かされていると感じた。

込み入ったストーリーはあるにはあるが、
そんなこと大した問題じゃない、
それでもエージェントを夢見る
自分の殻を破れない正義に燃える男が
破天荒な男に出会って自分が変わっていく
その姿には、かなりグッと来た。


銃を向けた相手が自分で自ら銃を口に入れて
目の前で自殺してしまい
その時飛び散った血が端正な顔を染める、
その血で染まった顔を鏡で見た時
ストーンと主人公の中で何かが吹っ切れた、
そんな繊細な描写にハッとすることも。

もし映画に少しでもリアルを求めたら
この映画は成立しない、

破天荒でやりたい放題の映画が出来上がった、
映画に何を求めるかにもよるけど
自分はかなり楽しめた、
この路線でまだまだいってもらいたい。


★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ジョナサン・リス=マイヤーズはいまひとつ良い映画に恵まれていない印象があるが、
こういう役も怖がらずにこれからも出て欲しい。
ジョン・トラボルタはもう何か吹っ切れてる。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「天地明察」答えなんか遥か遠くに輝くばかり

2010年05月18日(火) 0時18分
「天地明察」★★★★面白い!
冲方 丁著、角川書店、2009/12/1 初版
(475ページ 、1,890円)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



2010年本屋大賞受賞作品
時代物は苦手だが評判がいいのでネットで注文した。
地下鉄で読んでいた海外ミステリーを読み終え
この本を読む準備万端整え本と向き合う、
最初のページをめくる喜び。

「渋川春海の青春の物語、
彼が20年あまりの時間をかけて取り組んだのは
日本独自の暦を作り上げること。
主人公のキャラクターが飄々として
好人物なのでその勢いのまま
475ページも長くは感じなかった」



時代物はその主人公達の話し言葉が
当然ながら現代と違い「堅い」感じで
常に敬遠していたが
本屋大賞受賞し、しかもこの作者の本を
読んだことが無かったので期待を込めて購入し、
すぐに読み始めた。

碁打ちの名門に生まれながら
その職務に心からの生き甲斐を見出せない主人公が
最初に出会ったのは和算、
数理の中に宇宙を見つけたように
時間を忘れて打ち込む姿は
誰しもある時期、何かに夢中になったことがあるなら
同じ熱いものをそこに感じるだろう、

主人公の心の動きひとつひとつが生き生きと
こちら、読み手に伝わる。

そして彼が周囲から望まれて
一生を捧げることになるのは
日本独自の暦を作り上げることだった、
20代から40代の20数年を費やし
主人公はその大事業を成し遂げるが
おごらず、謙虚である続ける所に
全く嫌味が無く、素直に彼の成功を喜べる。


自分の大切な時間を費やすなら
もちろん華々しい成功があればそれがいい、
でも普通はそんな脚光なんて浴びることなく
それぞれがそれぞれの満足をどこかに見出すのだろう。
それは決して残念なことではないれど、
あったかもしれない、誰かに認められるということを
一瞬、主人公の成功に重ねてみる。


そして都会のあまり星の多くない空を見上げる、
同じものを見ても
感じ方やそこから何を考えるかは
まさに人それぞれだと痛感する、
そしてこの全く誰かを照らすほどには輝やかない
自分自身を省みてあれこれ考えてしまう、
でもそれはとても清々しい気分だ、
多くは望まない
でもきっと何か出来るだろうとそんな勇気をもらえる作品。


なにより作家の文章力が
ぐいぐいとラストまで引っ張る力は
たいしたものだ、
自分なんかまっすぐでもないので
どこかにケチでもつけてやろうなんて
読み始めてラストまで何度か泣かされた。


面白かった。

★100点満点で85点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

著者は様々なジャンルの作品を書いているようだ、何か読みたいな。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「バタフライ・エフェクト3/最後の選択」最後の選択が後味悪し

2010年05月17日(月) 0時28分
「バタフライ・エフェクト3/最後の選択」★★★DVD鑑賞
クリス・カーマック、レイチェル・マイナー、ミア・セラフィノ 出演
セス・グロスマン 監督、90分 、2009年10月17日公開、2009,アメリカ,リベロ、AMGエンタテインメント
(原題:THE BUTTERFLY EFFECT 3:REVELATIONS)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「この作品の最初の作品でアシュトン・カッチャーは
スターの仲間入りをした、最近は活躍してる、
で、今回の作品はDVDで見たが
劇場で見るよりレンタルやTV放送向けあたりが妥当な線、
面白いけど、いわゆるオリジナルは超えられない二番煎じ。
でもこんな面白いB級作品が300円で見られるなら
ホント、お得で嬉しいことだ」



世界のどこかで起こったわずかな「風」が
別のどこかでは大きな事件となるかもしれない.

そう言われたら、
そんなこともあるかなと感じるが
今回はそんな元ネタから
「過去へ行く」という特殊能力だけを取り出し
主人公は過去に戻って殺人現場を目撃し、
警察の捜査に協力することで、
くつもの事件を解決してきた私立探偵という役どころ。


元ネタがあり得ない設定ながら
「純愛」をテーマに
なんか切ない作品だったのに比べ
切なさは僅かに残しつつも
過去へ飛ぶことでどんどん深みにはまっていく
底なしの最悪の泥沼状態で

着地点がこれも後味が悪くて、
ストーリー上
ああするしか無かったかもしれないが
もうひとひねり欲しかったな。

ラストは合格。

続編の予告もラストにあって
しばらくこの路線でいくのだろうな。
次もDVDでいいや。

★100点満点で60点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

主演のクリス・カーマックは「イントゥ・ザ・ブルー2」も主演しているようだ、
ブレイクするかは微妙。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

映画「9〈ナイン〉〜9番目の奇妙な人形〜」未来にはやはり人間は滅亡するようだ

2010年05月16日(日) 1時54分
「9〈ナイン〉〜9番目の奇妙な人形〜」★★★
イライジャ・ウッド、ジェニファー・コネリー、クリストファー・プラマー 声の出演
シェーン・アッカー 監督、80分 、2010年5月8日公開、2009,アメリカ,ギャガ
(原題:Nine)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた

「人類滅亡後の未来。
背中に1から9までの番号を付けた小さな麻の人形たちは、
破壊兵器と化した機械との戦いを続けていた。
9番の背番号を付けた人形を中心にした
人間のいない機械じかけの世界感を楽しむ」



アメリカ発のアニメ映画は
アニメとしてデフォルメされたものが多いが、
このアニメは形もさることながら
全然違う、安っぽくでも手作り感バッチリ、
親しみが湧く、
目の粗い麻の体が繊細に動くのを見ながら
全体がこんなにチャッチイのに
“こんな細かいところまで凝ってるよ”とツッコミを入れつつ。



どうやら未来はやはり人間は滅んでしまうらしい、
奇妙なロボットを作った博士は
9体のロボットに人間の最後の願いを込めた
それは仲間を助けることとか、
破壊よりも何かを作り出すこととか。

描かれた世界観は「ターミネーター」もどき、
でもみすぼらしい体の人形が
固定観念の枠を超えて
バカでかい「マシーン」に挑む姿は
単純に心が熱くなる。
誰かを助け、
一緒に物事に取り組む気持ちさえあえば
なんとかやっていけるのかもしれない。

映像は凝っていて美しい、
ストーリーは弱いけれど
彼らの動きを見てるだけで楽しめる、
今後の世界も見たいと思った。

★100点満点で70点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

声優陣が豪華でこういうとこにも手抜きしないのがスゴイ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2010年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf