「恋するベーカリー」若さを諦めない欲張りママが行く!

2010年02月27日(土) 0時09分
「恋するベーカリー」★★★
メリル・ストリープ、スティーヴ・マーティン、アレック・ボールドウィン主演
ナンシー・マイヤーズ監督、103分、 2010年2月19日公開、2009年,アメリカ,東宝東和
(原題:IT'S COMPLICATED )



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「アラフォーならぬ60歳のラブコメって
メリル・ストリープのはしゃぐ姿は「マンマ・ミーア」以来
どうも違和感アリ、
軽めのコメディは彼女にしてみたら
次の作品までの息抜きのよう、
でもちゃんと2時間見せてくれるのはさすが」



離婚してベーカリー営む主人公は、
娘の結婚式の前後数日間に
元ダンナとヨリを戻したり、
家の増築にも手をつけたり、
朝にはipodを聞きながらジョギングと忙しい。

忙しくしてることで
心の淋しさを忘れているのかもしれない
3人の子供を育て上げ
今度は自分のことに目をむけようと、
夫婦ひとつひとつある洗面シンクにいら立ち、
元ダンナの若い新しい妻に冷たい視線を送る。

まだまだ全てに諦めきれないのだという
パワーに溢れていて
誰でもそうあるべきなのだろうけど、
元気過ぎて見てるこっちの方が疲れる



ベーカリーのシーンはごくわずか、
経営者なのにほとんど私生活中心で
いつ働いてるんだろう?
もっと美味しいパンを作るところも
見たかったな。

娘と結婚してるダンナ(ジョン・クラシンスキー)が面白かった、
間に挟まれて肩身が狭いかと思えば
仲良し家族の一員になりたいと
心底思ってるのがよく伝わった、
こういう小品でもキラリと光る役者を見ると
次、どこで見かけるか楽しみだ。
(実生活ではエミリー・ブラントと婚約)

なんだか若くあることが唯一絶対の幸せのような
そんな雰囲気には疑問があるが

そんなこと考えるよりは
良く練られた脚本と今のアメリカのファミリー像を
ポップコーンでも食べながら見るのも楽しい。


★100点満点で60点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

メリル・ストリープは今年もアカデミーにノミネートされている。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「オーシャンズ」優しい気持ちになり、そして身が引き締まる

2010年02月25日(木) 10時00分
「オーシャンズ」★★★★
ネイチャー・ドキュメンタリー
ジャック・ペラン、ジャック・クルーゾー監督、103分、 2010年1月22日公開、2009,フランス,ギャガ・コミュニケーションズ
(原題:OCEANS )






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「恐竜のようなガラパゴス海イグアナが
岩場にすくっと両手で顔を上げ、
その遥か向こうの青空を突っ切るように
ロケットが一直線に上昇する、
これって合成?と思いながらも
何かこの映画を象徴しているようだ。」



子供の頃、こういった動物ものや
火山やギアナ高地といった自然を紹介した
番組が好きだった、
いつからか興味の対象が別に移って
あまり気にして見なくなったが
この映画を見て色んなことを考えた。

海の中にカメラも一気に潜っていく、
ダイビングをしているときの
自分の体重を忘れた自由な浮遊感覚が蘇る、

そして夥しい生き物の世界が大画面に、
それを見ているだけでいい。

どうやってこんな映像撮影したんだろう、
そんなことを感じるシーンが次から次へと、
きっとベストショットを待って
何時間も何日も費やしたのだろう、

きっとこの映像は次の世代にも残るだろう、
でもそれが海洋博物館で
「かつて」を紹介する画像になるかもしれない。

この映画はその自然の危機への
警告を発してもいる、
声高に言われなくても
この青い青い海と生物の営みを見れば
自然と自分たちの行為についても
考えてしまう、そのくらいが良いだろう。

人間はこういう映像を見て
優しい気持ちにはなれる、

アザラシの子供が初めて海へ入る時、
なかなか決心がつかなくて
母アザラシが辛抱強く待っているシーンなのに
心を動かされない人はいないだろう、
だからって家に戻って全ての現代的な
生活を止めてしまえる訳じゃない。

今更ここに描かれたことだけが
唯一の真実だとは思わないが
ある事実であることは確かだ、
作為的な比喩を感じないこともないが
それより大きな視点に立てば
自分たちの責任というものに行き当たることも確か。

色々考えるところあり、
感じたこともあったが、
まずはこの美しい映像をただ楽しみたい。
DVDになったら手に入れて音を消して
映像だけ流してもいいだろうな。


★100点満点で80点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画としてはどうなのかとも思うが、感動した。それでいいと思った。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「抱擁のかけら」ペネロペ・クルスの様々な表情に酔いしれる

2010年02月24日(水) 7時25分
「抱擁のかけら」★★★★
ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ主演
ペドロ・アルモドバル監督、128分、 2010年2月13日名古屋公開、2009,スペイン,松竹
(原題:LOS ABRAZOS ROTOS )



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


「事故で視覚を失った男(ルイス・オマール)は、
かつて映画監督だったが現在は脚本を執筆している。
ある夜、事故に遭った知人の息子の病室で
一晩過ごすことになったハリーは、
自分の過去を語り始める。
それは情熱的な運命の物語だった」


オレンジ、赤、ピンク、緑と
カラフルな色に包まれた映画、
日本人は選びそうにない原色の壁紙、
使い易そうで形もシンプルな家具は
自分らしさを主張している。

ストーリーを追うよりも、
ペネロペ・クルスを見つめることに尽きる

その場面、場面での様々な表情を見せる
彼女から目が離せない、
監督が好んで彼女を使うことも納得。

そして美しい女の記憶を永遠に
閉じ込めたように
盲目となった脚本家は
現在の生活を存分に楽しんでいることが窺える、
その理由がやがて明らかにされる。

色々な対比や比喩に満ちた映画だ、
けれどそんな深読みするようなことより
画面から溢れだす激しい感情や心の揺れ、
そんなものを受け止めたい。


心に今後ずっと残る映画、
そこまでは言わないが
座り心地の良さそうなソファや
機能的な中にこだわりを感じる家具など
生活の中で同じ様なアイコンを見る時
ふいに鮮やかにペネロペの様々な表情を思い出すだろう。



嫉妬と欲望に翻弄され、
愛に狂った男女の切なくも激しい愛の物語
現実離れと思う部分も多いが、
それでも心を揺さぶられる映画に変わりない。


★100点満点で80点

ペドロ・アルモドバル監督作品
オール・アバウト・マイ・マザー (1998)
トーク・トゥ・ハー (2002)
死ぬまでにしたい10のこと (2003)
バッド・エデュケーション (2004)
ボルベール <帰郷> (2006)


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「ボルベール」は小品だったが、ペネロペの鮮やかな笑顔は
記憶に残っている。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「犬の力(上・下」重厚な雰囲気と多層的な登場人物のドラマを一気読み

2010年02月22日(月) 21時09分
書籍「犬の力(上・下」★★★★
ドン・ウィンズロウ著、角川書店 2009-08-25



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「血みどろの麻薬戦争に巻き込まれた、
DEAのエージェント、ドラッグの密売人、
コールガール、殺し屋、そして司祭。
戦火は南米のジャングルから
カリフォルニアとメキシコの国境へと達し、
苛烈な地獄絵図を描く-角川書店HPの紹介文よりー」



アメリカと国境を持つメキシコ
安価なものが国境を超えるだけで
何倍もの勝ちを持つことから
そこに犯罪も生まれる、
マフィアと警察との闘争の日々を描いている。

青年は悪党と成長する、
それは宿命なのか。

気が付いたら人の上に立つ極悪人、
けれどどこかで罪を意識もしている。

対する警察官たちも、
悪の片棒を担ぐものもいれば
正義に燃える者もいて、
それらの混沌とした部分が実に人間的で
やるせない。


実際にこういうことってあるのだろうな、
麻薬が無くならない現実世界で思う、
そこにこの小説に描かれるひとつひとつが
リアルに迫ってくるのだ。
翻訳がスムーズだからだろう、
実に映像的な描写が多く楽しい。


上下巻の長い長い物語の中に
数人の主要登場人物がいて
彼らは密接につながり、すれ違いながら
ラストへとなだれ込む。

悪人がただ悪人としてでなく、
ひとりの人間として様々な部分を持っていることを
ちゃんと描いているのが
この小説を身近に感じる要素だろう、
場所は違えど日常の生活で
彼らとすれ違っているのかもしれないのだ。


小説世界でありながら
絵空事とは思えない。

メキシコを舞台にした小説自体珍しいが
重厚で読みごたえがあり
本読みを楽しませてくれる作品だ。

次の作品も是非読みたい。

★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

すでに93年ころから10冊近く出版されているようなので
チェックしたい。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「バレンタインデー」豪華スター競演を2時間楽しむ

2010年02月21日(日) 9時41分
「バレンタインデー」★★★☆
アシュトン・カッチャー、ジェシカ・アルバ、ジェシカ・ビール、パトリック・デンプシー、ジュリア・ロバーツ主演
ゲイリー・マーシャル 監督、119分、 2010年2月12日公開、アメリカ,ワーナー
(原題:Valentine's Day )



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



2月12日―14日の北米映画興行収入ランキングで、
5240万ドル(約47億2000万円)で初登場1位となった。



「アメリカでバレンタインデーが
こんなに盛り上がってるって正直驚いた、
日本のクリスマスのようだ。
ロサンゼルスを舞台に、年齢も職業も愛のかたちも様々な、
男女15人のバレンタインデーを描く、
大好きな「ラブ・アクチュアリー」っぽい雰囲気だが、
出来はそこまで到達していない」


豪華な出演者が次々と登場し
2月14日という特別な一日の恋人たちのドタバタを
コメディタッチで見せてくれる、

この手の映画は結構好きなので楽しめた、
色々高望みしても仕方ないので
そのシーンそのシーンを楽しみたい。

グラミー賞で4冠を達成したテイラー・スウィフトが
『トワイライト』のテイラー・ロートナーと
高校生のカップルで登場したのは
ちょっと驚いたが、他の豪華なスターの中では
輝きはまだまだ。


主人公のひとりは花屋を経営するアシュトン・カッチャーが演じ、
商売が繁盛することは嬉しいが、
「大切な贈り物なら自分で届けたらいいのにね」と
つぶやくセリフはしみじみ同感、

本当にかけがえのない相手なら
花屋から届けさせるなんてしないだろう。

小学生の可愛らしい恋から
シャーリー・マクレーンの熟年夫婦の愛情まで
様々な年代のそれぞれのバンレンタインデー、
どうでもいいよと言ってしまえば
それまでだけど、それでも当人たちにとっては
大切な一日、
見終えてほんわかとした気分になれる映画。


ジュリア・ロバーツが
僅かな休憩をともにする相手が分かると
優しい気分になる、
彼女がハイヤーの中でハリウッドあたりを通る時の
セリフも「プリティ・ウーマン」を連想させて
シャレている、
そんな小技も映画を楽しませてくれる。

★100点満点で70点

ゲイリー・マーシャル監督作品
プリティ・ウーマン (1990)
プリティ・ブライド (1999)
25年目のキス (1999)
プリティ・プリンセス (2001)
プリティ・ヘレン (2004)
プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング (2004)

プリティばかりのタイトルは原題とは違い
「プリティ・ウーマン」がヒットしたからだろう。
監督本人は知ってるのかな。


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

アシュトン・カッチャーは「バタフライ・エフェクト」で知った俳優、
なかなかそれ以降はぴったりの役に当たっていない、
今回はフツーの出来。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「食堂かたつむり 」もっと美味しそうな料理がたくさん見たかった

2010年02月19日(金) 8時05分
「食堂かたつむり 」★★★
柴咲コウ、余貴美子、ブラザートム主演
富永まい 監督、119分 、 2010年2月6日 公開
(原題:食堂かたつむり)



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


「失ったもの、
恋、家財道具一式、そして 声
残ったもの、
ぬか床とおばあちゃんのレシピ
評判のいい原作の映画化」



失恋がきっかけで声が出なくなった主人公(柴咲コウ)は、
貯金も家財道具も恋人に持ち逃げされ、
田舎に戻り派手な母(余貴美子)と暮らし始め、
やがて古い納屋を改装して
小さな食堂を始める。

原作が評判で読みたいと思いつつ
まだ読めていないが
先に映画で鑑賞となった、

予告も良い出来だったので結構期待したが
フツーの出来、
見終わって思ったのは、この映画の原作が
どんなだろうということ。

本で想像する部分と映画で見えてしまう部分、
これはこれからも折りにふれ感じることだろう。

美味しい料理は人を幸せな気分にしてくれる、
これは誰も否定しないだろう、

強烈キャラの母親以外にも
個性的な隣人が行間を埋めていく、
けれど見終わって印象的だったのは
言葉を全く話さない主人公の表情だった。

言葉が無いことで
表情から読み取ろうとしたからだろうか、
その点では映画は成功している、
ただ「かもめ食堂」の路線を狙ったわけでもないだろうが、
強烈に伝えたいことが無い分
見終えて何も残らない、
「なんとなく幸せ」みたいな路線は
実は結構難しいのだと感じた。


食堂かたつむりとしてはメニューも少なく
せっかくの映画としての視覚的に楽しませる部分が
あまりにも弱いと思った、
中途半端な出来という印象が拭えない。

でも旅行に出かけ
「こんな所に?」と思うような場所に
ひっそりとこんな食堂があれば
入って「おまかせ」で食べてみたい。

★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

柴咲コウは頑張っていた、良い企画には今後も出て欲しい。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「ずっとあなたを愛してる 」生きていてもいいですかと誰も怖くて聞けないのだ

2010年02月17日(水) 0時09分
「ずっとあなたを愛してる 」★★★★☆
クリスティン・スコット・トーマス、エルザ・ジルベルスタイン主演
フィリップ・クローデル 監督、117分 、 2010年2月6日公開、2008,フランス,ロングライド
(原題:IL Y A LONGTEMPS QUE JE T'AIME)



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


主演のクリスティン・スコット・トーマスの熱演が光る。


「空港のロビーに疲れきった表情の
中年の女性がひとり、
迎えに来た女性の車に乗り、
彼女の家に行くが
二人がどんな関係かまだよく分からない、
その後会話から二人が姉妹と知って、
さらに二人の関係が分からなくなる」




どんな罪で彼女は15年もの長い間
刑務所にいたのだろう・・・、
その理由が次第に明らかになる。


自分の罪を許せず、
生きる気力を無くしたようにも見える、
罪は許されるのか、
それは誰が決めるのだろう、

自分の気持ち次第とも思えるが、
その傷が無くなる事はない、
それだけは確かだ。

自分の存在が無意味で、
無価値だと感じたら人は生きていけない、

自分の存在がまがりなりにも
誰かの役に立つことが分かれば
それで少なくとも前に進むことが出来る。

過去は消せないけれど、
人は必ず再生し
よりよい日々を送れると思いたいからだ。

何かになりたかった、
誰かの為に何かをしてあげたかった、
何かになったのか、
誰かの為に何かすることは出来たのか
人は折に触れ
答えのない問いを繰り返すのだ。


何かを強烈に直接的に伝えるような映画じゃない、
けれどトリ肌が立つように
胸を震わせ迫るものがあった。
見方によれば怖い映画であり、
そしてなんとも優しい映画だった。

こんな映画に出会いたくて
何度も何度も映画館へ通っているのだろう、

多くは役不足だったり、
下らなさすぎたりだけれど
それでもどこかに見所はある、
そしてごく希にこんな映画に出会うのだ。

久しぶりに見てからすぐには
感想も書けなかった、
まだ消化しきれていないけれど、
とりあえず素晴らしい映画体験だったと。


★100点満点で90点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

クリスティン・スコット・トーマスがほぼノーメイクで登場するが、しみじみ美しい。
それは内面からわき上がるものが確かにあると感じるからか。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「スカーペッタ(上・下」すでに大河ドラマのノリ、感慨深い味わい

2010年02月16日(火) 0時09分
書籍「スカーペッタ(上・下」★★★☆
パトリシア・コーンウェル著、講談社刊


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「ケイとルーシー、そしてベントンと
マリーノというお馴染みの登場人物の
それぞれの過ごしてきた時間を改めて感じつつ、
新たな事件に全員が巻き込まれ、
解決していくもはや定番のノリ」



シリーズもこんなに長くなると
マンネリは仕方ない、
このシリーズもケイがバージニア州検屍局長を
辞めたあたりからしばらくは失速気味だったが
最近はまた盛り返してくれている。


これは読み手の期待も高く
ハードルが高くなっていることもあるだろう。

検屍しないスカーペッタは
捜査官のような存在で
彼女ってこんなだったっけ?と
何度か思ったことは事実、
モルグでどんなことが行われ
そこからどんなことが分かるのかは
未知の世界で好奇心を刺激されたのが
このシリーズの肝の部分だったはず。


最近では海外ドラマで
スマートで視覚的な作品もあって
この小説が先駆けとなった検屍という行為も
他でも知ることは出来る、
だったらこのシリーズに望むのは
もっと別なもの、そうだここには魅力的な
登場人物が沢山いる。

これだけ長いシリーズになると
それぞれの登場人物のセリフや何かを
思い返すシーンでは
こっちも色々あったなと思い返す、
すでに自分自身も身内か友人のように。


今回は早々に捕まる容疑者が
ケイとの接見を要望したことで物語が始まり
容疑者の周囲で起こる出来事の謎を
いつものメンバーが少しづつ解いていく、
以前ならその謎解き部分に驚きがあったが
今は「そう来たか」と
親密な感じさえする。


このシリーズは新しい活躍の場を得たようで
これからまたしばらく楽しませてくれそうだ。
また1年くらい楽しみに待ちたい。


★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ケイ・スカーペッタシリーズ以外も出ているが、他はあまり出来が良くない。
このシリーズでこのまま進んで欲しい。



★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「インビクタス/負けざる者たち」不屈の精神は穏やかで強靭なものだった

2010年02月13日(土) 21時09分
「インビクタス/負けざる者たち」★★★★☆
モーガン・フリーマン、マット・デイモン主演
クリント・イーストウッド 監督、134分、 2010年2月5日公開、2009,アメリカ,ワーナー
(原題:INVICTUS)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「南アフリカ共和国大統領となった
ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)。
彼が仕掛けた新たな挑戦とは、
国代表のラグビー・チームのキャプテン、
フランソワ・ピエナール(マット・デイモン)に依頼し、
チームを立て直し、95年に自国で開催される
ラグビーワールドカップでの優勝を目指すことだった」



先日wowowで「マンデラの名もなき看守」という映画を見た、
黒人への差別の感情を隠しもしない看守が
次第にマンデラの人柄に心を動かされるというものだった、
その映画ではマンデラが獄中で過ごした27年間のうちの
数年を描いてしたが、それでもその途方もない時間を
感じずには居られなかった。


ただ自分が自分でいるだけで
国家反逆罪で終身刑判決を受けるという
かつての事実がなんともやるせない気分にさせた、
だからか、マンデラにラグビーチーム立て直しを依頼された
フランソワがマンデラがかつて収監されていた
独房の小ささを自分の両腕を広げて確かめた時
胸が締め付けられた。


どうしてこんなに許せるのだろう。

解放され大統領と言う権力の頂点を手に入れた彼が
その力で白人を排斥することなく、
南アフリカというひとつの国の国民であることを
なんとか白人にも黒人にも意識してもらいたいと
ラグビーというスポーツを通して
ひとつの挑戦を行うのだが
「偉人」という言葉をふと思い出した。

そういえば子供の頃、
伝記というジャンルで数々の偉人の生涯を読んだ、
みんな死んだ人たちで後世にその業績を讃えられた話だが
マンデラという人は今も健在で
先日解放20周年を祝ったばかりだ。

映画で見た黒人の住むスラムはまだ存在している、
そうだこの話はまさに現在の出来事、
事実を描いた映画だから
大袈裟でドラマチックな展開はない、

それでもラストのラグビーの
ノーサイドのホイッスルが鳴るまで
息を詰めるようにスクリーンを見つめた。

そしてマンデラという
不屈の精神を持った人が起こした
奇跡を目の当たりにして
彼のような立派なひとでない普通の人でも
「何か」変えられる手助けは出来るのだと感じた。

黒人と白人が拳を上げるのは
お互いを傷つける為でなく
試合で勝った喜びを分かちあうというもの、
ラストの演出まで心憎い。


27年間という想像を絶する年月と
マンデラがその後何をしたかを目にして
断続的に涙腺を刺激する、
心が熱くなる映画となって完成した。

★100点満点で85点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

79歳という驚異の監督と現代の偉人の物語、
力をもらえた映画だった。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「ラブリーボーン」喪失と可能性を秘めたファンタジー

2010年02月12日(金) 0時09分
「ラブリーボーン」★★★★
マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、シアーシャ・ローナン主演
ピーター・ジャクソン 監督、135分、 2010年1月29日公開、2009,アメリカ,パラマウント
(原題:THE LOVELY BONES)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「スージーは14歳で近所に住む男に殺害された、
この世とあの世の中間の天上から
まだ終わらない家族の危機をなんとか防ごうとする、
ファンタジー色の方が強い作品となっている」



ミステリーとホラーをファンタジーで包んだ意欲作。
中途半端な感じも否めず、
評価は分かれるだろうが、
自分は楽しく見た、色々詰め込もうとして
未消化な部分もあるが、本来人間ってそんなものだよね。



子供を失うことで崩れていく
これまでの日常、
それでも毎日は繰り返されるが、
その喪失感は埋まることはない。

人の狂気はどこにでも存在し、
いつ豹変するか分からない、
出来れば誰だって穏やかに暮らしたいのに
他者と過ごす社会生活の中で
調和というものはいかに脆いものか実感する。


あの世があるなら、
そこは今超過密な人口じゃなだろうか、
その全ての目がこの世を見つめているなら
因果応報、
きっと誰かがひとりひとりを見つめ、
多くの健全な魂が集まり
「悪」を見過ごすことは無いのかもしれない。

マーク・ウォルバーグが苦悩する父親を好演、
ただしそのうち銃をぶっ放すんじゃないかと
どうしてもアクション俳優の面影が拭えない

少女の死から始まる物語は
人の魂の不死を思わせる、
美しい映像で語られるファンタジーは
しっかり心に届いた、
あと何かがもう少し違ってたら
名作となりえたかもしれない。

★100点満点で75点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

☆シアーシャ・ローナン☆
つぐない(2007)映画の重要な役をこなしていた
奇術師フーディーニ 〜妖しき幻想〜(2007)ニコール・キッドマンと共演

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2010年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf