「ヴィクトリア女王 世紀の愛」絢爛豪華な舞台の生身の人間の孤独

2009年12月29日(火) 0時17分
「ヴィクトリア女王 世紀の愛 」★★★★オススメ
エミリー・ブラント、ルパード・フレンド、ポール・ベタニー、ミランダ・リチャードソン出演
ジャン=マルク・ヴァレ監督、102分 、 2009年12月26日公開、2006年
(原題:THE YOUNG VICTORIA)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「イギリスを「太陽の沈まない帝国」と呼ばれるまでにした、
ヴィクトリア女王(エミリー・ブラント)が、若くして王位に就き、
アルバート王子(ルパード・フレンド)と出合い、
理想のカップルとして今も語り継がれるその始まりの物語」



実際に見るまでは年末だし、
昨日の貧乏ったらしい映画からガラリと
雰囲気の違う豪華絢爛の映画でも見ようと
そのくらいのつもりで劇場へ。

階段を下りるにも専属の一緒に手を添えて
降りる人が付いている、
笑っちゃうくらいがんじがらめの生活も
王位継承最上位だからこそ、
やはりどんなに想像しても彼女の気持ちは
庶民には到底分からない。


舞台だけ豪華で定型的な描き方なんだろうなと
そのあたりは期待もしなかったが、
見ながら考えが変わった、
ひとりの女性、ひとりの人間としての苦悩が
さりげなく描かれ、時に見せる不安で
揺れる表情に可愛らしさも見え隠れ。


エミリー・ブラントという女優を選んだことが
この映画を普遍的な愛の物語に変えている、
ケイト・ブランシェットが演じた「エリザベス」は
迫力ありすぎだったし、彼女ではこの映画は
成立しなかっただろう。

もちろん戴冠式の数分の儀式に
ため息が出るくらいの豪華さも盛り込んで
別世界ながら、ひとりの人間が
ちゃんとそこに存在していて
見ごたえがあり満足して劇場を後にした。


外へ出ると強い風が吹いていて
たった今まで見ていた世界とのあまりの落差に笑える、
でもひとりで笑ってるとキモイので
もちろん寒さに顔をしかめたように
マフラーに手を添えた。

様式やしきたりという
固定化された中でそこから
芸術や新しいものも保護し生まれたようだ、
自由、自由と言っているが
自由に縛られ過ぎて閉塞感が生まれることも
あるのかもしれない。

家族と離れ15年間地道な苦労をした男の物語を見た翌日、
考えられないくらい贅を尽くした生活をした女性の物語と
映画は色々な所へ連れて行ってくれる、
それが楽しくてまた劇場へ向かうのだ。

★100点満点で80点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

エミリー・ブラントは「プラダを着た悪魔」では不幸な秘書のような役どころだったが、
「サンシャイン・クリーニング」で見せた別の顔、そして女王と、さすが女優だ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「泣きながら生きて」素直に両親に感謝したくなる

2009年12月28日(月) 0時09分
「泣きながら生きて」★★★★★満点オススメ
日本に不法滞在15年の中国人の密着ドキュメント
フジテレビ製作、108分 、 2009年12月26日公開、2006年




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


あなたの糧は何ですか?
希望と未来への憧れです。



「日本語学校で勉強し大学へ行きたいという
夢を持って来日した主人公丁さんは、
15年家族と離れ3つの仕事を掛け持ち
娘をアメリカの大学の医学部へと進学させた、
2006年TVで放送されたものが今回公開された」



このドキュメンタリーをTVで見た記憶がある、
ただその時はTVを見ながら
「大変な人もいるんだなぁ」くらいで
コーヒーを飲んだりしながら
リラックスして、CMのインパクトに
気を取られたりしていた。

今回劇場でこの作品と対面して
映像の力を思い知った、

ことさら何かの結論を導くような演出じゃなく、
事実を積み重ね、見せ過ぎたり
過剰な音楽と洗練されてないことはあったが
そんなことどうでもいい、
ひとつの家族の真実の物語がここにある。


語学学校の夢に破れ、それでも日に
3つの仕事を掛け持ち、寂しい食事をし、
汗にまみれ深夜の帰宅の姿のどれも
美しいと思った、

しっかり顔をあげて
その迷いの無い視線の先には常に家族が見える。

もうすぐ年越しだ、
また東京の公園では「派遣村」が出来るのだろうか、
顔をさらして「政府が悪い」「企業が悪い」と
甘ったれてるいい年した日本人に見せたい。
何だってやる気になれば仕事はあるのだから、
不法残留の丁さんが3つやっていたよ。

勝ちとか負けとかすぐに決着をつけたがるけど、
勝ち負けは自分が決めること、
ギリギリのプライドだけは持ちたい、
それが他人にどんなに無意味に映ろうと。

これは本音だ、
でも普段は「大変だよね」とか言っている、
30代で生活保護を受けるしか無いと言い放つ顔、
自転車の前と後ろにつぶした缶を山ほど乗せて
横を通る老人の顔、
そして日本に感謝したいという丁さんの顔。

泣きながら生きているのは誰だろう、
実は丁さんは辛くて泣いてなどいない、

ただ家族の不在を淋しく思うだけなのだ。
彼を泣かせるのは、自らの生き方を
貫く為のものだからだ。


丁さんの苦労を素晴らしいとは思わない、
苦労なんてしなければそれに越したこと無いから、
けれどどんな状況でも「自分らしく」
せめて自分のことくらい自分で決めて進みたいと
強く感じた、
成田を飛び立つ機上の人となった丁さんの涙は
何だったのだろう。
これからは穏やかな生活をしてくれるといいな。



この映画で描かれた主人公の生き方をどうこう思うより
見終えて自分のことを振り返るには
厳しくて良い映画だった。

そして自分の両親に感謝したい、
大切に育ててありがとうと。

★100点満点で満点★点数はつけられません。
(映画としての出来は普通です)


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

裕福に育ったのでと筋違いの答弁をしていたこの国の総理も
本当の意味の「弱者」ってどんなものか分からないだろうな。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

ラオスの世界遺産訪問・ワット・プーへの道A

2009年12月27日(日) 0時09分
パークセーからワット・プーへ
2009-9-20



9月の旅行を少しずつ書いて行きます。
ラオスは3度目、昨年の世界遺産ルアンパバーンに続き、
2001年に登録されたワット・プーへ行って来た。

                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



もう少し良いホテルに移りたかったので
寝るだけなら充分だったホテルをチェックアウトし、
ホテル経営の食堂でコーヒーを飲んだ。
朝食のあっさりしたラーメン(ここではフーという)を
食べる地元の人で満員の賑やかな声と、
動き出した町を象徴する車やバイクの騒音に包まれていると、
日本からずいぶんと遠くへ来たなと実感する。



8時過ぎに昨日予約しておいた
ワット・プーへの車が到着し想像したより
ちゃんとした車に乗り込んだ。
町から少し走ると田園風景と
山や川に沿うようにくねくね道を快調に飛ばして
9時にはメコン川の渡しの地点に到着、
車が8台くらい乗ったところで出発、
ゆっくりゆっくりと動いていく。

5分ほどで向こう岸に着いて、
左折すると舗装された道路なのに、
穴だらけという状態でれをドライバーが
うまく運転してくれるが、時々は大きな穴をかすり
車は大きくバウンドし、そんな道を15分ほど行くと
ゲートが見えてきて、入場料を支払い少し行くと
ここからは徒歩だと言われ、歩きだした。


アンコールワットに比べたら規模は小さいが
両側を池に挟まれた石の参道が
目の前の山に突き刺さるように延びて
その両側は無数のリンガが立ち並んでいた。


快適な車から出て一気に吹き出した汗、
見上げると山の中腹に建物らしきものが見え、
あの高さまで登るのかと一瞬ひるむが
すこしまえにを歩く6人くらいのグループの
元気な笑い声につられるように歩き出す。

20段ほどの崩れかけた石段をのぼると
平らな場所にでる、
通路を挟んで北宮殿と南宮殿が向かい合わせに立っている。
レンガを積んだかなり立派なもので、
木の囲いで近寄れないが、細部は崩れていて、
修復が必要と感じた。

たぶん当時は庶民が簡単には近づけなかっただろう
神聖な場所も雑草の勢いに押されるように
手入れをしないといずれ自然に帰ってしまいそうだ。



また目前の急な石段を登ると
水を売っている人を見つける、
ここまで運ぶの大変だろうなと思いながら
もう少し登るとごろごろと大きな石が目に飛び込んでくる、
そしてその向こうに本殿が頼りなく
強い日差しの中迎えてくれる。

もっと崩れてるのを予想したが
結構残っていて、正面の左右両側には
シバ神のレリーフが現れる、
これはレプリカをはめ込んだものなのか
手を触れることも出来る、状態は良い。


内部に入ることもできるが
ここは後になって修復されたようで
ヒンズー寺院のなかに仏像が安置されている。

正面右手には通路があり
ここを行くと「ワニの石、亀の石、ヘビの石」と言われる
大きな石がいくつか無造作に置いてある。
このあたりは草の勢いもすごく
歩くのも大変だ。

大木が大きな面積に葉影を作ってくれているので
強い日差しは遮られて
わたる風も心地良い。
再び今登ってきた石段を上から見下ろすと
その向こうまでずっと視界は広がり
遺跡の規模がわかる、かなりの大きさだ。

ゲートのさらに向こうにメコン川まで見えて
しばらくそこから
このクメール遺跡が出来た当時どんなだったか
思いを馳せた。

アンコールワットが出来た同じ12世紀頃
ここがチャムパーサック王国の首都だった、
そのころの人々の暮らしはどんなだったろうか。
いずれにしてもメコンの豊かな資源が
王朝の成立にも寄与したのだろう。

地元の人たちが遠足のノリで来てる感じが
多かった、
あとは中国系の団体が賑やかにすれ違う。

来た道を戻り車に乗り込む、
ゲート脇の遺跡展示ホールで止まってもらい
中に入って絵はがきやピンバッチを購入、
中にも展示してあるが規模は大きくない、
日本の援助で建てられたようだ。
こんなところまで日本のお金が届いている。

またしても悪路を戻り船着き場に到着、
往復に周囲の建物を見たが、
結構ゲストハウスを見つけた、
このあたりに2泊くらいして
ゆっくり見物するのもいいだろうな、
メコン川沿いに食堂もあるようだ。



旅のデータ
・ワット・プーまで車のチャーター 50ドル
・パクセーホテル 1泊290.000キップ(約3.200円)
・ワット・プー入場料 30.000キップ(330円)


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ワット・プーはラオスで登録2番目の世界遺産

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「オリンダのリストランテ」本当にやりたいことは何ですか

2009年12月26日(土) 0時09分
「オリンダのリストランテ」★★★☆DVDで鑑賞
リタ・コルテセ 、 アドリアン・ウィツケ 、 マルティン・アジェミアン出演
パウラ・エルナンデス監督、96分 、 2008年11月1日公開、2001年、アルゼンチン



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「ブエノスアイレスの小さな食堂(リストランテ)の
女主人オリンダは、彼女の小さな城を愛しながらも
店を手放そうかと悩んでいた、
そこへドイツ人の旅行者がやってきて
何かがちょっと変わっていく」



そこそこ繁盛している小さな食堂を守るオリンダ、
彼女はふと気がつけばため息をついてしまうような、
まるっきり不幸って訳じゃないのに
幸せを実感できないような毎日を送っている。


ってことはこれはほぼ誰にでもあてはまる、
「何かが足りない・・・」

そこへドイツ人旅行者がやってくる、
24歳で旅行中に出会ったこの町に住む女性を探しに
見つけるまでは帰らないと
オリンダの店で寝泊まりするようになり、
青年の純粋な人を求める気持ちに触れ
なんだか色々考え過ぎていた自分を見つめることになる。

自分の気持ちを押し殺して
笑って過ごす毎日を、これじゃない
こんなはずじゃなかったと人生の後半にさしかかって
じっと手を見るような瞬間、
彼女は自分がしたかったことを思い出す、
そして思う、遅すぎる事は無いよねと。


アルゼンチンは遠い、
地理的には本当に遠い、
けれどここに出てくる人達を見ると
すごく身近に感じる、何だ同じじゃないかと。
いつか行きたいなブエノスアイレス、
そして町の人々で賑わってる食堂で
他の人の食べてる美味しそうなものを指差して
その料理がやってくるのを待つのだ


週末のくつろいだ時間、
途中でコーヒーを入れるためにDVDを止めても気にならない、
良い香りを楽しみながらまた続きを見る、
そんなリラックスした時間に見たい愛すべき作品を見つけた。

★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

リストランテの周囲くらいしか画面にでないので、町の様子はあまりよく分からないが
リオデジャネイロと言われても違いは分からないほど、どこにでもあるような食堂が舞台。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「eatrip イートリップ 」食べることは生きること

2009年12月24日(木) 0時09分
「eatrip イートリップ 」★★★
UA、浅野忠信、高橋皖司、秋山鐘一郎、森岡尚子、千宗屋出演
野村友里監督、78分 、 2009年12月19日:公開




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


あなたにとって「食」とは何ですか?

「フードクリエイティブ・チーム“eatrip“を主宰している
フードディレクター、野村友里が初挑戦したドキュメント。
“食と生“をコンセプトに様々な人間たちの“暮らし“に目を向け
インタビューした作品
ラストの食卓は本当においしそうだった」



劇場での予告でもどんな映画か分からなかった、
とりあえず美しいチラシに惹かれて
前売り券を買い楽しみに劇場へ。

沖縄のやんばるで自給自足をする主婦が
自分らしさを強調して「今が幸せ、今が楽しい」と
全身で主張しているのがキツかった、
豊かさとかの価値判断は別にして
貧乏くさいのだ、
つい思ってしまう、今は良いけど年取ったら
どうやって食べていくんだろうと。


きっと彼女のような生活を「良いな」と
瞬間思う人は居るだろうが、だからと言って
実践する人はいない、
それが現実と言うもの。

あなたにとって「食」とは何ですか。

この問いかけに答えるのは
俳優、歌手、茶人、住職、築地鮮魚仲買人、鰹節問屋、
画家、ダンサー、デザイナー、シンガーソングライター
何を主題としたいのか分からないが、
普通の人がひとりも出てこない。

おまけにラストはモンゴルの草原にあるような
ゲルの中での今回インタビューした人を交えた
晩餐会、豪華な料理が並ぶが
当然ながら自給自足の沖縄の主婦はいない。

UAも都心から離れて玄米や近所の人の作った
野菜、産みたて卵などを食べる生活を送っていると
さりげない日常を切り取って見せてくれるが、
あんな生活ができるのはUAだからだ、
一般の人には無理だろう、ダンナが相当稼いでくれなければ。

何が言いたかったのか釈然としないドキュメンタリーだった
でもラストの豪勢な食卓は充分目の保養になったし、
高齢の住職の生き生きとした表情も良かった、
映画としての評価はしないが
見たら色々考えるだろうし
美味しい食事について考えるきっかけにもなる


一日3食を90年繰り返しても
食べることには飽きないのは凄いことですよ、
住職の朗々とした声の調子と言葉が説得力をもって迫る。

映画を作った人より出演した人のパワーで
なんとか作品として成立した駄作、
だけど何か得した気分もする不思議な映画だった。

★100点満点で60点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

出演している人の何人かはすごく魅力的だった、人の言葉の持つ
力を改めて感じた

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

国内ランキング「ワンピース/ONE PIECE FILM Strong World」のだめも届かず!2週連続V!!

2009年12月22日(火) 20時58分
最新国内映画興業成績ランキング(12/20付)



完全に「のだめカンタービレ」が首位と思っていたが
公開8日間で20億を超えた「ONE PIECE FILM Strong World」が
2週連続首位獲得。
劇場でもらえる「0」巻ってもの、プレミアがついてるようだ。


                           ★映画のブログ★
                          どんなブログが人気なのか知りたい



今週(先週)
1(1)ONE PIECE FILM Strong World
  公開の土曜日はシネコンの空席状況が最終回まで「満席」と表示、
 こんな信じられない光景は、先日の「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の
 最終日にも見た、アニメだし、ワンピースって何かも知らないが
 ちょっと見たい気分。


2(初)のだめカンタービレ 最終楽章 前編
  公開日に見ましたが、メチャ混みって訳じゃなくて
 それがこの成績にも表れたか、当面は40億くらいが目標か。
 この映画はオーケストラの演奏もあり、劇場の良い音響で見たい。


3(3)カールじいさんの空飛ぶ家
  この映画の最初の10分間に大人はきっと涙、
 この創造力ってホント凄いと思う。
 じいさんが主役のアニメってのもある意味凄い。


4(2)仮面ライダー×仮面ライダー W
     
  
5(4)2012
   現在30億を超えてゆっくり後退中、
   こういう迫力の映像は絶対劇場で見たいもの、
   レンタル待っても意味ない


6(初)レイトン教授と永遠の歌姫


7(5)大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE


8(初)THE 4TH KIND フォース・カインド
  これは予告で怖そうだったので見に行く予定、
  ただ、くだらなそうな予感アリ。
  

9(6)パブリック・エネミーズ
   ジョニー・デップの作品って一部を除いては
  ほとんどヒットしていない真実、この映画も
  悪くはないけどターゲットが絞れなかった感がする。

10(初)ウルルの森の物語  

  

今週のランキングは4本見ています、「ワンピース」近々見に行くかもしれない。


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン


本日は映画館でどうにもおしゃべりが止まらない女性二人組に注意した、
言うのも気持ちいいものじゃないことも分かって欲しいな。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「のだめカンタービレ 最終楽章 前編 」クラッシック音楽が好きな気になる不思議な映画

2009年12月21日(月) 7時31分
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編 」★★★★☆オススメ
上野樹里 、 玉木宏出演
武内英樹監督、121分 、 2009年12月19日:公開




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「のだめ(上野樹里)はパリで学園生活をし、
相変わらずのはじけっぷりだ、
前編の主役は千秋(玉木宏)で、
伝統はあるものの崩壊寸前の
オーケストラ(マルレ・オケ)の指揮者に就任し
見事オケを立て直すところまでが描かれる」



TVシリーズも見たり見なかったりの
にわかファンだけれど
このシリーズの好きなところは
見てると自分もクラッシック音楽が好きな気になるところだ、
特にのだめがピアノを弾いていると
音がアニメになって泡のように飛び散る、
弾いている、のだめの心そのもののように。



今回は崩壊寸前のオーケストラの団員と
千秋が作り上げたハーモニーが見所、
千秋のセリフで演奏中に楽曲の解説がつくのも
知ったかぶりな気分にさせてくれて
こっちは見てるだけなのに
演奏家は作家の意図するところを解釈して
演奏してるんだとか一体感も得られる。

壮麗な城やオペラハウス、
ヨーロッパの建造物を見るだけで
伝統や歴史というものは
頭で考えただけでは追いつかないのだと
そんなことが胸に迫る。


しかしそんな高尚な色々なことなんか関係なく
のだめが飛び跳ねてるコミカルなシーンも
彼女がピアノに向かう時の純真な気持ちとの対比で
バカだなーと思いつつも愛しくなる。

他人にどう見られるかなんてどうでもいいでしょと
軽やかに飛び越える彼女を見ていると

結局どうしようと自分にとっての「その日」は
来るわけで、
その時最大の力を発揮できるように
自分なりの対処法を持って居ないといけないという
あまりに当たり前なそれでいて
納得の結論にたどりつく。

主人公達はとんでもない失敗を繰り返しながらも
ラストは感動の舞台を見せてくれる、
今回のラストの1曲まるまる演奏する
チャイコフスキー「序曲:1812年」は
劇場の音響も手伝ってかホント感動した、
こんなふうに現実が常にうまくいくわけないと
分かっていても、
それでも幸せな気分でエンドロールを見られる。

後半に期待だ。


★100点満点で90点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
上野樹里も映画では苦戦している、来年は良い映画で会いたいね。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「無ケーカクの命中男/ノックトアップ 」題名通りのおバカ映画ながら見所アリ

2009年12月19日(土) 0時09分
「無ケーカクの命中男/ノックトアップ 」★★★wowowで鑑賞
セス・ローゲン、キャサリン・ハイグル、ポール・ラッド、ジェイソン・シーゲル出演
ジャド・アパトウ監督、129分 、 2008年12月20日:公開 、アメリカ
(原題:KNOCKED UP)



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「酔った勢いで妊娠してしまった主人公は
その相手に事実を告げるが
ほぼ仕事をしていない男を前に
自分ひとりで子供を育てることを決意するが、
そこからゴチャゴチャ色々あるわけです」



美人じゃないが結構出演作が話題の
キャサリン・ハイグルは、「幸せになるための27のドレス」や
「男と女の不都合な真実」でも強い印象を残した、
この映画もいかにも主人公っぽいヒロインというのでなく、
普通の女性が「妊娠」という事態にどう反応するか
そのあたりがこの映画の見所。


主人公は着実にキャリアを築いている途上、
だからお腹の赤ん坊の父親が
くっだらないネットサイトを運営しようとする以外、
特に仕事をしていないことを知ると、
それだけでその男を切り捨て
自分だけで生きていこうと決意するが、
陣痛が始まった時に病院へ送ってもらった時
改めて心根の優しい人なんだと気付いて
一緒に生きていこうと考える。

とまあ、ここまでストーリーをまとめても
この映画の面白さはうまく伝えられない、
人間なんてそうそう人格者になれるわけでもなく
あとは善き人でありたいと願っているか
そんなことどーでもいいと思うかで
きっと人の価値は決まるのだろうが

何かのきっかけで人は変われるのかもしれないなと
こんなバカバカしいおバカ映画を見ながら
考えたりもするんだから映画って面白い。


wowowで録画しておいたものを
録画が結構溜まってきたので
もう捨てちゃおうかなと思ったがちょっと見始めたら
最後まで見てしまった作品、
レンタルで借りても充分払ったお金の元は取れる、
バカらしいが可愛い作品


★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ジェラルド・バトラーと共演した「男と女の不都合な真実」★★★★の感想はコチラ

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「僕の初恋をキミに捧ぐ」何をどうしようと後悔の無い生き方は無い

2009年12月18日(金) 0時09分
「僕の初恋をキミに捧ぐ 」★★★☆
井上真央 、 岡田将生出演
新城毅彦監督、125分 、 2009年10月24日公開




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


全国で150万人動員、興行成績20億円を超えた、
セカチューの60億とは比べるまでもないが
それでも立派な成績、結局上映終了間際ながら劇場へ


「8歳で病院で出会った逞(岡田将生)と繭(井上真央)は
子供心に将来の結婚を誓うが
心臓の重い病気を患う逞は20歳まで生きられないだろうと
余命を宣告されていた、そして高校生のふたりは
残された日々を懸命に生きた」



生きてるってどういうことなんだろう、
主人公たちが自らに何度か問う、
死ぬために生きると言う人もいる、
何の為に生きてるんだろう、
その答えは千差万別、
だけどどれも正解はない。

時折テレビから流れる「臓器移植法」等の言葉、
ドナーとか心臓移植とか
いくつかの言葉は知っているが、
身近に関係している人がいないから
現実的にはどうも考えられない。

他人の心臓で生き延びること、
そのためには植物状態とはいえ
誰かの確実な「死」があること、
子供っぽい純愛を描きながらも
そのテーマはビックリするほど重い。



こういう映画を見ると
自分も先延ばしにしていた
「やりたいこと」にじっくり取り組んでみようかなと
ふと思う、でもきっとそんなのは
本当にやりたいことじゃないのだろう、
本当にのめりこむほどのことなら
もう始めてるはず、
結局何もないことを薄々分かっていながら、
それを認めたら寂しすぎるからと
「いつか」「そのうち」と誤魔化しているだけなのかも。

劇場で絶対とは言わないが
レンタルになったら見ても損はないな、
本日はポイントがたまったので無料で見た、
若くても芸歴が結構長い井上真央の溌剌とした表情や
これからもっと輝くだろう岡田将生の今を
見るのは結構貴重な体験だった。


★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「ホノカアボーイ」は結構好きな映画だった。←感想に飛びます

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「パブリック・エネミーズ 」ジョニー・デップが挑む純愛と銀行強盗

2009年12月16日(水) 18時39分
「パブリック・エネミーズ 」★★★☆
ジョニー・デップ、マリオン・コティヤール、クリスチャン・ベイル出演
マイケル・マン監督、141分 、公開日:2009年12月12日、アメリカ
(原題:PUBLIC ENEMIES)



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「1930年代前半のアメリカ。
銀行強盗と捕まっても脱獄を繰り返す
ジョン・デリンジャーはPublic Enemy No.1として
警察から指名手配を受け逃亡劇が始まる。
不況に苦しむ大衆からはヒーローと支持されたようだが
そのあたりの熱狂はあまり感じられなかった。」



実在の人物の映画化である、
好きだね、こういうの。
「いい人」は胡散臭すぎなのでジョニー・デップなら
やはり犯罪者を選ぶのだろう、
こんなカッコイイ銀行強盗が居るのかよと思いつつ
スマートとも言い切れない強盗劇を見る。
でも実際はこんなふうに、もたついたり
予期せぬ出来事が起こるものなのだろう。

前年の1929年10月24日(木)には
ニューヨーク証券取引所で株価大暴落が起き、
世の中が真面目に積み上げるという
基本的な部分に疑問を持っていた時代かもしれない、
それから電話交換台が出てきたが
いちいちラインを繋ぐ人が存在し
警察による盗聴が生々しく描かれる。


こんな時代背景や風俗が映し出され
その時代の空気を感じることが出来る、
大強盗なのに高級レストランに出入りする
主人公の姿に、大丈夫なのかよと思いながらも
その大胆さが警察をあざ笑うようで
小気味良くもあった。


シカゴ警察の局長メルヴィン・パーチェス(クリスチャン・ベイル)は
地味で理詰めの作業をしながら
徐々にデリンジャーを追い詰めていくが
あと一歩で取り逃がしてしまい、
このあたりの緊張感はなかなかのもの。



そしてこの映画のもうひとつの軸が
主人公の運命の恋人との純愛、
他人を信じ切ってしまうことから
恋人が捕まってしまった時の
喪失感をたたえた表情が心の痛みを雄弁に語る、
そして映画は伝える
これが彼らの選んだ人生の顛末だと。


1930年代に帽子やスーツに気を使い
颯爽と眩しい時代を駆け抜けた主人公は
31歳で死去。


見逃したくない傑作とまでは言わないが
劇場で主人公たちの輝きを見るのは
映画好きの至福のひとときだ。

★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「ブロウ」そしてこの「パブリック・エネミー」と犯罪者の役って
役者には魅力的に思えるのだろうか。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2009年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf