「モンテーニュ通りのカフェ」ささやかな喜びを幸せと感じられる幸せ

2009年11月30日(月) 0時09分
「モンテーニュ通りのカフェ 」★★★☆
セシル・ドゥ・フランス、ヴァレリー・ルメルシェ、アルベール・デュポンテル主演
ダニエル・トンプソン監督、106分 、公開日:2008-04-26、2006年、フランス



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「主人公のジェシカ若き日をパリで過ごした祖母の
思い出話を聞くのが好きだった、
祖母に後押しされるように
田舎町からパリにきたジェシカは
モンテーニュ通りにあるカフェで働くことになる、
その店に集まる人々を彼女の目を通して描いていく」



カフェのギャルソンになったヒロインは
店にやって来る女優、ピアニスト、
舞台や映画の関係者、美術収集家といったセレブな客と
触れ合ううちに彼らの抱える悩みや様々な感情までも
知ることになるが、
深刻ぶる人達の間を軽やかな調子で
すり抜けるヒロインがとても良い。


彼女に出会うことで何かしらのヒントを得て
みんながその場所からほんの少しだけ
安らげるような場所へと肩をたたかれるような
軽い感じで好転していくのは、
重くならずに脚本となにより主人公の魅力だろう。

何か強烈に訴えるものがあるわけでもない、
でもここには誰もが日常に感じる様々な感情が
さらりと描かれていて
大袈裟じゃない何気ない小さなことが
いかに人の心を左右するのか
改めて考えさせられた。


高額な美術品をその金額的な価値も知らない主人公が
「これいいわね、恋したくなる」
持ち主の金持ちにぽっと言うセリフ
「それを聞いたらこれを作った作家も喜ぶだろうな」
と答えるが、実際は高い美術品は金持ちの家で
多くの人の目にも触れずに保管されるだけ、
そして持っている人自身も、何かを感じているかといえば
価値があるのもとして手元に置いているだけ。

そんなさりげないエピソードの積み重ね、
心を揺さぶられる傑作とは言わないが
見てちょっと幸せな気分を感じられる作品、
週末にリラックスしながら見るには最適。

もう1週間レンタルの棚に目立たなく並んでるだろう、
気になったら見て欲しい作品。


★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

主人公の女優さんがホントこの映画にピッタリで良かった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「ニュームーン/トワイライト・サーガ 」ヴァンパイア映画としての恐怖度は弱いが顔の白さ倍増

2009年11月29日(日) 1時20分
「ニュームーン/トワイライト・サーガ 」★★★☆
クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー主演
クリス・ワイツ監督、131分 、公開日:2009-11-28、アメリカ




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「ヴァンパイアものが好きだ、
今でも名作と思ってる「ブレイド2」や
ケイト・ベッキンセールの氷のような
美しさが際だった「アンダー・ワールド」など
絶対にこんなことあり得ないのに
人間は闇や死後を怖がるように、
訳の分からないものを想像しては
どこかに甘美なものもそこに見てるようだ」



真っ白な顔で見た目で「おかしいだろ」と思うが、
映画の中の登場人物は何事もなかったように
普通に対応してるのがおかしいんだけど

そのうちそれも「そういうもの」と
違和感がなくなってくるから不思議だ。

年をとらないヴァンパイアに恋してしまった主人公は
彼と同じように変身したいと望むが
彼はそうさせないために彼女の元を去る、
ここに幼なじみが狼の種族だったという
さらにあり得ない世界満載で今回も楽しませてくれた。

ヴァンパイア(悪者)対か弱き人間という
単純な構図じゃないだけに
そのなかなか進まない根本的なストーりーに
いらだつような感じを覚える、
そしてラストにはまだ引っ張るという
あきれたでも嬉しい企画。



映画としての出来がどうのというより
「いかに」見せてくれるか
それを楽しむだけなので
制作者も苦労といより、かなり楽しんでるんじゃないかと
思えるできあがった映像を楽しませてもらえるうちは
まだまだ続けてくれても大丈夫だ。

今回はヴァンパイアの
最上位の組織のようなものまで
紹介されて、こんな感じでいけば
まだまだ続編はいけるだろう、
ただ不満があるとすれば
ヴァンパイアが血を吸うシーンが全くないこと、
独特な雰囲気、血走った目、
逃れられず最後にはあきらめの表情など、

恋愛や心情に重きを置くのはいいけれど、
本質はしっかり描いてほしいものだ。

とはいえ、こんなリアルな感じがないものに
どうして引かれるのだろう、
きっと人間の心の中には
割り切れない部分を誰もが感じて
折り合いをつけながらいて
そんな日常の隙間のような部分に
もしかしたら「何か」あるのも面白いなと
感じているからかもしれない。

見逃したくないとまでは言わないが
お金を払って出かけても損したとは思わない出来、
全作を復習してから行くのが正しい。


★100点満点で70点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

オオカミ族の映画も作れそうだ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「DISNEY’S クリスマス・キャロル」3D技術の進歩を楽しむ映画

2009年11月27日(金) 0時09分
「DISNEY’S クリスマス・キャロル」★★★
ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース声の出演
ロバート・ゼメキス監督、97分 、公開日:2009-11-14、アメリカ




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「日本人でも聞いたことある
クリスマスの童話、
人に優しくしようという、しごく健全な
道徳的なお話、今更とも思ったが
3Dがどんなもんか引かれて劇場へ」



3Dメガネは薄暗い、
時々ずらしてスクリーンを見ると
すごくきれいな空の青がぼんやりとした
曇り空みたいに見えることも。

まあこいうのは慣れだろう、
今年はこの3Dメガネはこれで3回目、
効果を一番感じたのは「ファイナル・デッドサーキット」だった、
血しぶきは飛んでくるし、
爆発の破片を避けたこともある。

で、この映画では奥行きや
複数の人間が手前や後ろに居ることが
本当に立体的にクリアに見えて、
メガネを外すとにじんだ画面に
技術ってすごいなと関心しきり。



ジム・キャリーの顔をCGでアニメ化したからか、
表情の大げさなところもちゃんと
引き継いでいて、主人公が痛い目に遭うのを
小気味良い感じで見ていた、
ストーリーは分かっていても、いかに見せるかという点では
この映画はかなり作り込まれていて、
制作者の発想の豊かさには驚かされた。



3D技術は今その途上にある、
今後どのくらい凄いものが見れるか、
それはすごく楽しみだ、
あの重いメガネさえなんとかしてくれたら
もっといいのにね。

見逃したくないとまでは言わないが
見ている間中、ストーリーを追うというより
画面に何がどう描かれているか
そんなことばかりが気になった映画で、
その点では興味深いというか、
面白い映画だった。

いまに劇場で椅子に座りながら
ジャングルクルーズに実際に行っているような
そんなかなりリアルな体験が出来るように
なるのかも知れない、
でもまだまだ相当未来の話だろうが。

クリスマスには人は「良い人」になるという、
キリスト教徒の夢のようなお話も
たまには悪くないなと感じた時間。


★100点満点で65点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

こういう映画を見ると自分が良い人になったような気になるのが嬉しい。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「2012 」もしかしたら現実にありえるかも、大画面で見るべき

2009年11月25日(水) 0時09分
「2012」★★★★オススメ
ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート出演
ローランド・エメリッヒ監督、158分 、公開:2009-11-21)、アメリカ




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「久々の超大作映画、この映画を大画面で見なくてどうする!
内容があるとか無いとか、そんなこと考える前に
客席に座って現代の映像技術に素直に驚くのが
こういう映画の正しい見方、面白かった!」



2012年12月21日を世界の終末と予言した古代マヤ人、
その予言が真実であるかのように
太陽の動きが活発化し、地球の核が熱せられ
世界各地で地殻変動が起こり始める。

そして2012年地割れが始まり、
隆起し、火山活動が起こり
もう人間はただ逃げるだけ、成す術なし、
自然に対してはホント無力だと改めて感じる。



この映画は地球が脆くも崩れていく様子を
脱出すべく乗り込んだ飛行機から
主人公(ジョン・キューザック)達と同時に体験し、
「あーもう、絶対助からない」と何度も心の中で叫ぶ、
そのあたりを楽しむ為に見るわけで
その意味で期待を裏切らない凄い映像を見ることになる。


よくこんな映像を考えるね、
そしてその素晴らしい映像技術をいかに
リアルに見せるか、その想像力にも感激する、
後半の人情じみたシーンは少し余計にも感じたが
まあ、楽しさを損なうほどじゃない。

凄い映像すぎで所々笑えてくる、
もうこれが現実になったら
絶対に助からないので、現実に置き換えるというより
ホラー映画を怖いと思うより笑ってしまうような
妙な感覚をここでも味わった。

主役のジョン・キューザックは、優しい顔で
緊迫感に欠けるかな、
しかし家族愛を描くにしても
ストレートにはいかない複雑な世の中なのだ。

大変な状況になれば人々は最後には
祈るしかない、
その祈りが日々の何気ない場面でも
少しでも助けになるなら、やはり人は祈るのだ。

気になるなら映画館へ、
レンタルまで待ってもこの醍醐味は得られない。


ローランド・エメリッヒ監督はこれまで
1996年 インデペンデンス・デイ
2000年 パトリオット
2004年 デイ・アフター・トゥモロー
2008年 紀元前1万年
巨大なバジェットで映画館で見るべき映画を作っている。

★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

チベットのあたりまで津波が押し寄せるのだから、2012年以後の世界は
再構築するにはいいのかも、世の中は込み入ってしまいすぎてる。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「蜜蜂のデザート」今度はデザートにまつわるあれこれ、美味しさもいっぱい

2009年11月24日(火) 0時09分
書籍「蜜蜂のデザート」★★★☆
拓未 司著 、宝島社刊
2008年12月17日発行、第1刷、1,470 円、381ページ



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「前作「禁断のパンダ」が面白かったので
すぐに手に入れて読み始めた、
今度はデザートを研究する主人公に
とても甘くない事件が起こる、
またまた一気読みのグルメミステリー」



神戸の小さなフレンチレストランのオーナーシェフ
柴山幸太が主人公のシリーズ2作目、
店で提供するコース料理のデザートが
まだまだ弱いと研究を始めた主人公の周囲で
事件が起こる。

世の中に認められたい、
これはひどく真っ当なものだけに、
やっかいでもある。
気持ちは分かるが、それが犯罪まで発展したり
人を傷つけてまでとなると話は別だ。


この本のウリはやはり出てくる料理の描写だ、
食べたくなる、
知らない食材や料理の名前も
内容を聞くとなんとなく分かるし、
料理を愛している作家の手になれば
読み手のこちらにもその美味しさが伝わるんだろう。

それから小さなレストランの経営についてや
原価やその利益なんかもさりげなく触れていて
そういうこともより深く
主人公の店の事を分かる手がかりになって
親密さというか、ガンバレヨと応援したくなるのだ。


レストランの経営者とその周囲で起こる事件、
これで2作目だが、もう次はキツイだろうな、
そうそう自分たちの周囲で殺人事件なんか
起こらないから、いくらなんでも・・・と。
それでもどこかで起こった事件に首を突っ込んだりと
まだまだ大乗なんだろうか。
次を期待しつつも複雑なところだ。

★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

エンターテインメント系で深みは無いが読んでいる間は楽しい。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「ミッドナイト・エクスプレス 」31年前の映画に恐怖を感じる

2009年11月23日(月) 16時09分
「ミッドナイト・エクスプレス」★★★★wowowで鑑賞
アイリーン・ミラクル、ボー・ホプキンス、ランディ・クエイド、マイク・ケリン出演
アラン・パーカー監督、121分 、1978年(公開:1978-10-01)、アメリカ・イギリス(レンタル中)



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「深夜特急」といえば沢木耕太郎、
そのタイトルのヒントになったとして
この映画は知ってはいたが、wowowで放送を知り
録画しておいたものを、やっと見た。



「トルコからアメリカへの帰国便を待つ青年ビリー、
彼は体中に麻薬を張り付け密輸しようとするが、
見つかり投獄され苦難の日々を送ることになる、
真実の話ということが、心底恐怖を感じる」



見始めてまず思ったのは、簡単な気持ちで麻薬を密輸し
捕まった主人公が旅行中の異国での投獄で
混乱し弱さをさらけ出すあたりは
「バカなこと自分でしたからだろ」ということ、
刑務所でのひどい仕打ちは、たぶんあるかもしれないが、
これは片方の側の言い分なので全部が全部信じられない。


だから中盤までは自業自得的な見方だった、
それでも4年の刑期をあと少しとする頃に、
政治的な思惑から再審が行われ
30年の刑が下された時は、
いくらなんでも30年っていうのはどうなんだろうと。


今年の夏、日本中を賑わせた麻薬問題、
それぞれが執行猶予付きの判決を受け、すでに
日常生活へと戻っている、
量の多さや密輸という違いはあれ
そのくらいの重大な犯罪と認識するだけでも
この映画の価値はあるだろう。

たぶんこの映画が公開された当初は
麻薬密輸という罪よりも、トルコの裁判制度や
刑務所でのひどい扱いに皆が注目しただろう、

今でも充分に神秘的な国トルコは
30年以上も前なら自国の法律も手の届かない
恐ろしい国に映ったかもしれない。

アカデミー賞6部門にノミネートされ、
2部門を受賞したという当時の衝撃の作品は
今ではそれ程驚かないが、
それはこの映画以降、このテーマを下敷きに
多くの作品が作られているからだろう。

不条理とかを見せつける映画だけれど、
どうも現代において見ると
ひ弱な青年がバカなことをしているとしか思えない、
軽い気持ちで、このくらい大したことないだろうと、
でも自分の物差しでは測れないことも
世の中にはたくさんあるのだと。



「ミッドナイト・エクスプレス」は「脱出」を意味するようだ、
映画の伝えたいことは時代や受け手で変わる、
トルコの人々はこの映画をどう見ただろう、
そして沢木の旅を読むと分かるのは
異国は異国だということ、自分の常識は通じない、
だったら旅行者はその違いを受けいれ
旅をさせてもらうくらいの気持ちも必要だということ。

海外では無法者に近い旅行者を見ることも少なくない、
地元の人たちが彼らをどんな気持ちで見てるか
想像はつく、様々な要因が重なれば
もしかした誰の身にも起こらないとは限らない、
そう思うとこの映画の描くもの全てが恐ろしく伝わるのだ。

旅は楽しみたいね。


監督のアラン・パーカーについて少し調べると
こんな恐ろしい映画の監督の出発点が
「小さな恋のメロディ」の脚本で映画界に入ったという、
ちょっとした驚きだった、その他
76年に「ダウンタウン物語」で監督デビュー
最近リメイクされた「フェーム」や「エンゼル・ハート」等がある。
最近では2003年「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」


★100点満点で75点



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画に登場する「ラール・レストラン、世界一のプディングの店」は現在も営業中とのこと
そのうち実際に訪れたい。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

書籍「フリーター家を買う」新しい事を始めるのに遅すぎる事は無い。

2009年11月22日(日) 0時09分
書籍「フリーター家を買う」★★★★面白い
有川浩 著 、幻冬舎刊
2009年8月25日発行、第1刷、1470円、309ページ



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「フリーターがどうやって家を買うんだろう、
単純にそんな考えで、面白そうなので
読み始めたが、まさに一気読み、
この本の結末以降の続きがも気になる」



新卒で入社した会社の研修に嫌気がさして
3ヶ月で辞めてから、次を簡単に考えていたが
なかなか決まらず、そうこうしているうち、
母親が鬱になってしまい、
それはご近所からのイジメも関係していると分かり、
主人公は家を買うことを決断する。


そううまくはいかないだろう、
もちろんそうだ、
バイト先で細かいことを注意され
だったら「辞めます」と
勘違いのプライドで結局自分で自分を追い込んでく。

引きこもり状態の主人公が
仕事をしようと思う転機になったのは
母親が鬱になり驚くほど変わってしまったことだった、
やはり人間はそうそう簡単に変われるものじゃないから
そんな劇的な何かが無いと
ずるずると深みにはまって
そして一度はまったらなかなか抜け出せないのだろうなとは
予想も出来る、本の主人公はそこから
いかに変われたか、それがこの本の見所だ。


出来すぎっていえば出来すぎだけど、
なんか力が沸いてくる、
人とのつきあい方や、自分の気持ちの持ちようとか、
よりよい方向に変われるヒントは
ホントはそこら中にあるのかも知れないが、
人間は保守的だからか
なかなか自分の守備範囲からでられないのだ。


フリーター家を買うという
ちょっと結びつかないタイトルも良い、
そして映画的なハッピーエンドって訳でもなく、
これからも自身の努力が必要なのだと
改めて気づかせてくれるあたりも
うまいなぁと思いながら本を閉じた。

面白く読めたけど深い感動とかはなかったな。

次の新作も早く読みたい。


★100点満点で75点


soramove

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

この作家の他の本も気になる、まだたくさんあるようなので嬉しい。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「彼が二度愛したS 」タイトルは面白いが内容はそこそこ

2009年11月21日(土) 0時09分
「彼が二度愛したS 」★★★wowowで鑑賞
ヒュー・ジャックマン 、 ユアン・マクレガー 、 ミシェル・ウィリアムズ 出演
マイケル・ランゲネッガー監督、108分 、アメリカ(公開日:2008-11-08・レンタル中)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「名前が“S”で始まる美しい女と出合い、
穏やかな日常を狂わされる
ひとりの孤独な男ジョナサン(ユアン・マクレガー)、
振り回され、途方に暮れながらも
何もない砂を噛むような毎日より、
男はその時間を確かに生きていた」



偶然知ったデートクラブの存在、
変化の無い毎日から、怪しげなクラブにのめりこむが、
運命の出会いがそのクラブの掟を
ジョナサンに破らせてしまう。

しかしこれは全て仕組まれた事だった、
言葉巧みにジョナサンに近づく謎の男(ヒュー・ジャックマン)
彼の計画が分かった時、
それは推理小説の結末と一緒で
そこで納得できるか、「なーんだ」とがっかりするか。

この映画の結末は上出来とまではいかないが、
そういうことかと納得の範囲、
いつ指の間から爪が出てくるか気になった
ヒュー・ジャックマンが悪者なのに颯爽としていて
小気味いい、やはり悪役もこのくらいカッコよくないと。

ニューヨークで会計事務所で顧客企業の会計監査をしている
主人公の役どころが生きてきて
たぶん小説で読んだ方が面白かったかも、
ただし相当長いベッドシーンは
映像のほうが雄弁だ。
実際そこまで必要だったか結末を知って思うほど。

WOWOWで放送されたものを
録画していてやっと見終えた、
週末の深夜とかにゆっくり見るには悪くない、
感動とかそういうものはないけど、
がっかりはしない出来。


★100点満点で60点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ヒュー・ジャックマンはどうしてもアクションが印象的だけれど、
もっと役の幅を広げられそうなのに、なかなかキャリアを積むって大変なことなのか。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「ファッションが教えてくれること」プロのプライドを見た。

2009年11月20日(金) 0時09分
「ファッションが教えてくれること」★★★☆
ヴォーグ編集長のアナ・ウィンターとスタッフ出演
R.J.カトラー監督、90分 、2009-11-07公開
原題:The September Issue





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


「映画『プラダを来た悪魔』のモデルと言われる
ヴォーグ編集長のアナ・ウィンターを中心に
ヴォーグの9月号を製作する様子を、
スタッフの生の声を交えて写していく」



電話帳の厚さになるというヴォーグ9月号、
知らなかったが9月が
ファッションでは一年の始めだようで、
その準備に編集部は慌ただしい、
スタッフの選んだ服、
特集の写真などを
編集長がバッサ、バッサと切り捨てていく。


そのバトルは大声を上げたりはしないが、
自分のプライドをかけた小気味いい白熱の時間、
その中心いるのはクリエイティブ・ディレクターのグレイスという、
編集長と20年来の付き合いの女性だ、
どちらかといえばこの映画は、
彼女を追ったドキュメンタリーという感じさえした。


ファッションが世の中を動かしているような
この映画に出る全ての人を見ると
滑稽にさえ感じる、

服装なんかに構っていられない人々も
多くいることも知っているからだ、
でもここにはプロの激しい生きざまが描かれている、
それはファッションだけじゃなく、
全ての仕事や生き方に共通するものだ。


眩しくさえある。


そんなことに何を夢中になっているんだ、
他人はそう思うこともあるだろう、
でも自分の力を出しつくし何か形のあるものを
作りだすこと、そしてそれを多くの人が喜んでくれるなら
これほどやりがいのあることはない、
バカバカしいと思いつつも眩しかった。


そしてファッションという美しいものを
作りだしてるのが
出来がった雑誌の美しさとは対照的に
kなりハードなガテン系であって、迫力もあったな。

★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

プライドってなかなか分かりにくいが
この映画の主役二人には確かにそういうものがあったな。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

国内ランキング「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」3週連続首位獲得!

2009年11月19日(木) 8時02分
最新国内映画興業成績ランキング(11/15付)



                           ★映画のブログ★
                          どんなブログが人気なのか知りたい



今週(先週)
1(1)マイケル・ジャクソン THIS IS IT
  衝撃の死から短期間で登場したこの作品、
 現在3週連続首位キープ、20億突破。
 すごいファンでもありませんが、気持ちが高ぶるシーンあり。


2(初)Disney'sクリスマス・キャロル
  3D上映もあるようですが、あのメガネもう少し軽くなると
  これからも見やすくなるんだけどね。
  映画はそのうち見に行きます。


3(初)なくもんか
  阿部サダヲの暑苦しい顔が出ずっぱりですが
  結構面白くて、「舞妓Haaaan!!!」が20億を超えた成績に
  どこまで近づくか。


4(初)ゼロの焦点
  宣伝をそれ程見ないのにこの成績は立派、
  しっかりとした演出で手堅い出来の映画
   
  
5(2)僕の初恋をキミに捧ぐ
   現在12億を超えてゆっくり後退中、
   割と評判もいいですが、なんか予想が出来て
   見る気がしません。


6(3)沈まぬ太陽
  こちらも15億を超えて目標はある程度達成したようだ、
  この長い映画に結構お客が入っていることを見ると、
  やはり内容が大切と実感。


7(4)映画 フレッシュプリキュア!


8(初)笑う警官
  角川春樹が久々の監督、地味な映画ながら
  8位は立派、出来が気になります。
  

9(5)カイジ 人生逆転ゲーム
   藤原達也の過剰演技前回のこの映画、
   20億に到達したようで、原作の力もあるのか。


10(6)風が強く吹いている
   さわやかな青春映画、もっと多くの人に見てもらいたい。
  

今週のランキングは6本見ています、週末は大作の「2012」に期待。


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン


先日映画館で大きないびきをかいて寝てる人がいて、
仕方ないけど迷惑だよね。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf