「20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗」旗は翻らなかった、散々の出来

2009年08月31日(月) 0時09分
「20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗」★★★
唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子主演
堤幸彦監督、155分、2009年





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「3部作の最終章、
延々と「トモダチ」とは誰なのか?
首より下や後ろ姿ばかりが何度も何度も
そんなこと今、起こってることより大切なのかと
そのどうでもいいことを冗長に語り
結局どうってことない場所に着地した印象」



始まったものは終わらせなければならない、
前2作はファンじゃない自分でも
まあまあ楽しめた、だから今度は
前売り券まで買って楽しみにしていたが、
155分も引っ張る必要は無く、
この内容なら2時間にまとめるべきだった。


それでもヒットした映画のラストとあって
多くの客が詰め掛けた劇場、
こういう雰囲気はすごく嬉しい、
そしてこの600席を超える、このあたりでは
一番大きな劇場も来春には無くなるんだなと
映画とは関係ないことを
感慨深く感じながら暗闇を待った。

1970年代の郷愁のようなものを
映画に垣間見るが、
その当時の日本や日本人を
一体どう思ってこれほど映画の中に入れているのか
そのあたりはただの昔のお話という程度でしか
映画では提示されず、
何かしらの考えがあるのだとしたら
伝えていない不親切さは感じる。


とにかく「20世紀少年」の原作を全く知らない
自分のようなただの映画ファンにとっては
「1」「2」は映画としてまあまあ及第点、
でもこのラストは映画としては
「恥ずかしい」ような出来上がりだった、
意味のない最終章が155分も続くので
唯一の利点は外は暑いので
冷房の利いた映画館で時間を過ごせるということくらいか。


老け役のメーキュアップも違和感アリで
前2作がヒットしたのにもっと予算は使えなかったのか、
ハリウッドとの格差を感じつつ、
まあね、比べても仕方ないし、
これはこれで終わったということだ、
話題作だから見ようかなと思っているなら、
他の作品をススメル。その程度の出来と感じた。


★100点満点で55点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画を見た後選挙へ行った、選挙権をもらったばかりのような年齢の人とも
すれ違って、関心の高さを実感した。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「ワン・ミス・コール 」真夏の脱力系ホラー

2009年08月30日(日) 0時09分
「ワン・ミス・コール 」★★☆wowowで鑑賞
エドワード・バーンズ、シャニン・ソサモン主演
エリック・ヴァレット監督、88分、アメリカ、2007年



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


邦画「着信アリ」のハリウッドリメイク

「女子大生ベスは、数日のあいだに二人の友人の
怪死を目撃する。彼らに共通するのは
死の数日前に携帯電話に着信を受け、
その留守電が自らの死のメッセージであることが分かった、
そして主人公のベスも呪いの着信を受けてしまう。」



邦画の元ネタも以前TVで見たが、
映画というよりTVドラマのノリの薄っぺらいもので、
怖ささえ感じなかった、
で、このハリウッド・リメイクはどうだったかというと、
「同じようなもの」という感じ、
でも真夏の深夜にバカバカしいと思いつつも、
こんな映画をリラックスして見るのもいい。


ラストに向かって映画はどうしても
理由を明らかにしなければならず、
こういうホラーではどんな理由が提示されても
たいていは「がっかり」するだけ、
だからそういうことも分かって
ある程度最初から諦めて見るのが
正しい見方かもしれない。

そんなふうに素直に見ないでいると
細かい部分でなんとなく「よく頑張った」と
言えるようなシーンを見つけることも
出来るからだ、
かなり屈折してるな。

主人公は死の予告の1時間前くらいに
廃墟の病院へ入っていく、
「バカだな」と思いつつも
暗闇の恐怖については考えなくもない。

小さななんでもない音も怖い、
誰しも暗闇の怖さについては
暗黙の了解があるからだ。


大音響で劇場で見たら
ラスト30分くらいは結構怖いかもなと思った、
携帯という現代的なツールに
人の怨念のようなものが取りついたら・・・
ありえないことだけど
考えることはできる、なんとなくありそうにも思える、
発想は良かった、
あとは見せ方だ、
もっと怖い見せ方があっただろうが
まあ、こんあものかな。

TVの深夜枠で放送されてたら
見ても損はない、
レンタル一週間で350円とかだと
高い気もする。


★100点満点で55点
ホラーとしては「中の下」ってところか。

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

名古屋の映画館がまた消えると知った、
駅前の4つの映画館が来春無くなるという、残念だ。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「グッド・バッド・ウィアード」キムチ・ウエスタンはアクションは合格、でもロマンス色ナシ

2009年08月29日(土) 0時19分
「グッド・バッド・ウィアード」★★★3月に機内で鑑賞
「良い奴、悪い奴、変な奴」
ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ウソン主演
キム・ジウン監督、2008年、139分



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



韓国昨年夏の興業成績初登場1位を記録。
春にバンコクへ向かう機内でひと足早く見ていた。


「1930年代末、満州国の時代、
お宝の地図をめぐり3人の男に日本軍も加わり、
ハチャメチャな活劇が展開する。
果たして誰がお宝を手に入れるのか」



冒頭の列車のシーンはカメラワークが
面白かった、大平原を貫く一本の道、
そこを駆け抜ける列車では
ようく練ったアクションシーンが絶妙に繋がり、
テンポよく主要人物を紹介していく。



イ・ビョンホンの瞳の中の狂気を
うまく使っていて、悪役をノリノリで演じている、
ソン・ガンホはいつものオバカなお笑い担当、
ふたりに挟まれてチョン・ウソンは影が薄い。


最近、韓国映画は低調だ、
日本で大劇場で公開される作品はわずかだ、
そこでこの作品は大スターを揃え、
ハリウッド並みの大作に仕上げ
ヒットの要因は揃っているが、
公開前にそれほど盛り上がっていないのが気になる、
これがヒットしなければ、
今後はもっと厳しいだろう。


なんとか面白い映画を作ろうという
製作者の意図は伝わる、
役者も頑張っている、でも何か物足りない、
何だろう、
テンポよく、それほど破綻もない、
では何がスッキリと文句なしの面白さと言えないのか。


それは登場人物の全部が予想の範囲内で
こちらの胸に迫る、人間そのものの理屈のない
不条理な行動や、言葉にならない
気持ちが伝わらないのだ、
そしてロマンスもない。


ある時期、韓国映画はこれからもっともっと
面白くなるだろうと期待し続けていた、
でも最近は韓国へ行って映画を見たいという
気持ちにならない、
それは心が震えるような感動を与えてくれる作品に
出会えていないからだ、
「クライング・フィスト」を満席のソウルの劇場で見たとき、
感動のシーンでは会場中が劇中のヒーローに
声援を送っていた、あの熱い気持ちが
足らないのだ。

それでもこの映画が新しい韓国映画のファンを
少しでも増やすなら
まだ希望はある、さてどんな結果となるか
見守りたい。
アクションシーンと大平原のダイナミックな映像を
楽しむ為に是非劇場の大画面で見たい映画だ。



★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

めざましテレビにイ・ビョンホンとチョン・ウソンが出演していたが
にこやかな笑顔を見せながらも二人は全く顔を合せなかったのが印象的だった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「96時間」誘拐犯も相手が悪かった、究極の親バカが行く!

2009年08月28日(金) 0時09分
「96時間」★★★★
リーアム・ニーソン、マギー・グレイス主演
ピエール・モレル監督、93分、アメリカ、2009年




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


全米では2009/2公開、初登場で首位を飾り、
9週チャートイン、1億4千万ドルの大ヒットとなった。

「主人公の17歳の娘が友人とパリ旅行へ行き、
そこで何者かに誘拐されてしまう、
普通なら親には身代金を払うくらいしか
することは残されてないが、
誘拐者にとって不幸なことに
主人公はかつて政府の秘密工作員だったことだ、
父親の孤独で冷酷な奪回作戦が始まる」



娘を取り戻すという目的のためには
手段は選ばない、
相手の命を奪うことに微塵の躊躇もなく、
わずかな手がかりから
核心へと迫っていくのは見ていて気持ちいい、
「ここまでやるか」とも時折感じるが
細かいことは気にしないで楽しみたい。

先日読んだ「BOX 21」というサスペンス小説でも
同じような女性を狙った人身売買が描かれていたが、
その目的を見せられると、
パパの怒りにこっちも同調して
蹴散らされる悪い奴に同情なんてしない、
しかし秘密工作員ってこんなに強いのか。

イメージとしてはマット・デイモンが演じた
ボーンが子供を持つ親となったら
こんなふうになりそうとふと思った。


もう少し、敵に強いのがいて
ラストにスカッとさせてくれたら文句なしの
エンターテイメントとして成立したが、
主人公の強さが際立っていて、
少し物足りなかった、でも見て損のない出来だ。

カーアクションに肉体を駆使して走る走る、
犯人たちにしてみたら、狙った相手が悪かった、
そんな組織的な犯罪が行われていることを知っても
娘を奪い返したら、それで終わりってのも、
自分本位過ぎでご都合主義とも思えるが、
これだけやってもらったら、却って娘にとっては
負担になるかも、
次は彼女の結婚までのストーリーも面白いかも、
強いだけじゃなく、コミカルな面も見られそうだ。

リーアム・ニーソンがいつものイメージと全く違っていて
さすが役者だ。
タイトルの96時間というのは、誘拐された女性が
他の組織へ売り飛ばされるリミットを現わしている。

★100点満点で80点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

この映画もリュック・ベッソンの製作、
監督としては「レオン」がピークだったが、プロデューサーとしては乗っている。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「アイズ 」他人の角膜が見せる夢か現実か

2009年08月27日(木) 0時09分
「アイズ 」★★★wowowで鑑賞

ジェシカ・アルバ、アレッサンドロ・ニヴォラ主演
ダヴィド・モロー、ザヴィエ・パリュ監督



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「主人公シドニーは盲目のバイオリニスト、
子供の頃の事故で失明した、
角膜移植手術を受け視力を回復した彼女の周囲に
おかしなことが頻繁に起こるようになる
彼女はドナーを探すことを決心する、
タイの映画「the EYE」のハリウッドリメイク」



角膜を移植すると失明していた人の
目が見えるようになる、
よくぞこんなこと考えたね、
手術で目が見えるようになるということは
誰かの命が終わったことを意味している、
そこからこんな映画が生まれる。


目はとても大切なものだ、
人間が生きている間、色々な物を見ている
視覚から入る情報がどれだけ多いか、
だから元の持ち主の見た記憶が
網膜に残っているという気にもなる、
そしてそれがかなり怖い体験をした人の
ものならどうなるか、
映画になるということだ。



元ネタのタイ版のほうは、もっとウエットな
おどろおどろしい感じだった、
音楽もなかなか怖さを増幅させて合っていたが
このハリウッド版は、怖さよりも
ジェシカ・アルバが魅力的な瞳を
十分に強調して活かした作りになっている。


それほど怖くはないが、
人はやはり気になったものをそのままには
出来ずに、掘り下げてしまうものらしい、
そんな、「分かる」部分で主人公が行動し
そして時折垣間見える炎のシーンが
何を意味するのか分かった時、
それまでの断片が収まるところに収まり
ハッピーエンドを迎える、
ちょっと出来すぎだけど、まあこんなものか。


wowowで放送していたのを見ていたが、
レンタルで100円なら損しない。
週末にリラックスしながら見るにはオススメ。


★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ジェシカ・アルバは一気に大スター入りかと思ったが
最近は見かけないな。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「コールドケース/鳩/wowow海外ドラマ」未解決凶悪犯罪を丹念に追っていく

2009年08月26日(水) 0時09分
「コールドケース/鳩」★★★☆
キャスリン・モリス、他主演、wowow海外ドラマシリーズ




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「14歳の黒人の少年が射殺されるが
犯人は不明、近所の住人も誰も情報を寄せない、
5年後、彼の父親が息子の社会保障番号を
聞きに来る、何故今頃・・・捜査が再開される」



殺人に時効がある日本、
他の先進諸国のほとんどは、細部に差はあれ
時効が適用されないようだ、
確かに被害者からしてみれば、
「逃げ得」は許せないだろう、
時には10年、20年も前の事件を扱う
通称「コールドケース」というドラマが好きで
見ているうちに、「時効」というものを考えてしまう。



14歳の少年テレンスの両親は離婚し、
母親に引き取られたが、母親も自分の生活費は
自分で稼げと14歳の子供に言うような状態、
「将来」とか「未来」に夢の持てようがない、
そんな彼には数字に強いという才能があった。

才能があれば伸ばせばいい、
でも彼の周囲はそんなことを許さない環境だった、
必然的に悪いヤツが彼を利用しようとしていた。

「鳩」というタイトルはリタイアした男が
屋上で育てていた鳩を指している、
その男は航空機の設計をしていて、
難しい計算を易々とこなす少年に
なんとか明るい未来を見せたいと
思っていた矢先、その屋上で少年は射殺されたのだ。

ラストに放たれる鳩、
無限の可能性に向かって飛ぶ姿、
本当は少年の未来も大きく広がっていたのだ、

ラストはいつものように今は亡き少年が笑顔で
主人公のリリーに手を振る、
あったはずの未来を思い胸が痛む。

そしてピッタリの選曲で余韻を残す。

この濃いストーリー展開で1時間、
贅沢な時間、
人はどうして、ありえたかもしれない
別の人生に思いを馳せてしまうのだろう。

★100点満点で80点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

時々、ビックリするくらい完璧なストーリーの回もあって、
録画して必ず見るようにしている、このほか「ミディアム」も気に入っている。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

韓国国内最新映画ランキング8/9付「海雲台」ソル・ギョング主演強し!

2009年08月25日(火) 0時09分
韓国国内最新映画ランキング8/9付

                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



久々の韓国国内のランキング、上位はソル・ギョングにハ・ジョンウと
結局スターが頑張って引っ張ってるようだ。
これらのうちどのくらいが日本で見られるだろうか。

1.海雲台(2009-07-22 公開)
ユン・ジェギュン監督
ソル・ギョング、ハ・ジウォン、パク・チュンフン、オム・ジョンファ出演

2004年多くの死傷者を出して全世界に大きな衝撃を与えたインドネシア大津波。
この災害が多くの人の運命を変えた。
ソル・ギョング今回もきっと熱いのだろうな。



2. 国家代表 (2009-07-29公開)
キム・ヨンファ監督
ハ・ジョンウ、キム・ドンウク、キム・ジソク、イ・ジェウン出演

1996年全羅北道モジュ、冬期オリンピック誘致のために
スキージャンプ国家代表チームがにわか作りされる。
未経験の彼らははたして入賞することができるか。
たぶんドタバタコメディーなんだろう。


3.G.I.ジョー


4.10億(2009-08-06公開)
チョ・ミノ監督
パク・ヘイル、パク・ヒスン、シン・ミナ、イ・ミンギ出演


5.カールじいさんの空飛ぶ家


6.名探偵コナン 漆黒の追跡者


7.チャウ(2009-07-15公開)
シン・ジョンウォン監督
オム・テウン、チョン・ユミ、チャン・ハンソン、ユン・ジェムン出演

山奥深い平和な村サムメリに殺人事件が起こった。
人食いいのしし「チァウ」の仕業と狩りが始まった。
怪物ものは、出現すると安っぽくなるので、その辺はどうかな。


8.ハリー・ポッターと謎のプリンス


9.ミーアキャット


10.トランスフォーマー/リベンジ



ベストテン上位2位を韓国作品が占めたが、10位までには4作品と
最近の傾向だが、日本と同様に海外の作品が優勢だ。
最近はフェスティバル以外は韓国映画を見ることがなかなかできなくて
寂しい限りだ。



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ここ一年ソウルへ行っていない、以前は年に3回ほど5年くらい通っていたが、
そろそろ行ってみようかな。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「南極料理人」西村君、ハラ減ったよ!

2009年08月24日(月) 0時09分
「南極料理人」★★★☆
堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補主演
沖田修一監督、125分、2009年



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「海上保安庁の料理担当である西村は、
南極ドームふじ基地に派遣される。
食べることくらいしか楽しみのない観測隊員のため、
毎日毎日食事を作り続ける、
料理を作り、食べるシーンが全編の半分くらいの
まさに南極ドーム食堂ここに開店」



零下50度の地では
ペンギンやアザラシも生息していない、
ウィルスもいないから
風邪を引かない、
ないないづくしの男所帯で500日あまり、
こういうところだと観測等の
その分野に優れていることより、
協調性や人柄が結構優先されそうだ。


彼らの主な業務は「氷床深層掘削計画」、
深く氷の大地を掘削し、30万年前の氷を取り出し
そこから気象変化等を調べるというもの、
「そんなことが出来るんだぁ、へぇー」くらいの
リラックスした気分で映画を見つめる、
真面目な日常もどこか滑稽に感じる。


ほんの少しの仕事の場面以外は
ほとんど料理を作ってるか、
皆で食べてるかって映画、
それほどツバを飲みこんですぐにも
何かを食べたくなるような、スゴク美味そうなものというより、
日常的に普通に食べるものが多く、
当然だよなと思いつつ、1年以上の食材を調達し
そこでやりくりするのはやはり大変そうだ。


脚本が俳優にマッチしていて、
笑わせどころも、大笑いというわけなじゃい、
ちょっと可笑しいあたりで止めているのが功を奏していて、
その連続で結構笑わせてもらった、
もうね、こんな人里離れたところでは
笑いと食事くらいしか、孤独や人間関係とか
良くさせてくれないだろうな。

「帰国まであと450日」とか毎日その残りが
ホワイトボードに書かれていて、
そのうち暴風で基地が飛ばされるとか
何か大変なことが起こるのかと思っていたが、
結局たいしたことは起こらなかった、
でもそんなものだろう、そんなものだよ日常って。

場所が違えど、自分たちは結局同じようなことを
しているのだろう、
どこか制約があって窮屈なら、別の何かを探すだろうし、
諦めることも知っている、
でもやはりちょっと足りないものを深夜でも
買いに行ける現状をありがたいことだと
思うべきなのだろう、
ラスト近く「オーロラが出てるよ」って言ってたが、
オーロラとか降るほどの星とか
せめてペンギンが出てこない分、
そのくらいは見せて欲しかったな。



韓国映画で「南極日記」←過去日記へジャンプ!
というのがあったが
あちらはシリアスで寒く怖い映画だった、
こんなホノボノ系の映画もたまにはいい、
楽しめました、
暑い今だから劇場で見るといい。

★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

堺雅人はちょっと情けなさそうなところが、今回も良かった。
不思議な雰囲気を持った人だ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「たみおのしあわせ」どんな幸せなのか全く分かりませんでした

2009年08月23日(日) 0時09分
「たみおのしあわせ」★★☆wowowで鑑賞
オダギリ ジョー、原田芳雄、麻生久美子主演
岩松了 監督、118分、2008年



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「お見合いで結婚を決めた主人公と
彼を見守る父親、
どこにでもいそうな親子の
どこにでもありそうで、なさそうな
奇妙な物語が始まる」



途中まではホノボノ系の
単純に不器用な男がそれなりの
幸せを手に入れるかのように
淡々と順序を踏んで結婚まで行くのだろうなと
思わせたが、後半から
微妙にずれて、ラストはもう何が言いたいのか。


たとえば結婚にしても
「そろそろ」とか「世間的にも」とか
そんな基準に振り回されて
ちゃんと自分があるのか、
結婚したいのか、しなくてはならないのか等々。

父親にしても子供のために
自分の恋愛を犠牲にするとかしないとか。
そういうことの全ては
自分でしたいようにすればいいのに
面倒くさいことだ。

そんなどうでもいいことを
延々見せられることになるけれど、
これはそれほど苦痛じゃない、
だってどこかしら誰でも似たようなことを
同じ場所でちまちまとやっているからね。


でもラストは意味不明だったな、
何かを伝えたいなら、
それでももう少し分かりやすくしてくれないと
作り手の自己満足は家庭ビデオで
やってほしいね、お金もらうことを考えたら
せめてもう少し親切にすべき。

とはいえ、自分はこの映画をwowowで見たので
あまり大きなことは言えないのだけれど。

☆100円レンタルくらいなら損しないかん、
でも他の映画の方が面白いかも。


オダギリジョーはやはりオダギリジョーでした。
こんなことしてるとそのうちこの時期のキャリアを
後悔することになるんじゃないかな。


★100点満点で60点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

この映画でも麻生久美子の魅力は輝いていた。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「トランスポーター3 アンリミテッド」驚きはないが、安定したシーリーズ

2009年08月22日(土) 0時29分
「トランスポーター3 アンリミテッド」★★★☆
ジェイソン・ステイサム 、ロバート・ネッパー 、フランソワ・ベルレアン 主演
オリヴィエ・メガトン 監督、リュック・ベッソン 脚本・製作
103分、2008年、フランス



                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「闇の運び屋・トランスポーターのフランク・マーティン、
今回は一度断った仕事を、車から20m離れると爆発する
特殊なブレスレットを装着させられ、強制され
しかたなく愛車を走らせる、もちろん黙って従う男じゃない」



映画が始まる前にご親切にも
過去の2作のダイジェストが流され
なんだか続きものの海外ドラマの
「これまでのトランスポーターは・・」と同じノリ。

1.契約厳守、2.名前は聞かない、
3.依頼品は開けない。
この3つのルールも解説されるが
すぐに「ルールは破るためにある」とかなんとか、
こういうお約束ってのは、律儀に守るから意味が
あると思うが、簡単に曲げてしまうのは
拍子抜けの感がある、
もっと無骨でいてもらいたいのに
今回はロマンスも盛り込まれて
脱線気味だった。



列車に車ごと飛び乗るシーンや
街中のムリなカーチェイスはやはり
見所だったが、
前半の「運び屋」の部分
はあまり新鮮味が感じられなかった。


悪役として登場するのは
「プリズンブレイク」で顔なじみの
ティーバッグ役でおなじみロバート・ネッパーは
見た感じ最初から悪者なんだけど、
これが敵として弱いのが最大のミス、
すぐにぶちのめされてしまうからね、
やはりラストもしつこいくらい強い相手じゃないと
アクション映画としては心に火がつかない。

とりあえず定食として必要なものは揃ってるけど
満腹感にはもうひとつ、
もっとサービスしてくれないと
最近の消費者は厳しいのだ。



★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

狭い道路をフルスピードで走るシーンは単純に
ワクワクする、これなら日本でも出来そうだけど、見たことないな。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

2009年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf