「パーフェクト・ゲッタウェイ」楽園ハワイでのサバイバルゲーム

2010年01月30日(土) 14時40分
「パーフェクト・ゲッタウェイ」★★★☆
ミラ・ジョヴォヴィッチ、ティモシー・オリファント、キエレ・サンチェス、スティーヴ・ザーン 主演
デヴィッド・トゥーヒー監督、97分 、 2010年1月23日、2009年アメリカ映画
(原題:A PERFECT GETAWAY)



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「予告と実際の内容がかなり違う印象、
楽園ハワイで起こるサバイバルゲーム、
どうってことない内容の無い映画ながら
とても楽しめた。」



カップルを狙った殺人カップルが同じ島にいると知り、
新婚カップルのミラ・ジョヴォヴィッチと旦那は、
恐怖を覚えるがせっかくの新婚旅行だからと旅行を続ける、
知りあうカップルの誰もが犯人じゃないかと
疑いつつ、とうとう殺人ゲームが始まる。



予想を裏切る展開、
でも誰もがタフで見てるこっちは
こっち側に居ることに安心する、
崖をよじ登ったり、悪路の逃亡と
クルスカントリーでもやってる人じゃないと
この映画では生き残れない。

早いうちに疑惑のカップルが捕まり、
残る二組に絞られるが
このあたりはもう少し入り組んだ展開があっても良さそう、
ただ見てる間は結構楽しめた、
これは続編がありそうだけど、
本国アメリカでヒットしたのだろうか?


単純なストーリーだからこそ面白かった、
出てくる人たちが見方によっては
とんでもない悪人に見えてくるのは
人の気持ちの問題、
そのあたりを思わせぶりにうまく演出していて
最後まで次が読めない展開で
期待してなかった分、得した気分



ミラ・ジョヴォヴィッチはゾンビ相手でも負けないからね、
ここでの戦いも優位に進める、
迫力もあるが、今後の活躍が心配でもある、
繊細な役とかにも挑戦して見せて欲しい。

節約派ならレンタル待ちでも十分。
でも劇場の大画面の迫力も捨てがたい。

★100点満点で70点



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

この展開は分からなかった、予告も良い出来。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「カッコウの卵は誰のもの」スキーを題材にしたミステリー、2時間ドラマのノリ

2010年01月29日(金) 0時09分
書籍「カッコウの卵は誰のもの」★★★
東野圭吾著、357ページ、1.680円、光文社



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「将来のオリンピック選手と目される娘、
そして誰にも言えない秘密を抱える父、
ただ娘の幸せを願うことだけ、
それは許されることなのか」



早くも届いた東野圭吾の新刊、
この人は一年に何作書くのだろう、

自分の大好きな村上春樹もこれくらい
書いてくれたら次作を長く待ちわびることも無くて
いいだろうな。

この本は読みやすいし、
難しい言葉も出てこない、
TVの2時間ドラマのノリで色々あるけど
まあまあの場所に無難に着地、
読後感は「1冊読み終えた」という程度、
だけどそれって文章が巧みだってことなんだろう。


特にどこかに引っかかる訳じゃないけど、
読んでる間はこの後どうなるんだろうと、
気が付いたら読み切っていた、
これは才能なんだろう
でも次には心に突き刺さるような作品も読みたい。



子を思う親の気持ち、
親を思う子の気持ち、
それこ才能あるアスリートを取り巻く
会社やその周囲の組織、大きな経済効果もあるだろう、
そんな割と身近なテーマでグイグイ読ませるのはさすが。


TVの2時間ドラマがそろそろ犯人の目星がつく頃、
本書でも断片のパズルのピースがはまり始める、
その部分に驚きが少なかったのが残念。



★100点満点で60点
特には薦めない。秀作とは言えない凡作、でも読めちゃう面白さはある。



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

売れてる作家の作品が書店では平積みになっている、
その名前が結構いつも同じなのが気になる。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「エクトプラズム/怨霊の棲む家」見るからに何か起こりそうな家に住む冒険者たち

2010年01月28日(木) 0時09分
「エクトプラズム/怨霊の棲む家」★★★☆
バージニア・マドセン、カイル・ガルナー、マーティン・ドノバン 主演
ピーター・コーンウェル監督、103分 、 2010年1月23日、2009年アメリカ映画




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



ほぼ無名のキャストながら、アメリカ公開時には
初登場2位をマークしたノンフィクションホラー映画


「予告編を見てたら、
子供の口から何か出てるよォ、
その不気味な映像にひかれて劇場へ、
果たしてその正体は」



こういうオカルトホラーものは
たいてい結末は陳腐だ、
だからその部分には期待せずに、
こっちは見るわけだけど、
今回の種明かしは理由としては
「そんなわけないよ」と思うが、
画面に広がる死体の山に、恐怖というより、
何か突き抜けた笑いを呼んで、
これはこれでアリなかと
何故か納得してしまった。


実話をベースにしたという
胡散臭い導入から、もちろんあり得ない展開へ。

いくら家賃が安くても
こんな不気味な家に住むかよと思うが、
家族は割と楽しそうに暮らしてて、
病弱な長男だけが後半になると
その家を徘徊する亡霊のように見えてきて
こっちも不気味だった。


人の強い気持ちが「ある場所に残る」という
映画の中で神父さんが言っていたが
信じられそうな言葉だった。


凄く怖いというより
グロイ映像が多かったが、「見て損した」とは思わない
結構この手の映画が好きだからね、
でもレンタルで350円くらいで見れたらそのほうが良いかも。


★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

主演のバージニア・マドセンはビリー・ボブ・ソーントンと共演した
「庭から昇ったロケット雲」で好演していた。他の出演者は見た事ないな。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「アバター 2回目」IMAXデジタルシアター初体験!凄い!

2010年01月26日(火) 21時00分
「アバター」★★★★★オススメ
サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング出演
ジェームズ・キャメロン監督、162分 、 2009年12月26日公開、2009年、アメリカ
(原題:AVATAR)



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



さっきNHKの7時のニュースで、「アバター」の世界興業収入が
「タイタニック」が12年守った首位の座を奪ったと報じた、
全米の成績はまだ及ばないが、
世界でこの同じ映像体験をしているのかと思うと
そのこと自体、心躍るものだ。



今年最初に見た映画がこの「アバター」だった、
ただその時は2Dの通常版だった、
それでも充分にこの映画の壮大な映像世界を楽しんだが、
混み具合も落ち着いたところで
話題の日本に4館しかないIMAXデジタルシアターで
再び「アバター」を見て来た。



メガネがワイドで見える範囲全体が
3D領域となるから画面以外目に入らず
視界いっぱいがまさにスクリーンとなり
さらに奥行きの広がりも感じて
最初に見た通常の映画とは全く別物という感じだった。


空に浮かんだ伝説の島から伸びる太い枝、
その上を軽快に渡るパンドラの生物ナヴィと主人公、
背景にはいくつもの同じ浮島とその向こうには
霞んだ惑星がいくつかぼんやりと輝いている、
奥行きがリアルに感じられ
この創造の世界のあまりの凄さに泣けてくる。


せっかくの3D映像なのだから、もっと
観客席に正面から飛んでくるような映像を多用して
3Dならではの醍醐味をもっと味あわせて欲しいが、
これは欲張りだろうか。

映画の新しいひとつの形だ、
でもこの映像体験をしたらDVDになった時、
同じ感動を得ることはできない、
そう思うとまた劇場へ行きたくなる、
次は少し間をおいてから他の劇場で3D映像で見よう。

巨木が地響きをたてて倒れるシーンは
何かとんでもない場面を見てしまったと感じる、
実際に見ていないから実感は薄いが
地球上のどこかで、今この時も木がバンバン切り倒されている、
そんな事実にちょっと想いを馳せて心がチクリと痛むわけです。


IMAXはどんな割引も無しの2.200円ナリ、
このあたり企業努力もして欲しい、
こっちは好きで通うしかないのだから。


★100点満点で満点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

名古屋の109シネマズはこのIMAXデジタル劇場の為に一番大きな劇場をしばらく休んで
改装し、マイケルの映画でオープンを迎えた、
次はどんな映像体験ができるのか。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「サヨナライツカ」いつかサマーセットモームスイートに泊まりたい

2010年01月25日(月) 0時09分
「サヨナライツカ」★★★★
中山美穂、西島秀俊主演
イ・ジェハン監督、134分 、 2010年1月23日、2009年




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



CJ Entertainmentのロゴで始まるこの映画、
日本人監督じゃない「何か」をえ狙ったのだろう、
その試みは成功したのか。


「辻仁成の同名小説を、『私の頭の中の消しゴム』の監督イ・ジェハンが
原作者の夫人である中山美穂を12年ぶりに迎えて映画化したラブストーリー。
最近新刊の出ないダンナの代わりにフランスから出稼ぎに来たのかもしれないが、
この映画でのミポリンは確かに女優だった」



ただひとつの愛を貫きたかった沓子(中山美穂)と
沓子にのめりみながらも
婚約者との結婚を選んだ豊(西島秀俊)、
1975年バンコクで出会った二人、
大好きなバンコクが舞台というだけで
映画がぐっと身近に感じられる。


ただし映画の重要な舞台のひとつの
オリエンタルホテルのサマーセットモームスイートは
全く身近ではないが、その豪華な雰囲気を映画から
感じるだけでも楽しめた。
オリエンタルホテルは憧れのホテルで
一番安いチャオプラヤー川の見える部屋に
2泊だけしたことがある、1泊38.000円くらいだった。


今はどうなんだろうとHPを見たら
今も同じくらいだったが、この映画に出てくる
サマーセットモームスイートの値段は分からなかった、
たぶん1泊30万円くらいはするんだろうな。

当時はバックパッカーもどきだったので
前日は1.000円の部屋に泊っていたので
落差に笑うしかなかったっけ。
短パンやビーサンでのホテルへの出入り禁止など
格式の高さというものを実感した3日間だった。

そんなことを思い出しながら
70年代のバンコクが今とたいして変わってないなとか、
それでも頑張って時代を感じさせる小道具を
所々に配した苦労なんかを思った。

トゥクトゥクで走る町並み、
水上マーケットとミニ観光も挿入されていて
バンコクって確かに何でもあるなーと
二人の物語よりそっちに目が移っていた。



この映画は二人が別れてから25年後という
全く余分なラストのパートが
どうにも邪魔
で、このあたりは小説なら
読み手の想像で美しくできるが
映画の25年後の老け役は、メイクに違和感ありすぎで
物語に入り込めない。

なんとももったいないが
それでも中山美穂の堂々たる女優っぷりは収穫、
婚約者と愛人の対決のシーンなんか
かなり良い演出で見所もあった。



人はいつか別れが来る、
心が離れてしまうことや、
死んでしまうことや。
それでも出会うのなら自分のやり方で
目の前の相手を想うしかできない。

「人間は死ぬ時、愛されたことを思い出すのか、
それとも愛したことを思い出すのか」


映画の中で何度も出てくるフレーズ、
主人公の沓子はその意味で幸せだったんだなと思いたい。

もう一回くらい見ても良いかな。
映画としての出来はもうひとつ、
ただし自分的には満足な映画でしたね。

★100点満点で75点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

水上マーケットに行きたくなった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「著者略歴」いつか書けるかも、本当の物語

2010年01月23日(土) 0時09分
「著者略歴」★★★★オススメ
ジョン・コラピント著、443ページ、900円、ハヤカワ文庫



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「作家を目指してニューヨークへやってきた主人公は
ロースクールに通うルームメイトが書いた小説の現行を読み、
その素晴らしさに驚くと同時に
そのモデルが自分であり自ら語った内容だったことで
怒りも感じた、これは自分の作品でもあると。
そして主人公のジェットコースターに乗ったような
日々が始まる」



事故死したルームメイトの残した小説の原稿を、
主人公キャルは出版エージェントに持ち込む、
彼には長年の小説家になりたいという願いがあったが
結局自分には何も書けないとわかりかけていた、
それでも夢の為に書店でバイトしながら
自分には書けないという決断を先延ばしにしていた、

そこへ降って沸いたような宝物が手の中に現れたのだ、
道徳的にどうかということを置いて
自然な成り行きにも思えた。


ただ出版が決まってからがちょっと違う、
破格の契約金と映画の権利も高額に売れて
運命が思わぬ方向に向かうことになる。

根本的な所で嘘をついているから、
キャルは何もかもに不安定なものを感じ、
それから次々と起こる事件で
すっかり翻弄されることになる。


自業自得だとも思えるが
主人公自身が誰かを傷つけてまで
自分の思い通りにしようとするわけでもけいことから
憎めない存在でもある。

偶然転がり込んだ幸運に手を伸ばすが
そうは簡単にうまくはいかない
そのあたりの展開が絶妙でページがどんどん減っていく。

驚きは無いが面白かった、
正月に読んだ一冊

★100点満点で85点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

書店員として働いて、新進の作家のサイン会を横目に
どんな気持ちだったか、そのあたりから始まる物語はうまいと思った。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか



「今度は愛妻家」大切な人にありがとうと言いたくなる

2010年01月22日(金) 0時09分
「今度は愛妻家」★★★★
豊川悦司、薬師丸ひろ子主演
行定勲監督、131分 、 2010年1月16日公開、2009年




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「北見俊介(豊川悦司)はかつては売れっ子のカメラマン、
今は仕事もせずいわばプータロー生活。
クリスマス直前のある日、俊介は妻のさくら(薬師丸ひろ子)に
せがまれて沖縄へと2人で出かける。
しかし、その日を境にさくらと俊介に微妙な変化が訪れる。」



前半はよくある展開で、そのうち妻に別れを告げられて
反省するってやつかなと予想しながら見ていると
途中から、あれれ、なんか違う展開で
一気に切なくなる、そういえばと
前半のあれこれと符合する部分を見つけたりして。



豊川悦司は主人公そのものって感じで、
他人からの愛情は
溢れてくるとでも勘違いしてるお気楽人間、
かたや薬師丸ひろ子演じる妻のさくらは、
たぶん相手のちょっとした事にも喜べるようなタイプで、
人は多かれ少なかれ
さくらのような気持ちを持っているもので、
「分かってくれないかなぁ」などとため息をつく、
そのあたりの演技と演出はうまい。



脇役も多彩でドタバタ騒ぎを繰り広げるけれど、
ちゃんとひとつの事を伝えるために
最後はうまく収まるわけで、
そんな賑やかな後には、しんみりとした静寂があり
それが寂しいんだよね。



後悔しない人生なんて無いのだろうが、
それでも僅かなことで喜ぶ姿を知りながら
日々雑事にかまけてそんな大切なことを
いかにないがしろにしているか考えてしまう。


心底悪い人間なんてそれほど居ないだろう、
誰だって人の痛みも分かる、
なのに一番身近な人に、身近だからこそ
ささいな気遣いを忘れてしまっているのかもと
そんな自戒の念さえ。

大がかりな作品ではないけれど
しみじみなかなか良い作品だった。



★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画は途中から「シックスセンス」もどきになって、こんな展開もあるんだと
軽い驚きとともに、結構良い映だった。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「かいじゅうたちのいるところ」絵本の世界そのまんま、映像は美しい

2010年01月20日(水) 22時22分
「かいじゅうたちのいるところ」★★★☆
マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ主演
スパイク・ジョーンズ監督、101分 、 2010年1月15日公開、2009年、アメリカ
(原題:WHERE THE WILD THINGS ARE)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「モーリス・センダックの絵本『かいじゅうたちのいるところ』を、
『マルコヴィッチの穴』のスパイク・ジョーンズが映画化。
ほぼ着ぐるみのボテッとした「かいじゅう」が
何の違和感もなく存在出来るのは映像の力、
けれど100%その世界に浸るには自分が大人過ぎた・・・」



7歳の少年マックスは、母親とケンカして家を飛び出し、
船に乗ってどこかの島にたどり着いた、
そしてマックスは自分たちの巣を壊して遊んでいる
「かいじゅう」たちを目撃する。

絵本はひらくときから作り物と分かって
ページをめくる、
でも映画に求めるものはちょっと違う、
そこには本物のような作り物をいかに見せてくれるか
そんなものをどうしても期待してしまう。



その点ではこの映画は裏切らない、
完全にかぶり物の着ぐるみかいじゅうなのに
表情は本物っぽく、
少年マックスと一緒に不思議な世界へ
違和感なく入って行ける。


砂丘を走る少年とかいじゅうたち、
抜けるような青い空、
音なんかいらない完璧な世界、美しい。



絵本の世界がそのまま飛び出した
まさにそんな映像が続く、
けれど悲しいかな大人にはこの子供の世界は
ちょっと退屈だ、
断片的なセリフはそこに「何か」意味を持たせているのだろうが
子供向けの作品にそんなものは要らないのかも。

原作があるからそこに縛られてしまったのか、
もっとかいじゅうと子供の世界を
夢のような作り物で見せて欲しかった。
全体的に好きな雰囲気に満ちていながら
どうにもノレない作品だった。

かいじゅうの表情が全て悲しく
そんなところに子供と大人の対比を考えたりした、
途中までは子供心みたいなものが蘇って楽しんだが
自分にはどうも全部をまるまる楽しむことは出来なかった、
大人になりすぎたってことでしょうか。


DVDになったら、音を消して画像だけでも楽しめる。


★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

かなり期待してたが、期待以上ってことにはならなかった作品。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

2010年・第67回ゴールデングローブ賞決定★「アバター」2冠!

2010年01月19日(火) 0時09分
2010年・第67回ゴールデングローブ賞決定(アメリカ)


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



アカデミー賞の前哨戦とも言われるゴールデングローブ賞が発表された。
「アバター」は主要部門の作品賞、監督賞に選ばれ
興行成績共々これからも勢いを増すかもしれない。





作品賞(ドラマ部門)
★「アバター」


作品賞(ミュージカル/コメディ部門)
★「ハングオーバー」


監督賞

★ジェームズ・キャメロン★「Avaアバター」


主演男優賞(ドラマ部門)
★ジェフ・ブリッジス「クレイジー・ハート」


主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)
★ロバート・ダウニーJr.★「シャーロック・ホームズ」


主演女優賞(ドラマ部門)
★サンドラ・ブロック★「Thしあわせの隠れ場所」


主演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)
★メリル・ストリープ★「ジュリー&ジュリア」


アニメ賞
★「Up/カールじいさんの空飛ぶ家」


アカデミー賞ノミネートが発表されるのは2月2日、
そして本番第82回アカデミー賞授賞式はノミネートから約一ヶ月後の
3月7日(日本時間8日)で、今回もwowowで放送予定だから
録画してあのゴージャスな授賞式を楽しみたい。



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

昨年も作品賞と監督賞は「Slumdog Millionaire/スラムドッグ$ミリオネア」と
同じ作品が選ばれた、さて今年はどうかな。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「(500)日のサマー」運命の出会いを信じますか

2010年01月16日(土) 17時59分
「(500)日のサマー」★★★★★オススメ
ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ズーイー・デシャネル主演
マーク・ウェブ監督、96分 、 2010年1月9日公開、2009年、アメリカ
(原題:(500)DAYS OF SUMMER)



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「運命の恋を信じる男トム(ジョセフ・ゴードン=レビット)と
信じない女サマー(ズーイー・デシャネル)が出会い、
恋愛ゴッコを始めるが二人の関係に固執する男と
自由でいたい女の溝はなかなか埋まらない、
時間軸がバラバラでごちゃごちゃしつつも
面白い映画に仕上がっている」



トムは運命の出会いと信じながらも
サマーの気持ちを尊重して恋人と友達の間あたりを
ウロウロ、そして時々出会ってからのこれまでを
振り返る。

その彼の思い出と現実とが順番バラバラで描かれ
出会って50日目から254日目に飛んだり
その都度常に幸せでもなく、
落ち込んだり、満ち足りた気持ちだったり、
最初は戸惑うがすごく面白い作りで、
笑っては、ちょっとしんみりしたり、
彼の500日の結末までを見届けることになる。



一見気弱そうに見える主役のジョセフ・ゴードン=レビットは
この役にピッタリ、
希望に舞い上がったり、
ちょっとしたことで落ち込んだり
特別じゃないフツーのどこにでも居るような
親近感を感じるからだろう
常に淋しいような切ない気分にさせられた。

「運命を信じるか」

たぶん、運命の出会いってあるだろうと思いつつも
ドラマチックな展開は小説や映画の中だけと
醒めた見方の部分もある、

そのあたりの実感を主人公と同時に味わうことになるが
ラストに僅かな希望を見せてくれて
悪くなかったな、
というかかなり好きな映画だった。

「もし、あの時」
そんな偶然で人は出会ったり
すれ違ったりする、
運命があるなら必然的に出会えるのだろうが
それを信じきれない懐疑的な部分もある。

これは恋愛に限らず、
人の出会いはホント不思議な「何か」をはらんでいる、
時に感謝し驚き、自分の心を豊かにもしてくれる。
主人公が会社を辞めて自分の好きな道を歩こうとしたのも
サマーとの運命がそうさせたのかも、
きっとそんなふうに自分たちは出会ったり別れたりを
繰り返していくのかもしれない。


すごく好きな映画に出会った。

★100点満点で90点



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

グリーティングカード会社で働く主人公はコピーを書くけれど
出てきたものはどれもイマヒトツな感じだった。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2010年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf