「ATOM アトム」科学の子、現代に蘇る※全米6位!

2009年10月31日(土) 0時09分
「ATOM」★★★
上戸彩、役所広司 声の出演
デヴィッド・バワーズ監督、100分、2009年、2009-10-10公開




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


全米6位初登場(10/25付)700万ドル


「日本人なら誰でも知ってるアトムの
ハリウッド版の登場、もっと流行っても良さそうなのに
早くも小さな劇場に移ったので急いで見に行った、
吹き替え版で上戸彩と聞いてたので大丈夫かなと思ったが
元気でピッタリだった。」



アトムに特別な思い入れは無いので
これはこれでアリと思ったが、ストーリーが単純で
コミカルなシーンは子供くらいしか笑わない程度と
全体的にストーリーの質は低く完全に子供向き、
日本人なら大人も見るだろうから
日本は完全な日本版に挑戦すべきだろう。



想定した未来を現在は迎えてしまい、
当時考えられた科学的な進歩を超えた部分もあれば
全く追いついていない部分も、
でもせっかく今、作るなら
現代が抱える科学的な問題を織り込んだり、
科学が進歩しても相変わらずな人間の心とか
そういうのを見せてもらいたかった。

アトムが高層の建物から落下し、
その途中で自分の足からジェット噴射で
空を飛べることを発見し、ピューッっと空を
飛ぶシーンは良かったな、
あんなふうに自分の思いのまま空を飛べたら
気持ちいいだろう、人間はそんなこと出来ないから
こうして映画で実現させる。

似たシーンを思い出す、スパイダーマンだ、
最初はうまく出来なくて看板にぶつかったりするが
そのうちビルの谷間を何物にも邪魔されず
思いのまま飛んでいくシーンだ。

人間は重力に縛られ、この体に押し込まれ
もどかしいような日常を送っているから
映画の中でくらい、ピューッっと空を飛んで欲しい、
どこまでもどこまでも雲まで突き抜けて行け。



★100点満点で60点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

夜の回だったので子供がいなかった、昼だったらどんな劇場なんだろう。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「あの日、欲望の大地で 」タイトルは大げさだけど見ごたえある傑作

2009年10月30日(金) 0時09分
「あの日、欲望の大地で 」★★★★オススメ
シャーリーズ・セロン、キム・ベイシンガー、ジェニファー・ローレンス主演
ギジェルモ・アリアガ・ホルダン監督、107分、2009年、2009-10-10公開



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


「映画冒頭の燃えるトレーラーハウスの映像、
説明もなく全く別の場所でストーリーが始まる、
でも燃える映像が頭から離れない、
そして映像が燃える前のトレーラーハウスに繋がる、
くどい説明などなく、流れるように物語が動き出す」



孤独を抱える二人の女、
同じ孤独を抱えていても
その度合いは誰にも分からない、
深い深い井戸を覗き込むように。

時間軸が現在と過去に移動し
別の場所別の主人公の物語が重層的に語られる、
どこで繋がるんだろう、
もしかして全く別の話を重ねているだけなのか、
ミステリータッチで目が離せない。



身近な人にはうまく伝えきれず、
日常とは別の部分でわずかな接点だけあれば
むしろ知らない人のほうが
心を通わせられるのかもしれない、
もちろんそれは錯覚に過ぎないのだろうが。

人は考え過ぎてバカなことをしてしまう、
そして時に考え無さ過ぎてまたバカなことを繰り返す、
どうしてこんなことを・・・と思いながらも
いつか繰り返す、

学習していいはずなのに、それもこれもひっくるめて
時々取り戻したいような、愚かなことをしてしまうのだ。

この映画のラストには救いがあるが
ちょっと拍子抜けするくらいあっけなく、
もうひとつひねりが欲しかったが
そこまでは完璧に作り上げられた映画的作品、
時間をかけて練りに練った脚本に感動。

散漫になることなく心地いい緊張感で
ラストまで、
映画的な映画を見たな~と思いながら
劇場を後にした、少し肌寒い夜。


ギジェルモ・アリアガ・ホルダン監督はこれまで脚本で活躍していた。
2006年 バベル
2005年 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
1999年 アモーレス・ペロス


★100点満点で85点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

キム・ベイシンガーが秀逸だった、まだまだ頑張ってます。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「真幸くあらば」東京国際映画祭2本目

2009年10月29日(木) 0時09分
「真幸くあらば」★★★☆
尾野真千子、久保田将至 主演
御徒町凧監督、2009年、91分、2010年1月9日公開予定



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「出来心で家宅侵入をした男が
そこに居合わせた二人の男女を殺害し、
裁判では死刑が求刑され
男はその刑を受け入れた」



死刑囚には期限がない、
寿命の様にいつその日が来るかは
知らされず、ただ「その日」が必ず来ることだけは
事実として受け入れ、
残りの日々を生きてく。

殺害された被害者の家族などから見れば、
当然のことと思うだろうし、
殺人を犯して10年くらいで
刑を終えて普通の生活が出来ることには
違和感を感じる人も少ない。



それでもこの映画は罪や罰ということではなく、
死刑囚としての極限状態にあっても
「生きている」ことこそ大切なのだと
当たり前なことだけど強く訴え、
そのことを実感させてくれた。


こういうものはやはり映画でなければ
経験できない題材であり
その凝縮された2時間に
自分もスクリーンと向き合い、
まるで当事者のひとりのように感じることが
できるのは幸せな体験だ。

今回はこの映画の監督が32歳と若いのも
びっくりした、
そしてちゃんと
若い人にもチャンスがある日本映画界に
希望を見た。

映画としてどうだったかというと
「面白かった」と言い切れないけれど
それは題材が題材だからで、
ある意味「究極の純愛」という面からみれば、
感情移入は難しいが、なかなか良くできた映画といえる。

でも地味だからヒットしないだろうな、
製作者の話を聞いてしまったので
頑張って欲しいなと思わずにいられない。

★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

監督が若くて驚いたが、作り上げた作品がしっかりした出来で、これも驚き。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「引き出しの中のラブレター」本当の気持ちはなかなかうまく伝わらない

2009年10月28日(水) 9時09分
「引き出しの中のラブレター」★★★☆オススメ
常盤貴子、林遣都、中島知子、岩尾望主演
三城真一監督、107分、2009年、2009-10-10公開




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい





「伝えたくても伝えられなかった大切な想い。
誰もが引き出しの奥深くに眠らせていることがある、
ラジオのパーソナリティをしている主人公も
父親と疎遠になったまま亡くしてしまい、
その気持ちを抱えていたが、父親の遺品の中から
自分宛の手紙を受け取り、読めないまま
引き出しにしまっていた」



ラジオの番組の中で北海道の少年(林遣都)から
父親と祖父の仲が悪く、笑わない祖父を
どうしたら笑わせられるでしょうかというハガキが届き、
ラジオのパーソナリティの真生(常盤貴子)は
その解決方法をリスナーに問いかける、
そのあたりの描写は自分の仕事というものに
今のままでいいのかと揺れる心情が伝わる。


主人公の真生が突然、北海道へ行き
ハガキをくれた少年と会い、
彼の祖父を訪ねる行動に出たとき
なんでそこまでするのだろうと思った、
仕事としての関わりと、その行動に
違和感を持ちながら、これからどうなんるんだろうと
見守った。

仕事は自分の時間の多くを使うことを考えたら
本当に大切なものだ、
お金を得ることももちろん、自分を表現する手段でもある、
自分も含め常に今の自分でいいのかと
きっと時々は考えながら毎日を過ごしている、
だから主人公が「今の自分」でいいのかと悩む部分には共感できる、
何かを成し遂げたいと思いつつも
それが「何」なのか分からないのが現実だからだ。

この映画はラスト近くに意外な「落ち」が用意されていて、
それが映画を観終わったと爽やかな気分にさせてくれる、

このシーンを見るだけでもこの映画を見る価値があった。

北海道の海沿いの町、海の様子や
よく整備された教会までのアプローチの林、
そこに鳴り響く鐘、
こんな町も実際に行って見たいなと思った。

派手さはないけれどしみじみ良い映画だった。

★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

役者じゃない人が演じるのは好きじゃないが、今回の中島知子(オセロ)は良い味を出していた。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「RAIN DOGS」東京国際映画祭1本目

2009年10月27日(火) 0時09分
「RAIN DOGS」★★★
クァン・チョンワイ、リゥ・ワイホン、ヤスミン・アフマド出演
監督:ホー・ユーハン、92分、2006年、マレーシア
2006年ヴェネチア国際映画祭入選作



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「アジアの風ー追悼ヤスミン・アフマド」


「マレーシアの小さな町に母と暮らす少年、
兄はクアラルンプールで働いている、
母は新しい男が出来、兄は都会で賭博がらみで
殺されてしまう」



周囲では色々な事件や出来事が起こるが
少年はそれらに強烈に心を動かされるでもなく、
マレーシアの暑い空の下、
大人の準備期間のような時間を過ごしている。

日常的に4つの言語が行き交い、
商店の看板には多くの中国漢字が目に付く、
まさに地続きの国が混ざりあっている。
日本では決して見られない部分だ。


町から町へと行く間の道路からは
熱帯の森の緑がきらつくように存在し、
その傍らで人間はなんとか自分達の今の生活を
守ろうと汲々としているようだ、
それでもそんな毎日がかけがえのないものだと
映画は語りかけてくる。

主人公である少年が青年へと変わる短い時間に
何を感じ、どう行動したか、
ここに描かれた全てに共感出来るわけではないが、
「そういう瞬間ってあるよな」と
ふと懐かしい気がした。



監督であり俳優でもあった
ヤスミン・アフマドの追悼特集の1本、
公開してもお客は入らなそう、
退屈ってわけではないが、すごい見所があるわけでもなく、
それでもマレーシア映画なん滅多に見られないので
映画祭の最初の1本にこの映画を選んだ。


★100点満点で60点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

初めて行ったクアラルンプールは大都会、
しかし少し街を離れたあたりの車窓から見た熱帯の森は映画の通りだった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

東京国際映画祭で映画を見る「キングコングを持ち上げる」

2009年10月25日(日) 11時35分
東京国際映画祭のため上京中!

今年はハリウッドの華やかなスターや日本の大作も無く、
チケットの取得には全く苦労しなかった、
特に面白くもない映画もあったが、収穫もあり
たまたま時間つぶしに来た、という人でなく
前売りを何週間か前に手に入れ
この日を楽しみにしている観客と、
面白い映画を共有できるのは
うれしい時間だ。


韓国映画「キングコングを持ち上げる」は良かった、
映画の後のQ&Aには主演のイ・ボムスも来て、
映画にかける情熱が感じられこれも嬉しい体験だった。


そして中国映画の「永遠の天」も見ごたえがあった、
それから南米チリの映画やマレーシア映画と
普段はなかなか見ることができない国の映画に
触れられるのもこんな機会だからだ。


大作好きの自分としては、やはり大物ハリウッドスターが見たい、
それから高倉健さんの舞台挨拶なんて感動だったな、
今回は「うゎー」っと思うような人の登場っては
無かった、22回を迎えた映画祭の方向性が
こうして毎年名古屋から見に行って参加している自分にも
明確に分からない、
コンペでグランプリをとったからといって
これまでの受賞者を映画好きの自分も知らないのだから
一般的にはどれほどの価値があるだろう。

今回は3日間でこれから見る映画を含め
9本鑑賞、贅沢な週末。

しっかし相変わらずの韓国映画好きのおば様、もしくは予備軍の
マナーの悪さは他の映画の会場のお客とは全く違っていた、
カメラ撮影は遠慮してくれとアナウンスがあっても
そっと撮り、主演俳優が話してるというのに
隣の友達を写真移りをあれこれ話す、
今そこに実物がいるのにね、残念だ。

映画を好きだという気持ちは同じだと思うが
他の時にも感じる似たような行動、たぶん皆がやるから
自分も・・・と思うのだろうが、消えて欲しい。

映画祭が終わると秋という感じ、
年末に向けての大作映画に期待したい。

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

いくつかの作品を除いて、空席が目立った作品もあった、
事前の広報に問題が無かったか。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「ファイナル・デッドサーキット 3D」3D技術はまだ発展途上、所々効果アリ

2009年10月23日(金) 0時52分
「ファイナル・デッドサーキット 3D」★★★
ボビー・カンポ、シャンテル・ヴァンサンテン、ミケルティ・ウィリアムソン主演
デヴィッド・R・エリス監督、82分、2009年、アメリカ、2009-10-17公開



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい





「この『ファイナル・ディスティネーション』のシリーズは好き、
まさにジェットコースターに乗ったように、
次々と残酷で意表を突いた殺しのシーンが描かれ、
3作目まではどれもなかなかの完成度だった、
そして今度は4作目、ストーリーに行きずまったら
飛び出しちゃえ!と血や肉や針やもろもろがこっちに飛んでくる。」



3Dメガネって重いよね、
そして時々メガネをはずして画面を見ると
凄く明るくてわざわざ重くて、暗いメガネを
かけるのを躊躇するが、かけないと飛び出さないので
しかたなく左手で支えながら鑑賞。


怖いシーンはたくさんあるが、
一番怖かったのは美容室で爪の手入れのシーン、
椅子の高さを調節して止めた部分が弱くて
ガタンと落ちてしまうのを一度見せておいて
そのあと爪のなかにヤスリのようなものを入れて
お手入れをしてもらうのだけど
これて椅子がガタンと落ちたらぐさっといくぞ
いくぞ、もうすぐだぞ・・・・、
3D部分じゃない、怖かったのは。


これで終わり?ってくらい短い、
とりあえず決着はついたけど、もう少ししつこく
やってくれないと満足感までは程遠い、
でもまあこんなものか、
次のアイデア満載の新作を楽しみにしよう。

建築現場の下の道を通ることや、
エレベーターや激しい車の往来など、
気にしたらそこらじゅうに危険は潜んでいて
そんな中を綱渡りのように過ごしているんだと
改めて実感したわけで、

色々なルールに従って暮らしているが
そんなルールが守られなかったらと思うと
日常にはちゃんと確かに秩序って存在してるんだ。

何度か画面から飛び出すものを
無意識でよけて、苦笑いした、楽しい経験だった。


★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

3Dの効果はまだまだうまく生かされていない、これからが楽しみだ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「カイジ 〜人生逆転ゲーム〜」藤原竜也の独壇場!借り過ぎに注意しましょう

2009年10月22日(木) 0時09分
「カイジ 〜人生逆転ゲーム〜」★★★
藤原竜也、天海祐希、香川照之主演
佐藤東弥監督、129分、2009年、2009-10-10公開




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「豪華客船エスポーワールでは、人生の負け犬たちが
一発逆転のゲームに挑んでいた。
金は命より重いと言い切る「勝ち組」集団の言葉が
絵空事と言いきれないリアルさを持っているのが怖い。」



藤原竜也と香川照之のアップがあと少し続いたら
苦痛になりそうなギリギリで展開して
ほっとしたら終わってた、

「何だったんだろう」と思いつつ、
借金は怖いなとフツーの感想、サラ金が
必要悪という感じで身近にキャッシングのノリで
生活に入り込んでいる現在、
どこかで借金に追われている人もいるのだろうな。


映画自体はリアルさを求めたものでなく、
まさに劇画タッチの大げさな表情に
作りこまれたセリフ、
こうなったらどんな展開となるか楽しむしかない、
真剣な表情の大写しに何故か笑えてくる、
安っぽくないのが救いだ。


日常でこれだけ自分の心の内を大声で
叫ぶことは無い、
そしてそれを聞くことも無い、
でも時として人は心の中で大声で
叫んでいることはある、
でもそれを大画面で延々見せられるとキツイ、
それでも「もういいよ」とまでいかないのは、
ソツのない作りになっているからだろう。

今も一発逆転をかけて破れた人々が
地下でスコップを持って作業をしていると思うと
太陽を浴びて暑い寒いと文句を言いつつも
変わらない日常を送ることを
ささやかな幸せというところか。



★100点満点で60点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

心に余裕がある時ならゆったり見れるが、そうでないと耳にうるさいかも。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

国内ランキング「カイジ/人生逆転ゲーム」2週連続首位キープ。10億が見えた。

2009年10月21日(水) 7時25分
最新国内映画興業成績ランキング(10/18付)



                           ★映画のブログ★
                          どんなブログが人気なのか知りたい



今週(先週)
1(1)カイジ/人生逆転ゲーム
  予告はくだらない感じだったが、
 こんなにお客が入る映画とは思わなかった、近日見ます


2(初)仏陀再誕
  「幸福の科学」の映画、前作を超える出だしだそう。
  ちなみに2006年の「永遠の法」は興収12億円


3(2)ワイルド・スピードMAX
  ヴィン・ディーゼルでテコ入れしたが、日本では今一つ、
  ポール・ウォーカーとふたりを公平に使わなくてはいけないからか、
  絞り切れなかった部分はあるが、まあまあ面白い。


4(3)私の中のあなた
  内容としては泣きの映画だが、
  良い俳優さんと抑制の利いた演出で
  見ごたえある映画になっている。
   
  
5(初)あなたは私の婿になる
   この見たくなくなる気分にさせるタイトル、
   分かりやすいけど、名作には決してなれない。


6(4)さまよう刃
  この地味な映画が4位→6位と健闘している、
  内容に驚きが無いのが致命的、
  新しい何かを提示しないと、何故今なのかと考えてしまう。


7(5)ヴィヨンの妻/桜桃とタンポポ
  こちらはしっとりと日本の情緒を感じられる作品、
  もう少し沢山の人に見てもらいたい。


8(初)ファイナル・デッドサーキット 3D
  この映画は「ファイナル・ディスティネーション」からのファン、 
  劇場ではこのシリーズ2作目、他はレンタル等で全部見てる、
  その中では出来は今一つ。でも3Dは斬新。
  

9(6)20世紀少年 最終章/ぼくらの旗
   まだこの映画を今頃見てる人ってどんな人だろう。
   3部作で結構稼いだシリーズ最終章

10(7)カムイ外伝
   松山ケンイチをもってしても、ダメな脚本は
   どうにも出来なかった、CGがチャチで笑える。
  

今週のランキングは8本見ています、そろそろ新しい
大作映画がみたいね。


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン


名古屋駅前の映画館4館が来年3月には無くなる、寂しいことだ。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「クヒオ大佐」大佐の「鼻」が気になってしかたない

2009年10月20日(火) 0時09分
「クヒオ大佐」★★
堺雅人、松雪泰子、満島ひかり、中村優子主演
吉田大八監督、112分、2009年、2009-10-10公開




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「実在の結婚詐欺師をモデルにしたドラマ、
名前も経歴もでっちあげの稀代の詐欺師が
まるで説得力のない会話と行動で
ターゲットの女性をだまし、お金を巻き上げていくが
とにかく堺雅人の付け鼻が気になって
そこばかり見ていた。」



くっだらない映画だった、
面白くないし、だまされることの
なるほどと思わせるような説得力は皆無、
ただこうして傍から見てると
騙される人ってこのくらいバカバカしく
騙されてしまうのかもとも思った。



劇画を動画にしたような
人間の感情的な部分さえも
予測がつく行動ばかりで驚きもなく、
この映画、作る意味があったのかと呆れる始末。


何かを信じたいバカだけど、
それだけとは割り切れない、哀しい心を
乾いた笑いで見せようとしたのかもしれないが
笑いに持ち込むなら、それではこの映画では弱く、
かといって笑っちゃうような人間のおかしい行動を
冷静に見せるわけでもなく
中途半端で笑えなかった。

「どうして私だったの?」と
騙された女が言うが、せっかくの仕事が終わった後の2時間、
どうしてこの映画を選んじゃったのと
こっちが聞きたいくらいだった。



★100点満点で40点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

面白くなかった、久々のパルコの映画館で帰りはブックセンターで本のまとめ買いでした。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2009年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf